BMW R1200Cインディペンデントのシート

R1200Cインディペンデントに乗られる方から以下のような問い合わせをいただきました。
シ-ト張替の目的は、最大限に低くしたいとの思いです。バイクに跨った時に、踵が6㎝浮いている状態です。年齢とともに筋力も衰え、あと何年乗れるか分かりませんが、踵がピタッと付いたらなとの願い夢です。カタログではシ-ト高74㎝で、一度アンコ抜きして2㎝程度低くなっていると思います。
御社のご経験からどの程度低くなるでしょうか、カバーはウルトラスエ-ドで、リヤシ-トにBMWのロゴマークの刺繍をと考えています、見積り納期等宜しくお願い致します。

既にあんこ抜きをされているということだったので、どこまで下げられるかは現物を見てから判断しますということでご注文をいただきました。
ライダー部には衝撃吸収材T-NETを挿入し、できるだけシート前部の幅を狭く足を出しやすく、かつ低くを狙いました。
生地はウルトラスエード(アルカンターラ)の黒でステッチは赤です。
赤のダブルステッチがとてもよく目立ちます。

張替えの目的であった足付きは、踵が6㎝浮いていたものが1㎝程度の浮きかと思います、サイドスタンドを使用したとき片足は宙に浮いていましたが、つま先立ちで両足が付きます。大満足です。なお、実走していませんのでシ-トの硬さについては分かりません。ありがとうございました。

第一の目的であった足つきに関しては、かなり問題が改善されたようで安心しました。
ご連絡の中に一つ質問がありました。
この部分の生地がウレタンから浮いているが、次第になじむのかと言う質問です。
ノーマルは矢印で示す部分がウレタン形状の凹に合わせるように糊付けされています。糊をつけないと生地が浮いてしまうからです。
しかし、糊付けはやがてはがれることもあり、当社では行ておりません。
この状態で生地は浮いております。
しかし、浮いた状態でもしっかりとした張り込みがしてあればシワの発生は起こらず問題なく使用はできます。
このシートに限らず、軽いバケット形状にシートは同じように生地が浮きます。
生地が浮いてシワが出ることは問題となりますが、そうでない場合は正常なのでご心配はありません。

 

シート加工依頼についてのお願いです。

ノグチシートのブログをご覧いただきありがとうございます。

GW前にシートが欲しいというお客様には大変申し訳ありませんが、4/6到着分をもって連休前納期の受け付けは終了となります。

納期については加工内容にもよりますが現在2-3週間いただいております。
それらは到着順に進めております。
メールなどで見積を受け取り、依頼しようとお考えの方でGW明けでも構わないというお客様はメールでその旨をご連絡いただいてから発送をお願いします。

問合せのメールは随時受け付けておりますので、質問など遠慮なくお送りください。

直接、当社で打ち合わせを希望されるお客様は、事前に予約をお願いします。

 

 

 

1/1プラモデルを作る会 Full scale modelers

 

 

405597_193522754132684_1888204930_n

どーーーーん!

今日から開催される静岡ホビーショーに間に合ったようです。
ここ何日かは連日の徹夜作業だったようでお疲れ様でした。
戦車の展示は、土日の18-19日と言うことです。

YouTube Preview Image
458822_334611363331283_1651384372_o977724_334607766664976_1453398552_o
3 展示ブースでは当社が製作したシートも展示されるとか。
キャプチャニコニコ動画でも製作風景を見ることができます
いやはや、1/1でプラモデルを作ると口で言っても、こうしてキャタピラ一個から手作りで作り上げる情熱には頭が下がります。

 

戦車のシート その2(完成) Tank to build up

続きです。
さて、一通りの打ち合わせが終わったので現場で作業です。
sennshasi-to3戦車シート1エッジ部分の鉄板むき出しは、即生地の破れに繋がるのでU字モールで保護します。

sennshasi-to 2

打ち合わせで決定したウレタンブロックの形状を切り出します。
切り出したウレタンとフレームに生地を張りこんで完成。と書くとあっという間にできちゃったように見えますが、職人が丸二日かかってるのでそれなりに見えない部分に手間がかかってるわけです。

902889_320372684755151_1518745313_o

製作中の戦車を横に記念撮影。

IMG_4618

そして、製作現場に納品に行って来ました。戦車専用工具巻きもしっかり使用されています。

IMG_4628置いてみました。

IMG_4622何度も言うけど、よくやるなぁ。一個ずつ部品を手作りで戦車作っちゃうんだもんなぁ。

キャプチ3ャ100パーセントとは言わないけれど、まぁまぁと言うか、この写真だけで解体した車の部品と頭を使ってここまでになったんだから良しとしましょ。
それはそうと、この製作現場は普通の車庫です・。いや、車庫だった所です。上には大橋さんのご家族が生活されております。
IMG_4610お披露目の静岡ホビーショーまであと一ヶ月!
どんな風に仕上がるか楽しみです。

 

戦車のシート その1 Tank to build up

以前からちょこちょこと書いていますが、ドイツ軍の戦車を作っている人たちから戦車用のシートの依頼がありました。
作っている戦車はこれです。
856545_292786040847149_17643507_oしかし、これをプラモデルから採寸して作り上げていくってのは並大抵のことではないですね。

そして、この戦車に搭載されているシートがこれ
ヴィーゼル (1)スライドやリクライニング、昇降機工などは考えず、先ずはクッション部分とフレームがどうなっているかを考える。この写真から得られる情報だけで「似た物」を作る必要がある。何かのシートを流用してはどうかなとも思ったけど、この戦車を作るメンバーの中には様々な技術を持った方々がいるので、フレームに関しては私のほうから簡単な説明をして、最終的にこういった仕上げにするので後はお任せするよ。と言う事で第一回目の打ち合わせをした。

そして
ヴィーゼル (12)こんな絵が出来上がってきた・・

ヴィーゼル (9)

 

ミニチュアで検証中

ヴィーゼル (13)

 

イメージは出来上がった。

そして、ヴィーゼル (6)

戦車製作にかかわる金型屋さんでフレームとなる鉄板の切り出し。よく見てください。左の鉄板が切り出したままの状態、それを、曲げるとこの様な椅子になる。後は溶接すればほぼフレームの完成。簡単なことなんだけど、いつも物を作っていないと絶対に出てこないアイデアだったりするんだな。

そして

ヴィーゼル (2)

 

軽自動車の椅子から切り離したリクライニング部分を取り付けて、前後スライド機工も装備された。
ヴィーゼル (7)あっ、一人ドイツ軍の人が写ってますが、この人が戦車を作る首謀者。大橋さんです。青い作業服がシバ金型の芝さん。工具巻きの金具でお世話になってます。
いろんな人が当社に集まりいよいよ完成への最終打ち合わせ。
あくまでも「本物に近く」が目的なので妥協点はギリギリのところで抑えることにする。
ヴィーゼル (8)打ち合わせは当社の1級椅子張り技能士の職人が行なっています。私がするより確実なんです。その場で「これは張れる。これは張れないがこうすればいいのではないか」ととにかく完成させるための前進あるのみの打ち合わせは横から見てるだけでも気持ちがいいものです。

ヴィーゼル (3)

 

クッション形状、厚み、ヘッドレストの形状など細かな部分まで決定し、最後に「後はお任せください」で打ち合わせ終了。

続く・・・・・