ウルトラスエード パンチング加工 Punching mesh

昨年までウルトラスエードのパンチングタイプはメーカーが作っていましたが、理由は分かりませんがパンチングタイプは今後作らないと連絡が来ました。
その為、当社で在庫していた分が終り、今までの間パンチングを希望されたお客様には大変申し訳なく、パンチング無しで張替をすることに納得いただいておりました。

しかし、相変わらずパンチングタイプの問い合わせが多いので当社で作ることにしました。

IMG_3444

先ずはウルトラスエードにパンチング加工を施します。この加工をする加工屋さんは多いのですが、ただパンチングするだけだと写真のように穴から向こうが見えてしまいます。

IMG_3445

当社で防水コーティングしたシートの上に乗せてみます。
パンチング加工したままだと、白いコーティングシートがパンチング穴から見えてしまいます。
これだとかっこよくないし、最高級素材のウルトラスエードの価値が下がってしまいます。

IMG_3457なので、パンチングしたウルトラスエードにバッキング加工を施して透けて見えなくします。こうした加工することで強度も上がります。

IMG_3458上が加工済みで下が未加工です。こうして並べると違いが良く分かると思います。
透けて見えないほうが絶対に良いです。

色々試してみて、これでいけると判断しましたので、今まで黒/ダークグレー/赤の3色しかパンチングがありませんでしたが、今後はウルトラスエード全色及びA-スエードも全てパンチング対応させていただきます。
キャプチャimage4-7image11-1

2-600x450image5-1パンチング単体ではなくパンチングを組み合わせることで、より一層シートのカスタム感が増すと思います。

宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

鮎ワッペン Embroidery patch

当社にはお魚名人が一人おります。
IMG_1739
会社から清流長良川までは歩いて5分です。
IMG_1724
しかも、春にはサツキマス、夏から秋にかけては鮎がたくさん獲れます。
IMG_2350
お魚名人は、漁期になると出社前に川で竿を出し、昼休みには川を偵察し、5時になればそのまま川へと言う生活になります。 釣り好きからしたら、なんて贅沢な環境って見えるでしょうね。
お魚名人は、椅子張りも名人なので会社的にはとてもありがたい存在です。
IMG_2626

時期になるとサツキマスの刺身やアユの塩焼き、鮎の甘露煮など、季節を感じながらの楽しい昼食を楽しませてくれます。

そんな名人から「鮎のワッペンを作ってほしい」と言われ、練習がてら作ってみました。

1鮎の写真を見て輪郭を引き、色を考えて刺しては見たものの・・・
糸を刺してはダメ出しの繰り返し・・・
下から上にしたがって完成となっていきます。

最初に刺したものは、名人曰く「・・・色がオイカワみてーだな・・」
60A0702・・・うーん・・たしかに・・
もっとシンプルにして、えらの横にある黄色い「追い星」を強調させて、色は基本てきなグレーで・・

「・・・やっぱり・・サツキマスワッペンの時もそうだったけど  ブリになってしまうなぁ」って
kzwao8s9たしかに
16298662_717105378465675_8276934683706703580_n036149無題
とにかく追い星の黄色と、口先!ここが重要!と言われて、なんとか完成

あぶらびれにほんの少しだけ入れたオレンジ色がポイントです。
16265312_717105395132340_8665746742918957095_n16299525_717105391799007_2038777432599968569_nまぁまぁかな
絵と同じでここからどんどん刺繍データに手を加えればさらにリアルになるんだけど、これはここまで。

こんな感じで、当社ではオリジナルワッペンの製作もできます。

お問い合わせお待ちしております。

 

 

 

オリジナルレザー Cover materials

unnamed

バイク用の滑り止めレザーの開発を進めています。

滑り止め効果はもちろんのこと、張りやすさや強度なども重要。

ありがたいことに、あるメーカー様に数種類のサンプル製作に協力をしてもらい、細かな点を詰めています。色は黒と赤の展開を考えていて、一般及び業販でもこの素材を販売していこうと考えています。

何個かシート作って走るのが一番なので、もう少し試してみよう。

 

そして、オリジナルレザーの打ち合わせをしていると、アメリカよりファクトリーマシン専用のグリッパーレザーが届いた。
unnamed (2)通販で簡単に買える材料ではないので、少し手間取ったけど無事到着。

当社で扱うバイク用レザーを載せたカタログ販売中です。
廃盤になったり、新作が追加されたりと、なるべく早くアップデートをしています。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

それと、当社取り扱いのカバー素材はWEB上でご覧いただくこともできます

そうそう、特に発表もしていなかったのですが、当社WEBのトップが新しくなりました。

 

 

 

飛燕の復元作業  Restore of ”HIEN”

三式戦闘機「飛燕」の復元が近所にある川崎重工で始まっているのは新聞で知っていたけど、特に気にすることはありませんでした。

13265930_635499403264964_4620328262429317476_n*当時の川崎重工 岐阜工場の様子だそうです。

ある日、取引先の家具屋さんから「こんなもの張れますか?」と、図面を手に打ち合わせに来られた。川崎重工の飛燕復元メンバーの方が、近くで飛燕のヘッドレストを作れるところを探してその家具屋さんに辿り着いたそうです。

