台湾で食べてきました. Short trip in Taiwan

ここ最近、というか、ここ数年仕事が終わるとyoutubeで世界のローカルフードの紹介ビデオを見ながら一杯やるというのが好きで、特にアジアの料理は味も想像しやすく、しかも美味しそうなものが多いので、いつかこの食べ歩きをしてみたいなと思っていました。

普段は間食や暴飲暴食をしないよう心掛けてはいるけど、何も気にせず思いついたもの、目についたものを片っ端から「喰ってみる」旅に行ってきました。
連休直前でしたがチケットも手配でき、二泊三日と言っても初日は深夜着なので実質二泊二日な台北旅の始まりー

IMG_4346ホテルに着いたのは深夜1:00 翌日丸一日を食べ歩きに費やすためウォーミングアップも兼ねてチェックインして早々街に出てみた。まだまだ人も多い。開いているお店も多い。街角や街道沿いには屋台もたくさん出ている。
IMG_4348本通りから1本外れたところに、蒸籠を積んで湯気がシューシュー立っているお店があったので入ってみる。先ずは小籠包とビール。おねーさんがタレは自分で作れと言ってるようなので、適当に混ぜて作ってみた。赤いやつ入れ過ぎた、辛くて辛くて・・。
ビール1本飲んだら気持ち良くなってきたので、今日はここまで。
ホテルまでの帰り道、屋台ではエビや魚を焼いたり煮たり、麺にご飯にといろんな食べ物屋台が並んでいた。明日からが楽しみだ。

IMG_4350さー、実質今日だけが終日フリーなのでたくさん食べるよー。
と言っても、目当てのお店などのリサーチはしていないので、旅の参考書とiphone片手にとりあえず「台北 朝食」とか調べて歩く。とにかく歩く。歩きだけは自信があるのでとにかく歩き倒すつもり。
そして、とりあえずホテルに近く、朝6時からやってるという朝食のお店に来たらまだ準備中。
IMG_4357仕方なく街をぶらついていたら、地元の人たちが食べている屋台がありました。
IMG_4352おばちゃんが何か言ってる。分からない。けど食べたい。朝ごはん前に軽く食べたい。そしたらおばちゃんが日本語で「これ牡蠣 美味しいよ」というので、じゃー頂戴。とバイクや車がバンバン通る道端の椅子に座って待つ。
IMG_4351IMG_4353IMG_4354これネットで見たことあるやつだ。モチモチして美味しい。
食べ終わるころにさっきの朝食屋さんが始まったようだ。人がどんどん入っていく。
IMG_4355IMG_4356名前は何だったかな。味噌のようなものが入っていて酸っぱいような醤油のような味のような、揚げたてのやつをこの汁にちょんちょんして食べるとまた美味い。
よし、少しお腹がいっぱいになったので移動開始。とにかくあちこちぶらつきながら気になったものは全部食べる!
IMG_4362メトロの一日乗り放題券。たぶんこれ1枚あれば1日楽しめるだろうと、電車でたくさん移動することにした。先ずは終点の海まで行ってみた。
IMG_4365IMG_4367IMG_4359まだ早朝なので、メイン道路のお店は開いてないけど、裏通りの市場は人も多い。
どの国でも似たようなものだけど、市場を巡るのは楽しい。
IMG_4368海の魚と一緒に鮎!しかもこの鮎が大きいの。30cmくらいある。

海まで来たはいいけど、市場以外見る物がなくひたすら歩きまわる。
IMG_4370 IMG_4371 IMG_4373 IMG_4374こうした道が好きで、生活道路に入ってうろうろするのが自分の旅のスタイル。
素敵なカフェがあったり、眺めが良かったり、ガイドブックにはない発見があるから楽しい。
IMG_4378渡し舟にも乗ったり

