工具巻きミニサイズです。 New! ToolRoll “Mini”

おかげさまで、4年前から開発をはじめた工具巻きは、細かな改良を加えつつ、今ではほぼ完成の域に達し、HRCをはじめ多くの海外ラリーチームに採用していただいております。
14462940_866623176770818_7395921770821478042_nこの前のモロッコラリーでもフランスのノマドレーシングのピットではこんな感じでした。
現場でこれを見たイタリアやドイツのチームからオーダーをいただきました。

しかし、この大きな工具巻きはロングディスタンスのラリーでは有効でも、日本国内のエンデューロなどでは大きすぎるという声もありました。実際国内での販売はまだ10個に満たない状態です。もの作りをする以上、やはり作った物は販売したいので、ひょっとすると売れるかもと言う下心をもって、今の半分のサイズ ToolRoll ”Mini”  工具巻きの「ミニサイズ」を作ってみました。ミニと言ってもまぁまぁ大きいですけどね。

スタンダードサイズを使ってくれていた海外に住むメカニックの友人が「日々のメンテに大は少し大きいですね」「半分のサイズで作ってくれないですか?」と言うことで試作品を作り送りました。
「このミニサイズでも、ほぼ持ちたい工具が入るので、普段使いならこっちが良いかもしれない」と言うことをフェイスブックに載せたら、国内でワークスマシンを扱うメカニックからも「僕も興味があるので一度試作品を見せてほしい」と、普段使いのガチャガチャと箱に入れてある状態の工具をお持ちいただきました。
img_2648携帯用の工具はフルサイズな物が少なく、タイヤレバーもショートタイプでした。そうなると試作品の右端のポケットが深すぎて取り出しにくくなってしまいます。
お持ちいただいた工具を入れてみると、これが結構余裕がありもう少し工具の量も増やせそうです。小物入れを3つに増やしたのも良かったようです。
色々と相談した結果出来上がったものがこれです。
%e7%84%a1%e9%a1%8c

スタンダードと比べてみると

img_2709

試しに思いつく工具を並べて見ました。
img_2708これを収納します。
img_27043つのポケットはまだ余裕があるので、テスターなども入ります。
右端には350mmのモンキーが入る余裕もまだあります。
工具を入れる、一つ一つのポケット幅も広く取ってあるので、汎用性は高いと思います。
Tレンチも普通サイズが入りますし、ディープソケットをホルダーに付けて入れられるポケット幅を確保しています。
基本的に普段使っている工具を遠征時に、この工具巻きミニに移して持っていけることを考えて作りました。
img_2706たたむと、幅はスタンダードと変わらないですがボリュームは半分です。
1-20ちなみにこちらがスタンダードサイズに25kg分の工具を収納し、たたんだ状態です。厚みの違いは写真からでもわかると思います。

スチールやプラスチックの工具箱だと、どうしても置き場所に困る時があると思います。このサイズであれば、トランポの中に積み込むときもかさばらずに場所を選びません。

使うときもキャンプテーブルがあれば、瞬時に工具巻きを広げて、使いたい工具にアクセスできます。撤収も早く済むし、工具が全て見えるので、足りない物などもわかりやすく紛失の心配も減ると思います。

工具を入れるポケットの両側には「工具のこぼれ防止フラップ」が付いているので、移動中に工具が落下して紛失することもありません。

商品名: 工具巻きミニサイズ  ToolRoll “Mini”

1個/¥19,000(税、送料別)
オリジナルのロゴプリント可能なのでお気軽に問い合わせください。
既に注文をいただき、初期ロットは少しだけ在庫が残っています。

皆様からのご注文お待ちしております。

問い合わせ先 0575-28-2057  08:00-17:00

旅巻 Trip roll

ある方からこんな依頼が来た

これから長旅に出るんだけど、いつもパッキングが上手くいかない。
短パン シャツ チームウエア・・・正装するための装備がまとめられるバッグを作って欲しい。
こんな感じで!
10850632_1008563049169306_58137600_nふむふむ・・・
意味は分かる。
分かるけど、果たして希望通りのものになるか、本当に小さくまめられるか、パッキングがしやすいか・・・色々考えても始らないので、製造を生業としている以上考えつつも作るのが当社の使命。
旅立ちはもう直ぐに迫ってきてるので、少し手抜きを考えて先ずは近所の量販店へ!

予想通り使えそうなものがあった。
イメージ図を元に工具巻きで培ったノウハウを織り込んで完成。

名付けて

「旅巻」
IMG_8622!?この小袋見たことあるぞと言う人も多いと思います。いいサイズだったのでこれを流用。
できたは良いけど果たして使えるのか、自分の服で検証してみる
IMG_8623少し控えめだけど内容はこんな感じ
Tシャツ 5
厚目のトレーナー 1
短パン 1
長パン 1
ポロシャツ 2
パンツ 5
ソックス 5
ターバン 1
これを「旅巻」に詰めると
IMG_8624そしてローリング
IMG_8627

そして 行って来ますの図
IMG_8625でかい・・・
ベルトでギューギューに圧縮は出来るが重い。そりゃそうだ、これだけで4kgあったからね。
もちろんこれだけで旅に出ることはないし、バッグインバッグとしての使い方だけどショルダーベルトがあったほうがかっこいいから付けてきた。

できて、詰めながら思ったけど

これ、なんかすごく良いんじゃないの!

