BMW R100RSのシート

 

気になって昨年末に試乗してみた BMW R100RS
これが発売された当時はまだ免許も持っていなかったし、免許を取ってからはパリダカの影響もありR100GSやR80GSには興味を持ったけど、RSの頭でっかちのカウルやマシン性能などから気にもとめていなかった。



しかし、気持ちは変わるもので、ここに来てと言うかこの年になって、このデザインにやられてしまいました。
ハーレーのスポーツスターXL1200Sは10年ほど乗って、そのスタイルやエンジンの性格も気に入ってはいたのですが、スモールタンクということもあり航続距離が200km弱と少し長距離ツーリングには不安がありました。

そこで気分転換に買ったNC700Xが長距離ツーリングやタンデムツーリングにとてもよくできたバイクで、購入後半年で5,000kmほど乗りました。
また春になったら何処に行こうかなと思っていた時に、たまたまこのR100RSに出会って即決。
RSでもこんなことしてる人もいるし。
イメージはこんなジェントルな感じなんですけどね。
スーツで乗ることはないけど、まぁいいです。
本題です。

さて、購入したバイクは丁寧にオーバーホールされて、電装部品もすべて対策品に換装されているということなので、いつものごとくシートから改造です。
と言うか、納車までに時間があるのでシートだけ手に入れて先に改造です。

RSのシートベースは鉄でできていて重いです。
シートカバーはブラインドリベットで留めてあり、それをすべて外してカバーを外します。表面のエンボス加工の下地となるクッション材が、柔らかいウレタンではなくウエルダー用のPVC発砲シートで、これがシートウレタンにくっついてなかなかはがれません。
ウレタンとシートベースを分解するとこのようになっています。
硬めのシートウレタンのボトムに柔らかく弾力のある発砲ゴム(発砲PVC?)の2層構造になっています。
R100GSも同じような構造でしたが、ここまで大きく入っていなかった記憶です。タンデム部分にも十分なクッション性が持たせてあります。
それと、写真で赤い丸で示した部分ですが、これはブラインドリベットの足が当たっていたところです。
シートベースにしっかりと接着剤で固定されていたので、穴が大きく削れて広がっていません。当社のシートもシートベースには接着剤で固定するのですが、わずか1mmでも飛び出たタッカー針によって、経年でウレタンが1cm程度穴が開いているシートウレタンを何度か見てきてるので、やはりシートベースとウレタンの接着は重要だなと改めて思ったところです。
ちなみにシートベースに接着されず数年乗ったシートウレタンは、タッカー針のわずかに飛び出た足によって、ウレタンにこんなに穴が開いてしまいます。
ボトムのクッションの柔らかさが写真でも伝わるかと思います。
この部分は劣化が激しかったので、ボトムのクッションはそっくりノグチオリジナルウレタンと衝撃吸収材T-NETで作り直すことにしました。
ウレタン自体は大きなダメージがないのと、保管状況がよかったのか感触も問題ないので表層面を削り取って加工します。
シートの形状を作っているシートウレタンの厚みは薄いところで20mmあるかないかなので、シート形状を楽に復元できるレベルまで表面層を落とします。
ハイシートにしたいところですが、あまり高くすると低めのハンドルとのバランスが取れないので10mm程度のハイシートにします。
全面に10mmのオリジナルウレタンを貼ります。
R100RSのシートはサイドが立っているので、10mmのあんこ盛であれば、サイドを盛る必要はないと判断しました。
どんどん削ります。
一通り削って形を整えたので、いったんシートは養生してカバーのデザインを考えます。
絵を描いてあーでもないこーでもないとラインを引いてみますが結局決まらないうちに納車となりました。
実車に付けて見たほうが形状もこれで良いのか判断できるので、装着した比較写真です。
10mm増した分の厚み増は感じますが、タンクからの流れもいい感じなのでこのまま張り込みに移ります。
EVAで防水をしてから
シートに直接ラインを引いてまた悩む。
一番苦手なところなんです。かっこいい切り替えとかデザインって何だろう。
タックロールもいいし、切り替えが多いのも良いだろうなと思うけど、ひとまずプレーンな張替えで行ってみます。
生地はもちろんウルトラスエード(アルカンターラ)
このシートは比較的少ない7パーツで構成されます。
生地の毛の流れがあるので、その流れに合わせて型入れをします。当然のことながらロスが出てしまいますが仕方がありません。毛の流れを合わせないととても残念な仕上がりになるからです。
このシートは鉄のベースでタッカー針でカバーを留めることができないため、リベット留めです。なので張り込みが少々大変です。
張っているところの写真がなくてすみません。いきなり完成です。
近くで見ないとわかりませんが、後部のステッチにBMWのMラインのステッチを入れてみました。R100RSには関係ないだろうと言われそうですが、嫌いな配色でもないしまぁ良いかという軽いノリです。


