快適なバイクシートについて毎日考えてます。

お尻が痛い、とにかく痛い、乗り始めて直ぐに痛くなる、痛くて乗ってられない!
「でもバイクに乗りたい!」
という相談をノグチシートだけではなく、全国のシート屋さんは受けてられると思います。

その解決方法はシート屋さんそれぞれの考えがあり、これが一番というものは無いと私は思っています。
が、やはりやるからにはシート屋で一番を目指して頑張っています。

自分にとっての快適なシートは作る自信があります。ツーリングに出かけたり、ラリーに参戦したときにお尻が痛くてライディングに集中できないとか、レースどころではないお尻の痛み、なんてのはごめんだからです。自分の好みがしっかり分かっているのと、体形と車格とシートのバランスをとることは自分のものであればほとんど間違いなく快適なものを作ることができます。
お客様に提案するシートの基本はこれです。自分が良かったものを提案することは一番大事なことだと思います。
だから時間さえあればバイクに乗ってシートについて考えています。

先日、お客様からこのようなメールをいただきました
”貴社から受領しましたシートで梅雨明け後2回(180kmと210km走行)程乗車しましたが、過去に貴社で張替えして頂きました2台のシートでは臀部の痛みはほとんど発生しなかったのですが、今回は以前よりシート表面が硬い感じがして張替え前の純正と比較してあまりコンフォート性に関しては大差がありませんでした。”

ご注文をいただいて加工をしましたが、良い結果が得られなかったことは残念なことではありますが、以前に加工させていただいた材料や加工方法と変わっており、また日々進化している加工方法や材料を取り入れて、私が現在一番良いと思うものをお客様にご提案しています。なので、昔の材料と加工方法はもう使うことがないので昔良かったのに今はダメという、このような結果になることも予測はできます。
「私が今一番良いと思うもの」がノグチシートの方針ですが、良いと思う基準は自ら長距離を乗り、競技に参加し、更には様々なライダーの意見をまとめた結果なので、こうした意見をいただいてしまうことは仕方がないことではありますが、ご満足いただけなかったという意見については今後のシートつくりの参考にさせていただきます。

参考までに、こういった意見もいただいております。
・・・始めは、このシートの固さで衝撃は・・・?と思いましたが
いつも、ガツンとくる衝撃を食らう道路でもかなりソフトになりました。
シート高さもちょうど良くスエードも滑らず、ガシッとして大変良い感じでした
・・・・

今年優勝したHRCのダカールマシンのシートも、一般のお客様のシートも材料から作り方まで中身は同じです。ダカールシートの場合は、プロライダーがミリ単位の形状オーダーを出して来て、カバーのグリップ力、ウレタンの硬度など、それはシビアな要求をされます。初めてシートをオーダーされる方に、それらすべてを決めてもらうのは難しいと思います。
なので、ノグチシートは快適なシートの為に衝撃吸収材T-NETとオリジナルウレタンの組み合わせを提案しています。現在、これ以外には提案する快適な素材がないので、それを使用してシートの角度、幅、高さ、内股への干渉部分などの形状変更とカバー素材の選択を経て加工していきます。

快適なシートには、足つきが改善されただけでも良い場合もあるし、全てが衝撃吸収材T-NETの挿入だけではないですが、なぜそこまでノグチシートはオリジナル素材の衝撃吸収材T-NETを推すのか、これの効果について今回は説明したいと思います。
ここまで偉そうに語っておいて手描きのイラストですみません。
それと、これからの説明は私の独自解釈なので、医学的に間違ってるとか、それはノグチの感覚がおかしくないかと様々な意見があるかと思いますが、言われると凹みますので鼻で笑う程度にしてください。
さて、先ずこの絵。硬いシートに座った状態を表しています。先のブログでも書きましたが、正座して足が痛くなってしびれてくるあの状況に近いです。
体重とクッションの反発でお肉が潰れて荷重が座骨や尾骨に1点集中しています。
硬いクッションはシート上で動きが激しいレーサーなどでは有効ですが、長距離のシッティング姿勢が多いとなるとよほど硬めが好みの人ではない限りお尻にしびれや痛みが出てしまいます。
バイクに乗り始めた頃やシート改造を始めた頃、シートは硬いほうがいいという話を聞きました。この場合の硬いシートとは、跨った時に硬く感じて、長時間乗った時でも底付きしない程度の厚みと弾力を維持していると解釈しています。ここで書いた硬いシートとは、とにかく板のように硬いままのシートを指します。

