リブ付きグリッパーシート Gripper seat with rib.

モトクロスやエンデューロレースに使用するシートカバーの座面に、滑り止め効果を狙った帯やヒダ加工されたモノが付いている物をよく見かけます。
IMG_8163 IMG_8162 IMG_8160
motoseatこのような感じのものです。各シートカバーメーカーから同じようなものが出ています。座面に帯を縫製することで凸凹ができ、縫いしろのヒラヒラする部分がそれらが抵抗となって、自分の意思とは関係なく体がズレてしまう事がないような効果を狙ったものだと思います。

この方法を否定するつもりはありませんが、自分としては帯縫製のデメリットを解消したく、同じものを作るよりはもう少しグリップ性が出せないか、メンテナンス性もあわせて向上できないか、さらには耐久性も上げたいということでノグチシートからはこんな提案をさせていただきます。

IMG_3523

高周波ウエルダーによるリブ加工です。今までもリブ加工はワークスマシンなどに行ってきましたが、今回は独自に金型を製作して今までより安価にお客様にご提案できるように開発しました。高周波ウエルダー部の強度も裏側に補強を入れることでアップしています。

IMG_3534

高周波でリブを作っているので縫製のように糸は使いません。
IMG_3526リブの高さも選ぶことができます。
IMG_35315mmと3mmの軟質塩ビの芯なので、適度な硬さがあるのでリブの上に座ったときにリブの部分は大きく沈まずお尻に食いつく感じです。それが大きな抵抗となってグリップ効果を発揮します。
IMG_3528写真では分かりづらいかもしれませんが、5mmと3mmの高さの違いが分かるでしょうか。
レース後は高圧洗車機で泥まみれのシートを洗うことが多いと思いますが、ノグチシートで張り替えた場合は、ウレタンに防水コーティングを施しますので水の侵入は一般的なカバーとは比べられないほど防水性は高いです。
サイドの縫製から水は侵入しますが、ウレタンには浸み込まないということです。

IMG_3530
写真に使ったビニールレザーはB-36 この色は廃盤となっていましたが、復活しました。その他B-33黒 B-35青等ございます。他の素材でも同様のリブ加工は可能です。

リブの間隔を不等間隔に配置したり、前後でリブの高さを変えたりとオーダーは自由です。

ご興味を持たれましたら是非お問い合わせください。お待ちしております。

 

 

 

東京モーターサイクルショー 

モーターサイクルショーでは、普段見ることのないバイクに触ったり跨ったりできるのでシート作りには参考になります。
IMG_3515先ずはとにかく跨る。シート高の表示と足つきの関係。同じシート高なのに車種によって全く足つきが違う。シート幅が違えば当たり前なんだけど、実際跨ってその違いを体感することで色々とシート形状のアイデアが湧いてきます。
IMG_3512標準シートを削ったローダウンシートもいくつかありましたが、カタログ上は低いものの低くなる前より内股への干渉が大きくて乗り辛そうだなと思うものもありました。
ハスクの701のようにシート改造ができない作りのシートも、実車を見ないとわからないところです。
ウレタンの硬さも、手で触る感触と座ったときに感じる硬さの違いを確かめるのも楽しかったです。各社それぞれいろんな硬さをバイクによって設定していて、とても参考になりました。
IMG_3497座面の滑り止め加工や
IMG_3500切り替えのパターンなど、参考になるものが多いです。
IMG_3505今回、ウルトラスエードで張られたシートが多く目につきました。
IMG_3499滑り止めレザーのテクスチャーも様々で、これも現物を触って色々と確かめることが出来ました。
IMG_3486
ロゴ印刷や刺繍の技法など、各社色々と工夫があり、とても興味深いです。
こうしていろいろ眺めていると。もっと知りたいことがたくさん出てきて、それを調べつつ当社の技術に落とし込んでいけたらと思います。
IMG_3516

タイヤのメッツラーのブースでは故戸井十月さんが5大陸走破で使用したアフリカツインが展示されていました。
IMG_3502 IMG_3503長旅でシートの座面はボロボロになっているけど、これはこれで旅の軌跡の一つとしてこのままでいいかな。

年に1度はこうして色々眺めて触ることは大事ですね。知ってるようで知らないことばかりです。
と、仕事の目ばかりではなくて、最新機種を含めいろんなバイクを見るのは楽しいです。

 

 

 

モトグッツィV7Ⅱ シンイチロウ アラカワ

東京モーターサイクルショーに行ってきました。

IMG_3485

目的は色々あるんですが、先ずはノグチシートの作品を真っ先に見ること。先ずはSHINICHIRO ARAKAWA氏プロデュースのMOTO GUZZI V7Ⅱ
v7stone_1ベース車はこれ。このマシンがSHINICHIRO ARAKAWAによってカスタムされます。もちろん当社の担当はシート。
ちなみに今までも何台かのアラカワ氏プロデュースによるマシンのシートを作らせていただきました。
キャプチャ細かな指示がシートと共にきました。
異素材の組み合わせ、刺繍の配置、ラインの合わせなど通常のシート作りより手間がかかります。
手間をかけただけの結果が出ないと意味がないので、慎重に作業を進めます。

なにせ実車に合わせながらできないので、指示書とシートに記されたラインのみが頼りです。
image2image4image6

 

