CRF450L Seat シートカスタム

連休の半分乗ったところでシートについて思うことが多く出てきたので、早速自分に合わせるための改造を施してみました。
会社が営業している時は、私よりも数倍腕が立つ職人がバイクシート製作の専用ブースで、お客様のシートを日々作っています。
なので、自分のシートは自分で、と言うか職人の邪魔をしない休日をフルに使って一気に仕上げてみました。
一番左がCRF450L、真ん中がCRF450Rのシートです。
ネット情報では日本仕様は海外仕様よりも10mm低いと書いてありました。
という事は、レーサーは95mmで各国の450Lは85mmで日本仕様は75mmという事なのだろうか。うーん、なんだろう。
日本仕様と海外仕様の写真を見ても、10mmの差とは言い難いです。
日本仕様と海外仕様、そしてレーサーの450Rのシートを並べてまたの機会に検証してみます。

さて、日本仕様のシートはウレタンの厚みが一番厚いところで約30mmでした。
そして、私が着座する中央から少し後ろ部分は約20mm。ある程度の硬さとクッション性を持たせたノーマルシートですが、気温の高い今の時期に2時間も乗っていると底つき感を感じます。
なので、とりあえず衝撃吸収材とオリジナルウレタンでRのシートと同じ高さまでアンコ盛りをすることにしました。
構成の簡単な説明です。
ノーマルウレタンを半分ほど削り込み衝撃吸収材を前後に長く敷きます。
その上にオリジナルハードウレタンを重ねて、最後にミディアムウレタンで全体を覆い、成形します。
こうすることで、純正のような柔らかさを感じつつ底つき感を無くすというのが今回の改造目的になります。
この状態は、シート全体にミディアムウレタンを貼り付けた状態です。この下に衝撃吸収材とハードウレタンと+αが隠れています。
全体にウレタンを巻き付けているのでボッテリしただらしない感じになっています。
ここから削り出しとなります。ノグチシートはこういった塊の状態から削り出しをしています。シートの寿命と乗り心地を考えると材料のロスは多いですが、この方法がベストと考えています。
シートの幅をノーマルと同じにしたいので、先ずは幅を決めます。
アンコを盛った分、サイドも盛る必要があるため先に述べたように全体にウレタンを貼り付ける必要があります。
座面を削るのですが、この部分もフラットではなく若干Rをつけます。
お尻にフィットさせるための重要な形状です。
一旦取り付けて眺めてみます。
タンク部分に立ち上がる位置を変えています。
ノーマルよりも若干ですが立ち上がりを後ろにずらしています。また、中央より少し後ろの着座部は快適性を求め、見た目におかしくない程度に厚みを増しています。
余談ですがノグチシートのオリジナルウレタンは削った面をとてもきれいに仕上げることができます。ホームセンターで用意できる道具でもここまで仕上げることは可能です。

取り付け確認でポジションは問題なかったのですが、気になった部分があったので追加加工をします。
ノーマルシートはシートの角をRで落とすのではなく、Rも付いていますが面取りする感じに仕上げてあります。赤い三角の部分です。
面を取るより大きくRを付けたほうが内股にやさしいでしょうが、見た目のシャープさは崩したくないので同じように加工してみます。
凄い職人なら他のウレタンでもやってしまうのでしょうが、ノグチシートのウレタンだと、こうした細かい削りが割と容易にできます。
これで、ウレタンは理想の形になりました。
そして完成。

よくある赤黒のパターンですが、先ずは冒険しないでオーソドックスなデザインとしました。サイドに白のレザーもいいかなとも思います。それらは追々やっていきます。
シートの角の面取り部分は、サイドのビニールレザーの厚みで多少ぼけてしまったけれど、写真でもわかる程度に良いラインで影が出ていると思います。
写真並べると、作ったシートは後ろの厚みを増した分よりフラットに見えます。

ちなみに足つきはこんな感じです。
両方のかかとが30mm程度浮く感じです。
ブーツを履けば踵の浮きはもう少し少なくなるでしょう。
このくらいの足つきが好きです。
まだ出来立てなので走り込めていませんが、座った瞬間は表面のミディアムウレタンで柔らかさを感じますが、その下のハードウレタンと衝撃吸収材によってしっかり支えられている感じは分かります。
今回のシートは形状はノーマルに近く、かつ快適性を持たせて近場の林道ツーリングを楽しめるシートがコンセプトでした。
ちなみにあんこ盛りしかできないわけではなく、ノーマル形状で乗り心地を良くすることを考えての改造です。
ラリーであれば座面をワイド化してみたり、バハのようなスプリントであればハードなウレタンとの複合でもよさそうです。しばらくはこれで乗り込んで見て、これからもいろんなバリエーションのシートを作ってみようと思います。
皆様のお問い合わせお待ちしております。

