お客様からいただいた感想 from customers

シート納品後にお客様から写真や感想をいただくことがあります。
ありがたいことに良い評価をたくさんいただくことが多く、製作の励みになっています。

CRF250RALLY

こんにちは
本日、片道45キロ青山のホンダ本社まで行って来ました
往復90キロでもお尻は痛くなりませんでした
また機会が有りましたら宜しくお願いします。

仕様
一番低い部分を10-15mmアンコ盛り
タンデム部を上げてステップシート
衝撃吸収材T-NETを全体に挿入
シート前部をノーマル巾より狭くシェイプ
張替ビニールレザー B-35(縫製が入ります)
ロゴプリント白 両サイド
座面上部後方 ウエルダータグ
タンデムも考慮したステップシートにして、タンデムでツーリングを楽しまれるそうです。

MT-09

その後、使用した感じですが、とても満足しております。ノーマルのシート形状が気に入っていたのと、足つきが悪くならない様にシート高さは変えずに作成して頂きましたが、乗りごごちも改善されており、ケツ痛もかなり改善され、質感も大幅UPです。オプション等のシートも検討していたのですが、
MT-09の改善シートは、大体形状も変わっていて、いまいち、躊躇していました。そんな中、御社を見つけて作成して頂いたシートは、私にとってはドンピシャでした。機会があれば、又御社に頼みたいです。

仕様
衝撃吸収材T-NET
形状変更なし
張替ウルトラスエードパンチング黒
ウエルダータグ
形状を変えずに乗り心地の改善を、というご希望に応えることが出来て良かったです。

TR250
本日、新シート装着し試走してきました。
座面が高くなったことにより、コーナーでの軽快感が大幅にアップしました。
まるでコイルスプリングを仕込んだかのような固めのシートは路面状況を的確にフィードバックしてくれます。
大変満足しました。

仕様
・アンコはプラン1で、クッションかなり固め。防水加工。
・現行シート前端の高さに合わせて、シート中央部分はアンコ盛り、シート後端の高さを現行から可能な限り下げて、極力フラットな高さ(ベンチシート状)にする。(ノーマルでは、膝の曲がり等窮屈なので、シート高をあげて、且つ固めにして沈み込みを最小限にする。)
・シート座面はウルトラスエード(色 BU3 Burgundy)の一枚張り。同色同素材でタンデムベルト要。
・シート側面(左右、および後側面)はビニールレザー(色 グレー D-02 パンチングメッシュ模様のディンプル柄)
・シート座面とシート側面の境界線にオレンジ色の糸でダブルステッチを入れる。
・シート後面に、上記ステッチと同色(オレンジ色)で 現行Kawasaki のロゴを刺繍。
・タンデムベルトにも上記同色ステッチで加飾。

今後もシート改造をお考え皆様の参考になるような加工例を掲載していきます。
加工後の写真を送っていただければ、今回のようにご紹介させていただきます。

 

YZF-R1 WGP のシート改造

2012 YZF-R1 WGP 50th Anniversary

お客様からの要望をまとめると
1.タンデムシート乗り心地、前方少しウレタンを盛りして、T-NET挿入して、座面全体あんまり形を崩さないで少し水平に近い形。
座面中央少し凹みがいいかな?
2.ライダー部はT-NETを挿入して乗り心地改善。
3.カバー材質:ウルトラスエード

タンデム部の乗り心地を衝撃吸収材T-NETの挿入で改善するためには、上の絵のように大きく盛る必要があったため、打ち合わせの末、衝撃吸収材T-NETは挿入せず、形が変わるような盛はせず、しかし、乗り心地が今以上良くなるようにギリギリ盛ることになりました。
シートの形状はこれで決定。

次はシートカバー
カバーは当初、赤黒がご希望したが、少し合わない感じがしたので黒x黒でご提案。
お客様からはこのようなイメージ写真をいただきました。

このように、お客様とノグチシートの想像する完成図を、具体的な写真などで近づけていきます。

そして完成です。
ウルトラスエード(アルカンターラ)の黒xパンチング黒 シングルステッチの赤糸で、大きく目立たないけれど見ればちゃんと主張していてアクセントになったと思います。

お客様から
・・・・先日、シートの作成ありがとうございました。
実はこの間、大阪から仙台まで自走でR1のイベントに参加しました。
片道800キロ以上の走行にも関わらず、全く疲れてないこと感動しました。
ダカールワークスマシンシートの実力検証できました。本当に大満足です。・・・・

と言う嬉しい評価をいただきました。
ご満足いただけて良かったです。

このように、先ずは大まかなイメージと言うか希望をいただければ、可能な限りご要望に沿ったシート製作をご提案させていただきます。
皆様からの問い合わせをお待ちしております。

 

 

セロー250のシート YAMAHA SEROW250

セロー250のシート改造の紹介です。

お客様からの要望は

*体が前にずれてきてしまうシート角度を、盛ることで解消したい

*快適性アップのため衝撃吸収材T-NETの挿入と、シート幅を広くする

ビニールレザーは座面に滑り止め効果のあるB-33 サイドにB-40を使用して、ステッチは車体色に近いグリーンで入れる。

DSC_0228DSC_0227DSC_0229カバーの艶消しのツートンが落ち着いた感じを出して、さりげなく光る緑のステッチがアクセントになってよかったです。

 

 

 

YAMAHA  SEROW  セローのシートの隙間

お客様の依頼は

「純正ツーリングシートを購入したが、タンクとの隙間が気になるのと、縫製ラインから水が浸入するので、張替も含めてそれらを直したい」  

という内容でした。

送られてきた写真がこれです。
11確かに隙間があります。
打ち合わせは写真だけなので、できる限りお客様から情報をいただきます。

新品でも隙間がある場合もありますが、経年でシートベースがゆがんだり、ウレタンが変形して隙間ができることは多々あります。カバーを強く張り込みすぎてできる場合もあるため、特にオフロードタイプの場合、隙間がない場合でも張替えや改造をする場合、事前にシート長を調べていただきます。

防水に関しては、当社の場合ウレタンに1mm程度の防水ウレタンでしっかり糊付けするため、縫製から水が浸入してもウレタンに水が浸み込むことはありません。この防水方法だと、ウレタンに腰も出るし、劣化の防止にもなります。

隙間を硬いウレタンで埋めて張替をして完成です。

noguchi%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%881

noguchi%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%882

お客様からも「隙間も埋まりフィッティングは問題ない」とご連絡をいただきました。

ありがとうございました。

 

YAMAHA YZF-R25 ハイシート化

2015-Yamaha-R25-Mavi-Yorum

お客様より、座面の低さを何とかしたいということでご相談を受けました。

ご希望の高さ(ノーマルより30mmアップ)だとシートの先端がノーマルより高くなりタンクに干渉して、最悪隙間が出てしまいます。
そういった場合は、お客様に型紙の製作をお願いしております。
無題今回は、お任せと言うことでしたので当社なりにアレンジしてタンクとのつながりを作りました。
image12015-Yamaha-R25-Mavi-Yorum写真を比べるとシートが分厚くなったのがわかると思います。

座面がグレーなので光の加減で少しわかりずらいです・・

タンクとのつながりもよさそうです。

image2

あんこを盛って、ぼってりした感じにはしたくないので絞るところは思い切って絞ります。

image3

サイドを絞っているので、この方向からの眺めでもぼってりした感じは出ていないと思います。

お客様のご希望されたツートンカラーも車体に上手く合っていると思います。

ありがとうございました。