CRF450RALLY Seats after the Dakar rally 2017

15326031_1395134623883895_7660051931314560947_o
2017ダカールラリーが終わって1か月。
今回使用したシートが南米の美味しいワインと共に戻ってきた。
IMG_3292
IMG_3293ジョアンとリッキーのシート。
16298414_1161970590590431_2855122328447432278_n15304540_10211003549425981_3407468749648450291_oこの二人のシートは形状も硬さもカバー素材も全て違う仕様。
ジョアンはウルトラスエードのカバーだけど、リッキーは滑り止め効果のあるビニールレザー。
先ずは外から見てみる。
IMG_3294チェックカード入れは、チェックカードの出し入れをしなくてもスタンプが押せるように穴があけてあります。ジョアンが使った耳栓がまだ入ったまま。
フラップの開閉をしてみてもマジックテープの強度は問題なく、ホルダーの破れなどは無い。
IMG_3295一方、ビニールレザーのカバーにカードホルダーを取り付けたリッキーのほうは本体に問題はないものの、ここに裂けがあった。対策をしたつもりではあったけどまだ甘かったです。
しかし、レース中に不具合となるまでの裂けではなかったようなので良かったです。

IMG_3296ジョアンのシートは当社が出荷したままの状態だったけど、リッキーのシートの裏を見ると手直しをした後があったので、早速はがしてみた。
IMG_3298多分、シートの角に違和感を感じて、この部分を削って角のRを大きくして太腿内側から裏側への当たりを弱くしたんだと思います。

IMG_3300

これはジョアンのシート。最近雨の多いダカールだけど、シートの防水コーティングによってシートに水の侵入もなく、コーティングそのものもしっかりしたまま。
接着があまかったり、接着剤が多すぎても特にサイド部分のコーティングの剥離が起きることがあるんだけど、最近ではほぼない。こうした結果によって、作るほうも安心してユーザーに製品がお届けできます。

16300505_10208210904733916_8090646791523205299_o

こうした写真を見ていつも各ライダーのポジションを見るのですが、シートカバーの擦れ具合や先ほどの防水コートの汚れ方で、一番荷重をかけている部分などが分かります。
IMG_3299シートベースとフレームの当たり具合もライダーによって違います。
どこに一番クッション性を求めるのか、前後左右にどのように動くのかシートからたくさんの情報を得る事が出来ます。
IMG_3301ウルトラスエードの耐久性も改めて確認できるし、ロゴプリントについても同じように耐久性を確認できました。

どれだけ完璧だと思っても不安は付きまとうもので、想像で考え得る問題はあらかじめ解決はするけれど、だいたい問題と言うものは想像外で起こるものなので、こうして事後に確認ができると今後の製作においてちょっとだけ不安なことが消えるので本当にありがたいです。レポートやライダーの言葉も欲しいけど、一番語ってくれるのはやはり現物ですね。

さて、今回リッキーに使用したB-36はメーカー廃盤となってしまったのですが、最近メーカーから在庫分が少し発掘されたので、売り切りですがご希望の方に使用することができます。CRF250RALLYのシート改造にいかがでしょうか。

 

 

 

 

CRF250RALLY いよいよ発売。

 

CRF250RALLYの発売日と価格が発表になりましたね。
p1re2uth

YouTube Preview Image
s5890offこのシートはモーターショーに出品されたときのものです。

ラリーマシンのレプリカが発売、しかもCRF450RALLYを踏襲したマシンとなれば、ノグチシートとしては黙ってられません。それよりもラリーのファンとしてもこうしたモデルの販売は嬉しいですね。
dakar_wallpaper_1280x1024_1初期モデルはCRF450Xベースで作られたダカールマシン。
481765シートはウルトラスエードとビニールレザーのコンビでした。
5人のライダーに合わせて高さや硬さの調整などしました。現在も同じように対応しています。

2014からは新設計のマシンとなり、シートも毎年改良が加えられいます。

1377508_699170286778108_1283799344_n
64219_532899603445191_808329712_nこれは2014モロッコラリーの写真ですね。
ライダーは今年のダカールで優勝したサム・サンダーランド。

1391767_699170813444722_70309661_n
そして、現在はこのような感じになっています。
2017dakarhrc201607 (4)昨年はUSAテストに同行し現地でシートの調整を行いました。
IMG_2221IMG_2112
と言うわけで、前置きが長くなりましたが営業です。
CRF250RALLYを購入される皆様からのラリーレプリカシートのご注文をお待ちしております。
xuquq5v8
南米チームのブラックカバーもかっこいいですね。
ハイシート化、ローダウン等々、CRF250RALLYのベースとなっているCRF250Lのシートはたくさんの改造をしてまいりましたので、その多くの実績から皆様により良いシートのご提案が出来ると思います。
もちろんシートの中身もHRCダカール仕様でお作り出来ます。
早いうちにサンプルも製作してお見せできればと考えています。

問い合わせ ノグチシート(野口装美)

 

 

 

ヘアアンドハウンド初戦 リッキー優勝!  NHHA 2017 R.1 Ricky Brabec Won!!!

