XR600Rのシート

XR600
名車のうちの一つですね。私もずいぶん昔に数年乗っていました。
思い出深いバイクです。
機会があればまた所有したい1台でもあります。
そしてXR600と言えば
BAJA1000 のジョニーキャンベル
ホンダのコレクションホールにもあるBAJA1000マシン。
写真のこれは680ccに排気量アップされたスペシャルな1台。
そして、今回XR600のシート改造の依頼をいただいたオーナーからは「このシートのイメージで、ホンダレッドとウルトラスエードで」とのことでした。
早速届いたシートを分解します。
XRのシートはウレタンのスキン層が厚すぎるのか、それともサイドの立ちがきついのか、こういったウレタンの破壊が進んだものが多いです。
ひどいものになると、穴が開いて空洞ができてるものもあります。
このシートは硬いスキン層をすべて削り取ることと、T-NET+オリジナルウレタンでの再構成で問題なくよみがえります。

以前にも書きましたが、簡単に描くと、こういった盛り方になります。
今回はサイドを大きく削ってるので、上層の水色の部分はサイドの下部まで来ています。
このシートは少しアンコ抜きもされていたので、積層して盛ったことでアンコ抜きにありがちなフワフワした感じもなくなると思います。
削って低くなった高さを元に戻すため現状の高さを計測。
ここまでの作業写真がないのですが、計測後にT-NET+アンコ盛りの高さ分約25mmウレタンを削り取り、削ったところにT-NET+オリジナルウレタン+αを積層して成形していきます。
積層しては形を整えていきます。
これの繰り返しでシートができていきます。
全体を防水EVAシートで接着コーティングします。
これから、カバーの型取りをします。
ロゴは純正がいいとのことでしたので、シートからプリントデータを起こします。

そして完成。


XR,XLRのほとんどのシートはタンクとの当たり面のウレタンが経年劣化でおかしなことになってます。100点とは言いませんが写真で見る限りいい感じで収まりました。オーナーにも喜んでいただけました。

やっぱり600はかっこいいなぁ。

HONDA CRF250Lのシート改造

CRF250L<S>のお客様からのシートの要望は大まかに以下の通りでした。

■T-NET挿入
■シートの形状、高さの変更なし
■シート表皮はウルトラスエードへ変更
■サイドにHONDAの白抜きロゴ
■タンデムベルトなし
■張り替えた表皮の返還
カバーに関してはCRF450R(もしくは昔のXR)をイメージしたブルーのカバーでとのご要望。
そして完成したシートがこちらです。

シートを装着して舗装路のみ少し走ってきました。久しぶりに乗りましたが以前と同じバイクだったか!?と思えるほど乗り心地変わりました。お尻への入力がとてもマイルドになりへんな滑りもなくなりました。その分足着きが1cmくらい悪くなりましたがお尻の位置が上がりポジションが良くなりました。来週あたり林道へ持ち込んでみます。とても楽しみです

林道に行ってきました。
早速林道に持ち込んで走らせました。ガレガレとハイスピードでしたがやはりお尻のへの入力は以前と段違いにやさしくなりブレーキングでお尻がずれないのも走りやすかったです。

ご満足いただけたようで安心しました。
ブルーのカバーがとても良い感じに車体に合っていると思います。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

HONDA CB750Kのシート改造

CB750Kのシートのご依頼を受けました。
この辺りの年式となるとシートベースは鉄で、ウレタンは赤ゴムだったりして、当社では手に負えない経年劣化をしている場合が多いのですが、今回はリプロのシートをウレタンもすべて改造するということで仕事を受けました。
奥様も後ろに乗るということで衝撃吸収材T-NETは全体に挿入。
バランスが悪くならない程度のアンコ抜き。
落ち着いた大人な感じの外観・・等々。打合せをしてまずはウレタン加工。
足つき性と全体の形状は問題なかったけど、タンクとの間の隙間が大きいので補正。
いつものざっくりした絵で申し訳ないのですが、タンクとの隙間埋めも限界があります。もちろん大掛かりな工作をすれば理想に近づけることはできますが、結局コストとの相談にもなります。
赤い丸で囲った部分にできる隙間は、ウレタンで埋めることができません。
この部分はカバーのテンションが大きくかかる場所でもあり、ウレタンで埋めたとしてもカバーを張るテンションで凹んでしまいます。
なので、下の絵のようにタンクとの当たり面の上部はウレタンで埋められますが、サイド下部はシートベースの形状のままの隙間が出ます。
このCBも同じなので完全にフィットとまでは行きません。

そしてウルトラスエードとビニールレザーのコンビで張ったシートが完成しました。

こうして見ると、それほど隙間に気が行かないレベルかと思います。


新車以上に磨きこまれたCB750Kにシンプルな切り返しのシートは派手さはないけど落ち着いた大人な感じでとても素敵です。
新しいシートで奥様と楽しいツーリングをお楽しみください。

 

 

エンボスロゴマーク HRC Honda Racing

HRCのロゴマークが今年新しくなりました。
なので、今までダカールシートに入れていたHRCのエンボスロゴマークも当然新しくすることになり製作しました。
良い感じというか、指示通りのものができた。
いままでのエンボスはこんな感じでした。
前のロゴも古さは感じないけど、新しいロゴをこうして並べると見慣れてないということもあり新しさを感じますね。
10年使った金型はこうして並べると年季の入った色になりました。

この金型は引退なのでしばらくここに飾っておこう。