ステッチの話

シートカバーの切り替え(つなぎ目)の縫製にはステッチやパイピングを入れます。
縫いっぱなしの場合も時にはありますが、基本的にはシングルステッチを入れます。
なぜステッチを入れるかというと以下の図をご覧ください。

生地同士を縫い合わせただけの縫いっぱなしの状態だと、張り込み時に縫いシロが右や左に倒れてしまい縫い合わせのラインが乱れます。
また、厚みのあるバイク用ビニールレザーだと縫い合わせた部分が膨らんでしまい、レザーが浮いてウレタンに密着しません。
ステッチを入れることで縫いシロが押さえられ、かつ縫いシロが一定方向を向くので張り込みがしやすく、仕上がりもきれいになります。
縫いっぱなしの縫製をした裏側はこのようになっています。通常、縫いシロは8-10mmあるので、その部分だけ膨らみます。
今回はあくまでもバイクシートに限っての話なので、家具や車その他の張り物とは考えが変わります。

ステッチにもいろんな種類がありますが、今回は2つ。
シングルステッチとダブルステッチ
縫いシロをすべて片側に倒してステッチをかけるのがシングルステッチ
両側に倒すのがダブルステッチです。

シングルステッチ
これが一番多いステッチです。
このステッチにもう1本ステッチを走らせる方法もあります。
糸の色を変えたりステッチを強調したい場合には、このシングルのダブルも良いかと思います。
シングルのダブルはこんな感じです。こうしたラウンドした縫製部分はシングルのダブルがきれいに仕上がります。ダブルなのでステッチも目立ちます。

ダブルステッチは縫い合わせた生地の縫いシロをそれぞれ両側に倒してステッチをかけるため、縫い合わせ部分の引っ張り強度は「糸のみ」となってしまうので図のように裏に1枚テープを当てて補強します。こうすることで引っ張り強度は保たれます。しかし、裏のテープを取り付けるため生地の伸びがなくなったり、急カーブな縫製を苦手としたりします。
シングルステッチの場合、縫いシロをどちらに倒すかで見た目も変わります。
これは側面(当社ではマチと呼んでます)にステッチをかけた場合

これは上面(当社ではカガミと呼んでます)

違いはありますが、シートの形状や色の組み合わせなどで指示がなければ当社が思う最適な方向でステッチをかけています。

ダブルステッチとシングルステッチの大きな違いがステッチ部の厚みです。
図を見ていただければわかりますが、ステッチ部の厚みはシングルは生地3枚分、ダブルは2枚。 厚さ1ミリのビニールレザーだと2mmと3mmの違いがあります。これが違和感になると心配なさる方もいますが、それほど大きく干渉するものではないので気にするレベルではないと思います。
もちろん、だからと言って強制するつもりはありませんので、気になることはすべて解消するように対応します。
ダブルの場合必ず補強テープを入れる(例外もあります)ので厚みは同じになることが多いです。
どっちが丈夫?という質問もよくされますが、縫製する部分が少ないシングルのほうが若干は強いと思いますが、ダブルも補強さえ入っていれば問題はありません。
手間が増えるダブルに関しては加工費も一般の縫製より上がります。

ステッチで迷われた場合はご相談ください。カバーデザインに最適なステッチの方法をご提案させていただきます。

今回はステッチの話でしたが、パイピングやタックロール、刺繍など縫製にまつわる話はまだありますので、機会を見て紹介していこうと思います。

 

ウエルダータグ ロゴマーク

CRF450RALLYのシートにも取り付けているウエルダータグ。
高周波溶着で生地に溶接するので頑丈です。
ダカールラリーでの過酷な状況でも問題はありません。

当社のロゴはプリントでもできるのですが、このエンボスのウエルダータグの取り付けが最近では一般的です。

そして、今回は新たに2色追加しました。
スタンダードに加えてブラックラベルとホワイトラベルです。
タグのデザインは同じです。
(タグなのかラベルなのかロゴなのか、言い方統一しろよと言われそうですが、まぁそこは目をつむってください)
黒いシートが多数を占めるので、黒のビニールレザーとウルトラスエード(アルカンターラ)に付けてみました。

ビニールレザー

ウルトラスエード(アルカンターラ)

こうして当ててみるとイメージが湧くかと思います。
自画自賛ですが、黒い生地にブラックラベルがいい感じです。

ホワイトラベルは赤が無いだけで一層目立つ感じです。

ロゴをつけたいお客様には、選ぶ楽しみもできたのでタグを増やしたのは良かったと思います。

 

XR250BAJAとXR650Rのシート

1年前に施工したXR250BAJAのシートの調子がいいのでXR650Rも作って欲しいとご依頼を受けました。
また、1年乗ったXR250BAJAのシートの詳細なインプレもいただきましたので掲載させていただきます。

