足つき性とアンコ盛り Low or High seat?

 

足つきで悩んでる人に「アンコ盛りをして足つきを良くしましょう」と言うお話です。

バイクシートで言うアンコはウレタンの事を指しますが、アンコという名前が一般化してしまっているので、なかなかカッコいい新しい言葉ができません。ローダウンとかハイシート化とか言うこともあるけど、圧倒的にアンコ抜きとアンコ盛りですね。カッコよくないけど、この言い方は分かりやすいので、当分はアンコ抜きとアンコ盛りという言葉を使っていきます。

足つき性を良くしたいからあんこ抜きをする。当然の話で低くなれば足が届くから、プロに任せなくても強引にウレタンをむしって低くされる方もいます。

しかし、アンコ抜きをすると当然クッション性は落ちますし、下手なあんこ抜きをすると低くなったにもかかわらず足つき性が向上しないってこともあります。

124

すごく乱暴な絵ですが、左の絵のように四角のシートのまま低くすると高さは低くなりますが、脚の広がりは変わらずに地面が近づくために、よりがに股になってしまい違和感を感じることになります。

右の図だと高さはそのままにシートを細くした場合の足の角度を示します。
脚が削る前より真っすぐ下におろせるために、高さは変わらないのに脚が出しやすく(おろしやすく)なり足つきが良くなった感じがします。

img_1354

このシートは右がメーカー標準シートで、左がメーカー純正のローシートです。
高さは着座位置で30mm低いですが、幅が標準より広くなっています。
これだと、せっかく低くなったのに脚が開いてしまい低くなった分の体感が得られにくいです。さらに標準より30mmクッション性が落ちているので乗り心地も期待できません。

実際、このシートで標準シートの着座部はそのままに前部分を30mmほど狭くしたものにまたがってもらうと「ローシートよりも足が出しやすく、更に足つき性が上がった(そう感じた。停車時の安心感が上がった)」という評価を何人かのお客様から頂きました。

では、ロードバイクのようにシートの厚みは薄いけど足つき性を上げたい場合はどうしたらいいのだろうという質問も多くいただきます。

123

しかし、絵が下手でごめんなさい。薄いシートの話を始めてるのに絵は厚いシートで更にごめんなさい。

薄いシートの場合、サイドも削れずもちろんウレタンを薄くすることもできない場合があります。
ここで強引にウレタンを薄くすると、シートカウルの幅目いっぱいに脚が広がってしまう場合があります。そうなると、低くなっているのに脚の自由度が下がって停車時の足つきに違和感が出ます。
なので、ロードバイク(もしくはそういった形状に近いオフロードバイク)の場合、着座部分の幅は割と広く取ってあるので、アンコを若干盛り、座面幅をノーマルより狭くすることで「高くしたのに足つき性が良くなった(そう感じる)」となる場合もあります。

アンコ抜きによる乗り心地の悪さを解消するために衝撃吸収材T-NETの挿入をお勧めしてはいますが、衝撃吸収材T-NETが挿入できないほど削って、足つき性もよくならず乗り心地も悪くなる最悪の事態を避けるために、【足つき性の向上のためのアンコ盛り】を勧める場合もあるという話でした。足つき性も上がってクッション性も上がればより快適になりますからね。

もちろんこれは一例なので、すべてのお客様に当てはまる手法ではありませんが、やみくもにアンコを薄くするだけではなく、トータルでの快適さ求めるためにいろいろ考えた結果をお知らせしているにすぎません。

足つきで悩んでいるお客様すべてに満足な提案ができないかもしれませんが、現状抱えている問題があればご相談ください。

【TEL】0575-28-2057      08:00-17:00

【email】 bike@a-seat.jp