これ以上ここには面白いものがないし、食堂が開くにはまだ時間があるので移動。

IMG_4382これはどうしても食べたかった物の一つ。麺線。当然美味い。気温も湿度も高く歩くだけで汗が噴き出してるのに、熱々の麺線をさらに汗をかきながら食べる。
これを食べている時に、友人から龍山寺の胡椒餅は是非やっといて!とメールが来た。
麺線を食べている場所から1駅なので移動。
移動中に「龍山寺 胡椒餅」で調べると、とても狭い路地にお店を見つけた。
IMG_4384狭い路地。そして暗い。でも看板には「元祖 胡椒餅」と書いてある。
IMG_4385一個くださいな。と言うと、おばちゃんが「25分ね。25分経ったら来て」と整理番号を渡される。地元のおじちゃんやおばちゃんも自転車で買いに来ていた。
せっかくだからと待つことにして、お寺を見てるうちに時間がきたので受け取りに行く。
IMG_4389 IMG_4390 IMG_4391友人が「焼きたてじゃないと意味がない」という意味が良く分かった。さっきの麺線以上に高温で、中は肉汁があふれ、口の中を火傷したけど、今回ノーマークだった胡椒餅がこんなに美味しいなんて。
FullSizeR_1かき氷で口を冷やすも、量が多い上に直ぐに頭がキーーーンとなってなかなか食べられず。
IMG_4395そして歩く。ひたすら歩く。歩き疲れたらお店に入って飲んだり食べたり。
IMG_4396歩いていると、たまに遭遇する大行列の店。日本人もいるけど、その他の国の人も並んでいる。
IMG_4392ここはガイドブックにも乗っていたルーローハンのお店。さすがにこの行列はいただけないのでパス。
IMG_4394ガイドブックにも載っていない小さなお店で小休止。野菜スープ。
IMG_4393食品デパートにあった謎の寿饅頭。これ直径30cmくらいあって、しかもこの色。なかなかな存在感でした。
IMG_4398台湾と言えば夜市。ここまで12時間ほどうろついたので少し休憩
IMG_4400足のマッサージをしてもらい、夜中までの歩きもこれでOK。
IMG_4401歩いていると、なかなかな臭気を発する屋台。臭豆腐。匂いだけだと少し躊躇するけど、その屋台は凄くにぎわっている。なので、一つくださいと挑戦。漂う匂いとは裏腹に美味しい。やっぱり食べてみるもんだ。
IMG_4366 IMG_44101人でごった返す夜市の通りから外れて1本裏に行くと、こうした暗くて狭い道を見つけます。
そんなところにお店もたあったりする。暗くて狭い道が好きなんです。
だから、裏通りに入り込むのがやめられないんです。危険かどうかは勘に頼るしかないけど、なかなかやめられません。

IMG_4402夜市の通り沿いにある御飯屋さんはどこもいっぱいなので、少し離れたところで、昼に行列で食べられなかったルーローハンを食べてみる。お店は違うけど、台湾の代表的な料理の一つなので雰囲気は分かるかな。
IMG_4406 IMG_4407歩道脇で食べる。冷たいビールがおいしい。ルーローハンも八角の風味が良い。青菜炒めとビールが良く合います。
IMG_4403夜市でいろいろつまみ食いしていたらお腹がパンパン。夜も更けてきたし、十分楽しんだ一日でした。
IMG_4414最終日の朝も市場からスタート。
IMG_4417先ずは市場脇にあったうどん屋さんでこれ。メニューも読めず、言葉も通じず、オーダーの仕方もよく分からないが、作っているおばちゃんに「今作っているそれ!1杯下さい」基本笑顔でお願いすれば何とかなる。このうどんも食べ始めは薄いかなと思ったけど出汁がじわじわ来る感じでおいしくてね。
少し歩くと、多分行列で入れないだろうと思って、所在地も確認していなかったお店を発見。
IMG_4415世界10大レストランの一つに選ばれたこともある小籠包のお店。ディンタイフォン
帰るまでにもう一度食べたいと思っていた小籠包。この時点でまだ7時半。お店のオープンは10時・・・ とりあえず近くに行ってみると土日は九時からと書いてある。でもまだ1時間半もあるなと思い、ひとまず電車で隣町の市場を見学して戻て来たのが8:15.この時点で既に20人ほど並んでいた。せっかくだからと並ぶことにして、待ってるとお店の前には続々とタクシーが止まり小籠包目当てのお客さんが降りてくる。
数分で自分の後ろには20人ほどが並ぶことに。
9時になったらいったい何人が並ぶんだろう。と思っていたら、8:30過ぎたあたりで「始めまーす」って日本語が聞こえた。
これは嬉しい。二階に通された。オーダーはチェックシートに欲しいものをチェック。
食べきれないくらいでいいからたくさん頼んでみた。プレーンな小籠包 カニ味噌入り、へちまとエビ・・・そしてビール。
IMG_4421IMG_4423やっぱりおいしい。しあわせ。
並んでよかった。
食べ終わって外に出ると・・
IMG_4426これ見てたら絶対並ばなかった。だって、まだ9;30前。九時にオープンだからとそれに合わせてきた人たちは、九時の時点で満席のお店を見ることになる。
いやー早起きは三文の徳です。
しかし、今回の旅で何種類の食べ物を食べただろう。
旅のテーマは「食べ歩き」だったので、その目的は果たせた。
一人なのと、せっかちな性格と、思い付きの行動であっちこっち思いつくまま。
普段の生活とは違い、目的は食べることだけなので、移動中は仕事のことも忘れてぼーーーーーーーーっとしてるだけでした。
なかなか良い旅でした。
ラリーに出場するのもいい旅だけど、いろんな旅をこれからもしていきたいと思います。

