シートの防水 Waterproofing of seat

「社外品の既製品シートを購入したけど、縫い目から水が入り、晴れたにバイクに乗るとウレタンにしみ込んだ水が縫い目から出てきて不快」
と言うご相談を受けることがあります。

当社のシート加工には全て防水加工が含まれております。
(一部ビックスクーターや特殊形状、シートヒーター設置のシートには防水加工が出来ない場合があります)

防水の方法は縫い目に防水加工を施したり、シートカバーを張る前にウレタンにビニールを被せる方法などがありますが、当社ではどれも試しましたが、耐久性や座り心地などに難があり、また防水性も完全ではないためEVAのシートをウレタンに全面接着しています。
ノーマルシートからアンコ抜き、アンコ盛り全てのウレタンに、このように1枚で全体を包みます。
断面図だとこのようになります。
完全にウレタンを包んでしまうので、空気抜きがないシートベースの場合、何カ所かに空気穴を開けさせてもらっています。空気穴が無いと座った時に圧縮された空気の逃げ場が無くなり風船が破裂するようにパンクしてしまいます。また、空気穴が無いと、座った時に抜けた空気が体重移動時に瞬時に戻ってこないので十分なクッション性能が発揮できません。

このように全体をコーティングすることでウレタンの寿命もアップします。

DIY用に防水用のEVAの販売しています。

接着剤やノグチオリジナルウレタンも販売しているのでDIYしたい人はぜひご注文下さい。

ウレタンに水が浸み込むとカバーに包まれたウレタンはなかなか乾きません。
乾かないどころか、水を含むことで劣化が進みクッション性能が落ちます。
当社では防水の加工のみも承っております。

今年も皆様からのご注文をお待ちしております。

宜しくお願いいたします。

 

 

 

謹賀新年 おかげさまで野口装美は50周年!

新年あけましておめでとうございます。

もう一つおめでたい事がありまして。
野口装美が創業から今年で50年を迎えました!



1969年に私の父親が23の時に「野口装備工業所」を創業し、その8年後に法人格「有限会社野口装美」となり今に至ります。
創業した1969年に私が生まれたので、会社と同じく私もとうとう50歳です。

ちなみにこれは父が18の時の写真です。
まぁ血は争えません。親子共々やってる事は同じです。
父は23で起業し、私は23の時に初ラリーでオーストラリアンサファリ。
ちなみに父は1997年に51歳の時、病気で死んでしまったので、それ以降私が会社の代表を務めて今に至ります。
早いもので、既に20年以上代表をしています。

ちなみに創業当時は観光バスの張替がメインの仕事でした。私が代表になるまで続いていました。
現在は観光バスの張替をやめ、バイクシートカスタム、医療用椅子、各種フィルター縫製、特注椅子など、張りや縫製加工をメインに様々な分野で当社の加工技術を生かした製品作りをしています。



そして50周年という年にアルジェリアのラリーにも出場できる今の環境もありがたいと思っています。
先日、友人から「50歳の誕生日は盛大に祝ったほうが良い!」と言われたので、ラリーは自分にとってのいい誕生日プレゼントになりそうです。

まだまだ、知らないことや見たことないものが世の中にはたくさんあります。
会社の継続も大事なことですが、自分自身を磨いて心身ともに健康な生活が送れるように進んでいこうと思います。それが会社の発展と継続に繋がるのではないかと思います。

と言うわけで、本年も宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

ノグチシート工具巻き Tool Roll

ブログでは何度も書いていますが、ラリーシーズン真っただ中という事で宣伝させていただきます。
 そもそもこの工具巻きはHRCがダカールに戻ってきたことをきっかけに、メカから依頼され、毎年改良を重ねて今に至ります。
チームやメカが持つ工具は同じように見えても微妙に違います。
それぞれすべてのニーズに合わせることは難しいですが、持ちたいものがちゃんと入るようにポケットの大きさなどかなり変更を重ねました。
ただ仕切りがあるだけでは上手く使えないという事も、現場の声で分かってきました。
使いやすさと同時に強度も必要なので、見えない部分の補強などで数年使っても縫製がほどけるなどの報告はまだ受けておりません。
もうすぐ始まるISDEでも日本チームのメカが携行しております。写真は昨年の物です。
バイクに限らず、オリンピックのチェアスキーのメカも使用してくれています。工具巻きを広げて広げたうえで作業できるのも利点です。
雪の上や砂や土の上では部品の紛失が怖いので、工具巻きのフラップが良い作業マットになります。

工具巻きには通常のサイズと半分の大きさのミニがあります。

どちらかと言うとミニサイズは国内需要があり、通常サイズは海外からの注文が多いです。
ダカールが近づいてきたのもあるし、世界各地のラリーの現場で当社の工具巻きを見て問い合わせをしてくれる方が増えてきました。
ここ2ヶ月で、アメリカ、ポルトガル、フランス、インドから購入いただきました。



在庫が乏しくなったので、両サイズ共に在庫しました。

ご注文お待ちしています。
We are looking forward to your order.

 

 

オリジナルバッグ Recycle seat cover Bags.

久しぶりに作ってみました。少し小ぶりなメッセンジャーバッグです
最初に作ったのは、もう10数年前かな。かれこれ50個くらいは作ったと思います。

今回、お客様からシート改造と、張り替えるシートのカバーを使ってオリジナルバッグのオーダーをいただいたので、ついでに今まで捨てずに保管してあった古いシートカバーで何個か作ってみました。

XR400R

XR600R

XR650R

ホンダのXRでまとめてみました。こうしたロゴ入りのシートカバーも最近は手に入りにくくなりました。ロゴ入りのシートってのが、かなり少なくなりましたね。

ハスクバーナ 車種不明です。純正の分厚いシートカバーです。

KTM パワーパーツのロゴを散らしてみました。

ヤマハのロゴだけでは寂しかったので、ストロボカラー風に切替を入れてみました。

まだ未完成ですが、フラップだけ作ってあります。これと袋を組み合わせれば完成なので、順次作っていきます。

他にもまだ在庫があります。

 

 

 

オリジナルウレタンの販売 For SALE! High-density urethane

オリジナルウレタンの販売は以前からしていましたが、この度、新規で金型を製作し価格は据え置きでサイズを大きくしました。

ミディアムウレタン、ハードウレタン共に

縦x横 1000x500(mm)

厚み  10mm/¥3,000  15mm/¥4,500  20mm/¥6,000

代引きでの取り扱いになります。
送料+代引き手数料 ¥1,500
表示価格は全て税抜きです。

その他、バイクシートに必要な材料の販売も行っています。

オリジナルウレタンはバイクや車などのカスタムに最適なウレタンに仕上がっています。これらは当社でしか購入が来ません。

家具用の高密度ウレタンとは全く違います。

カスタムシート加工をされている業者の方も一度お試しいただければ幸いです