BMW RnineT のシート改造

RnineTのシートの相談を受けました。

内容は以下の通りです。

オートバイの頻度としては、週末のツーリングから、平日の通勤帰宅まで幅広く使用しておりまして、これまでシートについては常々悩んでおりました。
というのも、RnineTはシートが薄く硬いため、100kmも走るとお尻が痛くなります。
また、シート高が低くしっくりこないため、シート加工にてシート高を高めたいと考えております。
また、知人が貴社にてシート加工をし、非常に満足だと伺っておりましたので、貴社にてお願いできればと考えております。

以下、悩みと希望をできるだけ簡潔に記載致しますので、ご一読ください。

【悩み】
・比較的早い段階でお尻が痛くなるため、シート加工にて改善を図りたい。
・シート高が低くしっくりこないため、アンコ盛り等の手段で高めたい。
※シート高は跨ると両足が踵まで地面につく状態ですが、両足の踵が少し浮くくらいの感覚を希望します。

まずは上記を改善できればと考えております。
また、ブログを拝見しまして、以下もできればと考えてろいます。

【追加希望】
・衝撃吸収材T-NETの挿入
・表面生地の張替え
・bmwのロゴマークをシートに1つ付けたい。
ご依頼内容を踏まえて
ライダー部シートに衝撃吸収材T-NET挿入
ライダー部シートアンコ盛り
張替生地はウルトラスエード(アルカンターラ)
という事で改造内容が決定しました。
お客様から
先日はシートをお送り頂き、有難うございます。
到着後すぐ装着し、しばらく乗りました。

足つき感もちょうど良く、何よりお尻の痛みがかなり軽減されました。距離も数百km走行しましたが、苦痛もなく非常に満足しております。

長時間乗車でお尻の痛みがゼロというわけではございませんが、痛みが大幅に軽減されたことと、長時間走行後若干痛みが出てもすぐに回復し、快適な走行が実現しました。

こちらの要望に丁寧にお応えいただき、大変感謝しております。
非常に大満足です。
私の周囲にも是非とも勧めさせて頂きます。
長く乗るバイクのシートですので、また何かありましたらお願いすると思います。その際は是非とも宜しくお願い申し上げます。
※装着後のバイクの写真をお送り致します。見た目も大満足です。

満足いく仕上がりになったという事で安心しました。

 

アフリカツインのシート改造 HONDA AfricaTwin CRF1000L 

お客様から、以前に製作したアフリカツインのシートの写真を添付した依頼メールが届きました。
—————————————

①シートのフラット化が希望ですが、足付きの問題がありますので
ノーマルと同等の870mm迄でお願い致します。当然、タンデムシート
との段差が出来るのはOKです。

※シート前部のサイドを絞り込むことで、アンコ盛りしても870mm
と同等の足付きにはならないでしょうか。もしそのような効果があれば
フラット化を希望致します。不可能の場合、前述の通りでお願いします。

②ライダー部衝撃吸収材T-NET
 ミディアムウレタン
 フラット化及び前部シェイプ
 前後シート張替 ウルトラスエードにてお願いします。

③色 座面は青で、サイド部は黒でお願いします
—————————————
シートのフラット化(手前のシート)をすると、870mmの高さは維持できないため、フロントシートは若干盛りつつも前部を絞ることで足つき性を維持して、タンデムシートをアドベンチャースポーツに変更することで、よりフラットに近くなりますと回答しました。
上の写真のアドベンチャースポーツはスタンダードのアフリカツインのタンデムシートのように座面が盛り上がっておりません。
これを使うことでタンデムは張替のみとなりコストも少し抑えることができます。
そして完成したシートがこちらになります。


500km程、林道をからめてツーリングをして来ました。
加工前のノーマルシートでは段々とお尻が痛くなり
所々でスタンディングをしておりましたが、
加工をお願いした、T-NETの効果で長距離走行でも
お尻が痛くなることもなく、快適そのものでした。
また、林道を走行してみましたが、サイドの絞りこみが
私にはとても良く、膝をホールドさせるのがとてもやり易かったです。
ウルトラスエードも滑ることなくコーナーリングも安定し、
ライディングし易かったです。
100%という事はありませんが、改造をしたことで良い効果が少しでも多く出るようにと考えて製作をしております。
今回もご満足いく結果が出て良かったです。

 

 

HONDA CRF450RALLY Special seats. For the DAKAR2020


ダカールラリーの前哨戦ともいうべきモロッコラリーが終了した。
結果はハスクのアンドリューショートが優勝し、HRCホンダのジョアンが3位、リッキーが5位と言う結果でした。

ライダーやチーム員の皆さんがモロッコで戦っている間、それと同時進行で2020ダカールに向けたシートを製作しました。

レースごとにシートのオーダーが変わったり、レース中に仕様変更の速報が入って直ぐに改修したりと、当たり前なんですが気が抜けません。
レース中の写真やビデオを見ながら、ライディングスタイル、ポジションの研究をしています。

彼らには全く及びもしない私の走りですけど、同じフィールドでレースに参加することで少しでも彼らの希望を汲み取れたらと思って、私はラリーを続けています。もちろん、私のような趣味のライダーに、より良いシートを提供するのも同じ理由です。
シートは重要な機能部品であるとノグチシートは考えています。

少しでもライダーに負担をかけない、性能の良いシートを提供したいと思っています。
さて、今度のダカールラリーは初開催のサウジアラビア。
ワークスチームのHRCにシートを供給して8年。
今度こそ優勝をと願うばかりです。

がんばれHRC!!!!!!

