ライドアフリカツインに行ってきました。 「お知らせ」お盆前の注文について

7/6-7とライドアフリカツイン2019の手伝いに行ってきました。
先ずは、このバイクに会えたのが嬉しかったです。
NXRレプリカ
以前、ブログでメイキングを紹介した車両です。
オーナーの方ともお話が出来て良かったです。

ラリーイベントや試乗、エンジンの分解展示など盛りだくさんな内容でした。
写真を撮り忘れてしまいましたが、ランチの色どりと美味しさは今までで一番ではなかったかな。

ノグチシートユーザーも何台か参加されていました。ご愛用ありがとうございます。
土嚢を作ったり、看板を立てたり、テントや椅子の設営が一通り済んだ後に、気になっているバイクを少し試乗させていただきました。
クロスカブ。トコトコ走るツーリング用に気になっていたんです。
ポジションも悪くなく、予想以上にトコトコいけそうです。これは欲しい。

と、こんな感じですが楽しい2日間でした。
また開催されて、皆さんに会えるのを楽しみにしています。

「お盆前の注文についてご連絡いたします」
おかげさまでたいへん多くの注文をいただいており、お盆休みのツーリングをノグチシートでとお考えの方には申し訳ないのですが、7/17到着分までがお盆前の納期の受け付け最終となります。
シート改造の内容によっては、それ以前でもお盆明けの納期になる可能性があります。なので、シート改造をお考えのお客様は早めにお問い合わせください。

 

CRF450RALLY for Dakar2020  ダカールに向けて始動です。


しばらく南米を舞台にしていたダカールラリーが南米から離れ、次回の2020年は初のサウジアラビア開催となります。

現在はルート作成中で、どんなレースになるのか楽しみです。
そして、もっと楽しみと言うか、今回こそは!という思いでそのサウジアラビアのダカールに向けたHRC CRF450RALLYのシートを作成中です。

(念のため言っておきます。まだ張る前なのでカバーには皺が出てます。)
当然ながら体格もライディングスタイルも違うので、ライダー全員のシート形状の要望が違います。

毎年、少しでもライダーにとってストレスのないライディングが出来るようにと進化しています。
その進化が一般のお客様への提案に繋がるので、妥協はできません。
これからダカールまで何戦かラリーを経て本番に臨みます。
本番までにライダーにピッタリ合ったシートに仕上げていこうと思います。

 

WR450F RALLY Replica seat & Tool Roll の続き

先日アップしたWR450ラリーレプリカのシートがお客様に届き、早速シートの装着写真を送っていただけました。
加工前と後では一目瞭然と言うか、やはり黒色がしっかり出ているとマシンも引き締まります。
自宅のピットも素敵です。奥の角に沢山立ててあるワインの空き瓶もいい感じ。

Tool Roll工具巻きも気に入っていただけたようです。
世界中のWR450RALLYレプリカに乗っているライダーから「俺も変色しない黒くて乗りやすいシートに変えて欲しい」と、たくさん依頼が来るといいな。

WR450F RALLY Replica seat modify.

トゥアレグラリーでチームメイトが、俺もノグチシートが欲しいから作ってくれとレース中に相談された。
彼のマシンはヤマハWR450Fラリーレプリカ。
依頼主のラモンさんです。
シートはどんな感じにしたいの?
と聞くと、開口一番「先ずこのシートカバーの色を見てくれ」とシートを叩いた。

笑いながら、「このシートは買った翌日には黒色がこんなグレーになっちまったんだ。それに比べてお前が4年前に作ったシートは、まだ真っ黒で質感もいい」
「俺のはグレーに変色したうえに良く滑るし、チェックカード入れも付いてはいるけど使えない」
翌日に変色したってのは冗談だけど、そのくらい早く色が抜けてしまったようです。
本革はこういうことがあるのでノグチシートでは使用をお勧めしていないわけです。
ウルトラスエードは高価ではあるものの、その耐久性や質感は価格以上の価値があると思っています。
写真見てもらうと分かるけど、マチが付いていないチェックカード入れは使いづらいと思う。
「あとは乗り心地だね。体が前にずれるしクッション性も良くない。お前が前回チュニジアで使ったシートは少し乗ったけどかなり俺好みだから同じようにしてくれ」
こんな感じで、打ち合わせをしてレース後に彼からシートが届きました。
大まかな打ち合わせは現地で済んでいたので、高さやロゴの配置などをメールで再確認。
ウレタンはCRF450RALLYと同じ仕様で、カバーはウルトラスエードの黒。
本当は装着写真が欲しいところだけれど、それが届いたらあらためて掲載します。
これを付けたマシンでサハラを駆け抜けてくれたらうれしいな。
それと、彼とまた走れるように頑張らなくちゃ。

 

 

工具巻き2019 Noguchi Tool Roll

大ブームはやってきておりませんが、ありがたいことにじわじわと工具巻きの販売数が伸びております。
在庫が乏しくなってきたので、現在制作中です。
パーツが多いので、ある程度の数を流れ作業で作ったほうが効率がいいのです。
今までは海外からの問い合わせが多かったのですが、国内からも少しずつ声がかかるようになってきました。

海外のラリーではいつもの風景がレースの報告と共にやってきます。

現場でこの工具巻きを見た人がその場で写真を撮って問い合わせをする時代になってきました。
ロゴは別料金がかかりますが、こうして入れることが可能です。
Webでサイズなど詳しく確認いただけます。
半分の大きさの工具巻きも用意しています。

皆様からのご注文お待ちしています。