オリジナルウレタンの販売 For SALE! High-density urethane

オリジナルウレタンの販売は以前からしていましたが、この度、新規で金型を製作し価格は据え置きでサイズを大きくしました。

ミディアムウレタン、ハードウレタン共に

縦x横 1000x500(mm)

厚み  10mm/¥3,000  15mm/¥4,500  20mm/¥6,000

代引きでの取り扱いになります。
送料+代引き手数料 ¥1,500
表示価格は全て税抜きです。

その他、バイクシートに必要な材料の販売も行っています。

オリジナルウレタンはバイクや車などのカスタムに最適なウレタンに仕上がっています。これらは当社でしか購入が来ません。

家具用の高密度ウレタンとは全く違います。

カスタムシート加工をされている業者の方も是非よろしくおねがします。

 

フェラーリ チャレンジ仕様 Ferrari seat.

昨年末にF40のシートの張替をし、その後もフェラーリの問い合わせが数件。
今回は「御社のブログにある黒のアルカンターラで張替えた仕様と同じにして欲しい」という依頼でした。

届いたシートは今まで加工実績のない形状だったため、お客様に張り込み仕様変更を提案。

純正品は背もたれと座面部分がシェルのカバーと一体化していたため、伸びが極端に少ないウルトラスエード(アルカンターラ)では皺が取り切れません。
純正で張ってある生地はジャージにウレタンがラミネートされた、伸縮性のある生地なので同じデザインでの再現ができません。
なので、背、座、腿とクッションを3個製作し、シェルだけカバーする形としました。黄色い四角部分は[Ferrari Challenge]の刺繍を入れる位置です。

先ずはカバーを外します。
思った通り、カバー地にラミネートしてあるウレタンは加水分解して粉になっています。粉状になったウレタンは静電気で服に付いたり、車内を舞ったりして不快この上ないので、粉が出始めたシートカバーは早めの交換がお勧めです。
本体のウレタンも見た目には形状を保っていますが、寿命なのでウレタンを取り外します。カーボン/ケブラーのシェルは問題ありません。
ここに新品のウレタンを貼り付けていきます。
ウレタンの形状が出来上がったら、カバーの型取りです。
先ずは仮縫いのようなもので張り込みます。
高価なウルトラスエード(アルカンターラ)の一発勝負ではなく、似たような生地で一度カバーを製作し、張り具合を確かめ、型紙を微調整します。
微調整が終わったら本番です。
クッション部分はパンチングメッシュのウルトラスエード(アルカンターラ)。

シェル部分はパンチング無しで張り替えました。
フェラーリチャレンジの刺繍も自社での刺繍なので問題ありません。

新しいウレタンとウルトラスエード(アルカンターラ)の質感が相まって、パリッと仕上がりました。
ご依頼ありがとうございました。

 

 

 

フェラーリF40LMシートのレストア Ferrari F40LM Seat repair 

1989_Ferrari_F40LM11

説明が要らないスーパーカーF40LM(LMはLe Mans耐久レースバージョン)
最近では車というより、美術品としての扱いの方に世間の目がいっている気がします。

そんな車のシートが入ってきました。
キャプチャウレタンはキルティング部分以外はそれほど傷んでいるわけでは無かったので、ウレタンは補修などでいかがですかという提案をしましたが、全張替でという要望でシェル以外新品にすることになりました。
サイド削る前シェルのサイドがコンソールに当たっているという事だったので、シェルを削ります。
サイド削り後

25594076_882362491939962_3253850524006108975_n
次にシェルのウレタンを貼り付けていきます。
新品ウレタン貼り付け新品ウレタン貼り付け2薄いウレタンでも快適なドライブが出来るように衝撃吸収材T-NETも挿入してウレタンを貼り付けていきます。

完成シート

張替後 (1)

張替後 (2)

張替後 (3)

 

image1image2

お客様からは装着写真も送っていただき、仕上がりには大変満足しましたとご連絡を頂きました。

喜んでいただけて良かったです。ありがとうございました。

 

 

 

