相変わらず週末の山炊飯 

定期です。もはやライフワークになりつつある山炊飯。いつか飽きるだろうけど、飽きるまでは色々追求し続けようかなと思ってます。
最近では少し台数も増えて賑やかです。あまり大人数過ぎると色々大変なので5-6人が限度かなと思ってます。
最新モデルから旧車入り乱れて林道の新規開拓をしながらロケーションのいい場所で炊飯です。ライダーもベテランから今年からオフロード始めた人もいるので、とにかく楽しく爽やかに走ることが鉄則です。
ご飯を炊く、もしくはラーメンを作る。朝ごはんをみんなで食べると言う縛りがあるくらいで自由です。自由なので作るご飯も様々です。
普段料理しない男どもが、あーだこーだ言いながら作ります。
中にはご飯にスープの素だけ入れて炊くと言う、心無い炊飯をする人もいますが、それも自由です。
なぜ朝ごはんなのかというと、休みの日は時間を大切に使いたいので、朝早く集合して帰宅は12時。昼からはそれぞれ、仕事に行ったり、自分の時間だったり家族との時間だったりします。
だいたいこんな事をやりだすと終わりが近いのかもしれないのですが、メスティンでご飯を炊くよりもう少しときめくものはないのかと思っていたら、友人が自宅でこれを使って米を炊いて、炊き立て美味い―ってやっていたので直ぐに購入。
デイバッグに入れるには重いし大きいので、これを使うときはこのバイク。
箱があるとたくさん道具が積めます。
で、カブで行くよと言ったら、カブも持ってる友人らが集合。
カブの燃費の良さもあり、片道60kmの山の上まで行ってきました。
CT125 C100 C90と100cc前後のカブだと、そこそこのスピードで巡行できるのでストレスはありません。ダートに入るとバイクをいたわりながらの走行なので安全この上ない走行となります。
何回か参加してると、こうして見栄えのいい炊き込みご飯を作るようになってきます。
私の純和風釜めしは、水加減火加減をもう少し考える必要があります。


とにかく、こうして蓋を開ける瞬間がたまらないのです。
また報告します。

 

 

 

会社の改造

会社のシャッターが壊れて修理をするかどうかって話をしてた時に「その出入口がシャッターである理由って何でしょうか?」ってことになって、それならドアにすれば出入りも楽だし、明かりも採れるからそうしよう!ってことになり、ドアをやるなら、前から気になっていった西と東のミニ庭園を無くそう。
夏になるとパートさんに草引いてもらっていたけど、そもそも草木はここに必要ない。

綺麗な仕事は綺麗な会社からと思っていて、暇さえあれば整理整頓部隊の隊長として動いています。先日もいつか使えるんじゃないかという布の在庫を400kgほど捨てたり、使わない棚や使わない道具などかなり大量に捨てました。会社は趣味の部屋ではないので不必要なものはどんどん捨てて風通しよくしたほうがいいです。

自販機はすでに撤去してもらってるから、この松とか柘植を無くして砂利を敷く。

この庭もただ邪魔なだけ。隣の家に迷惑かけてたし、でかい岩も何個か置いてあるし。撤去すればハイエース1台分のスペースにはなる。

先ずドアの設置。お願いした業者さんの段取りが良く、午前中にシャッター撤去とドア設置。
観音開きの提案をしてもらったので、出入りの自由度が高いまま、明るくなって作業環境が改善されたと思います。

そしてミニ庭園の撤去開始。

9時頃から始めて13時過ぎにはアスファルトを敷いていました。
そしてこっちは14時に完成。早い!
同時進行でこっちも作業をしてくれてまして

防草シートを敷いて白い砂利を入れて

16時にはすべて完成。

何か置きたくなるほど広いけど、これはこれですっきりしてすごく良い。
これで草引きをする必要もなくなるしね。

今回の予定工期は3日間でしたが1日で終了。
昔、自分が出張工事をしたとき、見積もり期間よりも早く済んだことがあったんです。
そしたら、後日施主から「早く済んだ分の値引きをしろ」と言われたことがあり、もぅばかばかしくて言い返さずそのまま値引きして、その会社とは二度と取引をしていません。今そんなこと言う取引先はないけれど、昔はありましたね。
もったいぶって時間がかかったように見せるというのが好きではないので、今回の作業見てて早く終わりそうな気がしたので「早く済んで値引き要請とか言わないので、終わるなら1日で終わって構いません」
別に恩着せがましく言うつもりはないんだけど、スピードとクオリティが一致していれば、それが付加価値だと思うんです。
あっ、作業する人は3日働くつもりが1日で終わってしまったので、その人たちの手当てが余分につくといいな。

そんなことよりも気になっていた物が解決してすっきりしました。

 

腕ミシン使って小物製作

この前買った腕ミシン。何ができるか、いろいろ試しているところです。
手っ取り早く「袋物」を色々作ってます。
平らなテーブルミシンでは、できなくもないけど困難だった部位が楽になる「はず」なので、それを実際検証してみるわけです。
そうしているうちにあんなことやこんなこともできるんじゃないかと言うアイデアが湧いてきます。
そうなれば仕事として対価をいただけるような製品ができるかなと思っています。
先ずはこの前のブログで書いたR100RSの小物入れ

