庭の改造

バイクシートのインスタはじめました。
完成写真を上げて行きますので皆様の参考になれば幸いです。

さて、今回はバイクネタではありません。
連休中にツーリングの記事でもと思ったのですが、とにかく家に居ろという事なので、旅にも出られずと言うか出る気にもならず、バイクに乗って山に行くのもなんだか憚られる。
しかし、じっとしてられない。
という事で、10年ほど前に作った庭のウッドデッキが腐ってきて、根太からボロボロなのでいっそ撤去して、庭を一新しようということになった。
随分前から気になっていたけど、やる気が全然起きなかったんです。
解体開始。1000本は打ってあるコーススレッドをインパクトで外していく。
とりあえず、着手するここに至るまでに
「いかに手を抜いて早く解体して、新しい庭にするか」
ばかり考えて、手を付けたのは連休の後半。
とにかく楽する事ばかりを考えて生きており、いつも腰が重いのです。
しかし、せっかちが幸いしてか、作業を始めると休まず動くので見ている方は気持ちが良いと思います。
ひたすら板を外すこと2時間。
思ったより早く解体完了。
このウッドデッキに残骸は、産廃業者さんに引き取りを頼んで処分。
次は芝の撤去。20台前半にゴルフ場で芝の手入れをやっていたんだけど、剥がし方をすっかり忘れている。鍬を持ってめくりにかかるけど、これが超重労働で張っていた気がダルンだるんに緩んでしまった。
ネットで「芝の剥がし方」を検索すると、「鎌でマス目状に芝を切って鍬ではがす」と書いてあったのを見て、古い記憶が読みがってきた。
手前はとにかく剥がしただけでぐちゃぐちゃ、奥に行くにしたがって板状になっています。
これがとにかく重労働でした。
剥がした芝は山の家まで持って行き、そこで根を生やしてもらうことにしました。
隣の家の畑との間に花壇があったけど、これも見飽きたのですべて撤去。
バラやガーベラなど数種類は移植しつつ綺麗に整地。
とりあえず平面は出しておきたいので、糸を張ってここに敷く砂利の厚さを考えてレベル出し。トンボは会社にあった材料で製作。
友人から地面は叩いたほうがいいとか、砂利を入れつつ叩けとかアドバイスをもらったけど、結局何もせず防草シートを2重に貼りました。
ちなみにここまで作業開始から3日目です。
敷く砂利などをネットで検索していると「瓦チップ」というものを見つけ、安価だし色もオーストラリアのアウトバックのように赤くていいなと、初めて使う材料ですが施工例もたくさんネットにあったのでこれを買うことにしました。

この庭は四方を囲まれたところにあるので車が入れません。
ダンプで来てザーーっと下ろすこともできないので、少し離れたところに置いて運ぶしかないのです。
瓦チップの販売業者を探したら岐阜にありました。大量に買うとディスカウントしますと書いてあったので、「2トン購入したいです」「パレットに乗せた状態で運んでもらえますか?」など質問を送ったら即回答がきて、「フレコンバックに1トンずつ入れて今日持って行きますよ」というので早速注文。
午前中に問い合わせて14時には配達されました。
しかし、でかいな・・。
「一袋に1.2トンは入ってるよ」と配達のお兄さん。
こんな感じです。小粒タイプというのを選んで買いました。
これを運ぶにはどれだけ時間がかかるんだろう。
芝をめくる作業に続き、先の見えない単純労働にめまいがします。
そうは言ってもやらなくては終わりません。
せっかちなので直ぐに完成が見たいのです。
同時に花壇も作ることにしました。
便利なものがホームセンターにはたくさん売ってます。
組み合わせて好きな形に花壇が作れるブロックです。
花壇の位置も決めて瓦チップを一輪車で運びます。
1回/20kg運んだとして、100往復か。100往復って。100往復・・。
こういう時は無心になって運ぶしかありません。
とにかく運びます。無言で往復を繰り返します。

ひたすら運べば終わりも見えてきます。
花壇の土も新しく買って入れました。これが思った以上に土が必要で、25kgの花壇の土が15袋は入ったと思います。
終わった。
わりと達成感のある仕事だった。
買った瓦チップの量もぴったりだった。10mx4mx5cmの厚み。
ガーベラも移植して
新しく花を買った。
小さい花壇にはユーカリの木を植えた。

