d.jpg

ドライバッグ Dry Bag

top.jpg

耐候性抜群の極厚ポリエステルターポリンに、
丁寧な高周波溶着加工を施した防水バッグです。

ツーリングやキャンプに濡らしたくないものや、濡れてしまった物を入れるのに便利です。
例えば新聞紙を丸めて袋に詰めて、バックルで閉じておくと簡易的なフロートにもなります。
しっかりと厚みのある素材なので、多少の摩れでは穴があきません。
底部に取り付けたハト目を利用して、簡易的なディパックとしても、お使いになれます。
既成のサイズもございますが、お客様の使用に合わせたオーダーも承ります。

素材 ポリエステルターポリン

ドライバッグは、オリジナルサイズでオーダー可能です。

お問い合わせください。

発送は代引きのみ、送料+手数料は別途申し受けます。
キャンセルについては、当方の間違い及び不良品以外、発送後のキャンセルは受け付けません。

ご注文&お問合せ m.jpg

ドライバッグの使い方

  1. 水に濡らしたくない物を入れ、ドライバッグの中に入っている空気を抜きます。
  2. フラップが隠れるまでベルト部を巻き込んでいきます。
  3. 3〜4巻き後、両側のバックルを、はめ込んで終了です。

中の空気を抜かないと、写真のようにパンパンに膨らんだままとなります。
膨らんだままの状態で、バイクのキャリアに縛った場合、時間とともにしぼんで固定ロープが緩む恐れがありますので、ご注意ください。
荷物の入り口には、ファスナーやマジックテープは付いていません。

top4.gif

色のオーダー、バッグ下部を透明タイプにすることも可能です。
底の部分に何を入れたのか、目で見て確認できるので使いやすいです。

new1.gif

1653823_10205030772673810_5608214652533205231_n.jpg
ノースアイランドラリーの協賛として製作したドライバッグ。
ヨーロッパのツーリング中でも、快適に使っていただけたようです。

お客様のオリジナルのサイズでも、オーダー可能です。お問い合わせください。



ドライバッグは、オリジナルサイズでオーダー可能です。

 お問い合わせください。

ご注文&お問合せ m.jpg

bag2.jpg
blue.jpg
bag.jpg
d_bag2.jpg
bag3.jpg
blue4.jpg
bag4.jpg
blue3.jpg
d_bag1.jpg
blue2.jpg
d_bag3.jpg
d_bag4.jpg