タイムライフチェア Time-Life Chair1960

ある仕事の依頼でお客様の会社に出向いた時の事。
地下の管理室にあった、座るには躊躇するほどボロボロになった椅子が有名なデザイナーの椅子だったので「今回の仕事とは別ですが、この椅子はどうされますか?」「最近の使い捨ての椅子とは違い、張替ればまだ十年以上は使えますよ。これはとてもいい椅子なので張り替えるに十分理由があります」と説明しましたが、
お客様は「でも、張替えるにもお金がかかるから、もうすぐ捨てるんだ」「欲しけりゃ持って帰っていいよ」という事で、そのままいただいて帰ってきた。
IMG_4138イームズって言う人の名前は聞いたことがある人も多いと思います。
建築家であり現在も世界中で愛される椅子を始め様々な商品をデザインした人です。
この椅子は、そのイームズが1960 Time-Lifeビルのロビー用にとデザインした椅子です。
なのでタイムライフチェアと名付けられました。
この椅子をくれた会社は創業時1965年からこの椅子をロビーで使っていたけど、古くなりお客さんに座ってもらうには酷い状態だけど、捨てるにはもったいないなという事で地下の部屋で半分眠った形で使用されていました。なので、これは50年経過したヴィンテージ物となります。
このタイムライフチェアは、現在も生産されていますが名前がエグゼクティブチェアとなり、脚もキャスターが付いていわゆる「重役椅子」のようになっています。
123これだと正直あまり魅力を感じません。
貰って来た椅子を見ると現在生産されているものや、20年前の物と比べても違いがいくつかあります。
1
ヴィンテージのタイムライフチェアの写真を見ても、なかなか見つからない同じ物。
36貰ったものは背もたれのクッションが、それぞれ1本のボルトで固定されいるんですが、検索で出てくる物は殆ど2本。
CH_TLpDb025-506x500Time-Lifeビルのロビーの写真を見つけました。たぶんこの初期モデルと同じものだと思います。
それと、初期の物はロビーやラウンジでローテーブルを置き、そこでお茶でも飲みながらくつろぐ為の椅子だったので、現行品より幅が広く背もたれが低い仕様です。座面は低く、角度も現行品より大きく取ってるように思います。
11069301972年ボリス・スパスキーとボビーフィッシャーの世紀のチェス対決ではこの椅子が使われました。これもフレームを見ると背もたれはボルト2本止めですね。
量産化となり、組み立てしやすく合理的な改良をしながら現在に至っている歴史を見るのも、息の長い椅子の楽しみです。

しかし、驚いたのが50年経過してプラスチック部品は割れもなく、回転部分のガタはほぼゼロ。カバーとスポンジ以外は全く問題ないという点に驚かされます。
これだと修復がしやすいです。とは言え、手の込んだ作りなので簡単にはいかないです。
さて、ばらしていきます。
IMG_4153IMG_4154アルミの鋳造部品はエッジの効いたラインと、少しルーズでヌルっとした面がとても美しいです。
IMG_4155IMG_4169カバーを外してスポンジ部分を観察します。変わったスポンジの構成になっていました。なぜそうしたのかという理由を探るのも椅子屋として勉強になります。スポンジは変形してへたっているので全て新品に交換します。
カバーも本革から高級素材Kvadrat社の平織に変更して張り込む事にしました。
本革は高級で長持ちすると言われていますが、革は蒸れますし、滑ります。リラックスするための椅子であれば通気性のある布で適度なすべり止め効果があったほうが良いと私は思います。もちろん革にも良いところはたくさんありますが、革が最高級、最上級ではないという事も知っていて良いと思います。

作業途中の写真が全くなくてすみません。
完成です。

IMG_4495

太いパイピングがこの椅子の特徴でもあるので、そこは同じ太さにしました。
unnamed
IMG_4499

アルミ部分はヘアライン仕上げにするか、ピカピカにするか悩んだけれど、ピカピカにしました。

IMG_4496自己満足ですが、スポンジの構成を考えながらできるだけ当時のディテールのまま仕上げたつもりです。50年経ってもこうして新品のようによみがえる椅子はとても魅力がります。
座り心地は申し分なく、これでゆっくり本が読めそうです。
欲を言うならオットマンが欲しいところですが、それはまたいずれ。

IMG_4489

 

S2000の幌交換 SoftTop install

いつかはやりたいと思いつつ、まだいいかとほったらかしにしてあった。
そのS2000の幌が限界を超えてしまった。
IMG_4042色は褪せ、裂けてきたところをパッチでごまかしてきたけど、いよいよダメ。
IMG_4040リアのプラスチックの窓も視界が悪く、いつ割れてもおかしくないほど硬化してきている。

ネットでS2000の幌交換については前から調べていた。
調べるほどハードルが高く感じ、やるなら業者さんにお願いかなと思っていた。
ホンダディーラーでは受け付けてくれるだろうけど、多分やったことがない人がマニュアルを見て張ることになるだろうし、それなら自分でやっても同じかなと。
とにかく自分でやるのは相当困難という。一人でなんて言語道断。らしい。
しかし、張り屋としての意地というか、根拠のない自信はあるので幌だけを購入してあとはネットの情報から想像を膨らませてやってみることにした。

