トゥアレグラリー用シート Rally seat for TuaregRally2019

ダカールのスタートまで1か月を切りました。
そして、私の出場するトゥアレグラリーアルジェリアのスタートは4か月を切りました。
8月にエントリーをして、もう12月です。
準備と言っても特にすることはないので、バイクの乗り込み主体ですが、出来るだけ体を慣らすため毎週末CRF450Lで山や河原を走っています。
さて、今回のラリーも自分のスペシャルシートで走ります。


マシンはハスクバーナFE501 2018モデルと聞いています。
たぶんこんな感じなんだろうと思います。
見たまんまシートが薄い。
現物も近所に無いので跨ることもできず、カタログ数値からシートの形状を決めたいと思います。
カタログを見るとシート高970mm・・・
高いです。私の身長は185cmですが、細身のシートとは言え大きくあんこ盛りができません。
でも、クッション性は欲しい。
なので、後方をめいっぱい幅広にして、クッションの厚みは中央を10mm、後方は15mmアップと行きたいと思います。
では、改造開始。
細くて薄いです。そして硬い。
ではカバーを外します。

このシートは、全体に薄いため底付きしないために低発泡のいわゆる硬いウレタンが使用されています。
ある程度の厚みがある中央から前部にかけてこの硬さのままだと、せっかく厚みがあるのにクッション性がない状態になるので、このような形状にしてクッション性を上げているのだと思います。
しかし、このままだとへたりが早いので、この部分も改造します。
先ずはセンター出し。
シートにセンターラインを引くのはなかなか難しいのですが、こうしてレーザーで墨付けすればあっという間です。
ノーマルの高さを計測します。
シートベースが付いたままなので、この数値はウレタンの厚みではありません。
盛る前に先ずはノーマルウレタンを削っていきます。
20mmほどノーマルウレタンを削り取りました。
また、後端から100mmは厚み5mm程度しか残っていません。
この時点で先ほどの穴が出てしまっています。
この部分は同じ硬さのウレタンで埋めることにします。
作業に集中してしまい工程写真が抜けていますが、削ってできたベースに衝撃吸収材T-NETを貼り付けて一旦整形。
次にノグチオリジナルウレタンをシート全体に貼ります。
ここで重要なのは、全体に1枚でウレタンを貼るという事です。
500x1000mmサイズのウレタン1枚を使い、そのほとんどを捨てることになるのですが、このやり方が一番大事なので贅沢にウレタンを使用します。
どんどん削って自分が理想とする形に整えて行きます。
削ったエッジを見て分かるように、ノグチオリジナルウレタンは作業性も良いので綺麗なエッジが効いたシートに仕上げることができます。
削ってはラインを引き直しの繰り返しです。
こうして比べると着座い位置の幅広が良く分かると思います。
薄いシートでありながら、初期の沈み込みからボトムでのお尻の安定を図ることが出来るシートになったと思います。
あとは自分で走って、その効果を試すだけです。
そしてカバーはウルトラスエードとビニールレザーのコンビ。
完成です。
お世話になるメモツアーの刺繍も入れてみました。
レースが終わればこのシートは置いてくるので、メモツアーにとっても当社にとってもメリットがあるような広告になればと。と言うか、黒のカバーに黄色のロゴ刺繍って映えるので入れて正解でした。
とりあえず、シートとハンドルを送ってセットアップをしてもらいます。
こうして事前準備が進んでいくと、どんどん気分も盛り上がってきます。

 

 

450ラリーレプリカ?? CRF450RALLY Replica

イタリアのミラノで始まったEICMA2018
ホンダブースに展示されている1台のマシン
CRF450Lをベースに製作されたプロトタイプCRF450RALLY レプリカ。

このシートをノグチシートが製作しました。
シートは製作しましたが、このシートを製作する段階でもこんなマシンとは知らず・・
シートの図面に基づいて製作したのみなので、このマシンの詳細は何も分かりません。
どんな架装がされていて、発売するのかどうかなど分かりません。
先日写真をFBやインスタに上げたら、思った以上に海外から問い合わせが来て、いつ発売なんだ? 誰が作ったんだ? などなど。
ありがたいことにCRF450Lのシートの依頼もちらほらあって嬉しいです。
それとシートにノグチロゴを添付させてくれたHONDAの懐の深さにも感謝します。



一緒に展示されている本物のCRF450RALLYと並べてみました。


こうした写真が直ぐにイタリアから届くというのも時代だなぁと思うし、「野口のシートが付いてるの?じゃぁ写真撮ってくるよとイタリア在住の友人が撮って送ってくれるっていうのもありがたいです。

気になる人もいると思うので書いておくと、と言うか自分が一番気になって仕方がないんですが、シート先端右側に皺が出ているんです。
椅子の張り屋において皺というものは恥でしかありません。
わざわざ皺を作って出荷するなんてことはなく、何らかの要因で発生したんだろうと思うのですが、こういった皺が出ないためにもあらゆることを想定してシートを作らなければといつも思っています。いつも思っていても、こうした問題は出てしまうものです。毎回反省しながら前進するしかないですね。

実際に発売された嬉しいなぁ。ノグチシート付きで!