飛石も配置。これを置くだけでずいぶん見た感じが変わります。
それと、ひと雨降って瓦チップが洗われて、更にいい感じになりました。
これはほんと正解だった。
最初は、面倒だから全部業者さんに頼んでやってもらおうかなと考えていましたが、やってみたら素人なりにもそれなりになりました。
一通りの道具や小物が納屋にあったのも良かったです。
実際、業者さんにお願いするといくらかかるんだろう。
ちなみにかかったコストですが、全部ひっくるめて10万を少し超えたくらいです。
私のお手当てはこれでした。
普段はテイクアウトをしていないお店だけど、関市にあるウナギの美味しいお店のうな丼「上」。まぁこれを食べたので頑張れたことにしておこう。

追記 フェンスも欲しくなり、ここまでやった勢いで通販で購入。
これで、もうこの庭の改造は終わり。
やる前

こうなりました

 

 

repair of Eames shell chair. 椅子の修理

 

友人からイームズのシェルチェアーを貰いました。
椅子に興味がない人には、なんかよく見る形の古い汚い椅子に見えますが、僕にとってはお宝。
これは友人の会社で長年(たぶん30年以上)使用されていて、廃棄処分前に救われた1脚です。価値のわかる人が持っていたほうが良いからとうちに来ました。シェルの色が渋くてかっこいい1脚です。
座面には4カ所でボルト締めされています。
通常のシェルチェアーならば、シェルの裏側にゴムのベースが接着してあり、それにフレームを取り付けます。
長年使われるうちにゴムが劣化し剥がれて、座面に穴を開けて固定したのでしょう。
オリジナル感が損なわれると言う人もいるでしょうが、これもこの椅子の歴史です。
FRP素材の椅子は最近ではなかなか珍しいのでちゃんと直してずっと使いたいわけです。
足の先のグライズも破損していたので交換です。
インターネットのおかげでこうした部品も、田舎にいながら直ぐに購入可能なのはありがたいです。
シェルに貼りつけるゴムも手配し翌日届きました。
丸の部分をならしてゴムを貼り付けます。
48時間ほど固定します。

そして、固定の為にあけられていた穴をどうするかいろいろと考えました。
パテで埋めて同じような色を塗るか・・
結局こんな感じにしました。
さっきも書いたように穴もこの椅子の歴史なので、穴を隠すようにリベットの頭を接着。パット見た感じはボルト止めしてあるような雰囲気を残しました。
そして完成。

ゴムのブッシュもしっかり接着


これで、これからまたうちで末永く頑張ってもらおうと思います。

 

ラーツーの話 RAMEN Touring

ラリーの話じゃないです。
ラーメンツーリング。ラーツーです。
今までツーリングと言えば、オフロードなら林道を繋いで休憩もそこそこにひた走る。オンロードバイクなら、目的地やルートを決めて、これもまたとにかく走る。

走ることがメインで、観光などはそれほど重要ではありませんでした。
そもそも何かを背負って走ることが苦手なんです。
お盆中はツーリングに出ても暑いし渋滞だしなぁ、出かけるにはちょっと・・・でも乗りたい。何かないかなとユーチューブを眺めていたら「ラーツー」の動画をみかけた。
バイクで出かけて、その先でラーメンを作って食べて帰ってくる。
それだけなんだけどなんか楽しそう。近所には山も川も沢もたくさんあって、良いロケーションはたくさん知っている。

さらに、ラーツーするための道具は何一つ追加しなくても、すぐに出かけれるほど揃っている。
ガスのストーブやもっとコンパクトなものもあるけれど、なんとなくガソリンストーブのオプティマス8Rをラーツーのお供にすることにしました。
とりあえずやってみよう。
早速、袋ラーメンを一個持って出かけてみました。
この時は、おにぎりと刻み葱と海苔を追加。きれいな沢に足をつけながら涼しい風に当たって食べるラーメンは美味い!
いくら涼しいとはいえ直射日光が当たる場所は暑い。なので太陽を遮る大きな樹の下の影を探して、なおかつ風が抜けるところを探すんだけど、さっきまで影だったところがお湯が沸くころにはカンカン照りになったりして、思っていたより地球は早く回ってるなぁなんて気づいたりします。
2回目はラーメンに入れるカット野菜と赤飯のおにぎりを追加。
この場所は県道の休憩所のようなところで、県道と言っても車の往来はほとんどなしなところ。すぐ下には川も流れ、ぎりぎり汗もかかない程度の場所。
やっぱりテーブルがあると楽だなと思う。
早速折り畳みミニテーブルを買ってしまった。
道具はぎりぎりまで増やしたくはないんだけど、快適で便利なものはやはり持って行きたい。