———————————————————–
この度はXR650Rのシートを作成して頂きありがとうございました。
まずは昨年11月にXR BAJAのシートを作成して頂き1年間使用した感想をお伝えしたいと思います。
○良い点
・操作性の向上
 →ハイシート化した事により重心位置が上がった為か操作がよりクイックになりました。
 感覚的に言うと…以前は「どっこいしょ」とワンテンポ置いて左右にロールしてたのが無くなり「スッ」と車体がロールする様になりました。
 また、それまでは純正シートに座布団だったのですが加減速時に体が滑らなくなったのも操作性向上に繋がっております。
・冬は暖かく夏は熱くならない
 →ノグチシート様で打合せを行った際に「夏の日光で熱くならない」という事で勧められウルトラスエード生地を導入しました。
  使い始めの11月に気付いたのが冬の日中の日差しでシートが程よく暖まり、乗車後も暫く持続するので電熱とまでは行かないものの冬のライディングが快適になりました。
  そして話の通り夏の直射日光でもビニールのように熱くならないので1年を通して ウルトラスエード生地の良さを感じる事が出来ました。
・見た目
 →当然ながらそれまでの座布団仕様に比べ格段にスタイルが良くなり駐車時もニヤニヤ眺めてます(笑
○悪い点
 ・シートの心配
 →個人的にはほぼ悪い点は無いのですが…あるとすればとても良いシートの為、出先で青空駐車している時にイタズラされないかと心配するようになりました。

そして今回XR650Rのシートも作成して頂き、感想としては基本的には上記のXR BAJAと同様の感想ですが加えて感じた事もございます。
XR650Rはレーサー仕様のビッグシングルの為、加速トルクがとエンジンブレーキが凄まじくそれまでの公道トレール車の感覚で乗ると身体が滑り振り回され手に余る感覚が強かったですが、
今回もシートをウルトラスエード生地に変えた事により滑る事が無くなった為、それまで暴れてた馬(車体)が鞍(シート)を変えた事により急に大人しくなったように感じました。
未だXR650Rは買って日が浅い為、これからしっかりライディングフォーム等も改善していこうと思いますが楽しく乗れそうです。
(懸念されていた社外ビッグタンクによる生地の皺も今の所は出ておりません)
感想が長くなりましたが…総評としてはバイクが「人馬一体」の乗り物である事を改めて感じる事ができ、ノグチシート導入してとても満足しております。
この度はありがとうございました。

XR250BAJAのシートを加工依頼いただき、満足頂いた後にXR650Rのシートも追加でご注文いただけて感謝申し上げます。
お勧めしたウルトラスエード(アルカンターラ)も、当社が説明したその効果通りの結果となり良かったです。
 

KAWASAKI W800 

カワサキ W800のシートのご依頼です。
お問い合わせ内容
: 私は年齢65歳、身長170cm、体重70㎏の男性です。
今年の6月に人生最後のバイクと決めてNC750SからW800に乗り換えたのですが、お尻の痛みに悩んでいます。
私はもともとお尻が痛くなりやすく、NC750Sはエア座布団の使用でなんとかなっていたのですが、W800は乗車姿勢とシート形状の違いからかエア座布団はほとんど効果なく、市街地でも1時間が限界です。
バイク自体はとても気に入っていて真剣に人生最後のバイクにしたいと思っていますので、なんとかシートを改善したいです。
現状のシート形状と質感はとても気に入っているので張替えなしでの改善を希望しますが、ノグチシートさんがこうした方がいいということがありましたら形状変更や張替えをしていただいても結構です。
よろしくお願いします。

上記のような相談をいただきまして、シートの高さや内股への干渉などのお話がなかったので、形状は変更せず衝撃吸収材T-NETの挿入と張替のご提案をさせていただきました。
パイピングは違和感を覚えるかもしれない為廃止という提案もさせていただきました。

張替えの生地はビニールレザーウルトラスエードの2つの見積を提案させていただき、ウルトラスエードに決定。


装着してしばらく走られたお客様からの感想です。
衝撃吸収材を入れていただいたシートでさっそく試運転したところ、素晴らしいです!
以前は1時間が限界で尻痛休憩が必要だったのが、僅かな違和感を感じるものの尻の痛みはまったくなくなり、何時間でも走れるようになりました。
これほどの効果は期待以上で、私のバイクに衝撃吸収材の効果は絶大でした。
それからこれは予想外だったのですが、ウルトラスエードで張り替えたことで不思議とニーグリップ感がぐんと増した感じで操縦がすごくしやすくなり、これまで以上に走るのが楽しくなりました。
人生最後のバイクと決めて買ったW800なのに尻痛に悩んでいましたが、これならこの先長く楽しめそうです。 この度は本当にありがとうございました。
ここまで褒めていただくとこそばゆいですが、ご提案した内容がお客様のライディングにバッチリ決まり、快適な走行を楽しめるようになったことは製作者冥利に尽きます。ありがとうございました。

全てのお客様にこのような効果が出ればよいのですが、ライディングフォームや走る場所、車種などによって今回のお客様のような効果が期待できない場合もあります。
このような結果が出るよう、よりよいご提案ができるようにしたいと思います。

 

 

 

 

スズキ カタナのシート GSX-S1000S KATANA

SUZUKI GSX-S1000S KATANA
刀のシート加工の紹介です。
お客様のご要望によりウルトラスエード(アルカンターラ)の張替えと衝撃吸収材T-NETの挿入。
高さは変えずにシートの角を丸く削りました。

ライダー部はウルトラスエード(アルカンターラ)のBK3パンチング
タンデム部はAP3のパンチングです。

お客様より
適度な硬さとホールド感があり山道でのブレーキング時もお尻は滑らずとても快適でした、1時間ほど走ったのですが以前のようなお尻の痛みも内ももの痛みも有りませんでした。

素敵な写真とインプレありがとうございました。
良い結果となり安心しました。