これは乗った瞬間に柔らかいと感じるウレタンや低反発ウレタンに座った状態です。乗った瞬間はお尻を包む感じがして、その感触からなにか楽そうに感じて、そのまま一日痛みもなく走り続けられればOKなのですが、私の場合はこれらのウレタンやゲルを使用した場合、特に今の季節ウレタンやゲルは熱を持ちやすいのと、沈み込みが乗り始めから比べるとかなり深くなり、深くなった部分の反発だけ強いものになって硬いウレタンと同じように骨の部分の肉が圧迫されたり、場合によっては底付きして圧迫が強くなり、お尻が痛くなります。更に沈むことで周りの肉も圧迫されて痺れてきます。それと、柔らかいシートは運転中もフワフワして落ち着きがなく快適な走行には向かないと思います。

衝撃吸収材T-NETとオリジナルウレタンの組み合わせの場合、座った瞬間は硬く感じます。しかし、ライディング中のシート温度の上昇によって表面のウレタンは柔らかくなって沈みますが、その下に衝撃吸収材T-NETがあるため沈んだ圧力を分散し、10mmの厚みのT-NETですがウレタンのように潰れ切ってしまうことがありません。
また、T-NETはウレタンでサンドする方法を取っていますが、T-NETの底になる部分のウレタンは乗車して沈み込んできたT-NETに対して反発をしますが、その反発もT-NETが分散してくれます。
なので、絵に描いたようにお尻の肉が潰れない。わけではなく、多分潰れてはいるけれど潰れていない、そんな感覚に私はなります。低反発ウレタンのような包み込む感触はないけれど、お尻全面で支えてる感じです。
座った感触はウレタンが反発するばねのような感触はなく、硬い綿の座布団に座った感触。分厚いフェルトの上に座った感じ。沈まないけど体圧が分散されてる感じです。硬いけど全体が支えられているというのが重要だと思っています。
沈まないというのは結構重要で、特にアンコ盛りをした場合などは盛った分だけの効果は必ず欲しいのです。見た目の高さではなく乗った時の高さ。
これはダカールライダーからも同じ要望があり、10mm上げて欲しいと言われれば寸法上ウレタンを10mm上げるだけではなく、10mmの体感が必要なのです。
これを硬いだけのウレタンで作れば簡単なんですが、それでは硬くて乗ってられないシートになってしまう。結果として衝撃吸収材T-NETとの複合が今のところのベストとなるわけです。これがダカールスペックと呼んでいるウレタン構成です。

色々と述べましたが、まだまだシートには不満があります。不満が無いと進歩もありません。全ての皆様に快適なシートをと言いたいところですが、まだまだそこに至るにはどれだけかかるか分からないです。自己満足の押し付けではなく、きちんとしたデータと実績に基づいたシートのご提案が基本だと思っています。それが私が一番好きなシートとなるわけです。
「快適なシート」はシート屋にとって永遠のテーマなので、作って自分で乗っての繰り返しです。
来月にはいよいよハンターカブが納車されるので、既に製作してあるシートを試すのが楽しみです。
大型バイクとは違った何かが、自分で乗ることで色々見えてくるかと思います。とにかくいつでも新しい発見に飢えているのできりがありません。

シート改造をしたいなと考えているなら遠慮なく問い合わせください。
現状のシートの不満に対する改造プランを、お客様にご理解いただける言葉で提案させていただきます。

 

 

アフリカツイン1100 ダカールスペックシート CRF1100L AfricaTwin

排気量が1100ccにアップされただけではなく、広範囲にアップデートされたCRF1100L アフリカツイン。


今年、これに乗って全国のイベントなどを回るラリーストの三橋さんからシートの依頼受けました。
タイヤもオフロード用で、ダートフリークのパーツがふんだんに使われて、ラリー車っぽくなっています。
シート改造をしてさらにラリー車に近づけたいと思います。
何故ラリーにこだわるかと言うと、だってこのバイクは「アフリカツイン」だからです。

