2022HRC感謝の会

3年ぶりの2022HRC感謝の会にお招きいただき、ホンダウエルカムプラザへ伺いました。
HRCのレース活動を応援する国内の企業が集まってます。
チャンピオンマシンがずらりと並びます。
当然ですが、当社がお手伝いしているCRF450RALLYも。
お手伝いをして11年になると言うのに、やはりこういう舞台で見るとまた感慨深いです。

当然と言うか、こういう場所に来ても知り合いの企業は「ゼロ」なので話し相手もいません。
名刺交換もあまり好きではないので、同席した人たちとも挨拶程度で名刺交換もしません。
じゃぁ何しに行ったのかというとこれです。
このメンバー!ホンダの契約ライダー及びドライバーが一緒の会場で食事しながらお話ししたり写真が撮れるからなんです。
ダカールの監督に挨拶したら「リッキーとエイドリアンが野口さんと話がしたいと言ってますので、直ぐに帰らないでくださいね」というので、いやいや、それが目的で来てるので色々話をさせてもらいますよと、ガタガタの英会話6級レベルの僕が返事してました。
先ずは写真撮ろうよと何枚か
ダカールライダーの二人は他のライダーと比べても頭一つ大きい。しかも威圧感がある。けど話ととてもいい人。一流のプロというのはこういうものなんだなとあらためて思った。
やっと直にリッキーに2020ダカール優勝おめでとうが言えたし、エイドリアンに関しては初めましててで、略歴を話してくれたので聞いたらフランスの超有名なサンドレースのルトゥケで3回優勝、5度のホールショットを取ったそうで、面白いエピソードを色々話してくれました。

マルク・マルケス選手 言わずと知れたモトGPライダー

トニー・ボウ選手 インドア アウトドア含めて30回の世界チャンピオンという怪物です。まさに敵なし。

昨年26年の現役から退いたものの、まだ現場で活躍中の藤波さん。顔を覚えていてもらえるのはうれしい限りです。インスタなどでアフリカツインに乗ってモロッコの砂丘を飛んでいるのを見たのでその話ができて楽しかったです。

そして現在日本人唯一のF1ドライバー角田 裕毅選手。

まさかここで会えると思わなかったインディ500を2度制した男、佐藤琢磨選手。
めちゃくちゃうれしい。
FB観れる人ならこれを見て欲しいです
今までこれを観て何度気分上げたことか。
とまぁ、少し酒も入り赤く、にやけた顔がお見苦しいですが、こういう機会に恵まれるのというのも今まで頑張ってきた結果なのかと思います。

これからも頑張ろう。

余談ですが、現在もてぎのコレクションホールではダカール優賞マシンが展示してあります。
CRF450RALLY 懐かしい2stのEXP そしてバハの王者XR600

作ったシートでツーリング R100GSパリダカ

自分のシートを作ったので、もう乗りたくて仕方がない。
良い景色でシートを眺めたいし、遠くまで行って乗り心地も確認したい。
そうして出て行ってがっかりすることもあったけど、乗り心地に関しては今の材料と工法で毎回満足できているので、余計にツーリングが楽しい。
だからどこかに行きたくて仕方がなくなるというわけです。
グーグルマップを前日から眺めていたけど、出発間際まで行き先が決まらない。
海か山か京都か奈良か・・。
と考えながらパニアケースを装着していたら、ケースの取り付けステーのボルトのゆるみと、脱落している個所も発見。日ごろからメンテしてるつもりでもこうしたことが起きるから、特に古いバイクは手をかけていないと気付いた時には遅いトラブルを抱えることになりますね。
結局、雪が降ったら半年は通れなくなる峠越えにしました。
岐阜から大野へ抜けて、大野から越前、海沿いを走って帰ると言うだいたい400kmのコース。
紅葉がとてもきれいでした。
コースの途中にはダート区間もあります。
写真奥に見える道もダートです。ダートと言ってもロードバイクで走れるレベルのフラットなダートです。
少し寒いけど、景色と新しいシートで気分はとても良いです。

今回のシートは前作のシートに比べて、ライダー部を10mm上げて、着座部の幅は変えず前部の幅を細くしました。
タンデムの高さは前作よりも低くして、横から見て段差はありつつもタンデムのボリュームが少なくなったことでスリムな感じを出してみました。
10mm上がったシートなのですが、足つきは前作シートよりも良いです。
足がつくというか、ステップに乗せている足を地面に出す時に、前作シートより楽に出せるため、停車時も余計な踏ん張りがいらなくなっていました。
以前、アンコ盛りをして足つきをよくするという話をしましたので、こちらも読んでいただけるとわかりやすいかと思います。

