タイヤキャリーバッグ Tire carry bags

先日、HRCダカールチームから依頼があったタイヤキャリーバッグ(ホイールキャリバッグ?どっちの呼び方がいいんだろう)の紹介記事を書きました。
IMG_4715

そしたら、ありがたいことに個人のお客様からの注文も頂き何点か作ったので紹介します。

先ず一つはこれ。
ジャーン!なんというか、とんでもない人へ渡っています。
23314243_2118494294842837_1288832254_o女王、ライア・サンツ。しかもサイン入りの写真。KTM450RALLYの新型がモロッコで真っ黒だったし、黒にオレンジのワンポイントが、ライア・サンツが来ているベストにもマッチしてる。なんといってもこんなスーパースターが使ってくれるのは嬉しいの一言です。後ろのテーブルには3年ほど前に渡した工具巻きもあるし。
23314147_2118444378181162_152338470_o23283562_2118514034840863_1443840257_n

次はこれ。
HRCのメカニックもされている方から、BAJA1000で使用するという事でご注文いただきました。
22853268_2108027572556176_4145273502844757408_n
次は普段使いにとブログを見たお客様から
IMG_5055
0.5mmのターポリン素材に10mm幅という大きなファスナーを使用。スプロケやディスクが当たる場所には厚さ3mmの緩衝材が入っています。

お客様のロゴやその他カスタマイズも可能です。
お気軽にお問い合わせください。

 

工具箱の蓋裏 Tool box pocket

某有名メカニックからこんな依頼が

「作業中にアメ舐めて整備したいんだけど、そのアメを入れるポケットを作ってほしいと・・・」

アメって。
ラリー中、徹夜で作業することもあるメカニックは、アメでも舐めて糖分をしっかりとり、常に最高の整備をしなければならない。2週間に及ぶダカールラリーは長いけれど、整備のちょっとしたミスが全てを台無しにする。
そう考えると今回の依頼も、とても大事な依頼だと理解できます。

と、どうでもいい前置きはいいとして、

工具箱の蓋の裏はデッドスペースになってることが多い。
powder-coat-homak-portable-tool-boxes-rd00203200-64_300中にはこの写真の工具箱のようにタイラップなどで固定できるようにパンチングされた鉄板が付いている場合もあります。
R8770713-01最初からこうなっているものもあります。

それを利用した例が次の写真です。
21733761_2048069475218653_1793081689_oふむふむ。色々つけてるな。でも、いまいち使い勝手が悪いとのこと。
21706045_2052588288100105_24767784_o現地から寸法も届いた。
何を持ちたいか、数枚の写真でだいたいわかった。
分かったらとりあえず作って、使ってもらおう。
1回目でダメ出しをしてもらい、2回目で完成に近づけ、3回目に製品化・・となればいいな。と思いつつ1個目を現地へ発送。
22095231_2065943923431208_988648280_oアメだらけ ^^ ^^
だいたい欲しい条件はクリアしてるけど、筆入れやポケットの広さ、全体の寸法など少し改善したいという要望。
そして2回目の製作をしている途中で、1個目の試作見た周りのメカさんたちも
「俺もそのアメ入れが欲しい」と。
1個も3個も変わらないので製作。
そしてまた現地から届いた写真がこれ。
22882167_2105292872829646_1430234912_o 23191970_2114284258597174_1537409510_o 23226976_2114288358596764_286110998_nまだ届いたばかりで適当に道具を刺しただけですが、これで良いでしょうという合格ハンコをいただきホッとしています。

ノグチシートではこんな便利グッズも製作しています。

そして

キャプチャ

とりあえず2018ダカールに向けてのノグチシートの仕事はひと段落ついた感じ。
シートもタイヤキャリーバッグもあれもこれもいろいろ作りました。
もちろん、まだ依頼があれば作りますけどね。
シート以外の、こうした便利グッズでライダーを支えるメカニックさんたちのストレスが少しでも少なくなれば、より優勝に近づくのではと考えています。大袈裟か・・

 

 

CRF450RALLY ホイールキャリーバッグ  Wheel Bags for DAKAR

長期間に及ぶラリーと言う競技では、スペアパーツなどをトラックに満載して運びます。

それらのパーツたちはきちんと整理され、移動中の振動などで傷がつかないようにされています。
tuaregrallye2012 (312) tuaregrallye2012 (525)
タイヤをホイルに組付けた物を運ぶ場合もあるため、その際にブレーキディスクを保護する必要があります。
今回はHRCから依頼を受けて、ダカール用のキャリーバッグの製作をしました。