 

 

HONDA CRF450L が来ました。

予約をしてから首を長くして発売日が来るのを待っていたCRF450Lが私のガレージにやってきました。
引取当日も翌日もザンザンと雨が降っていたので、初乗りはお預けでポジション決めたり、各部のグリスアップをしていました。
そして3日目、気持ちよく晴れたので早速初乗り。
私が感じたCRF450Lのお話です。
私のオフロードバイクの使い方は、自宅から自走で山や河原に行き、走りまわって帰ってくるというパターンです。
なので、移動と航続距離は運動性能同様に重要なんです。
山が多いところに住んでいますが、気持ちよく走れる場所まで行くのに20-30kmはあります。都会の人からすればたったそれだけですが、この距離も快適に走りたいんです。その点、CRF450Lは間違いなく快適です。
オフロードバイクなのに舗装道路の快適性を言ってどうするの、と言われそうですが、ナンバー付きである以上ここは重要だと思っています。
公道を走ってきてわき道にそれて、こうした綺麗な場所まで来れるのも公道オフロードバイクと言うか、アドベンチャーバイクでは躊躇するところまで行けるというのが魅力でしょう。
山の方に行くと、土日休みのガソリンスタンドが多く、林道走りながらもう少し先までという時にガソリンが心配という事もあります。
2日で200kmほど走りましたが、100km超えてもガソリンマークは点灯せず、航続距離は結構伸びそうです。
ちなみに燃料はガレージにストックしてある携行缶から入れてるので燃費計算はしていません。
ダートでの走りはどんなものかと、いつも走っていた場所で今まで乗ってきたバイクと比べてみました。


いたるところで台風の爪痕が残っていましたが、ガレた道から、倒木超えたり、深い轍を走り、急坂登ったり、バイクを倒せばその重さはずっしり来ると思いますが、どの場面でも気にならないし、カタログデータの馬力に関してはいろいろネット言われていたけれど、私がいつも走っているどの場面でも不足感は無しでしたね。サスのおかげか、前より上手に走れる気すらします。
まぁ欲を言えば、ダカールマシンのエンジンに近かったらと考えなくはなくはないけど、まぁ不足感が出てきたらいろいろいじってみよう。
ストックのままだとリアの高さが見た目にルーズな感じだったので、リアのスプリング調整をして、サグを110にしたらテールがシュッと上がってかっこいい。
やはりかっこいいと言うのは一番重要ですね。
これで、ツールドブルーアイランドや北海道4デイズのような国内のラリーに出たらめちゃくちゃ楽しいだろうなと言うのが一番の感想です。

しかし、そう、これが本題です。
200kmも乗ればシートの事も気になります。
国内ラリーに使うならなおさら重要なことかなと。いや、私のように自走で山を駆け巡る人たちにも重要かと思います。
CRF450Lは、日本仕様だけ他国のと違って低い設定にしてあります。ウレタンが薄いです。薄くて柔らかめの設定なので(硬さはレーサーのシートに比べての話です)まだ暑いこの季節しばらく乗り続けると熱を持ったウレタンがへこたれてきます・・
モトクロッサーレプリカに快適性を求めるのはナンセンスだと言われそうですが、そうは言っても快適に越したことはりません。
なので、早速製作に入ります。
次回はCRF450Lシート改造編です。

 

CRF450L発売。I ordered CRF450L!