黒1色はどうかなと迷っていたけど、ロゴは映えるし、3種類の素材で組み合わせているので重厚感もある。やっぱりこれも正解でした。

山越えに時間がかかりすぎて、しかも携帯ナビをハンドルに付けるのが嫌いで、だいたい毎回勘で道を探すんだけど、今回は初めて入った県道の先が通行止めで、なんだかんだしているうちに2時までご飯処を見つけられず。
やっと見つけた道の駅でにしんそば。
まぁこれはこれで、海見ながらすすって美味しかったです。
バイクシートの職人から教えて貰っていた「福井行くならボルガライス食べてみてください」を、にしんそば食べ終わってから思い出した。
また福井に行く口実ができたから良しとします。

 

 

ビニールレザーの新色追加

バイクのビニールレザーについては先のブログで書きましたが、出来るだけ非発泡のビニールレザーを使用しています。
また、非発泡のビニールレザーでも裏側にラミネートされた基布と呼ばれる生地によってはバイクに向かないものもあります。
バイク用として販売されているビニールレザーは家具用に比べたらごくわずかで、なかなか入手しにくい物なのです。
かといって、独自にバイク専用の生地を作る方法もあるけれど、求められる製作量は膨大で、そんなに作るわけにもいかないので、当社では大量に生産されたバイク用レザーのデッドストックや大量生産前の色確認の試作品などを、独自ルートで仕入れています。

なので、新色でも入荷が数メートルだったり、多くても1反/20mという少ない量の仕入れなので、売り切れ次第終了となります。
今回仕入れたものは
品番 BR-01
今まで茶系のバイク用ビニールが無かったのですが、今回これが入荷しました。
ソリッドカラーではないですが、写真よりはもっと濃いまだらなこげ茶です。

品番 BK-01 黒ですが網目模様のようなエンボスで、光の当たり具合でダークグレーにも見えます。艶はありません。

品番 BK-02 シボが深めで細かいです。艶はありません。

品番 GR-01 ライトグレー 艶はありません。

品番RE-01 B-43や64と同じシボです。

たくさんあると選べないというのもありますが、そうは言っても選択肢は多いほうが選ぶ楽しさもあるし、提案する幅も広がるのでこれからも新しい生地を探していきます。
WEBで随時生地見本は更新していきます

 

 

 

BMW R100GSパリダカのシート


前回の続きです。
前回は分解したところまでを書きました。

今回は仕上げまでを書きます。
とりあえず分解したシートをシートベースに接着して、タンクとの当たり面を合わせていきます。合わせると言ってもタンクが真ん中についていなかったり、シートベースの経年による変形とか色々難があるので、左右のバランスはある程度のところで納得することにします。
中古で購入したアンコ抜き加工されたシートは乗るつもりはないので、ライダー部とタンデム部の高さを決め、衝撃吸収材T-NETとオリジナルウレタンの積層によって増える厚み分を削ることにします。
ざっくり落とすときにはこの機械で、サーーーっと薄く少しずつ切り取ります。
ブレードが長いのでシート幅を一気に切り取ることができます。
積層する場合シートのサイドまでウレタンをまわさないと問題があるのでこのように角も大きく落とします。ここからさらに表面を慣らしていきます。
ちなみにウレタンの盛り方です。今回は真ん中の盛り方をしています。
この盛り方をするときにはサイドのウレタンの表面(スキン層)を必ず削り、最後の防水コーティングをしたときにはがれにくくします。
なぜ削らなきゃいけないかは長くなってしまうのでまたの機会にします。
これは自分のシートなのでざっくりやっていますが、お客様のシートを加工するときはこんな感じです。
高さや幅の加工前、加工後の寸法がお客様の指示通りかすべて管理しています。
お医者さんではないけれど、加工カルテは膨大な量を保管してあります。

