小物入れとか色々

ミシンと材料とちょっとした技術があれば、こういう小物入れなどの創作意欲が湧いてきます。
最近は忙しい現場の邪魔をしない程度に、工場の隅っこでチマチマとアイデア出したりしながら、自分の欲しいものを作っています。

こんなものや
商品化を狙ったこんなバッグなどやってました。
たまにミシンを踏まないと感覚が鈍るというのもあります。
さて、次の製作はCT125 ハンターカブのセンターキャリアに乗っける小物入れ。
なんとなく買って付けたまではいいけど、機能と言えば乗車するときにこの部分に足が当たって塗装を傷つけることが無くなった程度。
なので、ここに小物入れを付けて、今まで後ろの箱の中に入っていたサングラスや・・? まぁ小物入れを付けたからと言って入れるものは少ないんですが、とりあえず作ってみたいので開始。
先ずは画用紙などの少し腰のある紙で横から見た大きさを決める。
キャリアの幅があるので、横からの形が決まれば後は自動的に寸法が決まる。
形を決めた画用紙を清書して、これを生地の型紙にする。
1回作るだけなので、全ての型紙は作らずに基準となるものだけ製作して、あとは進めながら寸法を拾って生地を切る。
ファスナーはロールで買ってあるので、必要な長さに切ってスライダーを装着して作ります。
これで袋になりました。
ぐるっと裏返すと出来上がり。
早速取り付けます。
ここに
こんな感じに取り付きました。
ファスナーが2本の理由は
こういうことです。
片手で開けられて、片手で閉めることができる。
それと開口部が広く取れるので出し入れがしやすいんです。
この大きさなら乗車時にぎりぎり邪魔にならないかなと思うし、まぁまぁ合格な収まり方となりました。

ちなみに何個か作った自分用のシートですが、この色のウルトラスエードが気に入ってずっとこれです。既にこのシートで3,000km走ったかな。
高さを+15mm、衝撃吸収材T-NETの挿入とのんびり走っても、林道攻めても楽しいシートです。

 

 

 

ツーリング

一昨年くらいから週末の休みや大型連休は必ずバイクで出かけています。
20代の頃のように乗りたくて仕方がないレベルで乗ってます。自分としては「シートが良いから乗りたくなる」って勝手に思ってますけど、とにかくバイクで出かけるのが楽しくて仕方がないですね。

わりと休みが多い会社なので、すべての休みをバイクにというわけではないのですが、30代-40代の頃に比べると乗る頻度が比べ物にならないくらい多いです。
もともと落ち着きない性格ではあるのですが、休みに家でゴロゴロしてたことはほとんどなく、今のように頻繁に乗らなかったときは、休みでも会社に行ってこそこそ何かをやったりしてずっと仕事漬けな感じでした。
贅沢なことに現在の所有バイクは CT125 CRF450L R100RSとそれぞれ遊び方の違うバイクを所有しているので、その日の気分で遠くへ行ったり、山に行ったり、のんびりとことこ走ったりと楽しんでます。山で朝ごはんを作るというのを始めたのも多く乗るきっかけになったかもしれません。

思い付きで出かけるのでソロツーリングが多いです。

少し話はそれますが、ちなみにすべてのシートは「ダカールスペック」で、衝撃吸収材T-NETを入れて私のポジションに合うように形状変更して、カバーはすべてウルトラスエード(アルカンターラ)を使用しています。
特にこの季節、5-6時間乗りっぱなしだったり、炎天下にバイクを駐車しなければならないときなど、シートの温度は上昇するばかりです。
ウルトラスエードのカバーだと、ビニールレザーに比べて圧倒的に温度が低く、通気性があるためお尻が蒸れません。ビニールレザーに比べて高価なカバー素材ではありますが、一度使うとビニールレザーには戻れなくなります。