テーブルが届かないのに3回目の出動
今回は出来立てラーメンに落とす生卵と食後のデザート「なごやん」東海地方の人ならだいたい知ってるお菓子。卵の輸送は気を使うので、なにか1個入りのケースを考え中。
廃村になった村を抜けてしばらく行くとコンクリート舗装の道が途切れる、ここは誰も来ない場所なので道でラーメン。食べた後にそのまま道に大の字になって仮眠も気持ちいい。

楽しいぞラーツー。
なので、袋ラーメンも毎回同じでは面白くないので、ネットで袋ラーメン20食入り福袋なんてのを買ってみたり、乾燥野菜のネギやコーン、キャベツにわかめと、そうそうメンマも要るやん!とラーツーを充実させるラーメントッピングも購入。

乾燥野菜なんて買ったことがなかったけど、これはこれで試すのが楽しみ。
こういったものを全部揃えてしまうと、揃った時点で飽きてしまうことが往々にしてあるけれど、まぁそれはそれで良しとしよう。

そして先日も。
今回は「朝ラーツー」をやってみました。
朝ごはんにラーメンはいかがなものかと思いつつ出発。
こんな渓谷。すごく涼しい。
この場所は、山の家のすぐ裏なんです。
袋ラーメン定番中の定番。
乾燥野菜も大正解でした!
こんなところでぼんやりする時間もいいもんです。


続く。

はず。

 

 

中日新聞8/7朝刊に野口が掲載されました。

中日新聞には12年ほど前にバイオディーゼル燃料を精製しながら世界一周に出る山田周生さんの取材をしてもらった縁で、何度かバイクシートや当社について掲載をしていただきました。

そして、当時取材をしていただいた記者の方が、関市局長となって戻り、隔週連載記事に出て欲しいと連絡がありました。

電話で近況を聞かれ、当社が今年で50周年だという事、この前アルジェリアを走って来たこと、仕事内容の変遷などを一通り話すと「では、記者を近いうちに行かせます」という事で、インタビューを受けることになりました。

インタビューで何を話したのかよく覚えておらず、若い人に一言お願いしますと言う「若い人に」と言うキーワードに、僕ももうそんな年齢になってしまったんだなぁ
やはりこれだけ大きく扱われると、その影響は大きくて当日の朝にアポなし初訪問の営業の方が数人「新聞を見ました!」ってやってきました。

もちろん、近い人や懐かしい人からの連絡もあり、新聞もまだまだ読まれているんだなと思いました。
いずれにしても、こうして注目していただけるというのはありがたいので、期待に応えられる仕事が出来たらいいなと思います。
まだと言うか、これからも人生訓を語るようなことは無いと思うので、「若者へ」としたメッセージは自分への戒めとしたいと思います。

FBやってる人なら観れるかなコレ
全力な前向きは疲れるので、こっそりこういったもの観て自分を上げてます。

 

関市のグルメ。シートの打合せの帰りにどうぞ。

以前にも何度か書きましたが、ノグチシートで午前中に打ち合わせをした後に関で何かを食べて帰りたいというお客様のガイドになればと投稿します。
当社から極々近くて美味しいところです。
私の好みなので皆様のお口に合うかどうかは分かりませんが・・・

先ずは、季節という事もあり関の鰻屋さん
詳しくはリンクをご覧ください。

次はoff.1の記事でも紹介した「コウシヤバル
是非、今年ISDE日本代表の釘村さんが食べた1ポンドステーキをお試しください。

スパゲティ 「アニス

たぶん本場イタリアでも食べられないスパゲティです。
メニューを見ると下の方に 印のあるものは「石焼」に変更できますと書いてあります。なので通常メニューに追加で「石焼にしてください」と頼むとこれが出てきます。
うっかり多めに麺を口に運ぶと確実にやけどしますのでご注意を。

ラーメンだとエビ出汁の「白神」 辛いラーメンなら「爆王

赤い点が今回紹介したお店です。
こんな感じで、ノグチシートから一番遠い所でも3km程度しか離れていません。
まだまだあるのですがそれはまたの機会にご紹介します。

ちなみに今回紹介したお店と当社は全く関係がないので、ノグチシートの名前を出しても割引などはありません。ご了承ください。

グルメだけではなく、観光や林道情報も追加していきたいと思います。