違和感ないハイシートになったかなと思います。
地味と言えば地味ですが、案外このつるっとした感じもいいです。
言い換えると、タックロールや装飾がないのでシートの形状にごまかしができません。ほんの少しの違和感が、少しではなく結構目立つんです。だからこうしたカバーリングは腕の見せ所でもあります。(と、プロが自分で言うものでは無いですけどね)

と言うわけで、春になったらこれでまた旅に出ようかなと思います。
また、うどんの旅かな。
昨年から始めた長距離ツーリングの楽しみがより一層大きくなりました。
それと、NC700Xのシートを作った時にも書きましたが、今回も厳しいタンデムシートの評価があるので、試乗の時からその乗り心地を確かめてもらい、改造でもタンデムを重視した作りになっています。
旅の途中で壊れないように、壊れてもなんとかできるように、今からいろいろ触って勉強です。

続き

やっぱり少し地味かなと、ノーマルの座面模様を踏襲してもう一個作ってみた。

サイドはB-46のザラザラしたビニールレザーを使いました。
座面のウルトラスエードのタックロールがしっかり出るように硬い8mmのウレタンでモコモコ感を出してみたら、やはりこっちのほうがかっこいい。

 

お客様よりいただいた写真とインプレ

数年前から何度かご注文をいただいておりましたお客様からまとめてインプレをいただきましたので、ご紹介させていただきます。

お客様より
全てのシートは、最初の座りごごちは、ノーマルより少し硬めですが、
乗っていると、振動を吸収し、ちょうど良い硬さで、腰にやさしいです。
また、きちんとタイヤからの情報を、シート越しに得られるので、乗ってて楽しいです。
Multistradaは、長距離が多いですが、腰の痛さはほとんどないです。
Supermotoは、シングルエンジンの振動がかなりありますが、腰の負担は少なく、足つきもよく乗りやすいです。
CT-125は、シートのエッジがしっかりしているので、コーナーが乗りやすいです。
色や素材、ロゴまで好みでオーダー出来るので非常に良いです。
3台とも違うロゴにさせていたただきました。
CT-125の刺繍は大満足です。希望通りでありがとうございました。
やはりNoguchiシートは、見た目が抜群に素敵なので、バイクがさらに良いスタイルになります。

これからも長く使用させていただきたいと思います。
***********************************************
ありがとうございます。
数年が経過したシートですが、乗り心地も維持され、写真で見る感じでは座面に使用してあるウルトラスエード(アルカンターラ)も問題ない状態を維持しており安心しました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

ダカール優勝者のシート DAKAR Winner’s seats.

