BMW R1200Cインディペンデントのシート

R1200Cインディペンデントに乗られる方から以下のような問い合わせをいただきました。
シ-ト張替の目的は、最大限に低くしたいとの思いです。バイクに跨った時に、踵が6㎝浮いている状態です。年齢とともに筋力も衰え、あと何年乗れるか分かりませんが、踵がピタッと付いたらなとの願い夢です。カタログではシ-ト高74㎝で、一度アンコ抜きして2㎝程度低くなっていると思います。
御社のご経験からどの程度低くなるでしょうか、カバーはウルトラスエ-ドで、リヤシ-トにBMWのロゴマークの刺繍をと考えています、見積り納期等宜しくお願い致します。

既にあんこ抜きをされているということだったので、どこまで下げられるかは現物を見てから判断しますということでご注文をいただきました。
ライダー部には衝撃吸収材T-NETを挿入し、できるだけシート前部の幅を狭く足を出しやすく、かつ低くを狙いました。
生地はウルトラスエード(アルカンターラ)の黒でステッチは赤です。
赤のダブルステッチがとてもよく目立ちます。

張替えの目的であった足付きは、踵が6㎝浮いていたものが1㎝程度の浮きかと思います、サイドスタンドを使用したとき片足は宙に浮いていましたが、つま先立ちで両足が付きます。大満足です。なお、実走していませんのでシ-トの硬さについては分かりません。ありがとうございました。

第一の目的であった足つきに関しては、かなり問題が改善されたようで安心しました。
ご連絡の中に一つ質問がありました。
この部分の生地がウレタンから浮いているが、次第になじむのかと言う質問です。
ノーマルは矢印で示す部分がウレタン形状の凹に合わせるように糊付けされています。糊をつけないと生地が浮いてしまうからです。
しかし、糊付けはやがてはがれることもあり、当社では行ておりません。
この状態で生地は浮いております。
しかし、浮いた状態でもしっかりとした張り込みがしてあればシワの発生は起こらず問題なく使用はできます。
このシートに限らず、軽いバケット形状にシートは同じように生地が浮きます。
生地が浮いてシワが出ることは問題となりますが、そうでない場合は正常なのでご心配はありません。