 

 

BMW R1200GSのシート改造

友人から預かったBMW R1200GS 30アニバーサリーモデルのシートを自分の好みに改造しました。
ノーマルのシートは赤色でビニールレザーです。
先日このシートで、1日で350kmほど走ってきました。
やはり広い座面とポジションの良さ、マイルドなエンジン特性から、ほとんど疲れを感じさせない良いバイクなのは分かりました。
しかし、
限定モデルのこの赤がなんとなくしっくりこないのです。
これはこれでありなのは分かります。しかし、黒いシートも付けてみたい。
ウルトラスエード(アルカンターラ)の適度なすべり止めも欲しい。
フロントシートの尖った先端がちょうどニーグリップの位置なので、ホールドしやすいウルトラスエードなら余計にいいのではと思うとすぐに張替したくて仕方がないです。
形状も若干股間に圧迫感があったのと、若干前下がりなのでシート前部のアンコ盛りとシェイプをすることでより、ポジションが安定して快適になるはずです。
もちろん中身は衝撃吸収材T-NETとオリジナルウレタンのミディアムの積層仕様です。
作業途中の写真です。
ノーマルウレタンを削って衝撃吸収材T-NETを積層。
ここから、削っては重ねてとそれなりにノウハウの詰まった加工が進みます。
前後のシート形状ができたら防水コーティングをして装着確認。ラインを引いたりして、カバーのデザインを考えます。
今回は比較がたくさんできるようにノーマルのシートはそのままとってあります。
シート前部のくびれがノーマルよりも大きくなって、細身になっています。
こうすることで、この部分が高くなっても足つきに影響はありません。
あんこ盛りなのに、足つきが変わらないのは理想のシートの一つだと思ってます。
カバー地の型取りです。
あーでもないこーでもないと、ラインをたくさん引いてデザインの微調整の跡が見えます。ミミズが這ったようなラインで大丈夫なのかと思われるかもしれませんが、そこは職人なんです。完成写真をご覧ください。

黒のウルトラスエードに入れた黒糸のGSの刺繍が正解でした。大きく目立たず、でも光の当たり加減でキラッと光るロゴになっています。
座面にはパンチングのウルトラスエードを使用して、黒一色だけどアクセントになっています。
フロントからリアシートへの縫製ラインのつながりもいい感じです。どの角度からも違和感なくつながりを感じる切替だと自己満足です。
皆さんはどちらが好みでしょうか。
赤か黒。
赤/黒のツートンカラーにするのもいいかなと思いましたが、私はやはり真っ黒が好きです。
こうして並べるとシート形状の違いが分かるでしょうか。
赤のノーマルと比べて、黒はシート先端の立ち上がり部分のカーブが緩やかになっています。新作のシートは着座面が10mmほど上がり前部は15-20mm上がっています。赤いシートはビニールレザーが着座部分で浮いているので、写真では同じ高さに見えますが、実際には10mm以上低いです。
足つき性の比較です。
新作の黒は、停車時のポジションにおいて足が出しやすいように幅が狭くしてあるので、高くなっているのにノーマルと足つきは変わりません。
少し話がそれますが、この理屈から、現在足つきがギリギリでシートを薄くして足つき性を確保しようと考えている方は、やみくもに削ってクッション性を悪くするより、着座部の厚みは確保したまま、停車時に足を出す部分、前方のシート幅をシェイプして細くするだけで足つき性が確保できます。(但し、全ての車種に有効な方法ではないので、アンコ抜きをお考えの方はメールか電話でご相談ください)
話を戻します。ライディング時に気になっていた股間(内股)への圧迫がかなり軽減されています。
着座部の幅は十分に確保してるので長距離が楽しみです。

 

 

スーパーカブのシート HONDA SUPER CUB

スーパーカブはツーリングバイクとしても人気が高く、商用車そのままの状態で旅をする人や思い切りカスタムする人。スーパーカブの派生でハンターカブやクロスカブで遊びやツーリングを楽しむ人が増えてきました。
おかげさまでカブのシートの依頼も多いです。
今回のシートはこれぞカブと言うスーパーカブです。

カゴ付き。通勤、おつかい、配達まで何でもこなせる1台です。
ご依頼のライダーは女性
これをシートだけで可愛くするのはだいぶ無理があるけれど、黒いビニールのままでは嫌だというので相談に乗りました。

余談だけど、可愛いシートと言えば、ずいぶん前に木彫り作家のムラバヤシケンジさんのシートも作ったなぁ。
今回は、この可愛さとは違って、マルチに使える可愛さを追求します。

話を戻します。
90ccのこのカブの荷台は、たまにタンデムもするかもしれないので、荷台に乗せるタイプのタンデムシートも合わせて張り替えたいと、WEBショップで社外品の安価な汎用タンデムシートを購入して張替えることに。

先ずは届いた二つのシートを確認します。

フロントシートはカビが生え、ウレタンが崩れているところがあります。

そして、通販のタンデムシートめくってみたら・・・。
これがお値段通りと言うか、びっくり。
今までこんなクッションは見たことがないし、こんな発想もなかった。
チップウレタンならまだしも、ウレタンチップを固めずに袋詰めして、その上に硬い板状のポリエチレンでチップの凸凹を整える感じです。ビニールレザーを張り込めばちゃんとした四角いウレタンが入ったクッションに見えます。

なので、ノグチシートオリジナルウレタンで成形。
そして防水コーティング。
しかし、いくらなんでもあのクッションは無いなぁ。

ウレタンの補修が済んだら色決めです。
シックに可愛くという要望に、茶系とアイボリーで組み合わせに悩む。
生地は最高級ウルトラスエード。汚れても防水加工したウレタンだから、水と洗剤でザブザブ洗えます。
なので、濃い色ではなく柔らかいタンとアイボリー色に決定。

そして完成。

大変喜んでいただき、とーーっても素敵な写真をたくさん送っていただいたので紹介します。




 

「カブと私とノグチシート」な写真集でした。