話を進めるうちに家具屋さんは外れて、直接当社と川崎重工との打ち合わせが始まりました。

機体の復元は進められているけど、当時の資料が極端に少なく、なかなか手ごわいという話をされていました。当社が受け持つヘッドレストクッションも当時とほぼ同じ材料を使い、忠実に再現するというもので、当時の資料を基に先ずは材料と製作方法の提案をしました。それらをもとに作業仕様書を製作しヘッドレストの完成となりました。小さな部品でこれだけ詳細を詰めるということは、全体の復元にどれだけの苦労があったのだろうと、関係者の努力に頭が下がります。
14656248_1366735736684841_4360247181027273522_n

wst1610130072-p2

 

wst1610130072-p1

ほんの少しのお手伝いでしたが、役得で内覧会に参加させていただき、機体を間近で観させていただき、さらに担当の方から機体やエンジンの詳しい説明をいただきました。

戦争の道具と言うこともあり複雑な心境ですが、それを抜きに見ると当時の技術者の苦労やアイデアがたくさん詰まっている素晴らしい機体でした。

 

 

工具巻きミニサイズです。 New! ToolRoll “Mini”

おかげさまで、4年前から開発をはじめた工具巻きは、細かな改良を加えつつ、今ではほぼ完成の域に達し、HRCをはじめ多くの海外ラリーチームに採用していただいております。
14462940_866623176770818_7395921770821478042_nこの前のモロッコラリーでもフランスのノマドレーシングのピットではこんな感じでした。
現場でこれを見たイタリアやドイツのチームからオーダーをいただきました。

しかし、この大きな工具巻きはロングディスタンスのラリーでは有効でも、日本国内のエンデューロなどでは大きすぎるという声もありました。実際国内での販売はまだ10個に満たない状態です。もの作りをする以上、やはり作った物は販売したいので、ひょっとすると売れるかもと言う下心をもって、今の半分のサイズ ToolRoll ”Mini”  工具巻きの「ミニサイズ」を作ってみました。ミニと言ってもまぁまぁ大きいですけどね。

スタンダードサイズを使ってくれていた海外に住むメカニックの友人が「日々のメンテに大は少し大きいですね」「半分のサイズで作ってくれないですか?」と言うことで試作品を作り送りました。
「このミニサイズでも、ほぼ持ちたい工具が入るので、普段使いならこっちが良いかもしれない」と言うことをフェイスブックに載せたら、国内でワークスマシンを扱うメカニックからも「僕も興味があるので一度試作品を見せてほしい」と、普段使いのガチャガチャと箱に入れてある状態の工具をお持ちいただきました。
img_2648携帯用の工具はフルサイズな物が少なく、タイヤレバーもショートタイプでした。そうなると試作品の右端のポケットが深すぎて取り出しにくくなってしまいます。
お持ちいただいた工具を入れてみると、これが結構余裕がありもう少し工具の量も増やせそうです。小物入れを3つに増やしたのも良かったようです。
色々と相談した結果出来上がったものがこれです。
%e7%84%a1%e9%a1%8c

スタンダードと比べてみると

img_2709

試しに思いつく工具を並べて見ました。
img_2708これを収納します。
img_27043つのポケットはまだ余裕があるので、テスターなども入ります。
右端には350mmのモンキーが入る余裕もまだあります。
工具を入れる、一つ一つのポケット幅も広く取ってあるので、汎用性は高いと思います。
Tレンチも普通サイズが入りますし、ディープソケットをホルダーに付けて入れられるポケット幅を確保しています。
基本的に普段使っている工具を遠征時に、この工具巻きミニに移して持っていけることを考えて作りました。
img_2706たたむと、幅はスタンダードと変わらないですがボリュームは半分です。
1-20ちなみにこちらがスタンダードサイズに25kg分の工具を収納し、たたんだ状態です。厚みの違いは写真からでもわかると思います。

スチールやプラスチックの工具箱だと、どうしても置き場所に困る時があると思います。このサイズであれば、トランポの中に積み込むときもかさばらずに場所を選びません。

使うときもキャンプテーブルがあれば、瞬時に工具巻きを広げて、使いたい工具にアクセスできます。撤収も早く済むし、工具が全て見えるので、足りない物などもわかりやすく紛失の心配も減ると思います。

工具を入れるポケットの両側には「工具のこぼれ防止フラップ」が付いているので、移動中に工具が落下して紛失することもありません。

商品名: 工具巻きミニサイズ  ToolRoll “Mini”

1個/¥19,000(税、送料別)
オリジナルのロゴプリント可能なのでお気軽に問い合わせください。
既に注文をいただき、初期ロットは少しだけ在庫が残っています。

皆様からのご注文お待ちしております。

問い合わせ先 0575-28-2057  08:00-17:00