このブログを読んでいただいているオフロードファンの皆さんはご存知のCRF450L
今回はそれを買いましたって話です。

私の中では勝手にオフロードのRC213vだと思ってるんです。ナンバー付きのレーサーですもん。ステムにはHRCのロゴもあるし。
浮かれているから良いんです。
そういう思い込みでも楽しいですから。
文句なくかっこいいしね。

KTMには10数年乗って満足して来たけれど、その前はXR250でオーストラリアを走り、 XR600 XR400 XR650 と乗り継ぎ、ここ最近はXR600を買い直してみようと探していたところ、このニュースが来たのでXR600はやめてCRF450Lを買うことにしました。

だからこんな写真を見たら、もう、いつ発売なんだとモヤモヤしてると、やっと9/20発売との情報が入り、注文も受け付けるという事なので直ぐに契約です。
9/20まではナンバーが取得できないという事なのでそれまでは乗れませんが、既に車体は先日ドリーム店に入庫したと連絡が入ったので、我慢できずに見に行きました。
ピカピカの新車を買うなんて何年ぶりだろう。
とにかくうれしい。
私のほっぺがなぜか赤いのは置いといて、しかもこのキリっとしまったスモークレンズのライトカウル!
めちゃくちゃかっこいい!!
とりあえず、またがっただけ。
日本仕様なのでシート高は低く、私の場合膝に余裕があるくらいです。(ちなみに身長は185CM/75KGです。お前は背が高いから足つきについてコメントされても参考にならない。と言われますが参考までに)
なので、手元に来たら日本仕様の低くなったシートは上げて、サスを少し触って背の高い仕様にしようと思います。
このサイズ感はいい。

来年出場するラリーに向けての練習車としても最適だろうし、今後世界中でこれをベースにしたラリーマシンも出てくるだろう。
ノグチシートもCRF450Lラリー用シートを開発していきます。

早く9/20にならないかな。どんな感じに走るんだろう。久しぶりに興奮して楽しみで仕方がないです。
続きは9/20に納車編でも書きます。

 

 

ダカール用シートの製作 HRC with Noguchi seat to DAKAR Rally 2019

わたしのFacebookのタイムラインでは世界各地のラリーの話題でにぎわっています。
先ほど行われたアタカマラリー、RUTA40では共にHRCライダー(ケヴィンとパウロ)が優勝し、ここから調整をさらに重ねて2019DAKARに挑みます。

2013から数えて7回目の契約をHRCと交わしました。

今回もテクニカルサプライヤーとして、シートなどの協力をしていきます。

現在、各ライダーから出た詳細なオーダーを、過去のデータと見比べながら製作を進めています。


各ライダーの好みは毎年変わり、今年もシートカバーの素材から、フォームの硬さまで色々と細かな指示をいただきました。

シートに対してこうした要望を出してもらえるという事は、それだけの機能があり、期待もあるという事で理解しています。いつまで期待されるシート屋でいたいと常々思っています。

小物類も出来上がっています。

小物ではないけれど、ラリーの現場では定番?となってきた工具巻きもHRCのロゴを入れて完成。



まだスタートまで4カ月近くありますが、シートも含め出来る限りの協力をしながら、夢ではない優勝を見たいと思っています。

 

 

 

アフリカツイン・アドベンチャースポーツのシート改造 Africa Twin Adventure Sports

アフリカツイン・アドベンチャースポーツを購入されたお客様から
「ロングツーリングに行くために、ツーリングがより快適になるようシート改造をしたい」
という要望がありました。
納車されて間もない新車で当社までお越しいただき、シート形状および素材の検討をしていただきました。

改造内容は
フロントシートアンコ盛り(一番低い部分を30mmアップ)
衝撃吸収材T-NET
前後シート張替
座面 B-35(青色のグリップレザー)
サイド部分 B-08 黒
ウエルダータグをリアシート両サイドに取り付け

完成写真 ノーマルの写真と比べて、フロントシートのボリュームアップが良く分かると思います。

完成したシートでツーリングを終えたお客様から嬉しい感想をいただきました。

・・・・・5日間で1600km程走ってまいりましたが、アンコ盛りにより
ノーマルで感じていた足の窮屈さも解消され、若干懸念して
おりました足つきも全く問題ありませんでした。
座りごごちも以前は300kmぐらいで感じていた臀部の痛みも
400km走っても特に感じることありませんでした。
主観ではありますがシートの青も車体色と違和感なく、非常に
満足しております。
また機会があればよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

アンコ盛りをするとシート高は高くなりますが、シート前部の幅を少し詰めることで足が出しやすくなり、盛ってポジションが楽になり足もつきやすくなるという効果が得られます。

この辺りのノウハウはアフリカツインでは、かなり台数をこなしておりますし、同じような改造をしたバイクも多数ありますのでお気軽にご相談ください