スズキ カタナのシート GSX-S1000S KATANA

SUZUKI GSX-S1000S KATANA
刀のシート加工の紹介です。
お客様のご要望によりウルトラスエード(アルカンターラ)の張替えと衝撃吸収材T-NETの挿入。
高さは変えずにシートの角を丸く削りました。

ライダー部はウルトラスエード(アルカンターラ)のBK3パンチング
タンデム部はAP3のパンチングです。

お客様より
適度な硬さとホールド感があり山道でのブレーキング時もお尻は滑らずとても快適でした、1時間ほど走ったのですが以前のようなお尻の痛みも内ももの痛みも有りませんでした。

素敵な写真とインプレありがとうございました。
良い結果となり安心しました。

 

 

Vストローム250のシート V-Strom250

今回のご依頼はV-ストローム250のシート改造
自走でこられたお客様とバイクを前にして話をさせていただきましたが、Vストローム250は車格も大きく、250だけど見た目は400か650辺りの迫力があります。カウルも付いており、ケースなどの取り付けも容易なのでツーリングにはとても良いバイクだなと思いました。

さて、今回の要望は
*ライダー部をできるだけ下げる(-50mm)
*ロングツーリングに耐えられるクッション性
*ウルトラスエード(アルカンターラ)での張替

Vストロームのウレタンはノーマル(標準シート)でかなり厚みがあるため、50mm高さを下げてもまだ余裕があるため、前部をシェイプすることで足つきをかなり向上させることができます。

ノーマルよりも後方に腰を引きたいという要望もあったので段付き位置を少し下げました。

また、お客様の好みで積層するウレタンはノグチオリジナルウレタンのハードを選択。これに衝撃吸収材T-NETを積層して完成しました。

希望通りに仕上がったと言う連絡をいただき安心しました。
北海道のツーリングが、より快適に楽しくなることを祈っております。

ありがとうございました。

 

 

スズキ SV650 SUZUKI

スズキSV650のシート改造依頼
2111お客様からはこのように、自分のシートを写真に撮り、プリントアウトしたところに要望を書き込んでいただきました。
この要望をもとに、詳細を詰めていきました。

IMG_4469IMG_4467

”さきほど実車に取り付けてみました。
ノーマルの薄っぺらな印象から
がっしりと剛性感のある座り心地になりました。
今度のツーリングが楽しみです。”

と言った感想をいただきました。

ありがとうございました。

 

 

戸田蔵人さんのシート Cloudy’s seat

フリースタイルモトクロスで目標に向かっている戸田蔵人さんのシートも微調整を重ねています。
写真は戸田さんのfacebookからお借りしました。
12195103_1508037446162177_5229747368879563438_o[1]12183695_1508038832828705_7735842104471848882_o[1]12195864_1063715816994526_3173348742099948045_n[1]車椅子に乗ってる人がこうして飛んでいるって、ほんとすごいです。
まだまだこれからが楽しみです。
12194926_1671536809777233_8541088292545550096_o[1]image1サイズ調整をした新しいシートで、よりエキサイティングな技を決めてください。

 

 

戸田蔵人さんのシート その2  Special seat for Cloudy Toda

戸田蔵人さんのシートを作った話を少し前にしました。
unnamed1こんな感じのシートでした。
これを使用してもらって、戸田さんからの要望が出たので手直しと、ストッパーの形状を変えたものの新作をしました。
IMG_8590IMG_8591簡単な型を作り、硬質ウレタンで成型です。
ストッパーにはクッション性は要らないので、硬質ウレタンを使用しました。
この後の作業の写真はありませんが、仕様を変えたシートの完成です。
IMG_8581IMG_8616IMG_8615IMG_8617ロゴはレモンイエローに変更し、リブを赤色に。
良い感じの派手さとかっこよさと自己満足しています。
IMG_8583そしてこの滑り止めのリブ。
これは私が知る限りノグチシートのみが行なっているリブの取り付け方です。
一般的には縫製によって、リブを糸で縫い合わせますが、ノグチシートでは「溶着」と言う方法を使い、素材同士を溶かしてリブと座面の生地を一体化させています。
この方法だと、糸の切れる心配もなく、泥のつまりなどもなく、汚れ落としも楽と言う利点があります。
また、耐久性も縫製に比べて高いです。

このシート持って1月のアメリカへ行かれる戸田さん。
活躍が楽しみです。