少し腕に覚えのあるユーザーが幌交換に手を出して悪戦苦闘しているブログを見ながら、自分なりに、いかに簡単に早くできるかをシュミレーションしてみる。
文章や写真では分からないので、youtubeで自分で張り替えた人達の様子を観てみた。
YouTube Preview Image
なんというか彼らのガサツな感じに、イケル!と確信した。
行き当たりばったりに部品を外す感じがいい。
幌のフレームを外したりとか、すごく大変そうに作業をしてるのが日本人で、海外の情報はフレームはそのままに簡単簡単!と言いながら時間は早くやってる。
たぶん簡単ではなく、見えない力技もあるだろうけど、やるなら簡単に考えて楽しく進めたい。

ネットでアメリカの幌販売サイトで購入後、作業開始。

IMG_4046切った! これで後戻りはできず。こういう作業は潔さがいると思う。切れば早く作業も進むしね。

IMG_4047忘れるといけないから写真をたくさん撮ることにした。
IMG_4050IMG_4051そしてきれいさっぱり。
幌が届くまでに、余分な部品も外して磨いたりして準備完了。
IMG_4052外しながら幌自体の取り付けは全く難しくないことが分かったけど、問題はこのプラスチックのパネルがうまく取り付けられるか。外すときは幌を切ったから、このパネルが簡単に外せたけど、幌を付けた状態であの狭いところにどう戻すか・・。

と考えているうちに、幌到着。
IMG_4069 IMG_4070古い幌から流用したレインレール。雨どいみたいなものです。これの固定にリベットが使ってあったけど、同じものは無いし、ブラインドリベットだと飛び出し量も多いなと思って、写真のカシメボタンで取り付け。仕事上、こうした部品が常備してあるのは強いね。
さて、ここまで一人で作業してきたけど、ここからも一人で作業。
ガラスの幌は重いね。割らないように慎重にやらないと。

ちなみに届いた幌の箱の中には幌以外入っておらず。マニュアルの紙切れ1枚すらない。
何も見なくても簡単に装着できるよ、と言う意味なのだろうか。
IMG_4071取り付け初めから狭い、暑い、穴が合わない・・・。手が3本欲しい。
IMG_4072後ろから順番に固定していく。先端はクリップで固定。
買ったものが純正品ではなく、アメリカ製なので純正と固定方法が違っている部分もあるけど、作業は止まらずに進めることができた。

IMG_4074そして完成!取り付けだけなら3時間程度かな。張り屋の意地は見せられたと思う。
ピンッ!って感じが出てる。何より変色してすりガラスのようになったプラスチックの窓がガラスに変わってクリアになったのが良い。
18年経過し、13万キロになったけど、もう少し楽しめそうです。

結論。 一人でS2000の幌交換は可能でした。
所要時間は取り外し3時間、取り付け4時間 早朝からやれば丸一日で可能です。
もう嫌だけど、新たに一台やるとしたら、もう少し早くきれいに、しかも幌に補強を加えながらできると思う。
ちなみにノグチシートでは幌の交換は業務としては受けておりません。

IMG_4076 IMG_4077 IMG_4078

モウニドトヤリタクアリマセン

 

 

 

CRC5-56 Interview

使っている使っていないにかかわらず、クレと言えば5-56 CRCと連想する人はこのブログを読んでくれている多数を占めると思います。
1その呉工業からインタビューのオファーがありました。

そのインタビューは5-56STYLEというコンテンツで公開されています。
3

インタビューは東京の友人オフィスを借りてインタビューを行いました。

IMG_3657 IMG_3658 IMG_3666このオフィスがまた素敵なところで、普段見ない植物もいっぱいあるし、椅子やテーブルも素敵なんです。
IMG_3659 IMG_3660友人のバイクもノグチシートで化粧直しして2時間ほどインタビューを受けました。
インタビューはいつも緊張しますね。
IMG_3667何度経験しても写真撮られるのは苦手です。表情の練習をしてるつもりが、いざとなると自分がどんな顔をしているのか分からなくなってしまいます。
まぁこれも勉強ですね。
あっ そうそう、防錆潤滑はKURE 5-56!です。
6もう一度いいます。防錆潤滑はCRC 5-56!です。

 

 

プラモデルの刺繍ディスプレイマット 1/6 TAMIYA AfricaTwin 

1
6/24にタミヤからアフリカツインのプラモデルが発売されるとともに、当日発売イベントも行われるという事で、プラモデルの下に敷くディスプレー用のマットを作らせていただきました。

今のところ販売する予定はありませんが、今回のイベントでは幸運な方数名にこのマットが贈呈されます。

刺繍で作られたこのマットは、自分で言うのもなんですが、まぁまぁ豪華にカッコよく仕上がったと思っています。
33この2年で刺しゅうの技もいろいろ覚えたので、今回のような大きな作品が作れました。

19424546_1684597338247241_836370987758897805_n実際に置くとこんな感じ。

いい!
作っておいてなんだけど、プラモデル置くと余計にいいね。
19457545_1684801171560191_1548786747_o現在 新橋のタミヤプラモデルファクトリーにて展示中

なので、こうした特注の刺繍のお仕事も受けますので興味がおありでしたら、気軽にお問い合わせください。

品質ステッカー Quality sticker

1こんなステッカーを作ってみました。

横幅30mmの小さなステッカー。
衝撃吸収材T-NETやライトハニカムを挿入しても外からは見えません。
なので、それらを入れた証としてこれからはシート裏にこのステッカーを貼ることにしました。

2こんな感じに、シート裏の剥がれにくいところに貼り付けようと思います。

* ちなみに、過去に衝撃吸収材T-NETの加工をされたお客様へステッカーのみ送ることはしませんのでご了承ください。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

野口装美