次はハンターカブのフロントキャリアの上に装着するバッグを作ってみた。
うーーーん・・かっこ悪い・・。何かが違う。わからないけど何かが違う。
でもこの大きさがあれば容量だけは十分なので、ペットボトルやおやつ入れなど直ぐ出したいものを入れられます。

CRF450Lに乗るときは工具すら持たないこともあるので、マルチツールやちょっとした便利グッズを入れるバッグが前から欲しかったんです。
ハンターカブの失敗も踏まえてなるべく小さくスタイル良くを気にしながら製作。
材料はとても良いです。PVCでバックコーティングされたナイロンオックスを使用し、ファスナーは世界のYKKが誇る最強の10号ファスナー。砂漠での砂の噛み込みやマディでの泥の付着でも引っ掛かりません。容量オーバーのものを詰め込んで無理やりファスナーを締めても、よほどのことがない限りパンクしません。
そんなわけでファスナーを隠すフラップはつけていません。(面倒だって話もありますが・・)

いかがでしょう、そこそこな形になってきたかなと思ってます。
しかし、まだまだ仕事としてはいまいちですね。

と、インスタにも書いたのですが早速メールが届いた。

ちゅうもん書 って。笑。しかも寸法がマニア同士の暗号。
だからまだですって。
もっとひどいのが
このスペースにバッグが欲しいという写真(笑)
具体的なのか抽象的なのか、考える時間だけでもなかなかな時給です。
いや待ってください。
製品に請求書付けるレベルまで上げてから広告します。

いつまでたっても勉強と練習は続きます。

 

 

柳宗理のエレファントスツール??


椅子が好きで、柳宗理のプロダクトが好きで、タイミング良く出会った時に購入して使ってたり眺めたりと楽しんでいます。

定番ですが、現在も生産されているバタフライスツールは玄関に置き

柳宗理デザインの少し色あせたヴィンテージの布(これも現行で買えます)は、パネルにして事務所の壁に


難有りで、かなりお値打ちに買うことができた1969製コトブキ社製のサイドチェアー。
張替とウレタン交換、その他修理をして自宅で毎日使っています。

今回は前から狙っていたエレファントスツール
1956にサイドチェアーと同じくコトブキで作られました。
廃盤になった後、2000年にイギリスのハビタで2年だけ同じFRPで復刻されました。
その後、2004年より現在もヴィトラよりポリプロピレンで生産されています。
現行品は値段も安くいつでも買えます。
しかし、こうした有名椅子について回るのが、ジェネリック製品、リプリダクト、偽物・・というキーワード。
じゃぁ大手メーカーのヴィトラが作っているエレファントスツールは偽物なのかというと、そうではなくて忠実に復刻されたものではあるけれど素材がポリプロピレンだという事。お話にならない偽物は別として、単純に好き嫌いの話です。FRPの椅子が欲しいんです。
話はそれますが、少し前にアメリカの友人が会社の備品の販売で買ったという椅子を貰いました。
イームズのシェルチェア。FRPのシェルです。これも現在ではポリプロピレンで作られたものが売られています。なんとなくカッコいいんです。それだけです。
ポリプロピレンで作られた椅子がダメというわけではありません。
これも自宅で使っている椅子で、カルテルが作っているジョエ・コロンボのユニバーサルチェア。ポリプロピレン製です。FRPではありません。

きりがないので話を戻します、なので昔からエレファントスツールを手に入れるならFRP製が良いなと思っていました。
コトブキ製の物は手を出すには躊躇する価格だし、ハビタのもコトブキほどではないけれど、ほほぅ・・と言いたくなる価格で流通しています。
ふとネットで見かけた1脚のエレファントスツール。

質問欄に「ジェネリック(リプロ)ですか?」の問いに「はい、リプロダクトです」の回答。
しかし、小さな写真をよく見ると素材はFRP。FRPのリプロ?ハビタ以外でFRP製はあったかな?

ハビタの製品をリプロと言い切ってしまうのもありなんだろうけど、ハビタ製ですと言えばそれなりに価格は上がる。しかし、肝心のハビタのステッカーも無ければ、緩衝材も一切ついてない。当然コトブキの刻印もない。

偽物だけどFRPか。まぁいいや、と許せるまでの金額を乗せて入札したらびっくりするほど入札が伸びず手に入ってしまいました。
やはりリプロというキーワードにみんな買う気も無くなってしまったんだろうと思います。
で、届いたこれ。

コトブキでもハビタでもない、どこなのか分からない。でもそうかもしれない。
たぶんハビタのだろうと思い込んでこれから使っていきます。
エレファントスツール似のFRPのスツールを買ったってことでもいいかな。十分年代物だし。

「野口、それ全然ダメな偽物だよ」という忠告は寂しい気分になるのでやめてください。

今後、売るつもりはないし。自分の中で価値があればいいんです。
先ずはお風呂においてみようかな。

 

 