ナショナルヘアアンドハウンド第一戦
HRCのダカールライダーであり、JCR所属のリッキーが参加しました。
昨年のチャンピオンが今年もチャンピオンを獲ることができるか期待です。
ヘアアンドハウンドって聞いたことない人もいるかもしれないので、ものすごく端折って説明します。
13hh3__505アメリカのだだっ広い荒野にライダーが横一列に並んで、よーいどん!で一斉にスタートして山あり谷ありの50kmくらいのコースを一番速く回ってきた人の勝ち。と言うレース。

YouTube Preview Image

ビデオ観ればわかるけど、トップライダーのスピードが尋常じゃないです。
遠目にはただ広い荒野を全開で走るだけのように見えますが、実際には小さな灌木があってちょっとしたミスで大転倒します。

さて、昨年の覇者のリッキーが臨んだ第一戦。
22216174608_1458020894261934_2493194084583362755_nウルトラスエード+衝撃吸収材T-NET仕様のシートを装着したCRF450X

111

16238009_1711845372174400_975280918_n

ずっとこんな感じだったそうです。その差数メートル!
333そして優勝!今年は新型のCRF450RXにどこかで変わるだろうけど、熟成されたJCRのCRF450Xのポテンシャルの高さと、それを操るリッキー、そしてJCRと言う素晴らしいチームがあってのこの結果だと思います。
unnamed
そんなチームとライダーに喜んでもらえるシートは幸せだなぁ。
16244173_1512622092100032_161328260_nそんなリッキーからお礼のメッセージが届いた。

” ジョニーが付けてくれたノグチシートすごくいい感じだったよ。
そうそう、ダカールマシンのシートもほんとよかった。またよろしく ”

短い文でも、こうしてトップライダーから直接連絡が来ると嬉しいね。
去年の夏に参加したHRCのテストで彼の好みのシートもわかったしね。

Congratulation!!   Ricky!

 

 

Support for HRC 5年目のダカール

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c2017ダカールのスタートまであと2ヶ月。
2017はモンスターエナジーがスポンサーに付いた。
5820674e001a70-808550575820677575a425-4343369414925817_1419838724711703_823458632664043385_n
111ノグチシートがHRCダカールチームにシートを供給し始めて5年目となる。
さらに、今年は夏にHRCのアメリカテストにも参加することができて、現地でライダーやメカニックとシートの話ができたことは、僕にとってとても勉強になったし、彼らの求めるシートが少しわかった気がした。ファクトリーライダーのシートを作るということはとても光栄なことではあるけど、同時にものすごく緊張する。
img_2239.jpgimg_2112.jpgシートのセッティングは答えがあるような無いような、シチュエーションによって求める性能も変わってくる。距離も日数も長いラリーではそのセッティングに悩むところ。
もちろん最終的にはコレ!と言うものに落ち着くんだけどね。
そこに行きつくまでライダーの要望は最優先ではあるけれど、それとこちらの思惑がかみ合わないとなんとなく気持ち悪い。ダカールを走るライダーをネット観戦しながら、あのシートをこうしたらどうだったろうっていつも考えてしまう。まぁそれが開発と言うことかもしれない。
14725616_1299888300061376_4863027684599819139_nそうは言っても中途半端なものではないのはここで書くまでもないので、その時点で考え得るベストなものを作ってきた。まぁその評価はライダーをはじめ関わる人たちにそのうちされるだろうと思ってます。

さて、当社はシートだけではなく、カバーなども作ってます。
kimg078414657335_1294590513924488_7372620000671911370_nナビゲーションタワーの防水カバー。最近のダカールは「今日も雨かよ!」っていうくらい雨が降ります。基本的にナビゲーション機器は防水仕様だけど、防水のマップホルダーに入っているラリーで一番大事なロールマップは「紙」 わずかな水の侵入でマップが破れては大変なので、こうしてカバーしておきます。洗車時にも使うって言ってたから結構重宝されてるみたい。
100円均一で売ってるシャワーキャップでも同じ効果があるんだけどかっこ悪いからね。

