2018ダカールラリーに向けて 2018DAKAR RALLY

2018ダカールラリーに向けてノグチシートも始動しました。

HRCがダカールに戻ってきて5年が経過。そして6回目のダカールに向けてチームも動き出しました。これからアタカマラリー ルタ40 モロッコラリーと実践でのテストを重ねて優勝を狙います。

FullSizeR

ライダー別に高さ、硬さ、カバーの素材全て変えて作っています。
IMG_4312とにかくこのシートを付けたマシンが表彰台の真ん中に立つことを祈るばかりです。

シートだけではなく携帯する工具や非常用の部品を収納するカバーも製作。
FullSizeR (1)毎年微妙に収納する内容が変わるのと、収納ボックスも変わるため、その都度知恵の輪を解くように工具の位置を計算し、簡単に収納できる工具入れを作っています。
IMG_4264工具入れにしまってしまえば見えなくなってしまうけれど、見えないからいいやではなくて、これは職人としての意地というか、やはりカッコよくありたいので刺繍などでデコレーションしてみました。ベルトで工具入れを締めるとノグチとHRCのロゴがきれいに並ぶ仕様です。

2017dakarhrc

1年前には現地テストに参加して、実際にライダーの走りを見ることができたし
img_2239-1.jpgimg_2249.jpgとにかく、6回目!頑張ってほしいです!

 

 

ライドアフリカツイン RIDE AFRICA TWIN

昨年に続き、2回目のライドアフリカツインのお手伝いをしてきました。
IMG_4238昨年よりも参加台数が増え、会場も広く、キャンプしながら2日間のイベントを楽しんでもらいました。
私はオンロードの試乗コースの先導をやらせていただきました。
DCTは初めは戸惑いますが、慣れてくると楽しいですね。トラクションコントロールやABSなどを体感するには良かったと思います。

会場には懐かしいシートやアフリカツインのシートに出会うことができて、ユーザーの方々と色々お話もできました。
IMG_4239IMG_4241IMG_4213IMG_4244 IMG_4246こんな懐かしいバイクもありました。三橋さんが2003ダカールラリーを走ったXR650です。

アフリカツインのシートは、昨年アメリカのレースで使ったジョニーキャンベル仕様が2台。
IMG_4234IMG_4232ノーマルシートを装着されている方が、この30mmアップにシート跨って、ポジションが高くなり足の窮屈さがなくなったのに、足つきの不安がそれほどないのはいいね。と言ってくださったのは嬉しかったです。
IMG_4221イベントが始まる前に、この仕様と同じオーダーが海外から来ていたので、張り込み前のチェックも現地でやってきました。
IMG_4220出展ブースではタミヤ模型さんが来ていたので、少しご挨拶。
IMG_4242 IMG_4243タミヤの方とプラモデルのマットのお話が出来て良かったです。初めて現物を見たけれど、実写さながらの精密さにびっくりしました。

IMG_4236そうそう、ネットで見て気になっていたシートを装着した車両があったので見せてもらいました。FRPベースで改造なしで装着が出来る。高さもバリエーションがあるとのこと。

2日間少し天気も崩れましたが、楽しい二日間だったのではないかと思います。
また来年お手伝いできれば、試乗車にも当社のシートがつけれればいいかな、なんて考えてます。

参加いただいた皆様ありがとうございました。

 

 

 

CRF250RALLY for RALLY!

CRF250RALLYが発売されてから、既に多くの改造依頼をいただいております。
やはり多いのはダカールレプリカ仕様で、衝撃吸収材T-NETを挿入しウルトラスエードで張り込むタイプです。
8s7hjz6b
さて、古い話になりますが、昔、XR250とXR250BAJAのシートは同じように見えて少し形状が違っていました。
今回もCRF250LとCRF250RALLYでは形状の違いがあるのかなと思い比べてみました。
IMG_3353黒いのが250L、赤いのが250RALLYのシートです。
IMG_3354無題見た目も品番も同じなので違いはありませんね。

さて、近くに迫ったイベント 北海道4デイズ用にシートを作らせていただきました。
kxukk7f68vobhdftkamihg0jマシン製作はReinforcementさん。 ライダーは齋藤真奈さん

シートの仕様
* 衝撃吸収材T-NET
* シートの高さは変えず、シート前部をノーマルより細くして足つき性をアップ。
* iphone7plus が入る大きさの特注ホルダー
* 座面は新作の滑り止めレザーを使用し、座面後部には齋藤さんのマスコットを刺しゅう。

広い北海道で存分に楽しんできてください。

もう一つ
CRF250RALLYが発売される前から、250LをベースにCRF450RALLYレプリカを製作してラリーの出場していたカナダ人のパトリック
A81I3340 (Large)先月、ヘラスラリーとアルバニアラリーに参戦して好成績を収めました。
2017-05-21 19.37.34 (Large) 2017-06-04 20.52.59 2017-06-10 18.39.01-2 (Large) A81I8188 (Large)このシートは製作してから3年目に入りましたが、まだまだ問題なく彼のお尻を支えています。

CRF250RALLYに限らず、ロングツーリングなどのシートの相談承ります。
宜しくお願いします。

 