アフリカツインの原点はここです。
Vツインではないですが、CRF1100Lとなった今でもアフリカツインの名を冠しているのであれば、やはりラリー車としてのカッコよさを求めたいです。
ヨーロッパでは実際に、シートを含めキットが出ていますが、即ラリーに出場と言うわけでもないのであくまでもラリー風に。

さて、ノーマルの足つきですが三橋さんと背がほぼ同じの私が乗ると膝に余裕が出るくらいの足つき性です。贅沢な話ですが、脚が付きすぎて少々窮屈さを感じます。内腿に対するシートの幅も少し気になります。
当社のシート職人(174cm/67kg)が跨るとこんな感じです。ワークブーツで両かかとが付きます。まだ膝の余裕もあります。

とりあえずこの状態で乗ってみます。


このアフリカツインはDCTなのでシフトペダルはありません。オートマチック変速です。ダートやサンドでは最初走りづらさを感じたのですが、走るところによってモードを変えれば、ハンドシフトでクラッチ付きのような走りもできるんだなとしばらく乗って分かってきた。これならガレた山道も何とかなりそうだなと思いました。
今回は私基準で考えたシートを三橋さんに試していただくことにしました。
そして先ずは机上で考える。

色々考えてみる。
私用(185cm/75kg)に作ったシートが付いているR1200GSと乗り比べもしました。

だいたいの高さが決まったので製作に入ります。
改造内容を文字にするとこうなります。
1. 高さをノーマルから60mmアップする。
2. シート前部はノーマルより細くして、60mm上げても足つき性をある程度確保する。
3. 60mmアップするとクッション性は良くなるが、沈み込みは極力抑えたいので、ハードウレタンをベースに衝撃吸収材T-NET、上層部にミディアムウレタンと言う積層構造にした。
4. シート前部の立ち上がりを手前に持ってくるのと、シートの角度を地面に平行にすることで、シート後部に固定して座れるように調整。
5. 今後このようなお客様からの要望も考えて、タンデムシートは張替のみ。
6. 張替のカバー地はウルトラスエード(アルカンターラ)

厚みこそ違いますが、ウレタンのカスタム内容はダカールスペックそのものです。

そしてこれか完成したシートです。
比較すると分かりやすいです。

足つきはこんな感じです。
どうでしょうか。
上が60mm盛ったシートです。
モデルは174cm/67kgです。製作途中にも何度か試走してもらいましたが、シート前部が細くしてあるので足が出しやすいので不安はない。高くなったことでより軽く感じるし、操縦がしやすいとのことでした。
私(185/75)がまたがるとこんな感じです。
ブーツを履いて両かかとが付きます。シートを上げたおかげで、ステップに足を乗せた時の膝の曲がりは100度以上になっているので、長時間でも膝への負担はかなり抑えられると思います。
私の好みに合わせたシートなので、三橋さんの評価がどうなるか分かりませんが、良い評価が貰いたいなと・。

WEBオートバイに三橋さんの連載があります。

アフリカツイン(CRF1000L)のシートは今までに数多くカスタムの依頼を受けてきております。
アンコ抜き、アンコ盛り、乗り心地の改善など様々な加工実績がありますので1100になった新型も、シートのご相談をいただければより良い提案ができると思います。
ダカールスペックのシートを一度お試しいただければ幸いです。
皆様からの問合せお待ちしております。

 

 

ダカール用シート。SEAT of CRF450RALLY

シートの協力をしたホンダのダカール優勝があまりにも嬉しいので、ダカール用シートについて、書ける範囲で書いてみました。

CRF450RALLYのシートは特別ではあるものの、使用している材料は一般のお客様のシートに使用しているもの変わりません。
長距離を快適に移動するための衝撃吸収材T-NETをはじめ、ノグチシートオリジナルウレタンなど全て同じです。
基本的にはこんな構成です。
世界一過酷なダカールラリーで証明された耐久性や快適性は、そのまま一般のお客様にフィードバックしています。
想像ではなく実際の体験やデータに基づいたノグチシートが多くのお客様に喜んでいただけている理由がここにあると信じています。

前置きが長くなりました。

2013復帰第一戦のマシンはCRF450Xの改造車でした。
ホンダワークスがダカールラリーに復帰するマシンのシートに、ノグチシートを選んでくれたホンダは凄いなと思いました。
だって、従業員10人以下の小さな会社が、ワークスマシンのシートの担当ができるのかと言う意見もあったと思います。
この時から、各ライダーに合わせた形状に作っております。
ダカール本番前のモロッコのラリーや、テストなどでマシンのセッティングが煮詰まっていく中で次々とシートへの要望が変わっていきます。
こうした流れは今でも同じです。