 

2018ダカールラリーに向けて 2018DAKAR RALLY

2018ダカールラリーに向けてノグチシートも始動しました。

HRCがダカールに戻ってきて5年が経過。そして6回目のダカールに向けてチームも動き出しました。これからアタカマラリー ルタ40 モロッコラリーと実践でのテストを重ねて優勝を狙います。

FullSizeR

ライダー別に高さ、硬さ、カバーの素材全て変えて作っています。
IMG_4312とにかくこのシートを付けたマシンが表彰台の真ん中に立つことを祈るばかりです。

シートだけではなく携帯する工具や非常用の部品を収納するカバーも製作。
FullSizeR (1)毎年微妙に収納する内容が変わるのと、収納ボックスも変わるため、その都度知恵の輪を解くように工具の位置を計算し、簡単に収納できる工具入れを作っています。
IMG_4264工具入れにしまってしまえば見えなくなってしまうけれど、見えないからいいやではなくて、これは職人としての意地というか、やはりカッコよくありたいので刺繍などでデコレーションしてみました。ベルトで工具入れを締めるとノグチとHRCのロゴがきれいに並ぶ仕様です。

2017dakarhrc

1年前には現地テストに参加して、実際にライダーの走りを見ることができたし
img_2239-1.jpgimg_2249.jpgとにかく、6回目!頑張ってほしいです!

 

 

ライドアフリカツイン RIDE AFRICA TWIN

昨年に続き、2回目のライドアフリカツインのお手伝いをしてきました。
IMG_4238昨年よりも参加台数が増え、会場も広く、キャンプしながら2日間のイベントを楽しんでもらいました。
私はオンロードの試乗コースの先導をやらせていただきました。
DCTは初めは戸惑いますが、慣れてくると楽しいですね。トラクションコントロールやABSなどを体感するには良かったと思います。

会場には懐かしいシートやアフリカツインのシートに出会うことができて、ユーザーの方々と色々お話もできました。
IMG_4239IMG_4241IMG_4213IMG_4244 IMG_4246こんな懐かしいバイクもありました。三橋さんが2003ダカールラリーを走ったXR650です。

アフリカツインのシートは、昨年アメリカのレースで使ったジョニーキャンベル仕様が2台。
IMG_4234IMG_4232ノーマルシートを装着されている方が、この30mmアップにシート跨って、ポジションが高くなり足の窮屈さがなくなったのに、足つきの不安がそれほどないのはいいね。と言ってくださったのは嬉しかったです。
IMG_4221イベントが始まる前に、この仕様と同じオーダーが海外から来ていたので、張り込み前のチェックも現地でやってきました。
IMG_4220出展ブースではタミヤ模型さんが来ていたので、少しご挨拶。
IMG_4242 IMG_4243タミヤの方とプラモデルのマットのお話が出来て良かったです。初めて現物を見たけれど、実写さながらの精密さにびっくりしました。

IMG_4236そうそう、ネットで見て気になっていたシートを装着した車両があったので見せてもらいました。FRPベースで改造なしで装着が出来る。高さもバリエーションがあるとのこと。

2日間少し天気も崩れましたが、楽しい二日間だったのではないかと思います。
また来年お手伝いできれば、試乗車にも当社のシートがつけれればいいかな、なんて考えてます。

参加いただいた皆様ありがとうございました。

 

 

 

売ります! KTM250EXC-R 2006

 

おかげさまで SOLD OUTとなりました。

 

