HONDA CRF450L が来ました。

予約をしてから首を長くして発売日が来るのを待っていたCRF450Lが私のガレージにやってきました。
引取当日も翌日もザンザンと雨が降っていたので、初乗りはお預けでポジション決めたり、各部のグリスアップをしていました。
そして3日目、気持ちよく晴れたので早速初乗り。
私が感じたCRF450Lのお話です。
私のオフロードバイクの使い方は、自宅から自走で山や河原に行き、走りまわって帰ってくるというパターンです。
なので、移動と航続距離は運動性能同様に重要なんです。
山が多いところに住んでいますが、気持ちよく走れる場所まで行くのに20-30kmはあります。都会の人からすればたったそれだけですが、この距離も快適に走りたいんです。その点、CRF450Lは間違いなく快適です。
オフロードバイクなのに舗装道路の快適性を言ってどうするの、と言われそうですが、ナンバー付きである以上ここは重要だと思っています。
公道を走ってきてわき道にそれて、こうした綺麗な場所まで来れるのも公道オフロードバイクと言うか、アドベンチャーバイクでは躊躇するところまで行けるというのが魅力でしょう。
山の方に行くと、土日休みのガソリンスタンドが多く、林道走りながらもう少し先までという時にガソリンが心配という事もあります。
2日で200kmほど走りましたが、100km超えてもガソリンマークは点灯せず、航続距離は結構伸びそうです。
ちなみに燃料はガレージにストックしてある携行缶から入れてるので燃費計算はしていません。
ダートでの走りはどんなものかと、いつも走っていた場所で今まで乗ってきたバイクと比べてみました。


いたるところで台風の爪痕が残っていましたが、ガレた道から、倒木超えたり、深い轍を走り、急坂登ったり、バイクを倒せばその重さはずっしり来ると思いますが、どの場面でも気にならないし、カタログデータの馬力に関してはいろいろネット言われていたけれど、私がいつも走っているどの場面でも不足感は無しでしたね。サスのおかげか、前より上手に走れる気すらします。
まぁ欲を言えば、ダカールマシンのエンジンに近かったらと考えなくはなくはないけど、まぁ不足感が出てきたらいろいろいじってみよう。
ストックのままだとリアの高さが見た目にルーズな感じだったので、リアのスプリング調整をして、サグを110にしたらテールがシュッと上がってかっこいい。
やはりかっこいいと言うのは一番重要ですね。
これで、ツールドブルーアイランドや北海道4デイズのような国内のラリーに出たらめちゃくちゃ楽しいだろうなと言うのが一番の感想です。

しかし、そう、これが本題です。
200kmも乗ればシートの事も気になります。
国内ラリーに使うならなおさら重要なことかなと。いや、私のように自走で山を駆け巡る人たちにも重要かと思います。
CRF450Lは、日本仕様だけ他国のと違って低い設定にしてあります。ウレタンが薄いです。薄くて柔らかめの設定なので(硬さはレーサーのシートに比べての話です)まだ暑いこの季節しばらく乗り続けると熱を持ったウレタンがへこたれてきます・・
モトクロッサーレプリカに快適性を求めるのはナンセンスだと言われそうですが、そうは言っても快適に越したことはりません。
なので、早速製作に入ります。
次回はCRF450Lシート改造編です。

 

ZX-6R 2009 KAWASAKI

>乗り心地改善についてです。サーキット走行はしません。峠巡りのツーリング、メインです。2時間くらいで尻が痛くなります。加速時の1万回転くらいからシートに伝わるエンジンの振動も不快です。SSバイクに相反していますがコンフォートよりで絶妙なセッティングはございますか?

お客様からは上記のような質問をいただきましたので、衝撃吸収材T-NETの挿入をお勧めしました。

衝撃吸収材T-NETについて
当社が独自に開発した衝撃吸収材T-NETはダカールラリーなどの長距離で過酷なラリーや、ツーリングシーンなどでお尻の痛みが改善された快適性が上がったと、多くのプロや一般ライダーから評価を得ている衝撃吸収材です。ノグチシートの代表も自ら2012.2014トゥアレグラリーで使用し、バイクからの振動吸収、座圧の分散によって痛みや疲労の軽減を実際に体験し、そのおかげで好成績を収めることが出来ました。
T-NETは2013から現在もダカールラリーを走るHRCのワークスマシンに正式採用されています。
しかし、痛みや疲労の軽減効果につきましては個人差がありますので、効果を保証するものではない事を予めご理解ください。

シートカバーのデザインの打ち合わせも完了し出来上がったシートがこちらです。
形状はそのままに衝撃吸収材T-NETを挿入。
カバーはカーボン調Y-03+B-40 ステッチはシルバー色としました。

お脚様より
感想です。200km程走ってみてですが、ほぼ尻の痛みは無いです。車体からの振動も明らかに軽減されてました。素晴らしいの一言です。シート表皮も、先日まではブラックの車体でライムグリーンのシートでしたが、車体を白にフルラッピングしたのであのデザインシートでバッチリ、イメージ通りです!

ご希望通りのシートに仕上がったようで安心いたしました。
お尻の痛みは人それぞれですが、こうして痛みが改善されたという報告を受けるたびに嬉しくなります。
より多くのお客様に良い効果が出る改造が出来るように更に改良を重ねていこうと思います。

 

 

CRF450L発売。I ordered CRF450L!