と自画自賛

IMG_8630

こうして既成の小袋だろうが、そのファスナーに一味付け加えるのも製造業の一番大事なところ。
IMG_8629サイズ違いで2種類。

ふぅこれでなんとか間に合いそうだ。
間に合っても使えなければ意味がないけどね。
世界で一番過酷で素敵なラリーの現場で使うんだから、良かったときの評価は何物にも変えがたいフィールドテスト結果となるでしょう。

はききれないくらいのパンツ詰めてがんばってきてください!

 

バックドアテント TAIL GATE TENT

 

商品のご紹介です。

「バックドアテント」 テールゲートテントとも言います。
1510006_367248386784711_7866259072004331061_n

家族4人+友人でスキーへ行き、お昼は混雑したレストランを避けて、自分の車に戻って美味しい料理を!と言う事で使っていたバックドアテント。

製作担当社員のブログでも細かい説明がありますのでどうぞ
KAZUのブログ

使用例

78ペグなどを地面に打ったりはしません。あくまでも中で食事などをすることが前提なので。椅子でテントの端を固定するような感じに考えられています。NOAHや100系ハイエースなどで試しましたが問題はありません。テントの天井がテールゲートの内側に固定されるので、ある程度の汎用性があります。

素材は芯入り透明ターポリンなので強度もあります。

1

テントの取り付けはフックに引っ掛けるだけ。テントは3パーツに分かれており、全てマジックテープで固定なのでフックさえつけてしまえば、その後は設営に5分もかからないでしょう。撤収も同じです。フックに引っ掛けたまま3分割できるのでたたむのも容易です。そして、たたんで専用の袋に収納するだけです。

キャプチャ

IMG_3879

収納袋(付属品)に入れるとこんな大きさです。

556935_475119805865100_872752463_n

 

ご購入いただいたI様の車両に装着した写真です。(ロゴはオプションです)

日産バネットNV200にもこんな感じで取り付けました。
汎用なのでフックさえつければテント1つで何台かをカバーできます。

548707_475946902449057_1053935258_n

 

61475_475947072449040_1494032895_n

 

224882_475947195782361_1125719943_n

このテントの中に着替え用の幕を付けることも出来ます(別売り)

スキーに限らず用途は色々ありますね。フックなどの取り付けはご自身で行ってもらう事になりますが、難しいものではありません。お近くであれば当社でセッティングも可能です。(取り付け工賃別途)

「バックドアテント」 ¥27,000(税込み) 代引き+送料¥1,620全国一律 離島除く

12/20までの注文であれば年内発送可能です。

問い合わせは info@a-seat.jp    件名「バックドアテントの件」としてください。

それではよろしくお願いします。

メッセンジャーバッグ Messenger bag

気が向いたときに作っていたメッセンジャーバッグ。

気が向かないのに作ると自分的に冴えないできになってしまうんだなぁ。
IMG_7847これなんてまさにそれ。華がない・・。
苦し紛れにファスナー付けたけど、・・・苦しいままだ。
だいたい、メーカーごちゃ混ぜってってのがよくないんだ。
よくないのが分かっていて、こんなのもある
IMG_7845あぁぁぁ
なにがしたいんだ俺は!
世の中にはクレイジーカラーと言われるものもあるし ゴニョゴニョ
しかし、こういったものも好まれるマーケットはあるんだろうなと思いつつも、やはり気に入らない。
ネガな発言ですが、こんなのもいいんです。
同じ失敗は繰り返さないからね。(ワカランケド)
もうこの形に自分が飽きてきてきたのかもしれないし、バイクシートのロゴの再利用方法も新しく探す必要が出てきた証拠かもね。
でも、素材はまだ大量にあるんだな。
IMG_7848大事に取って置くのもいいけど、必要なければ廃棄かな。
そもそも気が向かなきゃ作るなよって感じですが、自画自賛の刺繍をどんなふうに並べてお客様へのプレゼンにしようかなと思ってた所、バッグのフラップに並べたらいいんじゃないのかってことでバッグを作ったわけです。
で、バッグをそれだけのために1個作るならと言うことで、「ついで」に作った結果がこれだったってことです。
ちなみに刺繍を並べたバッグがこれ
IMG_7846何度も言いますけど見本です。
これ見て貰えればうちのレベルを理解してもらえるかなと言う刺繍の見本です。

さて、当社は8/9から8/17まで夏季休暇。
夏休みは物作りから離れてバイクでブラブラと旅でもしてこようかと思案中。

工具巻き  Tool Roll

ノグチオリジナル工具巻きに大幅な変更があったわけではありませんが、フェースブックなどで見かける世界で活躍する工具巻の写真をご紹介します。
10295028_895520430473569_951095297818687821_o何かのテスト中だそうです。
何のテストなんだろう。このごちゃごちゃした感じが現場の雰囲気を伝えてくれます。

 

先週のバハ500での写真(フェースブックから色々拝借しました)
10333626_634149353329694_1350777748676083479_o1xライダー Colton Udall
10465468_10204043998081311_6650746582922052903_o10333757_10204044229487096_8068286892499006804_o10317634_10204044233047185_6690994581750241713_oきちんと並べられた工具が、これからピットに飛び込んでくるライダーを待っています。
1556261_10202239285128994_7448650434165768011_o

1779710_656057737799515_1527369663_n

売ってます。よろしくです。 在庫は1個あります。