庭の改造

バイクシートのインスタはじめました。
完成写真を上げて行きますので皆様の参考になれば幸いです。

さて、今回はバイクネタではありません。
連休中にツーリングの記事でもと思ったのですが、とにかく家に居ろという事なので、旅にも出られずと言うか出る気にもならず、バイクに乗って山に行くのもなんだか憚られる。
しかし、じっとしてられない。
という事で、10年ほど前に作った庭のウッドデッキが腐ってきて、根太からボロボロなのでいっそ撤去して、庭を一新しようということになった。
随分前から気になっていたけど、やる気が全然起きなかったんです。
解体開始。1000本は打ってあるコーススレッドをインパクトで外していく。
とりあえず、着手するここに至るまでに
「いかに手を抜いて早く解体して、新しい庭にするか」
ばかり考えて、手を付けたのは連休の後半。
とにかく楽する事ばかりを考えて生きており、いつも腰が重いのです。
しかし、せっかちが幸いしてか、作業を始めると休まず動くので見ている方は気持ちが良いと思います。
ひたすら板を外すこと2時間。
思ったより早く解体完了。
このウッドデッキに残骸は、産廃業者さんに引き取りを頼んで処分。
次は芝の撤去。20台前半にゴルフ場で芝の手入れをやっていたんだけど、剥がし方をすっかり忘れている。鍬を持ってめくりにかかるけど、これが超重労働で張っていた気がダルンだるんに緩んでしまった。
ネットで「芝の剥がし方」を検索すると、「鎌でマス目状に芝を切って鍬ではがす」と書いてあったのを見て、古い記憶が読みがってきた。
手前はとにかく剥がしただけでぐちゃぐちゃ、奥に行くにしたがって板状になっています。
これがとにかく重労働でした。
剥がした芝は山の家まで持って行き、そこで根を生やしてもらうことにしました。
隣の家の畑との間に花壇があったけど、これも見飽きたのですべて撤去。
バラやガーベラなど数種類は移植しつつ綺麗に整地。
とりあえず平面は出しておきたいので、糸を張ってここに敷く砂利の厚さを考えてレベル出し。トンボは会社にあった材料で製作。
友人から地面は叩いたほうがいいとか、砂利を入れつつ叩けとかアドバイスをもらったけど、結局何もせず防草シートを2重に貼りました。
ちなみにここまで作業開始から3日目です。
敷く砂利などをネットで検索していると「瓦チップ」というものを見つけ、安価だし色もオーストラリアのアウトバックのように赤くていいなと、初めて使う材料ですが施工例もたくさんネットにあったのでこれを買うことにしました。

この庭は四方を囲まれたところにあるので車が入れません。
ダンプで来てザーーっと下ろすこともできないので、少し離れたところに置いて運ぶしかないのです。
瓦チップの販売業者を探したら岐阜にありました。大量に買うとディスカウントしますと書いてあったので、「2トン購入したいです」「パレットに乗せた状態で運んでもらえますか?」など質問を送ったら即回答がきて、「フレコンバックに1トンずつ入れて今日持って行きますよ」というので早速注文。
午前中に問い合わせて14時には配達されました。
しかし、でかいな・・。
「一袋に1.2トンは入ってるよ」と配達のお兄さん。
こんな感じです。小粒タイプというのを選んで買いました。
これを運ぶにはどれだけ時間がかかるんだろう。
芝をめくる作業に続き、先の見えない単純労働にめまいがします。
そうは言ってもやらなくては終わりません。
せっかちなので直ぐに完成が見たいのです。
同時に花壇も作ることにしました。
便利なものがホームセンターにはたくさん売ってます。
組み合わせて好きな形に花壇が作れるブロックです。
花壇の位置も決めて瓦チップを一輪車で運びます。
1回/20kg運んだとして、100往復か。100往復って。100往復・・。
こういう時は無心になって運ぶしかありません。
とにかく運びます。無言で往復を繰り返します。

ひたすら運べば終わりも見えてきます。
花壇の土も新しく買って入れました。これが思った以上に土が必要で、25kgの花壇の土が15袋は入ったと思います。
終わった。
わりと達成感のある仕事だった。
買った瓦チップの量もぴったりだった。10mx4mx5cmの厚み。
ガーベラも移植して
新しく花を買った。
小さい花壇にはユーカリの木を植えた。

飛石も配置。これを置くだけでずいぶん見た感じが変わります。
それと、ひと雨降って瓦チップが洗われて、更にいい感じになりました。
これはほんと正解だった。
最初は、面倒だから全部業者さんに頼んでやってもらおうかなと考えていましたが、やってみたら素人なりにもそれなりになりました。
一通りの道具や小物が納屋にあったのも良かったです。
実際、業者さんにお願いするといくらかかるんだろう。
ちなみにかかったコストですが、全部ひっくるめて10万を少し超えたくらいです。
私のお手当てはこれでした。
普段はテイクアウトをしていないお店だけど、関市にあるウナギの美味しいお店のうな丼「上」。まぁこれを食べたので頑張れたことにしておこう。

追記 フェンスも欲しくなり、ここまでやった勢いで通販で購入。
これで、もうこの庭の改造は終わり。
やる前

こうなりました