CRF250Lのシート CRF250L seat for Rally from Australia.

オーストラリアからCRF250Lでラリーマシンを作っているという人から問い合わせがあったのが昨年11月でした。

彼は、以前当社が作ったカナダ人ラリーストのパトリックのラリーキットを購入したが、キットに含まれない当社のシートは個別に注文してきました。

はい、分かりました。直ぐ作りましょう。と行かないところがこうしたキットについて回る落とし穴。
何年もシート作りをしていると、その辺りの心配事がたくさん出てきます。
ましてや、不具合に対して直ぐに対処できない海外となると余計に慎重になります。
先ずはユーザーが欲しい形状やカバーの打ち合わせから入ります。
恥ずかしながら、言葉だけで意思の疎通が図れるほど英語力がないので、とにかく写真に落書きしてやり取りをします。
ある程度の形状が決まったら、質問をしていきます。
*ラリー仕様のタンクは何ですか?
*現在そのタンクはマシンに装着されていますか?
*そこにノーマルシートを取り付けると皺とか出ませんか?
*シートとタンクとの当たり面に無理はないですか?(両サイドがタンクからはみ出していないか、シート前方が浮いていないか)
などです。
そして、帰ってきた回答も写真でした(ありがたい!)
案の定、皺は寄るしトップはかなり押されるという事でした。
出来ることと出来ないことをしっかり明記して、さらに寸法を測ってほしい場所の指示をします。
装着した状態での寸法が重要なのでこのように採寸してもらいました。
だいたいここまでこれば製作に入れます。
当社でもCRF250Lのシートは用意できるよと言いましたが、自分のを送るからそれを改造して欲しいという事になりました。

そして完成。
それから半年経ってマシンがきあがったという事で写真が届きました。
このマシンでどこに行くのだろう。オーストラリア国内のラリーか、それともアフリカか。
ノグチシートで快適で楽しいラリーを楽しんでもらえたら嬉しいな。

最近ブログの更新が少なくなっておりますが、ノグチシートのfacebook pageでは最新情報を更新しておりますのでそちらもご覧ください。

 

 

DAKAR2018 Finish! ダカールラリー HRCは2位

今年のダカールラリーが終わりました。
結果は1歩及ばずアルゼンチンのケビンが2位という結果。
今年は久しぶりに復活したペルーのステージから始まり、序盤に昨年の覇者サムがリタイヤ、終盤までヤマハがトップを走り、結果はKTMの連勝という結果に終わった。
YouTube Preview Image
今年は例年になく毎日ワクワクしながら観戦できた。
それだけレース展開もコースの映像も見ごたえがあったレースでした。
ライダーを始め現場のスタッフやそれを支える現地にはいないスタッフの皆様お疲れ様でした。

26231521_10214887724007918_6105813663695538886_nダカールマシンのシートをお手伝いして6年。
やはり優勝は欲しい。それは関わる人、応援するファン全てがそうだと思う。
3今ここで来年の話は私がすることではないけれど、次のシートも依頼があれば喜んで作らせていただこうと思います。そして、優勝を味わいたい。
26229888_1643272409069139_5344771664111382381_n毎日のレポートで流れてくる写真を見て、当社のロゴがちらほら現場から届くのは嬉しいです。
シートに限らず、工具入れや小物類もいろいろお手伝いしてるんです。
26756932_1841171149280238_3149697493044412942_oHRCのチームだけではなく、今までレースの現場で当社の製品を見た人から依頼が来て作った物もダカールの映像に映ってたりすると嬉しいですね。
26240355_2015717425112867_2557577855228028926_oこうして世界中に当社の製品がじわじわ広がっていくのも楽しみの一つです。

We go to the DAKAR2019!

今年もノグチシートはお客様の期待の応えるべく頑張りますので、宜しくお願い申し上げます。

タイヤキャリーバッグ Tire carry bags

先日、HRCダカールチームから依頼があったタイヤキャリーバッグ(ホイールキャリバッグ?どっちの呼び方がいいんだろう)の紹介記事を書きました。
IMG_4715

そしたら、ありがたいことに個人のお客様からの注文も頂き何点か作ったので紹介します。

先ず一つはこれ。
ジャーン!なんというか、とんでもない人へ渡っています。
23314243_2118494294842837_1288832254_o女王、ライア・サンツ。しかもサイン入りの写真。KTM450RALLYの新型がモロッコで真っ黒だったし、黒にオレンジのワンポイントが、ライア・サンツが来ているベストにもマッチしてる。なんといってもこんなスーパースターが使ってくれるのは嬉しいの一言です。後ろのテーブルには3年ほど前に渡した工具巻きもあるし。
23314147_2118444378181162_152338470_o23283562_2118514034840863_1443840257_n

次はこれ。
HRCのメカニックもされている方から、BAJA1000で使用するという事でご注文いただきました。
22853268_2108027572556176_4145273502844757408_n
次は普段使いにとブログを見たお客様から
IMG_5055
0.5mmのターポリン素材に10mm幅という大きなファスナーを使用。スプロケやディスクが当たる場所には厚さ3mmの緩衝材が入っています。