レカロシート RECARO seat

このところ立て続けにレカロシートの張替や修理の依頼が入ってきました。
5座面のサイドサポートのウレタン補修や部分張替、全張替とオーダー内容は様々です。
ご希望の加工にできるだけお応えしたいのですが、中には不可能なものもあり、その場合は当社から代替案を提示させていただいております。

今回修理した中から2-3例をご紹介いたします。

6既製品のシートヒーターを持ち込まれて、張替をする際に座面にインストールしてほしいという依頼でした。
7違和感なくシートヒーターも装着でき、張替はウルトラスエード(アルカンターラ)で仕上げました。

 

1これはフェアレディZ純正レカロシート。経年で生地もウレタンもくたびれています。お客様の要望で、センターの生地はそのまま流用してほしいとのことでしたので、劣化具合を確認したところ、まだ十分使えると判断して再利用することにしました。
2ウレタンはご覧のように割れ欠け等、破損が酷い状態です。
4破損部分を当社のオリジナルモールドウレタンで補修し、更に補強ををします。
3センター部分はクリーニングし、周りの生地は車用ニット生地で張り替えました。

IMG_3838アルファロメオ4CにレカロSPGを取り付けるのだけど、純正のようにヘッド部分にアルファロメオのロゴマークを入れてほしいという要望でした。
IMG_3839ステッチも黄色で施しました。張替えの生地はウルトラスエード(アルカンターラ)です。シートベルトの当たる部分は、簡易的なハンカチタイプのカバーをかぶせて、こすれから来る傷を防止しています。
アルファロメオのロゴが入ることで、助手席との統一感が出ているかと思います。

当社では張替の他に、ダカールラリーなどで使用されている衝撃吸収材T-NETを使用したクッションへの変更などにも対応しています。

また、経年劣化で破れやすい当社開発のレカロシート用ラバーマットも好評発売中です。

お気軽に問い合わせください。

 

RED BULL BOX CART RACE! チーム お米食べてー!

友人がレッドブル ボックスカートレースの出場権を獲得した。
チーム名は「お米食べてー!」チーム名の由来はリンク先を見てください。
キャプチャちなみにボックスカートレースとはこんなレースです。
YouTube Preview Image

先日チーム員及びその関係者が集まり、人里はなれた山奥の私有地を使って大試走大会を行ってきました。
先ずはここまでの道のりをFACEBOOKページから引用
外装のデザインは決まっているので、そこからフレームの検討をする。
okometabete_TEAM-4-hanapy-nora-1024x684cartseisaku_redbull-19DSC_170122154213_919184864914129_2436328575351392092_nこれを山奥の合宿所に持ち込んで試走用の外装を纏わせた。
合宿所の朝の風景はこんな感じ。
IMG_4786早起きして今日の試走に備えた強力朝ごはんをたらふくいただく。
朝から肉!そして新鮮玉子かけごはん。
IMG_4796よし仕事に取り掛かろう。
22050358_441980862862623_2746345143055780041_n18528084_441980789529297_9105468145771927368_n外装を張り込む。ここは張職人の私の出番。
今回は敵チームに見られたくないテストなので試走の外装はダズル迷彩で敵から観察しにくくしてあります。
22195942_10214103931141849_1015617810092304130_nイメージとしてこんな感じ。

完全にプロトタイプの雰囲気が出た。
22089911_441980882862621_522316982755833541_n
22089384_441980749529301_8523231515522757557_n最後にノグチオリジナル座布団を敷いて完成。リジットフレームの衝撃を少しでも柔らかくするためです。安全のヘルメットは必須。動力がないから下り坂でのスピードはチキンレースのごとくブレーキをいかに踏まないか。なんだけど、オーバースピードだと横転するし、ハンドルのシビアさと言ったら、ほんの少し切っただけでも車体が大きく動くので怖くてたまらない。
YouTube Preview Image
試走の模様はこんな感じ。
怖い!とにかく怖いけど、その怖さを上回る面白さ!
ビデオで絶叫してるのは、声を出して恐怖を消そうとしてる私です。
ボディーはこのままでは破壊してしまうということで途中から外したけど、弱い部分などが分かって良いテストが出来たと思います。

本番は10/22日曜日 東京 赤坂サカスです。
お米食べてーTEAMが優勝できるように応援お願いします!!