オリジナルウレタンの販売 For SALE! High-density urethane

オリジナルウレタンの販売は以前からしていましたが、この度、新規で金型を製作し価格は据え置きでサイズを大きくしました。

ミディアムウレタン、ハードウレタン共に

縦x横 1000x500(mm)

厚み  10mm/¥3,000  15mm/¥4,500  20mm/¥6,000

代引きでの取り扱いになります。
送料+代引き手数料 ¥1,500
表示価格は全て税抜きです。

その他、バイクシートに必要な材料の販売も行っています。

オリジナルウレタンはバイクや車などのカスタムに最適なウレタンに仕上がっています。これらは当社でしか購入が来ません。

家具用の高密度ウレタンとは全く違います。

カスタムシート加工をされている業者の方も是非よろしくおねがします。

 

ガルル6月号「シート考」 Off road magazine

ガルル6月号の特集は「シート考」

お尻の痛みや足つきの話など書かせていただきました。

異論反論は勿論あるかと思います。常に「もっとこうしたら」とシートの事を考えているので、私の考えも日々変わってきます。その辺りは大目に見てください。

誌面では書ききれなかったことがたくさんあるので、現在シートに付いてお悩みを持っている方は是非ノグチシートにご相談ください。

 

 

CRF250Lのシート CRF250L seat for Rally from Australia.

オーストラリアからCRF250Lでラリーマシンを作っているという人から問い合わせがあったのが昨年11月でした。

彼は、以前当社が作ったカナダ人ラリーストのパトリックのラリーキットを購入したが、キットに含まれない当社のシートは個別に注文してきました。

はい、分かりました。直ぐ作りましょう。と行かないところがこうしたキットについて回る落とし穴。
何年もシート作りをしていると、その辺りの心配事がたくさん出てきます。
ましてや、不具合に対して直ぐに対処できない海外となると余計に慎重になります。
先ずはユーザーが欲しい形状やカバーの打ち合わせから入ります。
恥ずかしながら、言葉だけで意思の疎通が図れるほど英語力がないので、とにかく写真に落書きしてやり取りをします。
ある程度の形状が決まったら、質問をしていきます。
*ラリー仕様のタンクは何ですか?
*現在そのタンクはマシンに装着されていますか?
*そこにノーマルシートを取り付けると皺とか出ませんか?
*シートとタンクとの当たり面に無理はないですか?(両サイドがタンクからはみ出していないか、シート前方が浮いていないか)
などです。
そして、帰ってきた回答も写真でした(ありがたい!)
案の定、皺は寄るしトップはかなり押されるという事でした。
出来ることと出来ないことをしっかり明記して、さらに寸法を測ってほしい場所の指示をします。
装着した状態での寸法が重要なのでこのように採寸してもらいました。
だいたいここまでこれば製作に入れます。
当社でもCRF250Lのシートは用意できるよと言いましたが、自分のを送るからそれを改造して欲しいという事になりました。

そして完成。
それから半年経ってマシンがきあがったという事で写真が届きました。
このマシンでどこに行くのだろう。オーストラリア国内のラリーか、それともアフリカか。
ノグチシートで快適で楽しいラリーを楽しんでもらえたら嬉しいな。

最近ブログの更新が少なくなっておりますが、ノグチシートのfacebook pageでは最新情報を更新しておりますのでそちらもご覧ください。