刺繍は刺しゅう機を自社で保有しているので、プログラムから施工まで納得いく刺繍ができます。

完成したシートを送り、しばらくして車体に装着された写真が送られてきました。
17351138_1439552666086347_522421117_nタンクのブラックとシートのエナメル、そしてタンクから流れる巾3mmのラインとの合わせ。いい感じです。
このマシンはイタリア語で”Lucciola Blu”(青い蛍)と名付けられ展示されるそうです。なるほど、だからシートの最後尾が黄色だったんだ。
しかし、写真だけでは分からないところもあり、東京モーターサイクルショーのMOTO NAVIブースに行ってきました。
IMG_3487
IMG_3491IMG_3488不安だったこのエナメルからサイドへの流れもバッチリ。
IMG_3492やはり現物を見ると、次への課題も出てきますし、頑張った達成感もより一層湧いてきますね。なかなかお会いする機会がなかったアラカワさんにも今回お会いし、挨拶が出来たのも良かったです。

YouTube Preview Image

 

 

オリジナルレザー Cover materials

unnamed

バイク用の滑り止めレザーの開発を進めています。

滑り止め効果はもちろんのこと、張りやすさや強度なども重要。

ありがたいことに、あるメーカー様に数種類のサンプル製作に協力をしてもらい、細かな点を詰めています。色は黒と赤の展開を考えていて、一般及び業販でもこの素材を販売していこうと考えています。

何個かシート作って走るのが一番なので、もう少し試してみよう。

 

そして、オリジナルレザーの打ち合わせをしていると、アメリカよりファクトリーマシン専用のグリッパーレザーが届いた。
unnamed (2)通販で簡単に買える材料ではないので、少し手間取ったけど無事到着。

当社で扱うバイク用レザーを載せたカタログ販売中です。
廃盤になったり、新作が追加されたりと、なるべく早くアップデートをしています。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

それと、当社取り扱いのカバー素材はWEB上でご覧いただくこともできます

そうそう、特に発表もしていなかったのですが、当社WEBのトップが新しくなりました。

 

 

 

足つき性とアンコ盛り Low or High seat?

 

足つきで悩んでる人に「アンコ盛りをして足つきを良くしましょう」と言うお話です。

バイクシートで言うアンコはウレタンの事を指しますが、アンコという名前が一般化してしまっているので、なかなかカッコいい新しい言葉ができません。ローダウンとかハイシート化とか言うこともあるけど、圧倒的にアンコ抜きとアンコ盛りですね。カッコよくないけど、この言い方は分かりやすいので、当分はアンコ抜きとアンコ盛りという言葉を使っていきます。

足つき性を良くしたいからあんこ抜きをする。当然の話で低くなれば足が届くから、プロに任せなくても強引にウレタンをむしって低くされる方もいます。

しかし、アンコ抜きをすると当然クッション性は落ちますし、下手なあんこ抜きをすると低くなったにもかかわらず足つき性が向上しないってこともあります。

124

すごく乱暴な絵ですが、左の絵のように四角のシートのまま低くすると高さは低くなりますが、脚の広がりは変わらずに地面が近づくために、よりがに股になってしまい違和感を感じることになります。

右の図だと高さはそのままにシートを細くした場合の足の角度を示します。
脚が削る前より真っすぐ下におろせるために、高さは変わらないのに脚が出しやすく(おろしやすく)なり足つきが良くなった感じがします。

img_1354

このシートは右がメーカー標準シートで、左がメーカー純正のローシートです。
高さは着座位置で30mm低いですが、幅が標準より広くなっています。
これだと、せっかく低くなったのに脚が開いてしまい低くなった分の体感が得られにくいです。さらに標準より30mmクッション性が落ちているので乗り心地も期待できません。

実際、このシートで標準シートの着座部はそのままに前部分を30mmほど狭くしたものにまたがってもらうと「ローシートよりも足が出しやすく、更に足つき性が上がった(そう感じた。停車時の安心感が上がった)」という評価を何人かのお客様から頂きました。

では、ロードバイクのようにシートの厚みは薄いけど足つき性を上げたい場合はどうしたらいいのだろうという質問も多くいただきます。

123

しかし、絵が下手でごめんなさい。薄いシートの話を始めてるのに絵は厚いシートで更にごめんなさい。

薄いシートの場合、サイドも削れずもちろんウレタンを薄くすることもできない場合があります。
ここで強引にウレタンを薄くすると、シートカウルの幅目いっぱいに脚が広がってしまう場合があります。そうなると、低くなっているのに脚の自由度が下がって停車時の足つきに違和感が出ます。
なので、ロードバイク(もしくはそういった形状に近いオフロードバイク)の場合、着座部分の幅は割と広く取ってあるので、アンコを若干盛り、座面幅をノーマルより狭くすることで「高くしたのに足つき性が良くなった(そう感じる)」となる場合もあります。

アンコ抜きによる乗り心地の悪さを解消するために衝撃吸収材T-NETの挿入をお勧めしてはいますが、衝撃吸収材T-NETが挿入できないほど削って、足つき性もよくならず乗り心地も悪くなる最悪の事態を避けるために、【足つき性の向上のためのアンコ盛り】を勧める場合もあるという話でした。足つき性も上がってクッション性も上がればより快適になりますからね。

もちろんこれは一例なので、すべてのお客様に当てはまる手法ではありませんが、やみくもにアンコを薄くするだけではなく、トータルでの快適さ求めるためにいろいろ考えた結果をお知らせしているにすぎません。

足つきで悩んでいるお客様すべてに満足な提案ができないかもしれませんが、現状抱えている問題があればご相談ください。

【TEL】0575-28-2057      08:00-17:00

【email】 bike@a-seat.jp