 

 

S2000の幌交換 SoftTop install

いつかはやりたいと思いつつ、まだいいかとほったらかしにしてあった。
そのS2000の幌が限界を超えてしまった。
IMG_4042色は褪せ、裂けてきたところをパッチでごまかしてきたけど、いよいよダメ。
IMG_4040リアのプラスチックの窓も視界が悪く、いつ割れてもおかしくないほど硬化してきている。

ネットでS2000の幌交換については前から調べていた。
調べるほどハードルが高く感じ、やるなら業者さんにお願いかなと思っていた。
ホンダディーラーでは受け付けてくれるだろうけど、多分やったことがない人がマニュアルを見て張ることになるだろうし、それなら自分でやっても同じかなと。
とにかく自分でやるのは相当困難という。一人でなんて言語道断。らしい。
しかし、張り屋としての意地というか、根拠のない自信はあるので幌だけを購入してあとはネットの情報から想像を膨らませてやってみることにした。

少し腕に覚えのあるユーザーが幌交換に手を出して悪戦苦闘しているブログを見ながら、自分なりに、いかに簡単に早くできるかをシュミレーションしてみる。
文章や写真では分からないので、youtubeで自分で張り替えた人達の様子を観てみた。
YouTube Preview Image
なんというか彼らのガサツな感じに、イケル!と確信した。
行き当たりばったりに部品を外す感じがいい。
幌のフレームを外したりとか、すごく大変そうに作業をしてるのが日本人で、海外の情報はフレームはそのままに簡単簡単!と言いながら時間は早くやってる。
たぶん簡単ではなく、見えない力技もあるだろうけど、やるなら簡単に考えて楽しく進めたい。

ネットでアメリカの幌販売サイトで購入後、作業開始。

IMG_4046切った! これで後戻りはできず。こういう作業は潔さがいると思う。切れば早く作業も進むしね。

IMG_4047忘れるといけないから写真をたくさん撮ることにした。
IMG_4050IMG_4051そしてきれいさっぱり。
幌が届くまでに、余分な部品も外して磨いたりして準備完了。
IMG_4052外しながら幌自体の取り付けは全く難しくないことが分かったけど、問題はこのプラスチックのパネルがうまく取り付けられるか。外すときは幌を切ったから、このパネルが簡単に外せたけど、幌を付けた状態であの狭いところにどう戻すか・・。

と考えているうちに、幌到着。
IMG_4069 IMG_4070古い幌から流用したレインレール。雨どいみたいなものです。これの固定にリベットが使ってあったけど、同じものは無いし、ブラインドリベットだと飛び出し量も多いなと思って、写真のカシメボタンで取り付け。仕事上、こうした部品が常備してあるのは強いね。
さて、ここまで一人で作業してきたけど、ここからも一人で作業。
ガラスの幌は重いね。割らないように慎重にやらないと。

ちなみに届いた幌の箱の中には幌以外入っておらず。マニュアルの紙切れ1枚すらない。
何も見なくても簡単に装着できるよ、と言う意味なのだろうか。
IMG_4071取り付け初めから狭い、暑い、穴が合わない・・・。手が3本欲しい。
IMG_4072後ろから順番に固定していく。先端はクリップで固定。
買ったものが純正品ではなく、アメリカ製なので純正と固定方法が違っている部分もあるけど、作業は止まらずに進めることができた。

IMG_4074そして完成!取り付けだけなら3時間程度かな。張り屋の意地は見せられたと思う。
ピンッ!って感じが出てる。何より変色してすりガラスのようになったプラスチックの窓がガラスに変わってクリアになったのが良い。
18年経過し、13万キロになったけど、もう少し楽しめそうです。

結論。 一人でS2000の幌交換は可能でした。
所要時間は取り外し3時間、取り付け4時間 早朝からやれば丸一日で可能です。
もう嫌だけど、新たに一台やるとしたら、もう少し早くきれいに、しかも幌に補強を加えながらできると思う。
ちなみにノグチシートでは幌の交換は業務としては受けておりません。

IMG_4076 IMG_4077 IMG_4078

モウニドトヤリタクアリマセン

 

 

 

プラモデルの刺繍ディスプレイマット 1/6 TAMIYA AfricaTwin 

1
6/24にタミヤからアフリカツインのプラモデルが発売されるとともに、当日発売イベントも行われるという事で、プラモデルの下に敷くディスプレー用のマットを作らせていただきました。

今のところ販売する予定はありませんが、今回のイベントでは幸運な方数名にこのマットが贈呈されます。

刺繍で作られたこのマットは、自分で言うのもなんですが、まぁまぁ豪華にカッコよく仕上がったと思っています。
33この2年で刺しゅうの技もいろいろ覚えたので、今回のような大きな作品が作れました。

19424546_1684597338247241_836370987758897805_n実際に置くとこんな感じ。

いい!
作っておいてなんだけど、プラモデル置くと余計にいいね。
19457545_1684801171560191_1548786747_o現在 新橋のタミヤプラモデルファクトリーにて展示中

なので、こうした特注の刺繍のお仕事も受けますので興味がおありでしたら、気軽にお問い合わせください。