もう一つは車載工具袋

2017crf%e5%b7%a5%e5%85%b7%e5%85%a5%e3%82%8c-1

CRF450RALLYには必要最小限の車載工具が装備されていて、その工具を入れる工具袋も当社製。

img_2326この車載工具袋は、かなり手強いものでした。
このスペースに工具を入れるんだけど、車載したい工具を適当に包んでもこのケースには入らないんです。このケースもただのストレートな箱ではないので、工具袋の中の工具の位置が悪いと引っかかって入らない。工具袋に入れずに簡単な巾着袋に入れれば難なく収まるけれど、それだと一日中工具箱の中でガチャガチャと暴れて、工具同士がぶつかり合って削れ変形し使い物にならなくなってしまう。
今回、それぞれの工具を入れるポケットの位置は指定したけれど、あとはくるっと丸めれば、スッとケースに収納できる。このスッって感触がとても重要で、ギューではいけないのです。工具袋の素材は薄いけれど強耐摩耗性。
たかが工具袋と言えどもかっこよくありたいのでHRCの刺繍入り。
まぁ完成まで何個試作したか忘れてしまったけれど、良い物ができたと思っています。
欲を言えば、収納した状態でレントゲン撮影してみたいな。いい感じで収まっている状態を見てニヤニヤしたい。

img_2171.jpg

2017dakarhrc

2017ダカールはどんな結果になるだろう。
ガンバレ HRC!

 

 

 

 

工具巻きミニサイズです。 New! ToolRoll “Mini”

おかげさまで、4年前から開発をはじめた工具巻きは、細かな改良を加えつつ、今ではほぼ完成の域に達し、HRCをはじめ多くの海外ラリーチームに採用していただいております。
14462940_866623176770818_7395921770821478042_nこの前のモロッコラリーでもフランスのノマドレーシングのピットではこんな感じでした。
現場でこれを見たイタリアやドイツのチームからオーダーをいただきました。

しかし、この大きな工具巻きはロングディスタンスのラリーでは有効でも、日本国内のエンデューロなどでは大きすぎるという声もありました。実際国内での販売はまだ10個に満たない状態です。もの作りをする以上、やはり作った物は販売したいので、ひょっとすると売れるかもと言う下心をもって、今の半分のサイズ ToolRoll ”Mini”  工具巻きの「ミニサイズ」を作ってみました。ミニと言ってもまぁまぁ大きいですけどね。

スタンダードサイズを使ってくれていた海外に住むメカニックの友人が「日々のメンテに大は少し大きいですね」「半分のサイズで作ってくれないですか?」と言うことで試作品を作り送りました。
「このミニサイズでも、ほぼ持ちたい工具が入るので、普段使いならこっちが良いかもしれない」と言うことをフェイスブックに載せたら、国内でワークスマシンを扱うメカニックからも「僕も興味があるので一度試作品を見せてほしい」と、普段使いのガチャガチャと箱に入れてある状態の工具をお持ちいただきました。
img_2648携帯用の工具はフルサイズな物が少なく、タイヤレバーもショートタイプでした。そうなると試作品の右端のポケットが深すぎて取り出しにくくなってしまいます。
お持ちいただいた工具を入れてみると、これが結構余裕がありもう少し工具の量も増やせそうです。小物入れを3つに増やしたのも良かったようです。
色々と相談した結果出来上がったものがこれです。
%e7%84%a1%e9%a1%8c

スタンダードと比べてみると

img_2709

試しに思いつく工具を並べて見ました。
img_2708これを収納します。
img_27043つのポケットはまだ余裕があるので、テスターなども入ります。
右端には350mmのモンキーが入る余裕もまだあります。
工具を入れる、一つ一つのポケット幅も広く取ってあるので、汎用性は高いと思います。
Tレンチも普通サイズが入りますし、ディープソケットをホルダーに付けて入れられるポケット幅を確保しています。
基本的に普段使っている工具を遠征時に、この工具巻きミニに移して持っていけることを考えて作りました。
img_2706たたむと、幅はスタンダードと変わらないですがボリュームは半分です。
1-20ちなみにこちらがスタンダードサイズに25kg分の工具を収納し、たたんだ状態です。厚みの違いは写真からでもわかると思います。

スチールやプラスチックの工具箱だと、どうしても置き場所に困る時があると思います。このサイズであれば、トランポの中に積み込むときもかさばらずに場所を選びません。

使うときもキャンプテーブルがあれば、瞬時に工具巻きを広げて、使いたい工具にアクセスできます。撤収も早く済むし、工具が全て見えるので、足りない物などもわかりやすく紛失の心配も減ると思います。

工具を入れるポケットの両側には「工具のこぼれ防止フラップ」が付いているので、移動中に工具が落下して紛失することもありません。

商品名: 工具巻きミニサイズ  ToolRoll “Mini”

1個/¥19,000(税、送料別)
オリジナルのロゴプリント可能なのでお気軽に問い合わせください。
既に注文をいただき、初期ロットは少しだけ在庫が残っています。

皆様からのご注文お待ちしております。

問い合わせ先 0575-28-2057  08:00-17:00