2014はいよいよ本格的なラリーマシンが登場しました。
CRF450RALLYです。
全てが新設計のラリー専用マシン。
あまり欲を言ってはいけないと思いつつ、この時のシートのようにサイドにノグチのロゴが入った状態で優勝できれば・・

2015
そういえば、2015のこの年だけシートにロゴが入らなかったんです。
でも、シートはノグチシートです。
この年は女王ライアサンツも乗ったんだった。

20162016はシートの形状を大幅に変えた年でした。
上の2014の写真と比べてもその形状の違いが分かるかと思います。
そして、この年からロゴがシートに戻りました。

2016ダカールが終わった後、2017ダカールに向けてのテストに同行しました。
場所はアメリカからメキシコのソノラ砂漠でした

右下の麦藁帽を被ってる彼は、今年優勝したリッキーブラベックです。
リッキーとご飯食べている時に「野口はラリーやるのか?」とリッキーに聞かれて「1992オーストラリアンサファリでね・・」って言ったら「・・俺の生まれた年だよ」って。
ソノラ砂漠の灼熱の中、走るライダーたちを見ていて、自分と比べるには失礼なくらい、世界のトップの次元の違いを見ることができました。
ライダーの生の声を聴くのも重要なことなんです。

20172017は冠スポンサーにエナジードリンクのモンスターがつきました。
この年くらいから、ライダーのシートカバーの好みが分かれてきました。ウルトラスエードだったり、ハイグリップビニールレザーだったり、そこそこグリップするものだったり色々でした。
南米ダカールは年々雨の多さが目立ってきたのもあり、またレースのハイスピード化が主だった理由です。

ノグチシートはダカールのシートを作るだけではなく、使う側としてもテストをしてきました。



2012モロッコ 2014チュニジア 2019アルジェリアと、速度域もテクニックも全てのレベルはワークスライダーには及びもしませんが、自ら走ることで色んな事を感じることができました。自分なりにシートはこうしたらもっといいんじゃないかと考えるには、やはり現地で同じようなシチュエーションに身を置くことだと思っています。

2018-20192018 2019はライダーの好みも色々内容が細かくなり、カバーのグリップ力、ウレタンの硬度、角の丸み、シートの角度、幅などオーダーが細かくなってきました。それは、シートは色々改造できるんだという認識がライダーに理解してもらえた証拠だと思っています。

そして優勝した2020年ダカールラリー
今回は数回のテストシートを製作の後、最終的には全てのライダーが一番強いグリップのカバーを選び、優勝したリッキーブラベックからは、テスト段階から超ハイスピードに耐えうる形状のシートを求められ、大まかなイメージを貰い製作。テストを経て本番のダカール用の形が出来上がりました。変形シートは形を作るだけではなく、その形がもたらす効果が最大限に発揮できるような素材選びと工法が必要になります。
このシートが優勝に少しは貢献できたのではないかと思ってます。

 

こういう写真はシート屋冥利に尽きます。
写真を撮ってくれたスタッフや、シートをアピールしたポーズを取ってくれたライダー本当にありがとうございます。

こうして書くと8年はあっという間のようにも思えてきますが、シートひとつとっても様々な問題が起きるたびに解決をしてきました。
これがマシン全体となると、スタッフの皆さんは気が遠くなる作業だったと思います。
ノグチシートとしての夢の一つであった、ダカール優勝マシンのシートは成しえることができました。

Honda Dakar 2013-2020 from Sport Extra on Vimeo.

次の目標は連覇であることに違いはないのですが、ノグチシートは今以上にライダーたちに満足してもらえるものになるよう研究と開発、要はもっとたくさんいろんなところでバイクに乗ろうと思います。

そして一番大事なことを。
ダカールスペックのシートが欲しいというお客様はお気軽にお問い合わせください。
お客様に合わせたダカールスペックのシートをご提案させていただきます。

 

 

 

ダカールラリー優勝 DAKAR2020 WIN!!!! 

