ノグチシートの作り方 CT125 ハンターカブ

さて、今回はハンターカブのシートでノグチシートの作り方を少し書いてみます。作り方の一例ではありますが基本はこんな感じです。
先ずはカバーを止めているタッカー針を外します。
当たり前ですが1本残らずきちんと外します。

なんか写真の大きさがバラバラですがご容赦ください。
ハンターカブのシートは縫製が施してあるので、縫製部分からウレタンへの水の侵入を防ぐためにビニールシートが1枚挟んであります。
これが一番安く簡単ではありますが、ノグチシートでは行いません。
最後に書きますので後ほど。


次はシートベースとウレタンの接着です。
ノーマルは点で接着してあるので、しっかり固定します。
シートベースのボンドが付く面に足付けをします。
同時にタッカー針が貫通して出来たバリも取ります。
これだけでウレタンの寿命は確実に上がります。

レーザーでセンタを出してラインを引きます。

先ずはノーマルの高さを計測します。
今回は衝撃吸収材T-NETを挿入して、その上に20mmのミディアムウレタンを乗せて、ノーマルより約10mmほどアンコ盛り仕様にしようと思います。

ズバッと上面を切り落としました。

衝撃吸収材T-NETを積層し、更にXXを積層してからミディアムウレタンを積層します。

サイドまでしっかりとウレタンを巻き込みます。
何故かというと以下の図をご覧ください。

単にウレタンを重ねるだけではダメなのです。
理由は沢山あるのですが、一つ言うとすれば右2つの積層方法が全てにおいて左に勝っているからノグチシートではこうしています。要は隠れて見えないところで手を抜くと、後々その手抜きが表に出てきたり、乗り心地も変わってきてしまうという事なのです。

荒削りをしてラインを引きます。
座面の傾きや内股に当たる部分のラウンド具合など、精密な寸法が出せるように多くラインを引きます。

ノグチシートのオリジナルウレタンだと、ざっと削っただけでもこのくらいの仕上がりになります。ウレタンはなかなか簡単には削れないので削ったことがある人であれば、この写真で加工のしやすさが伝わるかと思います。

まだ車体がないので装着確認ができませんが、まぁこのくらいの角度であれば良いような気がします。(カットする前の写真を撮り忘れてしまった・・)
写真を見ると、シート単体をテーブルの上に置いた状態が車体についている状態と変わらないようなので、横から眺めながら前後の角を取ったり、側面がのっぺりしないようにプレスライン的なものを入れてアクセントをつけ、ぼってりしたお饅頭みたいなシートにならないように気をつけます。

さて、形が整ったら最後に防水加工です。最初にノーマルシートはビニールが被せてあると言いましたが、ノグチシートでは1.5mmのEVAシートを全面に貼り付けます。これによって、ウレタンへの水の侵入を防ぎ、シートウレタンの劣化を抑えます。また、貼り込むことによってウレタンに腰が出ます。

裏側までしっかり巻き込みます。


次はカバーの型取りです。
どんなデザインにするかまだ悩んでいます。

ちなみに今回使用したウレタンなどの製作材料は全て購入可能です。

次は完成までをお届けいたします。

 

 

 

CT125ハンターカブのシート 


話題のCT125ハンターカブは既にデリバリーが始まったようですが、私のはもう少し先になりそうだというバイク屋さんからの連絡がありました。
そうであれば、先にシートを購入して作っておこう。
パーツの購入ができるか確認したところ可能という事で早速注文。

シートのみ当社にやってきました。
ちなみに、ちょうど良いタイミングで元祖のハンターカブのシートの依頼があったので並べてみました。

左がCT125 右が鉄ベースの元祖ハンターカブです。
まぁこれを比較したからと言って、何がどうのと言うこともありません。
比べてみただけです。

ウレタンの厚みも測ってみました。

着座位置は50mmとしっかり厚みがあります。
先方が少し上げ底になっているので30mm程度です。この部分は乗るところではないので問題ないでしょう。
改造はどうするか思案中なのですが、基本的に形状は変えずに衝撃吸収材T-NETとオリジナルウレタンで整形します。
中身はダカールスペックということになります。
既にオプションのシートが何個か発表されていますが、それらとは違うものにしたいと思いますが、奇をてらったものでは飽きが来るのも早いので慎重に考えます。
生地の切替ラインを引いているのですが、最近重宝しているのが(と言うか、今ごろ?と言われそうですが)チョークペンと言うペンです。

沢山ラインを描き込むと訳が分からなくなってきます。
なので、そのラインを濡れたタオルで拭けば
消せます。
そしてまた描きます。
こうして切替ラインを決めていきます。

早く来ないかなCT125

 

 

 

CRF1100L アフリカツインのシート

以前ブログでも紹介した三橋さんのシート

「三橋淳のアフリカツイン 北駆南走」

ノーマルから60mm盛ったハイシート。
この記事を見たお客様から同じ仕様をオーダーいただきました。
これが完成したシート。
色やタンデムシートが違いますが、フロントシートの高さや形状は三橋さんと同じ。車体色に合わせて黒のウルトラスエードで張り込みました。
お客様から

出来上がった60mmのアンコ盛りはビジュアル的にもノーマルとは別次元、
足つきは両足母指球と望んだ通りのものとなってます。
軽くテスト走行したところ、目線が上がりスクリーンの上から
路面を見ることができ非常に走りやすくなりました。
また膝の曲がりも緩和され長距離に於いても膝が楽になること容易に想像できます。
座った感じですが、60mmも盛っていただいたので柔らかくなることを
心配しましたが杞憂に終わりました。
さすがダカールスペック、しっかりした座り心地に感心いたします。
早くも長距離ツーリングに出かけるのが待ち遠しい!楽しみ!

