看板の架け替え New signboard

会社の看板がボロボロになった。
IMG_4774IMG_4777
このデザインの看板にして12年。耐久性のある材料で作っても、さすがに12年も経てばこうなりますね。

昨年から気にはなっていて、デザインを新しくしようと考えていました。
なかなかデザインが決まらないことと、直ぐに替えられなかった理由に会社の看板を変えるタイミングのジンクスというか、そんな迷信を耳にしてしまったので、普段占いやその類の物は一切信じないのだけど、なんか引っかかってしまってうだうだしてしまっていました。

そういう時に限って、来社するお客様が「会社の写真撮ってSNSにアップしていいですか?」と言う方が多くなり、こんな看板ではかっこ悪いという事で、同じデザインで新品を作ることにしました。

看板は以前にお願いした友人に再び注文。
関東から取り付けにやってきてくれました。

IMG_4821 IMG_4822

ピッカピカ!
やっぱりもっと早く替えておくべきだった。
会社の顔だし、一番見える場所はいつもきれいでいないと駄目ですね。

 

 

CRF450RALLY ホイールキャリーバッグ  Wheel Bags for DAKAR

長期間に及ぶラリーと言う競技では、スペアパーツなどをトラックに満載して運びます。

それらのパーツたちはきちんと整理され、移動中の振動などで傷がつかないようにされています。
tuaregrallye2012 (312) tuaregrallye2012 (525)
タイヤをホイルに組付けた物を運ぶ場合もあるため、その際にブレーキディスクを保護する必要があります。
今回はHRCから依頼を受けて、ダカール用のキャリーバッグの製作をしました。

IMG_4676

送られてきたCRF450RALLYの前後タイヤセット。レースで使用した後なので、リアタイヤは減り、フロントはリムが凹んだりしています。赤いハブの一品物感が素敵です。

素早く取り出せて、素早く仕舞えるもの。そして丈夫であること。そしてディスクを確実に保護しなければなりません。
IMG_4717開閉はファスナーで行います。ここは私が世界最強だと思っているYKKファスナーの10cを使用。これだと多少の砂噛みを起こしてもファスナーのトラブルは起きにくい。中身が重量物なのでその重さに負けない強度のファスナーという事もあり、これを採用しました。

IMG_4702

バッグの素材は0.5mmの厚みのターポリン。縫製は全て二重の縫製。取っ手も補強付きで破れないようにしました。肝心のディスクが当たる部分は内側にボードを挿入しました。
IMG_4715

IMG_4718

バッグの厚みを見れば、どちらがリアでフロントか分かるのですが、やはりパッと見て分かったほうが良いので、リアはR フロントはFとしました。もちろん両面にプリント。リアのカバーにフロントを入れてしまうことは可能なので、その間違いをしないためにもという理由もあります。こうしたデザインって難しく、いつも自分のセンスを呪うのですが、無難にFとRだけにしてみました。メカニックさんたちはどう思うだろう。

IMG_4722

ファスナーのスライダーに追加のハンドルを考えたんですが、今回はシンプルにコブを付けただけのロープにしました。見た目、安っぽい気もするのですが使いやすさはあるのではと。ファスナーの強度があるので、閉める時にコブを握って引っ張るだけですから。そうは言ってもプラスチック部品なので、変な角度で強引に引っ張れば壊れてしまいます。
メカニックさんたちがストレスなく使用できることを祈るばかりです。

という事で、ノグチシートではこんな物も作れます。特注のカバーなどもいろいろ作っています。

IMG_4716

 

 

車の天井材

車の天井材は以前から取り扱いがありましたが、今回は取り扱いはあったけど広告していなかった素材を紹介いたします。
unnamedビニールレザーの天井材です。

旧車などにいかがでしょうか。

写真はグレーで、その他 黒、アイボリーの計三色。
5mmのウレタン付で、幅は1400mm

1m単位での販売となります。¥4,500/1m
これに消費税と送料+代引き手数料が発生します。

(価格は現時点での価格です。予告なく変更する場合がありますので、注文時に在庫と価格をお問い合わせください)

 

 

 

CRF250RALLY Seat modify

CRF250RALLYのシート改造記事は過去にも何度か書きましたが、多くのお客様から様々なオーダーをいただくため、これから改造をお考えの方の参考になればと一例を案内させていただきます。

今回は、私がいつもお世話になっているバイクショップ TRY様からのご依頼。
岐阜県各務原にあるお店は、高速各務原インターからも近く、R21沿いにあるのでアクセスしやすい場所にあります。KTMの取り扱いは30年以上の実績があり、ホンダの扱いは創業時からです。

さて、今回の改造内容は以下の通り
* 衝撃吸収材T-NETの挿入
* シートの一番低い部分を15mm程度アンコ盛り
* 盛った部分は足つきを考慮して幅をシェイプ
* 張替生地はウルトラスエード(アルカンターラ)
* タンデムベルトは廃止
* サイドにノグチロゴプリント

21317476_1643018449051221_9181549108460484334_n 21369138_1643018459051220_1655305884858195290_n 21433263_1643018445717888_1698415041468898553_n 21462815_1643018452384554_6116115033328446949_n

お店に展示してありますので、是非ショップに行ってみてください。
キャプチャ

スズキ SV650 SUZUKI

スズキSV650のシート改造依頼
2111お客様からはこのように、自分のシートを写真に撮り、プリントアウトしたところに要望を書き込んでいただきました。
この要望をもとに、詳細を詰めていきました。

IMG_4469IMG_4467

”さきほど実車に取り付けてみました。
ノーマルの薄っぺらな印象から
がっしりと剛性感のある座り心地になりました。
今度のツーリングが楽しみです。”

と言った感想をいただきました。

ありがとうございました。