2013にダカールラリーに復帰したホンダ。

ダカールラリー総合優勝おめでとうございます。
優勝ライダーのRicky Brabec. そしてライダーを支えたスタッフの皆さん。お疲れ様でした。

復帰参戦が決まった時からシートの開発と製作に関わらせてもらい、8年目にして優勝をものにできました。
長かった。
長かった故に嬉しさもひとしおです。
オリジナルウレタンの開発や、ライダーの好みの変化への対応。
シートを試すためにアフリカのラリーへ自ら参戦、チームに帯同して砂漠でのシート調整、ライダーがシートの微妙な感覚について説明できない言葉を感じるためにラリーと深く関わってきました。
サポートする以上当たり前のことではありますが、試行錯誤の連続でした。

8年間で作ったシートの数なんて数えてはいないけれど、作った数だけの進歩があったと思います。
一流のチームと一流のライダーが勝つためのアイテムとして選ぶものなので、それに応える性能は常に期待以上を狙わなければなりません。
ライダーの”This is KING OF SEAT”という声が聞こえてきそうな写真です。
写真を見る限り、ウレタンの変形、カバーのヨレ、ロゴすべて問題ありません。


ダカール優勝車にノグチシートが付いてるなんて、まるで夢だった話が今ここにあります。
ラリーシートで世界一になりたいと半ば冗談で言っていましたが、歩んできた結果が出たので今日は本当にうれしい日です。


ダカールのシートだけが特別ではありません。
これらを通して得られたノウハウによって作るシートは現在オーダーを受けているシートでも同じ素材、同じ加工を施しています。

ダカールスペックのシートをたくさんの方々にこれからもお届けできればと思います。

HONDA KTM ハスク GASGAS トップチームがレースが終わった後に、お互いの健闘を称えあうこういう写真が好きです。だからラリーはやめられないんです。走るフィールドも重要だけど、何日も戦いを続けた後の達成感や安堵感がたまらなかったりします。
いろんな人がいろんな趣味を持っているけど、僕はこの趣味がまだ当分続きそうです。

 

これからも ノグチシート をよろしくお願いいたします。

代表取締役 野口英一

 

 

 

 

 

ダカールラリーとアフリカエコレース 2020

年の初めはラリーから。
私が中学の頃から「正月はパリダカを観る」ことでした。
まだこの大きなラリーには出場できていませんが、砂漠に憧れ昨年は3度目のアフリカ、アルジェを走ることができたし、なによりダカールラリーを走るホンダワークスがノグチシートを付けて走っている。
憧れが現実になっていく喜びと言うのは何事にも代えがたいものです。

さて、これから始まる大きなラリーが二つ。

一つはダカールラリー。
ダカールラリーはその昔パリをスタートして、アフリカはセネガルの首都ダカールを目指す通称「パリダカ」と呼ばれるレースでした。
それが、南米に舞台を移して開催されてきました。
今回は南米を離れてサウジアラビアで初開催されます。
サウジアラビアなのにダカール?と思われる方もいるでしょうか、ダカールは商標と考えればよいかと思います。主催者ASOが開催するラリーはどこでやってもダカールラリーなのです。


HRCは順調にマシンのシェイクダウンも終わり、車検を済ませてあとは優勝に向けて突っ走るだけです。

そして、もう一つのラリーは「アフリカ エコ レース」
こちらはパリダカ時代のルートを踏襲したラリーです。名前に「エコ」とはいっていますが、電気で走るとはハイブリット車で走るわけではありません。
オールドパリダカファンの私としてはダカールを目指すこのレースも大いに気になるところです。
今まで日本人ライダーが出場することがなかったのですが、今回4人のライダーが挑戦します。
参加者の一人、増田まみ選手はノグチシートを付けて走ります。
微力ながら応援させてもらっているメディアのビッグタンクマガジン編集長は現地からレポートを配信します。


増田まみ選手と今回乗るマシン。

このCRF450X 2WDは日本人ではありませんが、ノグチシートを装着して走る2輪駆動のバイク。
日本人ライダー、杉村さんのメカニックの麻生さんはノグチ製工具巻きでライダーをサポートします。

この仕事を始めた頃には想像ができなかったのですが。
今では、日本をはじめ世界の多くの方がノグチの製品を、こうした過酷なレースで選んでもらえると言うのが本当にありがたいです。
「これじゃないとダメなんだ」と言われる製品作りを今年もやっていきたいと思います。