 

仕上がりに満足いただけて嬉しいです。
ありがとうございました。
感想にもあるように、60mm盛るという加工は単純にウレタンを盛るだけではなく、ウレタンの積層方法がとても重要なのです。
また、ウレタンの硬さや密度によって、盛っただけの効果が無いと意味がありません。硬いだけのシートや、厚みは増したのに沈みすぎて盛った効果がまるで無いという話もよく耳にします。
そのような問題が極力出ないように当社では、オリジナルウレタンを独自に作っております。

中日新聞にて当社を取り上げていただきました。

取材を受けたのはホンダがダカールで優勝してわりと早い時期だったのですが、コロナだのいろいろありまして、少し遅れて先日掲載していただきました。

世界一

当社が世界一になったわけではありませんが、世界一になったマシンに当社のシートが付いていたことは事実です。
8年間サポートを続けた甲斐がりました。
地元の新聞に掲載されると、バイクに興味のない人も読むことになり、同時に当社の知名度や信用度も上がります。
上がっただけの仕事を続けなければ意味がありませんが、認知してもらえることはありがたいです。

拙い説明を分かりやすい文にしてまとめてくれた記者の鈴木さんありがとうございました。

6/20にも鈴木さんのコラムに書いていただきました。

 

ビモータDB5Cのシート bimota DB5C

ビモータDB5Cに乗られるお客様からご相談を受けました。


〔バイク〕2005年型bimotaDB 5C
〔使用状況〕サーキット走行会に年3、4回。
日帰りツーリングに年3、4回。
〔相談内容〕サーキットでコーナー手前のブレーキング時、腰をずらし、タンクと接している外足内側で減速Gに耐えるようにしているのですが、シート幅が狭くあまり腰をずらせないため両腕に力が入ってしまいます。またシートスポンジが少し柔らか目なことも要因と思います。
①シート幅を拡げる方法として、ベースを造り直す、ベースを加工する方法もあるようですが、対応されていますか。又どのくらい費用がかかりますか。
② シート幅を拡げる方法として、ベースをいじらずスポンジだけで拡げる方法もあると思います。
私が見たところ、拡げたい範囲のベースの形状が比較的フラットになっており、ベース幅ギリギリまで座面を拡げると片側で最大15㎜位拡大できそうに思います(写真参照)。この拡大とスポンジを少し硬くする事によって、有効な効果は得られるでしょうか。費用対効果はどうでしょうか。
③スポンジは、日帰りツーリングもするため、スポーツ走行とツーリングを両立できるスポーツ走行よりの設定にしたいと思います。なおシート高は現状維持で。
④シートカバーですが、機能的には、グリップが良く(ビニール程度以上)かつ、あまり左右にお尻をずらしにくくならないものが良いです。
外観的には、通常時、オレンジのカウレザーのシートを使用しており(添付写真参照)、これがデザイン的に一番合っているのではと思うのですが、グリップの良いレザーにオレンジがない場合や、オレンジがあっても色合いが大きく違う場合などは、座面と周囲で分けツートンにするのも良いのではとも思います。
さらに質感的に座面はスエード調など表面感のあるものも良いなとも思います。色々ご相談しながら決めたいと思います。
⑤仕様が決まっていないので難しいとは思いますが、このベースをいじらない場合の、だいたいの費用と納期はどれくらいでしょうか。

添付写真について。
・黒レザーシート→加工対象
・オレンジのカウレザーシート→通常使用

このような要望をいただき、幅広可能な範囲や幅広にする限度寸法などメールで何度かやり取りをして、最終的にこのような内容でご連絡をいただきました。
オリジナルロゴの部分は刺繍で入れることにしました。

そして完成がこちらです。


お客様より感想をいただきました。(品番など加筆しています)

まず仕上がりですが、さすがに丁寧な仕上がりでした。バイクへ装着時に車体と当たる所へ当て皮がされていたことがとても嬉しかったです。
バイクへ装着した感想は、手前みそにもなりますが、デザイン、カラーがバッチリで予想以上のマッチング、高級感です。
そして座った感想は、まずグリップレザー(B-33黒)のグリップ感がすごく良い感じです。
次に少しの幅の拡大でしたが、スポンジの硬さがアップした事と相まって、左右へ荷重を掛けやすくなりました。
早くこれでツーリングへ、サーキットへ行きたいとワクワクしています。
今回、ありがとうございました。
こちらこそありがとうございました。