BMW R100RSにOHLINS取り付け。

R100RSを購入してから1,000kmほど走りました。


お尻の心配は全然ないし、ブレーキの鳴きもまだ我慢できる。
もっとブレーキが効けばと思うけど、そこまで勢い良く乗るバイクでもない。
しかし、道路のギャップでドンッと来た時後に、少しグワングワンとバイクの挙動が収まらないのが気になる。
こんなものと言えばこんな物だろうけど、シートが快適ならさらに快適にならないかなと調べたら、やはりこれ
OHLINSのリアショック
リザーバータンク付きのほうが一般的みたいだし、国内ではそれしか売ってないようなので、海外のショップをちらほら眺めること数日。
リザーバータンクがあったほうが性能が高いんだろうけど、取付位置とかめんどくさいし、無いほうがすっきりだし、ラインナップに無しもあるってことはこれでも十分なんだろうとリザーバータンク無しを買うことにしました。
アメリカで言えばチャパレルのようなでっかいフランスのショップがよさそうだったのでここに注文。
そしたらこんな返事がきました。
当たり前なのかもしれないけれど、高級サスペンションを買ったことがなかったので、こうやって初期セッティングしてから出荷してくれるんだなと少し感動。
いや、聞くだけのアクションかもという勘繰りは人生をつまらなくするのでやめておく。
ちなみにノーマルのリアショックはこれ。
比べるまでもないけれど、見た目で100:1くらいの差がある。
しかもこのサスは65,000km使用されているので、そろそろお暇を出してもよい状態。
早速取り付け。
ネットで取り付け方法は見ていたので問題はなかったけど、どれも一様に「サブフレームに当たる」と書いてあった。
確かに当たる。
なので、5mm程度のワッシャー(ここであの旋盤使ってカラー作れよ、俺)を噛ませて3mm程度の隙間ができた。
ダークな車体に黄色のスプリング
かっこはいいんだけど、取り付けに関してまたも問題が
サスの両端の取り付け部の幅がノーマルより広い。
なので、図のようになってしまい、そのまま締め付けると具合が悪い。
やはり旋盤で作るしかありません。
これで良いんだけど、今度はナットの掛かりが浅い。
これはどうしようもないのでロックタイトで固定。

でっかいブランドロゴが入ったバッグやジャケットを着る感覚ですけど、この黄色かっこいい。満足してます。
さて、どこかに走りに行こうかと思うけど、既に梅雨入り。
しかも梅雨明けは例年通りの予測???
これから2か月もぐずついた天気?
乗れないときはバイク触ってればいいので、次はキャブのOHでもしようかな。

 

 

 

カテゴリーBMW