2022ダカールラリーが幕を閉じました。


2022ダカールラリーが終わりました。
後半の追い上げが一歩届かず2位。
HRCの3連覇はなりませんでした。


優勝はGASGASのサム・サンダーランド
以前はHRCライダーで、その後KTMに移籍して優勝。
今回が2回目の優勝となりました。おめでとうございます。

昔友人が四国のラリーで1週間戦って数秒差で2位になったときに
「2位以下は負けじゃ!」と、きっぱり言い切ったのが今でも頭に残っています。


とはいえ、負けたから何もないとは言い切れないと思っています。

ダカールファンとして、NXRから始まるホンダファンとして負けは悔しいですが、ノグチシートとしては10年もの長い間ワークスチームにシートを提供した歴史が出来上がったし


その間に培ったシート製作のノウハウはどこにも負けないという自負もあります。

トップ10の中に4台のノグチシートがあるというのは、シート屋のみの目線で言わせてもらえば、10位以内に入るライダーの疲労を抑え、ライディングの補助をしたという結果だと思っています。上位10台のうちのシェ4割と言えば聞こえはいいですからね。大企業みたいです。


いずれにしても、ダカールラリーでトップ争いをするライダーがノグチシートを信頼してくれているという誇りがあります。

ラリー中にメカニックがシートを洗っている写真。
一瞬を切り取った写真ですが、シート屋から見ても丁寧に洗っている感じが写真から読み取れます。
勝つためのマシンはどの部品をとっても愛おしいものであり、繊細であり、美しくなければなりません。
レースが終わるまで最高の状態を維持するのも大事なことです。

2022ダカールは終わりましたが、また次を見てよいものを開発していきたいと思います。また、こうした過酷なレースで培ったノウハウを使い、レースに限らずノグチシートが作るシートはこれからも皆様に愛されるシートにしていきたいと思います。

 

 

あけましておめでとうございます。

 

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

今年もたくさんバイクに乗って、たくさん仕事して、まだ知らないバイク以外の楽しいことも色々試していきたいと思います。

そして先ずはこれから。
2022ダカールがスタートします。

 

最近は車のカテゴリーの結果は気になっていなかったのだけど、今年参戦するアウディの電気自動車「RS Q e-tron」が気になってます。

ルマン24時間耐久レースで初のディーゼルエンジンでの優勝をしたのもアウディだった。
電気で走るラリーカーのドライバーはペテランセルにサインツと一流が揃ってるので何かしてくれそうな気がしています。
吠えるようなエンジン音が好きですけど、新しい技術がどこまで行くのかも楽しみです。

 

 

 

 

アンコ抜き 足つきの向上を考える

・・私のバイクはxxなのですが、最大何センチ下げられますか?
・・現在片足のつま先がギリギリ着く状態ですが、両方のつま先で踏ん張れるくらいまで下げられますか?
と言う問い合わせは多いです。

足が届かない不安はバイクに乗る人にとっては重要な問題です。
なのでその不安を少しでも解決できないかと考えています。
スポンジを全部削ったら、その分低くなるんだから簡単じゃないの?と言う方もおられます。
それがその人にとって一番良い効果を生むのであればそれでいいでしょう。
しかし、低くなったと喜んで実際乗ってみると
低いのに足つきがそれほど良くなっていない・・
クッション性が無くなってお尻が痛い・・
体に接するハンドルとステップとシートの位置関係が悪い・・
という問題が出たりします。
オレンジのラインが脚です。
左の絵は座面幅の広いシートです。
右の絵はその座面の両角を斜めに削った時の絵です。
ノグチシートでは足つきを良くするという考えと、足を車体の近い位置に出しやすくするというのは同じだと考えております。
シートの形によって加工方法は変わりますが、単純にシートの厚みを薄くするだけの加工をすると左の絵のようにシートの幅は変わらず(もしくはノーマルより幅が広くなってしまう)内腿へのシートの干渉が大きくなり足が出しにくくなってしまいます。
この2つのシートは両方とも純正品で、右が標準タイプ。左が30mmローダウンです。30mm低いのですが、座面の幅は標準タイプより全体に広いです。
と言うことは、先に書いたように削れるだけウレタンを削って欲しいという要望に応えたシートになっています。
では、標準タイプで足つきに不安があるライダーが30mmローダウンシートに交換したら30mm足つきが向上したかと言えば、残念ながらそこまで大きな効果がが得られていないというのが現状です。なぜなら、低くなっているのに幅が広いためシートの角が内腿に干渉し足が車体近くに出しにくくなるため、バイク近くに足を着こうとするにはお尻をずらして足を出さなければなりません。
では、標準シートの前部を赤のノーマルラインから青いラインまでシートの角をシェイプするとどうでしょう。
着座位置の幅は維持したまま、足を着くとには前部の細い部分にお尻をずらして足を出せばいくらか足つき性の向上を体感できます。
こうした加工であればクッション性の維持もでき、足つきとお尻の快適性の両立が図れます。
なにより、ぺちゃんこのシートより見た目もカッコよいです。
そうは言っても、例えば身長150cmにも満たない女性がアフリカツインで足つき性を向上させたいと相談に来られても解決策はありません。
こう書くと、ノグチシートはアンコ抜きをしないのか?と思われそうですがそうではありません。十分な厚みのあるシートは座面を下げてシート前部をシェイプし、場合によってはシートの角度も調整したりします。
クッションの厚みのないシートの場合は、若干盛ることで足を出しやすくしたりと言う提案もしております。
足つきの不安の解消と同時に快適性の向上も図りたいというのが当社の考えです。バイクの種類だけその解決方法は異なりますのでご相談ください。