お客様のロゴやその他カスタマイズも可能です。
お気軽にお問い合わせください。

 

工具箱の蓋裏 Tool box pocket

某有名メカニックからこんな依頼が

「作業中にアメ舐めて整備したいんだけど、そのアメを入れるポケットを作ってほしいと・・・」

アメって。
ラリー中、徹夜で作業することもあるメカニックは、アメでも舐めて糖分をしっかりとり、常に最高の整備をしなければならない。2週間に及ぶダカールラリーは長いけれど、整備のちょっとしたミスが全てを台無しにする。
そう考えると今回の依頼も、とても大事な依頼だと理解できます。

と、どうでもいい前置きはいいとして、

工具箱の蓋の裏はデッドスペースになってることが多い。
powder-coat-homak-portable-tool-boxes-rd00203200-64_300中にはこの写真の工具箱のようにタイラップなどで固定できるようにパンチングされた鉄板が付いている場合もあります。
R8770713-01最初からこうなっているものもあります。

それを利用した例が次の写真です。
21733761_2048069475218653_1793081689_oふむふむ。色々つけてるな。でも、いまいち使い勝手が悪いとのこと。
21706045_2052588288100105_24767784_o現地から寸法も届いた。
何を持ちたいか、数枚の写真でだいたいわかった。
分かったらとりあえず作って、使ってもらおう。
1回目でダメ出しをしてもらい、2回目で完成に近づけ、3回目に製品化・・となればいいな。と思いつつ1個目を現地へ発送。
22095231_2065943923431208_988648280_oアメだらけ ^^ ^^
だいたい欲しい条件はクリアしてるけど、筆入れやポケットの広さ、全体の寸法など少し改善したいという要望。
そして2回目の製作をしている途中で、1個目の試作見た周りのメカさんたちも
「俺もそのアメ入れが欲しい」と。
1個も3個も変わらないので製作。
そしてまた現地から届いた写真がこれ。
22882167_2105292872829646_1430234912_o 23191970_2114284258597174_1537409510_o 23226976_2114288358596764_286110998_nまだ届いたばかりで適当に道具を刺しただけですが、これで良いでしょうという合格ハンコをいただきホッとしています。

ノグチシートではこんな便利グッズも製作しています。

そして

キャプチャ

とりあえず2018ダカールに向けてのノグチシートの仕事はひと段落ついた感じ。
シートもタイヤキャリーバッグもあれもこれもいろいろ作りました。
もちろん、まだ依頼があれば作りますけどね。
シート以外の、こうした便利グッズでライダーを支えるメカニックさんたちのストレスが少しでも少なくなれば、より優勝に近づくのではと考えています。大袈裟か・・

 

 

CRF450RALLY ホイールキャリーバッグ  Wheel Bags for DAKAR

長期間に及ぶラリーと言う競技では、スペアパーツなどをトラックに満載して運びます。

それらのパーツたちはきちんと整理され、移動中の振動などで傷がつかないようにされています。
tuaregrallye2012 (312) tuaregrallye2012 (525)
タイヤをホイルに組付けた物を運ぶ場合もあるため、その際にブレーキディスクを保護する必要があります。
今回はHRCから依頼を受けて、ダカール用のキャリーバッグの製作をしました。

IMG_4676

送られてきたCRF450RALLYの前後タイヤセット。レースで使用した後なので、リアタイヤは減り、フロントはリムが凹んだりしています。赤いハブの一品物感が素敵です。

素早く取り出せて、素早く仕舞えるもの。そして丈夫であること。そしてディスクを確実に保護しなければなりません。
IMG_4717開閉はファスナーで行います。ここは私が世界最強だと思っているYKKファスナーの10cを使用。これだと多少の砂噛みを起こしてもファスナーのトラブルは起きにくい。中身が重量物なのでその重さに負けない強度のファスナーという事もあり、これを採用しました。

IMG_4702

バッグの素材は0.5mmの厚みのターポリン。縫製は全て二重の縫製。取っ手も補強付きで破れないようにしました。肝心のディスクが当たる部分は内側にボードを挿入しました。
IMG_4715

IMG_4718

バッグの厚みを見れば、どちらがリアでフロントか分かるのですが、やはりパッと見て分かったほうが良いので、リアはR フロントはFとしました。もちろん両面にプリント。リアのカバーにフロントを入れてしまうことは可能なので、その間違いをしないためにもという理由もあります。こうしたデザインって難しく、いつも自分のセンスを呪うのですが、無難にFとRだけにしてみました。メカニックさんたちはどう思うだろう。

IMG_4722

ファスナーのスライダーに追加のハンドルを考えたんですが、今回はシンプルにコブを付けただけのロープにしました。見た目、安っぽい気もするのですが使いやすさはあるのではと。ファスナーの強度があるので、閉める時にコブを握って引っ張るだけですから。そうは言ってもプラスチック部品なので、変な角度で強引に引っ張れば壊れてしまいます。
メカニックさんたちがストレスなく使用できることを祈るばかりです。

という事で、ノグチシートではこんな物も作れます。特注のカバーなどもいろいろ作っています。

IMG_4716