CT125ハンターカブのシート 


話題のCT125ハンターカブは既にデリバリーが始まったようですが、私のはもう少し先になりそうだというバイク屋さんからの連絡がありました。
そうであれば、先にシートを購入して作っておこう。
パーツの購入ができるか確認したところ可能という事で早速注文。

シートのみ当社にやってきました。
ちなみに、ちょうど良いタイミングで元祖のハンターカブのシートの依頼があったので並べてみました。

左がCT125 右が鉄ベースの元祖ハンターカブです。
まぁこれを比較したからと言って、何がどうのと言うこともありません。
比べてみただけです。

ウレタンの厚みも測ってみました。

着座位置は50mmとしっかり厚みがあります。
先方が少し上げ底になっているので30mm程度です。この部分は乗るところではないので問題ないでしょう。
改造はどうするか思案中なのですが、基本的に形状は変えずに衝撃吸収材T-NETとオリジナルウレタンで整形します。
中身はダカールスペックということになります。
既にオプションのシートが何個か発表されていますが、それらとは違うものにしたいと思いますが、奇をてらったものでは飽きが来るのも早いので慎重に考えます。
生地の切替ラインを引いているのですが、最近重宝しているのが(と言うか、今ごろ?と言われそうですが)チョークペンと言うペンです。

沢山ラインを描き込むと訳が分からなくなってきます。
なので、そのラインを濡れたタオルで拭けば
消せます。
そしてまた描きます。
こうして切替ラインを決めていきます。

早く来ないかなCT125

 

 

 

CRF1100L アフリカツインのシート

以前ブログでも紹介した三橋さんのシート

「三橋淳のアフリカツイン 北駆南走」

ノーマルから60mm盛ったハイシート。
この記事を見たお客様から同じ仕様をオーダーいただきました。
これが完成したシート。
色やタンデムシートが違いますが、フロントシートの高さや形状は三橋さんと同じ。車体色に合わせて黒のウルトラスエードで張り込みました。
お客様から

出来上がった60mmのアンコ盛りはビジュアル的にもノーマルとは別次元、
足つきは両足母指球と望んだ通りのものとなってます。
軽くテスト走行したところ、目線が上がりスクリーンの上から
路面を見ることができ非常に走りやすくなりました。
また膝の曲がりも緩和され長距離に於いても膝が楽になること容易に想像できます。
座った感じですが、60mmも盛っていただいたので柔らかくなることを
心配しましたが杞憂に終わりました。
さすがダカールスペック、しっかりした座り心地に感心いたします。
早くも長距離ツーリングに出かけるのが待ち遠しい!楽しみ!

 

仕上がりに満足いただけて嬉しいです。
ありがとうございました。
感想にもあるように、60mm盛るという加工は単純にウレタンを盛るだけではなく、ウレタンの積層方法がとても重要なのです。
また、ウレタンの硬さや密度によって、盛っただけの効果が無いと意味がありません。硬いだけのシートや、厚みは増したのに沈みすぎて盛った効果がまるで無いという話もよく耳にします。
そのような問題が極力出ないように当社では、オリジナルウレタンを独自に作っております。

HONDA CT125 ハンターカブ

どこかに行くという行為を制限されることが、こんなに窮屈なことなんだという事を改めて実感してます。
なるようにしかならないんだけど、予防できることはできるだけやりたいと思います。
今年もバルカン半島を巡るラリーを考えていたんだけど、それどころではなくなっちゃった。
今までに知り合った各国の友人たちも同じで、今はこもるしかないねと。
とは言え、自由になった時の楽しみを今から考えておくのもいいなと思い。

予約完了!
昨年、クロスカブの試乗をして気に入ったので買おうと思ったら、モーターショーで新型ハンターカブの参考出展がありました。

文句なくかっこいいし、これはもう発売されるでしょうと、クロスカブは保留にしていたら予約開始の発表があったので早速注文してきました。
すごい数の予約が入ってるようなので、手元に届くのは発売日の6月末は無理だろうけど、秋のツーリングシーズンに間に合うといいな。
その頃には、自由にいろんなところに出かけられる世界になっていて欲しいです。


僕の場合は写真のようなかっこいいキャンプではなくて、いつものラーメンセットを持って、いつもより遠くへラーツーに行こうと思います。

当然ながら、その為のシートの構想も考えてるので、ますます楽しみです。

2-3個作って色々試したいし、ダカールスペックのシートを装着したCT125を会社に置いて、ノグチシート体験試乗車としても使いたいと思います。

早く来ないかなぁ。
すごく楽しみです。

 

