フェラーリ チャレンジ仕様 Ferrari seat.

昨年末にF40のシートの張替をし、その後もフェラーリの問い合わせが数件。
今回は「御社のブログにある黒のアルカンターラで張替えた仕様と同じにして欲しい」という依頼でした。

届いたシートは今まで加工実績のない形状だったため、お客様に張り込み仕様変更を提案。

純正品は背もたれと座面部分がシェルのカバーと一体化していたため、伸びが極端に少ないウルトラスエード(アルカンターラ)では皺が取り切れません。
純正で張ってある生地はジャージにウレタンがラミネートされた、伸縮性のある生地なので同じデザインでの再現ができません。
なので、背、座、腿とクッションを3個製作し、シェルだけカバーする形としました。黄色い四角部分は[Ferrari Challenge]の刺繍を入れる位置です。

先ずはカバーを外します。
思った通り、カバー地にラミネートしてあるウレタンは加水分解して粉になっています。粉状になったウレタンは静電気で服に付いたり、車内を舞ったりして不快この上ないので、粉が出始めたシートカバーは早めの交換がお勧めです。
本体のウレタンも見た目には形状を保っていますが、寿命なのでウレタンを取り外します。カーボン/ケブラーのシェルは問題ありません。
ここに新品のウレタンを貼り付けていきます。
ウレタンの形状が出来上がったら、カバーの型取りです。
先ずは仮縫いのようなもので張り込みます。
高価なウルトラスエード(アルカンターラ)の一発勝負ではなく、似たような生地で一度カバーを製作し、張り具合を確かめ、型紙を微調整します。
微調整が終わったら本番です。
クッション部分はパンチングメッシュのウルトラスエード(アルカンターラ)。

シェル部分はパンチング無しで張り替えました。
フェラーリチャレンジの刺繍も自社での刺繍なので問題ありません。

新しいウレタンとウルトラスエード(アルカンターラ)の質感が相まって、パリッと仕上がりました。
ご依頼ありがとうございました。

 

 

 

アフリカツインNXRレプリカ AfricaTwin NXR Replica

私がラリーに興味を持ったきっかけはまさにこれでした。
1-(4) 94ab225dede2691d0a63f1787575d5e6ジルラレイ シリルヌブー ガストンライエ・・・・巨大なタンクを装着したマシンがサハラを疾走する映像を見ていつかは自分もと今に至ります。
おかげさまで、サハラも走り、さらにはワークスマシンのシートも手掛けられるまでになりました。

さて、今回の依頼は「NXRのようなシートにしたい」ということで、詳しい内容は記してありませんでしたが、添付されていた写真を見て「!」となりました。
1-(2) 1-(5) 1-(6)なんだこれは?NXRそのままじゃないか。
本物?レプリカ?こんなキットが売っているのかなと調べたら出てきました。
52そしてお客様の完成イメージはこれです。
NXR 750 1989 photo 09先ずはお客様にシートベースとタンクとのクリアランスを少し広げてもらい、シートの高さのイメージを段ボールを重ねて作っていただきました。
1-(1)これを参考にウレタンとT-NETを積層していきます。
1
1-(8)一度お客様に送りフィッティングです。
シートの高さ、幅、装着した時の隙間等の確認です。
当時のファクトリーマシンは、シートのリアの小物入れ部分はウレタンを切っただけなので、形が綺麗に出ないため今回は小物入れ部分をFRPで増設して形を整えました。これによってシートの耐久性も上がります。
1-(7)フロントとタンクに当たる部分がきつかったので削ります。
シートの高さも少し下げることにしました。
2 3
10そして完成です。
ほぼ本物に近い出来となりました。
NXR開発奮戦記にはシートカバーの素材はカンガルーの革とかって書いてあったけど、今回はウルトラスエード(アルカンターラ)の紺色で張り込みました。
ご依頼ありがとうございました。

 

 

 

 

ドゥカティ ムルティストラーダ MULTISTRADA 1200 ENDURO

Multistrada-1200-Enduro-MY18-Red-01-Model-Preview-1050x650

Ducati MULTISTRADA 1200 ENDURO

ムルティストラーダ1200のシート改造の紹介です。
キャプチャ標準のシート高は870mm
今回はオプションシートの850mmを20mmアンコ盛りをして、着座部より前を標準シートより細く側面を多く削ぐことで、快適なライディングポジションと足つきの両立を図ろうという事になりました。
IMG_5630 IMG_5631右が標準シートで左が同じ高さで前部の幅を詰めたシートです。
着座部の幅は殆ど変わっていないので、広い座面に安心してお尻を任せられます。
IMG_5632 IMG_5633実際に跨がせていただきました。
脚が標準シートより車体近くに降ろせるため、高さは同じでも改造シートの方が安心して足が付けると感じ、お客様も同様の感想をファーストインプレッションで言われました。
シートの生地はB-33+B-35
適度なグリップを有するグリップレザーを使用しました。
白糸のダブルステッチがアクセントとなっていい感じに仕上がったと思います。

IMG_5634

 

 

 

 

CRF450Xのシート

今回紹介するのはCRF450Xのシート
アメリカのデザートレースではまだまだ第一線で活躍しているマシンです。

ジョニーキャンベルレーシングのシートのサポートをして、バハ1000を優勝したのはもう6年も前の話だけど、でもそのおかげでいまだに現地から問い合わせをいただきます。
943103_547282455313780_972933511_n1今回も同じシートが欲しいとアメリカから注文をいただきました。

高さは20mm上げて、ウルトラスエードで張込、シートにチームの刺繍を入れてほしいという事でした。
先ずは刺繍入れてるところから。
YouTube Preview Image

IMG_5574 IMG_5575 IMG_5576

 

 

CRF250Mのシート改造

CRF250RALLYのシートはおかげさまで、多くのお客様からHRCのCRF450RALLYと同じ仕様での改造依頼を受けておりますが、今回はモタード仕様のCRF250Mのシート改造です。

111

お客様からは以下のような詳細な希望が記された仕様書が届きました。
222なかなかここまでの仕様書を作るのは大変なので、簡単なマンガや文字だけでも構いません。例えば、衝撃吸収材T-NETが入れたい、生地はウルトラスエードがいい、ロゴはつけたい(ロゴは要らない)など、思いつくことを列記いただければ、直ぐに見積及びご提案を返信いたします。

加工内容は以下の通り
* 衝撃吸収材T-NET挿入
* アンコ盛り 30mm
* 幅はそのまま
* 張替ビニールレザー座面B-36 サイドB-01
* 両サイドにHONDA黒ロゴ
* 後部上面にウエルダータグ
* 同レザーでタンデムベルト製作

そして完成したシートがこちらです。
KIMG0836KIMG0837上のノーマル写真と比べると、シートの厚みが増してイメージも変わったと思います。

お客様からもご満足いただけ安心いたしました。
寒さが厳しい日が続きますが、もうすぐ訪れるバイクシーズンに向けシートのご相談お待ちしております。