足つきと同時に快適性と言うところで当社がお勧めしているのが衝撃吸収材T-NETです。
アンコ抜き、アンコ盛、高さの変更はしない場合でも衝撃吸収材T-NETの挿入はお勧めです。

衝撃吸収材T-NETについて
当社が独自に開発した衝撃吸収材T-NETは、ダカールラリーなどの長距離で
過酷なラリーからツーリングシーンなどで、お尻の痛みが改善された、快適性が上がったと、多くのプロライダーや一般ライダーから評価を得ている衝撃吸収材です。T-NETは2013年からホンダHRCのワークスマシンに正式採用されており、2020-2021にはダカールラリーにおいて連続総合優勝を果たしました。
また、ノグチシートの代表も自ら長距離海外ラリーで使用し、バイクからの振動吸収、座圧の分散によって痛みや疲労の軽減を実際に体験し、そのおかげで好成績を収めることが出来ました。
しかし、痛みや疲労の軽減効果につきましては個人差がありますので、
効果を保証するものではない事を予めご理解ください。

お客様からゲルの挿入はやってませんか? 低反発ウレタンの加工はできませんか?等の質問を受けますが、当社ではゲルや低反発ウレタンは使用しておりません。持ち込みでも加工は致しません。既にゲルの挿入加工をしたシートの再加工も受けておりません。
当社も20年ほど前からゲルや低反発ウレタンなど様々な材料をテストし、海外のラリーでも実際に使用してきました。
しかし、良い効果が得られないと判断し、現在使用している衝撃吸収材T-NETが今考えうるベストな素材として使用しております。

足つきと同時に快適さも考えてお客様にご提案できればと考えています。

関連するブログのリンクも張っておきますので合わせてこちらもどうぞ。
関連ブログ1
関連ブログ2

足つきの向上についてはまだまだ書くことがありますが、追々加筆してゆきます。

2022ダカールラリー モンスターエナジーホンダ CRF450RALLY

2022 ダカールラリー
サウジアラビアにて1/2スタートします。
ホンダ広報より引用

Hondaは、2022年1月2日よりサウジアラビアで開催される、FIM※1世界ラリーレイド選手権の開幕戦 ダカールラリー(Dakar Rally)2022に、株式会社ホンダ・レーシング(HRC)のワークスチーム※2「モンスター・エナジー・ホンダ・チーム(Monster Energy Honda Team)」で参戦し、3年連続での二輪車部門の総合優勝をめざします。

2022年のモンスター・エナジー・ホンダ・チームは、パブロ・キンタニラ(Pablo Quintanilla)選手が新たに加入し、リッキー・ブラベック(Ricky Brabec)選手、ホセ・イグナシオ・コルネホ(José Ignacio Cornejo)選手、ジョアン・バレーダ(Joan Barreda)選手の4名体制で参戦し3連覇に挑みます。2022年も皆さまからの熱いご声援をお願いいたします。

  • ※1FIMとは、Fédération Internationale de Motocyclisme(国際モーターサイクリズム連盟)の略称
  • ※2ワークスチームとは、マシンを製造しているメーカーが運営しているチーム。HondaではHRCが運営するチーム

チームにシートを供給して10年が経ちました。
当社の夢であった「ダカールラリー優勝マシンにノグチシートが使用されている」が叶い、今回は3連覇を目指す。
10年の間には問題が起きたり、今まで想像するしたことがなかった要望がライダーから出たり、そのたびに頭を悩ませながら材料の開発や加工機の入れ替え、加工技術などで解決し、そのおかげで当社のシートは自信を持ってお客様に提供できるものになりました。
おかげさまでその技術を生かしたシート作りは多くのお客様の満足につながっております。
たかがシートですがされどシートです。
座右の銘ではありませんが、20数年前にシート作りを始めた時にこう思っていたのが現実になっているというのは、当たり前のようで少し不思議な感じでもあります。

XL250R PARIS-DAKAR パリダカのシート改造

発売から、もう40年も経ったXL250R-PARIS-DAKAR

XLパリダカは高校生当時憧れのバイクでした。

NXRが出る前のXL500Rのパリダカ仕様。

今見てもかっこいいなぁ。

そして、今回はこのバイクのシートを修正および加工することになりました。

機関は問題なく、タンクには傷ひとつない状態。外装も年式のわりに艶もあり程度がいい。
しかし、シートは難ありでビニールレザーは経年劣化で完全に硬化および縮みが発生しておりタンクとの当たり面はひどい状態。
ウレタンもふわふわで厚みはあるけどクッション性に問題がありました。
なので、ウレタンはXLパリダカと言うことでダカールスペックにして、カバーはウルトラスエードとビンテージなシボのビニールレザーのコンビにしました。
ロゴは当時のままのロゴを再現しました。


自画自賛ですが、良い感じに仕上がったと思います。
パリダカレプリカはこのツートンが似合うと思います。
これで、地平線の彼方まで走っていけるはずです。