私が乗っていたKTM250EXC-R 2006モデル売ります。

走行距離は8,638km エンデューロレースには1度使用し、殆どが林道及び山遊びです。
IMG_4177 IMG_4180一通りメンテナンスはしているつもりです。走りには今のところ問題はありません。
ヘッドライトが付かない状態ですが、ウインカーなどは動作するので点くと思います。ホーンやミラーは外したままです。
フレームの歪みやプラスチックパーツに致命的な大きな損傷はありません。傷はあります。
*エンジンオイル+2個あるオイルフィルターは変えたばかりです。
*チェーンスライダーも変えたばかりです(社外品)
*バッテリーもリチウムイオンバッテリーに変えたばかりです(純正品もまだ使える状態であります)
*ラジエターガードが付いています
*電動ファン(スイッチで強制ON/OFF)
*ブレーキパッドは交換後1000km程度
IMG_4178スペアパーツは写真の通り 他にも出てきたらお付けします。
IMG_4173クラッチは1500kmで交換した物です。(ラリーに行こうと新品にしたのですが、結局そのラリーすらなくなってしまい出場しませんでした)
ミラーや左右のシュラウドはほぼ新品。フロントゼッケンプレートも2回使用ていど。
スポークの予備、スプロケも14-15とあります。汚れてますがまだまだ使えます。
自賠責は来年5月まで残ってます。レバー類は折れた物の修正品です。

おまけ
IMG_4174 IMG_4175MD+ICO(マグネットはありません)動作は確認していませんがたぶん問題ないかと思います。おまけなのでご了承ください。
このバイク用に簡単なフレームを製作してポン付けできるようにしてあります。
これら1式お付けします。

更におまけ
IMG_4176現在はトライアルタイヤ(3時間だけ使用のまだひげが残ってます)に、このVE33 35の新品をお付けします。

まだ、このバイクに関するものが出てこればお付けします。

そして、当然ですが購入いただいた方の希望する素材と色でシートを張替えます。ウルトラスエードでもかまいません。ただし張替えのみとさせていただきます。
何度も張替えしたシートですが、中身はオリジナルウレタンに衝撃吸収材T-NETの最新素材に変更してあります。

YouTube Preview Image

まで、「KTM250の件」として問い合わせ願います。
ツーリング、トレッキング、ラリーまでこのバイクならオールラウンドに使用できます。
試乗も歓迎します。

是非とも宜しくお願い申し上げます。

SOLD OUTとなりました。ありがとうございます。

 

CRF250RALLY for RALLY!

CRF250RALLYが発売されてから、既に多くの改造依頼をいただいております。
やはり多いのはダカールレプリカ仕様で、衝撃吸収材T-NETを挿入しウルトラスエードで張り込むタイプです。
8s7hjz6b
さて、古い話になりますが、昔、XR250とXR250BAJAのシートは同じように見えて少し形状が違っていました。
今回もCRF250LとCRF250RALLYでは形状の違いがあるのかなと思い比べてみました。
IMG_3353黒いのが250L、赤いのが250RALLYのシートです。
IMG_3354無題見た目も品番も同じなので違いはありませんね。

さて、近くに迫ったイベント 北海道4デイズ用にシートを作らせていただきました。
kxukk7f68vobhdftkamihg0jマシン製作はReinforcementさん。 ライダーは齋藤真奈さん

シートの仕様
* 衝撃吸収材T-NET
* シートの高さは変えず、シート前部をノーマルより細くして足つき性をアップ。
* iphone7plus が入る大きさの特注ホルダー
* 座面は新作の滑り止めレザーを使用し、座面後部には齋藤さんのマスコットを刺しゅう。

広い北海道で存分に楽しんできてください。

もう一つ
CRF250RALLYが発売される前から、250LをベースにCRF450RALLYレプリカを製作してラリーの出場していたカナダ人のパトリック
A81I3340 (Large)先月、ヘラスラリーとアルバニアラリーに参戦して好成績を収めました。
2017-05-21 19.37.34 (Large) 2017-06-04 20.52.59 2017-06-10 18.39.01-2 (Large) A81I8188 (Large)このシートは製作してから3年目に入りましたが、まだまだ問題なく彼のお尻を支えています。

CRF250RALLYに限らず、ロングツーリングなどのシートの相談承ります。
宜しくお願いします。