ここに2つのシートがあります。
このシートは2020ダカールで優勝したリッキーブラベックのシート

これは今年2021ダカールで優勝したケヴィン・ベナビデスのシート。
2018のダカール後にいただいたものです。形状は今回もほぼ同じです。

もう一度シートを並べた写真を貼ってみます。
この2つのシート、ベースとなるシートは同じものです。
衝撃吸収材T-NETの挿入は同じですが、ウレタンの形状は大きく異なります。
見ての通りリッキーのシートは羽が生えたように左右に大きく張り出しています。
ケヴィンのシートはリッキーのシートに比べると、ノーマルのままのようにも見えますが、高さ、角度等変更が加えられています。
その他、バレダやコルネホも同じくシートの形状については細かなオーダーが出ています。
こうして並んでいるシート全ての形状が違うわけです。
トップライダーは数ミリの変化にも違和感を覚えるので、希望する形状の再現は重要なことになります。
毎回微妙に違う形になっていたらセッティングも出ません。
ライダーから「ここをあと10mm出してくれ」とか「ここの角度を5mmほど変えて」とか言われると、なかなかに大変なのですが、変更後に結果が伴ってくると、その甲斐があったと思います。
昔何かの雑誌の特集で「たかがシート・されどシート」という題名の特集があって読んだ記憶があります。
たかがシートでしょ?付いてればいいじゃない?という考えから、シートによってこれだけ変わるというような内容でした。まだシートがそれほどバイクの性能に重要な位置にいなかった時代の特集でした。それから積み重ねてきた技術がこうして世界の頂点にいるライダーに使われている現実を見ると、シートの可能性はまだまだたくさんあるのかなと思います。
優勝するマシンには、シートだけでも相当なデータとノウハウが詰まっています。
それを考えると2連覇したHRCのCRF450RALLYには気が遠くなるデータの蓄積があるでしょうし、なによりそれを操るライダーも勝つためのノウハウが積み重なってきた結果だと思います。
この結果と共に、これらの技術を皆様から依頼されるオーダーメードのシートに生かしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

ダカールラリー ホンダが1-2フィニッシュで連覇!

ダカールラリー2021
HRCは1-2フィニッシュで、昨年に続き連覇しました。

優勝はケヴィン・ベナバイズ

2位は昨年の覇者 リッキー・ブラベック

レースは序盤から目が離せない展開で、HRCやKTMのトップライダーがクラッシュなどでリタイヤするなど、ゴールするまで優勝は誰になるのかわかりませんでした。
そこで、1-2フィニッシュをしたホンダのチーム力とライダーのレベルの高さが余計に評価されるものとなるでしょう。

そしてこの写真
私としてはこうしてライダーがシートに座ってる写真が好きなんです。
レース中にライダーを支えた重要なパーツの一つとしてノグチシートがそこにある。
ましてや、世界一過酷なレース、ダカールラリーで1位と2位のバイクにノグチシートがついている。

去年も同じようなことを言ったかもしれませんが、今年は2年連続ラリーシートの世界チャンピオンです。と、大声で叫びたいです。
今回はリタイヤしてしまったけど、途中総合トップに立ったコルネホや、ステージ優勝記録を歴代3位までにしたバレダも、次のレースでは十分に優勝できる実力を見せたと思います。
ホンダの今後の活躍に期待しつつ、ノグチシートも進化するライダーにしっかりとついていく技術と知恵を出していこうと思います。


ワークスライダーのように華麗には走れないけどまた砂漠に行きたくなってきたなぁ。ラリーの魅力は尽きないです。
早くマスクのない自由な世界に戻ってほしいです。

 

 

KLX250のシート





お客様より
取り付けた感じも問題なく、IMSビッグタンクとの接触部にシワが寄ることもありませんでした。(注1) シート幅を20mm拡げましたが、スタンディングで後荷重させる時も引っ掛からず、シッティングでは拡げた部分に体重が乗りやすくなっている感じで安定しました。 取り付け後に軽く200km程度の走行をしましたが、振動による疲れも無くなり効果が出ていると感じています。

注:ビッグタンクに変更されている車両は、シートのタンクへの当たり角度が変わることがあるため、ノーマルではしわが出ていなくてもウルトラスエードなどで張ると、素材自体にあまり伸びがないためしわが発生することがあることをお伝えしてありました。

仕様
衝撃吸収材T-NET挿入
座面幅広加工
ウルトラスエード(アルカンターラ)で張替
ウエルダータグ 白

****************************************************************

今年は北海道ツーリングにもいかれるということなので、快適なツーリングになることを祈っています。
ありがとうございました。