IMG_4676

送られてきたCRF450RALLYの前後タイヤセット。レースで使用した後なので、リアタイヤは減り、フロントはリムが凹んだりしています。赤いハブの一品物感が素敵です。

素早く取り出せて、素早く仕舞えるもの。そして丈夫であること。そしてディスクを確実に保護しなければなりません。
IMG_4717開閉はファスナーで行います。ここは私が世界最強だと思っているYKKファスナーの10cを使用。これだと多少の砂噛みを起こしてもファスナーのトラブルは起きにくい。中身が重量物なのでその重さに負けない強度のファスナーという事もあり、これを採用しました。

IMG_4702

バッグの素材は0.5mmの厚みのターポリン。縫製は全て二重の縫製。取っ手も補強付きで破れないようにしました。肝心のディスクが当たる部分は内側にボードを挿入しました。
IMG_4715

IMG_4718

バッグの厚みを見れば、どちらがリアでフロントか分かるのですが、やはりパッと見て分かったほうが良いので、リアはR フロントはFとしました。もちろん両面にプリント。リアのカバーにフロントを入れてしまうことは可能なので、その間違いをしないためにもという理由もあります。こうしたデザインって難しく、いつも自分のセンスを呪うのですが、無難にFとRだけにしてみました。メカニックさんたちはどう思うだろう。

IMG_4722

ファスナーのスライダーに追加のハンドルを考えたんですが、今回はシンプルにコブを付けただけのロープにしました。見た目、安っぽい気もするのですが使いやすさはあるのではと。ファスナーの強度があるので、閉める時にコブを握って引っ張るだけですから。そうは言ってもプラスチック部品なので、変な角度で強引に引っ張れば壊れてしまいます。
メカニックさんたちがストレスなく使用できることを祈るばかりです。

という事で、ノグチシートではこんな物も作れます。特注のカバーなどもいろいろ作っています。

IMG_4716

 

 

ルタ40ラリー Desafio Ruta40

599eab796525b4.44481366

ルタ40ラリー
ダカールが開催される南米アルゼンチンで行われるラリーとあって、各メーカーチームがテストも兼ねて多く参加します。
ノグチシートがお手伝いをするHRCも参加します。
599e3f86e30215.17777739 599e3f09224b23.4316317120961146_2022273864464881_1139909525_o現地からの便りはこんな写真でした
21076511_2021439321215002_523114122_n2℃!!!!真冬です。
そういえば昨年は雪が降ってました。
21146421_2022286547796946_1119731106_o工具巻きのミニも、特殊工具入れとして活躍中。
21083483_2023173594374908_6011497269101699275_o

21105449_1771767466185492_114297586655774752_n

車検も終わり、彼らの走りと結果が楽しみです。
熟成されてきたCRF450RALLYが表彰台を占めることを切に願うばかりです。

FullSizeR IMG_4312

 

2018ダカールラリーに向けて 2018DAKAR RALLY

2018ダカールラリーに向けてノグチシートも始動しました。

HRCがダカールに戻ってきて5年が経過。そして6回目のダカールに向けてチームも動き出しました。これからアタカマラリー ルタ40 モロッコラリーと実践でのテストを重ねて優勝を狙います。

FullSizeR

ライダー別に高さ、硬さ、カバーの素材全て変えて作っています。
IMG_4312とにかくこのシートを付けたマシンが表彰台の真ん中に立つことを祈るばかりです。

シートだけではなく携帯する工具や非常用の部品を収納するカバーも製作。
FullSizeR (1)毎年微妙に収納する内容が変わるのと、収納ボックスも変わるため、その都度知恵の輪を解くように工具の位置を計算し、簡単に収納できる工具入れを作っています。
IMG_4264工具入れにしまってしまえば見えなくなってしまうけれど、見えないからいいやではなくて、これは職人としての意地というか、やはりカッコよくありたいので刺繍などでデコレーションしてみました。ベルトで工具入れを締めるとノグチとHRCのロゴがきれいに並ぶ仕様です。

2017dakarhrc

1年前には現地テストに参加して、実際にライダーの走りを見ることができたし
img_2239-1.jpgimg_2249.jpgとにかく、6回目!頑張ってほしいです!