数年前までは、シートのテストということで半ば強制的に2日で1500キロ走ったり、衝撃吸収材T-NETを使って極端に薄いシートで走ったり、様々な悪い条件のシートから快適なシートのヒントを得ていました。
シート屋がバイクに乗ってなくて良いシートができるわけがないというのもあたのも確かですが、乗りたくてしかたがないという気持ちの変化が自分でも面白いのです。

以前にも書きましたが、自分のシートはどうすれば快適かという答えが見つかってからは、おそるおそるテストをしていた状態に比べて、変に構えずバイクに乗れるようになりました。
例えばR100RSを購入したのが今年の2月なのですが、既に5000kmを超える距離を走りました。先日のツーリングも12時間で530kmと距離も時間も長いのですが、全く苦痛を感じないのであちこち寄り道していると自然と時間も距離も伸びてしまいます。


景色の良い場所や神社仏閣、美味しい食べ物、今まで見たことがないものに興味は尽きないので、それらの興味を削がれるような苦痛を伴った旅はしたくないというのがノグチシートの基本コンセプトなのです。
ダカールラリーのシートも同じです。こっちは観光ではないのですが、勝つための集中力を保つための部品としてシートがあると私は考えています。
不快な居住空間から研ぎ澄まされた集中力は生まれないと思うので、限られたスペースの中で先進の素材と技術を使用してライダーが常に集中していられるクッション性を考えてシートを作っています。
ダカールラリーで優勝したシートにも一般のお客様にも同じ素材を使用しており、それが現在ダカールスペックシートとして、広くお客様に喜んでいただけています。

世界一過酷なダカールラリーでシートを試し、自分自身でも試して納得したシートが現在のノグチシートです。
これが完成形ではなく、加工技術や素材は常に新しいものを試して、少しずつですが進化しています。
先日ツーリング途中のパーキングで、ノグチシート装着のバイクを発見しました。ライダーのお話を聞くことはなかったのですが、たくさん荷物を積んで旅にでるバイクのシートにノグチシートが使われているのはとてもうれしいです。
もっとこうした光景が見られるように頑張っていきたいと思います。

 

 

 

腕ミシン使って小物製作

この前買った腕ミシン。何ができるか、いろいろ試しているところです。
手っ取り早く「袋物」を色々作ってます。
平らなテーブルミシンでは、できなくもないけど困難だった部位が楽になる「はず」なので、それを実際検証してみるわけです。
そうしているうちにあんなことやこんなこともできるんじゃないかと言うアイデアが湧いてきます。
そうなれば仕事として対価をいただけるような製品ができるかなと思っています。
先ずはこの前のブログで書いたR100RSの小物入れ

次はハンターカブのフロントキャリアの上に装着するバッグを作ってみた。
うーーーん・・かっこ悪い・・。何かが違う。わからないけど何かが違う。
でもこの大きさがあれば容量だけは十分なので、ペットボトルやおやつ入れなど直ぐ出したいものを入れられます。

CRF450Lに乗るときは工具すら持たないこともあるので、マルチツールやちょっとした便利グッズを入れるバッグが前から欲しかったんです。
ハンターカブの失敗も踏まえてなるべく小さくスタイル良くを気にしながら製作。
材料はとても良いです。PVCでバックコーティングされたナイロンオックスを使用し、ファスナーは世界のYKKが誇る最強の10号ファスナー。砂漠での砂の噛み込みやマディでの泥の付着でも引っ掛かりません。容量オーバーのものを詰め込んで無理やりファスナーを締めても、よほどのことがない限りパンクしません。
そんなわけでファスナーを隠すフラップはつけていません。(面倒だって話もありますが・・)

いかがでしょう、そこそこな形になってきたかなと思ってます。
しかし、まだまだ仕事としてはいまいちですね。

と、インスタにも書いたのですが早速メールが届いた。

ちゅうもん書 って。笑。しかも寸法がマニア同士の暗号。
だからまだですって。
もっとひどいのが
このスペースにバッグが欲しいという写真(笑)
具体的なのか抽象的なのか、考える時間だけでもなかなかな時給です。
いや待ってください。
製品に請求書付けるレベルまで上げてから広告します。