 

アフリカツイン1100 ダカールスペックシート CRF1100L AfricaTwin

排気量が1100ccにアップされただけではなく、広範囲にアップデートされたCRF1100L アフリカツイン。


今年、これに乗って全国のイベントなどを回るラリーストの三橋さんからシートの依頼受けました。
タイヤもオフロード用で、ダートフリークのパーツがふんだんに使われて、ラリー車っぽくなっています。
シート改造をしてさらにラリー車に近づけたいと思います。
何故ラリーにこだわるかと言うと、だってこのバイクは「アフリカツイン」だからです。

アフリカツインの原点はここです。
Vツインではないですが、CRF1100Lとなった今でもアフリカツインの名を冠しているのであれば、やはりラリー車としてのカッコよさを求めたいです。
ヨーロッパでは実際に、シートを含めキットが出ていますが、即ラリーに出場と言うわけでもないのであくまでもラリー風に。

さて、ノーマルの足つきですが三橋さんと背がほぼ同じの私が乗ると膝に余裕が出るくらいの足つき性です。贅沢な話ですが、脚が付きすぎて少々窮屈さを感じます。内腿に対するシートの幅も少し気になります。
当社のシート職人(174cm/67kg)が跨るとこんな感じです。ワークブーツで両かかとが付きます。まだ膝の余裕もあります。

とりあえずこの状態で乗ってみます。


このアフリカツインはDCTなのでシフトペダルはありません。オートマチック変速です。ダートやサンドでは最初走りづらさを感じたのですが、走るところによってモードを変えれば、ハンドシフトでクラッチ付きのような走りもできるんだなとしばらく乗って分かってきた。これならガレた山道も何とかなりそうだなと思いました。
今回は私基準で考えたシートを三橋さんに試していただくことにしました。
そして先ずは机上で考える。

色々考えてみる。
私用(185cm/75kg)に作ったシートが付いているR1200GSと乗り比べもしました。

だいたいの高さが決まったので製作に入ります。
改造内容を文字にするとこうなります。
1. 高さをノーマルから60mmアップする。
2. シート前部はノーマルより細くして、60mm上げても足つき性をある程度確保する。
3. 60mmアップするとクッション性は良くなるが、沈み込みは極力抑えたいので、ハードウレタンをベースに衝撃吸収材T-NET、上層部にミディアムウレタンと言う積層構造にした。
4. シート前部の立ち上がりを手前に持ってくるのと、シートの角度を地面に平行にすることで、シート後部に固定して座れるように調整。
5. 今後このようなお客様からの要望も考えて、タンデムシートは張替のみ。
6. 張替のカバー地はウルトラスエード(アルカンターラ)

厚みこそ違いますが、ウレタンのカスタム内容はダカールスペックそのものです。

そしてこれか完成したシートです。
比較すると分かりやすいです。

足つきはこんな感じです。
どうでしょうか。
上が60mm盛ったシートです。
モデルは174cm/67kgです。製作途中にも何度か試走してもらいましたが、シート前部が細くしてあるので足が出しやすいので不安はない。高くなったことでより軽く感じるし、操縦がしやすいとのことでした。
私(185/75)がまたがるとこんな感じです。
ブーツを履いて両かかとが付きます。シートを上げたおかげで、ステップに足を乗せた時の膝の曲がりは100度以上になっているので、長時間でも膝への負担はかなり抑えられると思います。
私の好みに合わせたシートなので、三橋さんの評価がどうなるか分かりませんが、良い評価が貰いたいなと・。

WEBオートバイに三橋さんの連載があります。

アフリカツイン(CRF1000L)のシートは今までに数多くカスタムの依頼を受けてきております。
アンコ抜き、アンコ盛り、乗り心地の改善など様々な加工実績がありますので1100になった新型も、シートのご相談をいただければより良い提案ができると思います。
ダカールスペックのシートを一度お試しいただければ幸いです。
皆様からの問合せお待ちしております。

 

 

クロスカブとCRF110のシート

かなり手を入れられたクロスカブのシートの張替えと、奥様が乗られるCRF110のシートのアンコ盛りを承りました。

クロスカブのシートは社外品が既に取り付けられており、今以上にグリップが良く、赤いシートにして欲しいとの要望でした。


CRF110は膝が窮屈という事で、25mmほどアンコ盛りを施し、クロスカブと同じくグリップの良いビニールレザーで張替えました。
両方共にご満足いただけて安心いたしました。

ありがとうございました。