このブログを読んでいただいているオフロードファンの皆さんはご存知のCRF450L
今回はそれを買いましたって話です。

私の中では勝手にオフロードのRC213vだと思ってるんです。ナンバー付きのレーサーですもん。ステムにはHRCのロゴもあるし。
浮かれているから良いんです。
そういう思い込みでも楽しいですから。
文句なくかっこいいしね。

KTMには10数年乗って満足して来たけれど、その前はXR250でオーストラリアを走り、 XR600 XR400 XR650 と乗り継ぎ、ここ最近はXR600を買い直してみようと探していたところ、このニュースが来たのでXR600はやめてCRF450Lを買うことにしました。

だからこんな写真を見たら、もう、いつ発売なんだとモヤモヤしてると、やっと9/20発売との情報が入り、注文も受け付けるという事なので直ぐに契約です。
9/20まではナンバーが取得できないという事なのでそれまでは乗れませんが、既に車体は先日ドリーム店に入庫したと連絡が入ったので、我慢できずに見に行きました。
ピカピカの新車を買うなんて何年ぶりだろう。
とにかくうれしい。
私のほっぺがなぜか赤いのは置いといて、しかもこのキリっとしまったスモークレンズのライトカウル!
めちゃくちゃかっこいい!!
とりあえず、またがっただけ。
日本仕様なのでシート高は低く、私の場合膝に余裕があるくらいです。(ちなみに身長は185CM/75KGです。お前は背が高いから足つきについてコメントされても参考にならない。と言われますが参考までに)
なので、手元に来たら日本仕様の低くなったシートは上げて、サスを少し触って背の高い仕様にしようと思います。
このサイズ感はいい。

来年出場するラリーに向けての練習車としても最適だろうし、今後世界中でこれをベースにしたラリーマシンも出てくるだろう。
ノグチシートもCRF450Lラリー用シートを開発していきます。

早く9/20にならないかな。どんな感じに走るんだろう。久しぶりに興奮して楽しみで仕方がないです。
続きは9/20に納車編でも書きます。

 

 

ダカール用シートの製作 HRC with Noguchi seat to DAKAR Rally 2019

わたしのFacebookのタイムラインでは世界各地のラリーの話題でにぎわっています。
先ほど行われたアタカマラリー、RUTA40では共にHRCライダー(ケヴィンとパウロ)が優勝し、ここから調整をさらに重ねて2019DAKARに挑みます。

2013から数えて7回目の契約をHRCと交わしました。

今回もテクニカルサプライヤーとして、シートなどの協力をしていきます。

現在、各ライダーから出た詳細なオーダーを、過去のデータと見比べながら製作を進めています。


各ライダーの好みは毎年変わり、今年もシートカバーの素材から、フォームの硬さまで色々と細かな指示をいただきました。

シートに対してこうした要望を出してもらえるという事は、それだけの機能があり、期待もあるという事で理解しています。いつまで期待されるシート屋でいたいと常々思っています。

小物類も出来上がっています。

小物ではないけれど、ラリーの現場では定番?となってきた工具巻きもHRCのロゴを入れて完成。



まだスタートまで4カ月近くありますが、シートも含め出来る限りの協力をしながら、夢ではない優勝を見たいと思っています。

 

 

 

準備開始! Go for Tuareg Rally 2019-Algeria!

2019トゥアレグラリーにエントリーしました。


トゥアレグラリーはこれで3回目。準備くらい黙って進めろよ、と言われそうですが、こうして書くと気分的にもピリッとして良いんですよ。完全な自己満足です。

私が参加した1回目は2012  舞台はモロッコ

2回目は2014  舞台はチュニジアでした

そして3回目となる2019Tuareg Rallyの舞台はアルジェリア!

アルジェリアと言えば・・
パリ・ダカールラリーは1979第1回から第10回までパリ-アルジェ-ダカールというルートでした。当時憧れたパリダカのほんの一部だけど、アルジェリアを走るというのは私の夢でした。

それともう一つの理由
なぜか捨てられずに、自宅のガレージにずっと貼ってあった紙切れが一枚。
これは私の母校、関商工高校の卒業式に担任の森先生から貰ったお祝いカード。
校歌は詩を見てもメロディが思い出せないけれど、インクがほぼ消えてしまったお祝いメッセージはずっと覚えていて、
「・・・野口がパリダカに出たらアルジェリアの砂を土産に持ってきてくれ」
と書いてあります。
私の唯一の恩師と言える森先生は若くして亡くなってしまったし、砂を持ち帰ったとしても、わざわざ先生のお墓に持っていくこともないけれど、いつかはアルジェリア!と言う気持ちがあったので、今回良い機会と思いエントリーしました。

私は来年2月の誕生日で50歳、そして父親が作ったこの野口装美も50周年。
関係者呼んでパーティなんて性に合わないので、ひとり記念事業的な感じで行ってこようと思てます。
体力のいるチャレンジがいつまでできるか分からないけれど、20歳で初めてオーストラリアを走り、23歳の初海外ラリー挑戦から27年経ち、その頃とはちょっと違ったスタンスでチャレンジできたらいいかなと。

バイクシートの製作にかけては胸を張ってプロですと言えますが、バイクに乗ることに関しては、私はただのラリー好きなアマチュアライダーです。
それに、海外ラリーは私にとって、とても大きなイベントですし、大袈裟ですが冒険だと思ってます。いつものようにちょっとご飯を食べにアジアをぶらぶらするという感じには行きません。不安なことも多いので、ひとつずつ準備を重ねていこうと思います。
レースまで200日あることですし(まだまだ先ですね)


マシンは今のところラリー仕様のハスクバーナ501をレンタルの予定。
もちろん今回も、シートは最新素材で作った物を持って行きます。


ひょとして海外ラリーに興味があって、ノグチシートでラリーを走ってみたいという方もいるかもしれないので、エントリーの仕方から費用など様々な情報を書いていこうと思います。

さてと、先ずは新しいヘルメットを注文しよう。