いつまでたっても勉強と練習は続きます。

 

 

腕ミシンを導入しました。

今までこのミシンがなくても、保有しているミシンで当社の仕事はカバーできていました。

しかし、このミシンで今まで苦していた加工が、早く綺麗にできるようになります。できるはずです。
と言うのも、便利なのは分かっているけれど、肝心の加工する手がこのミシンに慣れていない。
なので、最初は上手くいかず、綺麗にできず、作業も遅いと思うけど、それを超えると今まで以上の品質と加工スピードのアップになると思っています。
バイクと同じでセッティングをしっかり出せばいいのです。

と言うわけで、このミシンの得意な袋の縫製品を作ってみた。
平ミシンでは相当大変な小さな袋物のステッチも楽々です。
とは言え、縫う自由度が高いミシンが故、ステッチがあちこち逃げてしまう。
あとは練習とセッティングです。

まぁまぁいい感じです。

#r100rs

ノグチシート オリジナルウレタン

ノグチシートのオリジナルウレタンを作り始めてちょうど10年になります。
オリジナルのウレタンを作るにあたって、先ず難しかったのが作ってくれるところがない。
当社が発注する量なんてメーカーにとっては利益のある仕事ではないので、それを見つけるのが大変でした。
大手のメーカーに問い合わせても返事すら来ないのはざらで、担当者に話ができても、私からの要望が多くて最後には「・・うちでは難しいですね・・」と話が終わるパターン。
いやいや、はっきりと「儲からないし、面倒だからやりたくないです」と言ってもらったほうが気が楽です。できないのではなくて、難しいならなんとかなるんじゃないですかねと思ってしまうのです。
あきらめが悪いので、いろいろ当たっているうちに今のメーカーに行き当たり製造をお願いしています。
当社専用の金型を作り、「難しい」薄物のスライスも工夫してやってもらっています。オリジナルウレタンは今までミディアムとハードと2種類の硬さで作っていました。
その使い分けは用途や好みにもよって様々ですが、この10年で自分自身で試してきた結果と、ダカールラリーや当社で改造したお客様の感想を踏まえて、オリジナルウレタンの硬さを1種類にしました。
いろんな硬さを用意できればいいのですが、たくさんあってもお客様が選ぶことはできないと思います。
今回1種類にしたこの硬さに関しては、私自身がラリーで使用したり、ロードバイクでロングツーリングしたり、プロライダーのハードな使用においての感想や劣化具合を総合して決定しました。
オリジナルウレタンで作ったシートで7日間毎日乗り続けるラリーや

のんびりと1500km程度ツーリングでシートを試したり・・。

ちなみに下の写真はダカールラリーで使用したシートを半分に切って、ウレタンや衝撃吸収材T-NETのへたりなどのチェックをした写真です。


ウレタンの接着面や、防水の接着面などを見るだけで貴重なデータがレース後のシートウレタンから得ることができます。
市販車のシートウレタンに硬度の違うウレタンを張り付けて改造するわけなので、硬度や密度の違いで接着面に問題が起きたり、素材そのものが破壊されることもしばしばあります。なので、世界一過酷なラリーで使用したシートの分解などは、普通では手に入らない貴重なデータとなります。

今までこのブログで何度も「シートは硬いほうが良いか、柔らかいほうが良いか」について書きましたが、結論は出ていません。
しかし、基本的にノグチシートが提供するシートは、私にとって一番具合のシートなのです。お客様に喜ばれるかどうかは、作ったものを乗ってもらわないとわからないというのが現状です。なので、先ずは私が快適だと思うシートを作ることが製作する上での最低条件だと思っています。
それが、今回の1種類に絞ったウレタンの硬さとなります。
あとは高さやカバーのデザインなどお客様の希望をつけ足していくことで、よりお客様にご満足いくシートになると思っています。

快適なシートについて考える
と、以前のブログにも書きましたので参考までにどうぞ。

自作される方も、このウレタンは材料販売していますので、ご注文いただければ1枚から販売します。