BAJA1000

BAJA1000と書いてバハ1000と読みます。バハカリフォルニアの半島を舞台に1000マイルを一気に駆け抜けるレースです。休憩とかそんな物はなく、3人程度で交代しながらとにかくゴールを目指します。コースを走っているライダーも大変ですが、交代のライダーもサポートカーで先回りしなければなりません。

私は未だ行った事がありませんが、友人の多くがこのレースに出場しています。そして、行く度に楽しかった話を聞かせてもらうので憧れのレースではあります。私がオフロードにめり込むきっかけになったのも、このレースを舞台にした戸井十月さんの小説を読んでからでした。(題名は忘れちゃった・・)しかし、下の映像を見ても分かるように、車と混走で、しかもアベレージスピードも高く、危険は・・・・ですね。

 

BAJA1000の映画「DUST TO GLORY](画像クリックで動画が見れます)

このレースにも、今まで様々なチームに何度となくノグチシートを使ってもらいました。アメリカホンダのクワッドやフリーライドマガジン(現 FRM)のCL72などなど。

さて本題です。今回はFRM編集長の三上さんからの依頼で、あるチームのシートを制作することになりました。チーム名は未だ無かったかな・・ブログはここ

CRF450XでBAJA1000に挑むホンダ社員チームです。写真右の塩野さんの足つきを考慮してスーパーローダウンシートを1個と、ノーマル形状のシート1個を制作します。ピット作業でライダー交代とシート交換もするとのことです。シートを低くする→クッション性が悪くなる→乗り心地が悪く長距離が持たない・・・と言う悪条件の中、要望をクリアすべく製作中です。まだ、だめ出しの最中ですが、完成したシートやこのチームについては今後もレポートさせてもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

#9 辻健二郎 モトクロスライダー

先日、全日本モトクロス第2戦が奈良県の名阪スポーツランドで行なわれました。シートをサポートさせていただいている辻健二郎さんがレース後に当社に寄って頂けました。

ピースって・・・ラベンダーカラーのトランポで乗り付けられました。レースの話、シートの話、色々と楽しい話が出来ました。

まだ後8戦あるということなので、最近行ってなかったモトクロス会場へ一度足を運んで、現場を見てこようと思います。

ガンバレ 辻健二郎!#9

 

 

サポートライダー 辻健二郎 CRF450

モトクロスライダー 辻健二郎さんのシートをサポートさせていただいております。プロフィールはこちら

現在使用中のシートを再加工して実践仕様にカスタムすると言う事で、届いたシートがこれです。

カッターでそぎ落としてります。シートエンドの厚みは5mmもありませんでした。更にところどころウレタンが欠けていました。

更に、ウレタンとシートベースが接着していないので・・・・

シートベースからわずかに突き出た表皮を止める為の針によって、ウレタンに穴が開いています。激しいライディングをするモトクロスでは、数回のレースや練習でこのようになってします。一般的に、ここまで損傷したシートをカスタムすることはあまりお勧めできません。

そして完成したシートがこちら。2種類の異なる滑り止め効果を持ったビニールレザーを使っています。また、極薄のシートでありながら、お尻への衝撃を和らげる衝撃吸収材T-NETも挿入済み。

今シーズンの活躍が楽しみです。

CB1100 パッセージオリジナルシート 特注カラー 

前回、シートのみの写真を紹介させていただいた特注カラーのCB100カスタムシート。購入していただいたパッセージ東京のお客様からたくさんの写真をいただきましたので、感想文と共に紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様より * この度はスペシャルシートを製作して頂き、有難うございました。さっそく装着しましたので画像添付します。まだ数日しか乗ってないのでシートそのものに慣れませんが、大変良い感触です。これから更に乗りこんでポジション調整等煮詰めていこうと思っています。*

こうした感想をいただけると、パッセージと一緒にカスタムシートを作った甲斐がありますね。今後も色々と挑戦していこうと思います。野口装美では張替のみのカスタムから、大幅な形状変更をするカスタムまで全てのシートカスタムの対応いたします。

CB1100 パッセージオリジナルシート Webオートバイ

CB1100 パッセージのオリジナルシート

今回WEBオートバイにて、パッセージにて展開しているCB1100オリジナルシートを紹介していただきました。

 

 

 

今回は前編として、ノーマルシートの高さと同じタイプの特集です。後編は30mmアップのシートです。ご期待ください。

Webオートバイ