 

 

ノグチシート工具巻き Tool Roll

ブログでは何度も書いていますが、ラリーシーズン真っただ中という事で宣伝させていただきます。
 そもそもこの工具巻きはHRCがダカールに戻ってきたことをきっかけに、メカから依頼され、毎年改良を重ねて今に至ります。
チームやメカが持つ工具は同じように見えても微妙に違います。
それぞれすべてのニーズに合わせることは難しいですが、持ちたいものがちゃんと入るようにポケットの大きさなどかなり変更を重ねました。
ただ仕切りがあるだけでは上手く使えないという事も、現場の声で分かってきました。
使いやすさと同時に強度も必要なので、見えない部分の補強などで数年使っても縫製がほどけるなどの報告はまだ受けておりません。
もうすぐ始まるISDEでも日本チームのメカが携行しております。写真は昨年の物です。
バイクに限らず、オリンピックのチェアスキーのメカも使用してくれています。工具巻きを広げて広げたうえで作業できるのも利点です。
雪の上や砂や土の上では部品の紛失が怖いので、工具巻きのフラップが良い作業マットになります。

工具巻きには通常のサイズと半分の大きさのミニがあります。

どちらかと言うとミニサイズは国内需要があり、通常サイズは海外からの注文が多いです。
ダカールが近づいてきたのもあるし、世界各地のラリーの現場で当社の工具巻きを見て問い合わせをしてくれる方が増えてきました。
ここ2ヶ月で、アメリカ、ポルトガル、フランス、インドから購入いただきました。



在庫が乏しくなったので、両サイズ共に在庫しました。

ご注文お待ちしています。
We are looking forward to your order.

 

 

準備開始! Go for Tuareg Rally 2019-Algeria!

2019トゥアレグラリーにエントリーしました。


トゥアレグラリーはこれで3回目。準備くらい黙って進めろよ、と言われそうですが、こうして書くと気分的にもピリッとして良いんですよ。完全な自己満足です。

私が参加した1回目は2012  舞台はモロッコ

2回目は2014  舞台はチュニジアでした

そして3回目となる2019Tuareg Rallyの舞台はアルジェリア!

アルジェリアと言えば・・
パリ・ダカールラリーは1979第1回から第10回までパリ-アルジェ-ダカールというルートでした。当時憧れたパリダカのほんの一部だけど、アルジェリアを走るというのは私の夢でした。

それともう一つの理由
なぜか捨てられずに、自宅のガレージにずっと貼ってあった紙切れが一枚。
これは私の母校、関商工高校の卒業式に担任の森先生から貰ったお祝いカード。
校歌は詩を見てもメロディが思い出せないけれど、インクがほぼ消えてしまったお祝いメッセージはずっと覚えていて、
「・・・野口がパリダカに出たらアルジェリアの砂を土産に持ってきてくれ」
と書いてあります。
私の唯一の恩師と言える森先生は若くして亡くなってしまったし、砂を持ち帰ったとしても、わざわざ先生のお墓に持っていくこともないけれど、いつかはアルジェリア!と言う気持ちがあったので、今回良い機会と思いエントリーしました。

私は来年2月の誕生日で50歳、そして父親が作ったこの野口装美も50周年。
関係者呼んでパーティなんて性に合わないので、ひとり記念事業的な感じで行ってこようと思てます。
体力のいるチャレンジがいつまでできるか分からないけれど、20歳で初めてオーストラリアを走り、23歳の初海外ラリー挑戦から27年経ち、その頃とはちょっと違ったスタンスでチャレンジできたらいいかなと。

バイクシートの製作にかけては胸を張ってプロですと言えますが、バイクに乗ることに関しては、私はただのラリー好きなアマチュアライダーです。
それに、海外ラリーは私にとって、とても大きなイベントですし、大袈裟ですが冒険だと思ってます。いつものようにちょっとご飯を食べにアジアをぶらぶらするという感じには行きません。不安なことも多いので、ひとつずつ準備を重ねていこうと思います。
レースまで200日あることですし(まだまだ先ですね)


マシンは今のところラリー仕様のハスクバーナ501をレンタルの予定。
もちろん今回も、シートは最新素材で作った物を持って行きます。


ひょとして海外ラリーに興味があって、ノグチシートでラリーを走ってみたいという方もいるかもしれないので、エントリーの仕方から費用など様々な情報を書いていこうと思います。

さてと、先ずは新しいヘルメットを注文しよう。

 

 

 

For the 2019Dakar. HRC with King of seat.

2018ダカールが終了すれば、直ぐに2019ダカールに向けたテストが始まります。

そして、優勝に向かってHRCも進んでいます。

ありがたいことに2019ダカールも、HRCはノグチシートを選んでくれました。

これからダカールに向けてテストや世界各地のラリーに参戦など、スケジュールは過密に進んでいきます。
毎年作っていると、依頼内容も安定してくるのですが、そこに胡坐をかいて開発が滞ることがないように気を引き締めなければと社員一同頑張っていきます。

様々なシチュエーションで、ライダーが最高のパフォーマンスを発揮できるシートを目指して、当社も頑張って知恵を振り絞って作っていきたいと思います。