加工が一気に飛んでしまいましたが作業に集中すると写真撮るのも忘れてしまうのでご勘弁ください。
ベースとなるウレタンの上に衝撃吸収材T-NETとウリジナルウレタンを交互に重ねて求める高さと幅に削りだします。
ノグチシートのオリジナルウレタンは、座り心地の性能もありますが加工においても仕上がりが綺麗になるウレタンを独自に製造しています。
ウレタンの削りが甘くて表面が凸凹しているのを柔らかいウレタンで隠すことはしません。それをすると乗り心地がおかしくなるんです。
ある程度形ができたのでバイクに取り付けて眺めたり跨ったりします。
この辺りは慣れたもので、理想の形状に一発で決まりました。
GSのシートは多少段付きがあったほうがかっこいいと、自分の場合はそう思います。
カバーデザインを考えるんだけど、結局これが一番無難なんですね。
サイドに赤を入れるかどうか、今のシートにサンプル片をあてがってみたけど、何かしっくりこない。同じ白では面白くない。悩むところです。
色を考えつつカバーの型取りができたので最後の防水加工です。
EVAのシートとシートにたっぷり均一に糊を付けます。
1枚で包みます。この貼り付けは職人技かなと自分でも思います。
ここまでの仕事はカバーを張ると見えなくなりますが、こうすることでカチッとした座り心地と快適な乗り心地になるんです。
結局色は全て黒にしました。
座面はウルトラスエード サイドはビニールレザーの2トーンです。
張り込みです。前のブログに書いたように8mmの針なんかでは打ちません。
6mmの黒塗り針を使っています。黒塗りだとかっこいいからです。
完成です。やはりサイドに白が入っていたほうが少し軽快な感じがするかな。
今までのよりライダー部を10mm上げて、タンデム部は10mm下げました。
良いか悪いかは自己満足の度合いだけなので、今回は前回よりもいいかなと思っています。
自分で言いますが、ここなんて、もうなんて美しい!
シート先端のベロ部分の厚みは極力薄くしてタンクからシートの流れを自然になるようにしました。
しかし反対側はタンクのずれやシートベースの都合でここまで追い込むのが精一杯。完璧を求めすぎるのも体に悪いんです。
ワンポイントで座面に同色でGSの刺しゅう。

見た目にカチッとしているというのは大事だと思います。
カチッ カチッ と何度もうるさいなぁと思われる方もいるかと思いますが、でもやっぱりカチッとしてることはとても重要なんです。
それと、シート屋なんだからとにかく作ることが大事で、たくさん作って、たくさん乗って、性能を上げていくことは基本中の基本だと思っています。
しかも、嫌々やってるわけじゃないので、きついどころか失敗しても次の意欲がわいてくるので今のところはこのスタンスで行こうと思います。

今回は10mm上げた分、シート幅も大きくシェイプしてシートの角のRを大きくしてみました。
雪の便りも聞き始めましたが、もう少し乗れそうなので新しいシートで出かけるのが楽しみです。

 

 

張替え済みの中古のシート R100GSパリダカ

もう一つR100GSパリダカのシートを作ってみたくて中古を探していました。
中古と言っても、R100GSのシートは程度の割に中々なお値段がします。
特に慌てて探しているわけではなかったので、お値打ちなものが出てこないか見ていたらアンコ抜きされているけど、改造ベースとしては良さそうなものがあったので購入。
見た目には綺麗。
しかし、触って分かる???な部分多数。
このまま使うつもりは毛頭ないので分解します。
他社の仕事ってなかなか見る機会はないので細かく観察してみます。
私が他社の仕事を覗くように、ノグチシートも中身をバラバラにされて観察されているかもしれない。そう思うと、こうして観察することで得るものがあるかもしれないし、絶対これはやっちゃいけないよなぁというのもよくわかる。
さて先ずはカバーを外します。
いきなりびっくりした。
カバーを止めるタッカー針が8mm。
側面なんか打ち方が悪いと内股に刺さるし、座るところはウレタンの厚みがあるからお尻に刺さることはまずないだろうけど、シートベースを突き抜けた針でウレタンがボロボロになる要因でもある。
ちなみにノグチシートは6mmの針で加工しています。たった2mmの差と思われるかもしれませんが、詳しい説明は省きますが、これがものすごく大きな差なのです。

カバーの生地は発泡レザーで、いわゆる家具用。発泡層があるから柔らかくてソファやダイニング椅子にはちょうどいい。しかし、その分引裂きには弱くバイクには不向き。ノグチシートでは非発泡レザーを使用しています。一部発泡レザーを使う場合もありますが、この場合の発泡レザーは十分に耐久性のあるものを使用しています。

防水のビニール。まぁ一般的な方法ではあるけど、これだとカバーが動いちゃうんです。カチッとしない。ノグチシートではEVAのシートを全体に糊付けして防水しています。
タンデムシートにはアンコ盛りのつもりか、それとも柔らかい感じを出すためなのかフワフワのウレタンが貼り付けてありました。
見た目には高さも上がるし、座った瞬間にふわっとしてお尻に優しい感じがします。が、そう思うだけで効果はたぶんないです。プラシーボ効果的に「あっフワフワなソファみたいだ」という先入観から楽に感じるかもしれません。でも、長続きしないと思います。
ノグチシートではちょっとしたアンコ盛りでもオリジナルウレタンで成形しています。
最後にシートベースとウレタンを分離します。
このシートはもともとカバーがブラインドリベットで留めてあります。
古いカバーを外すにはブラインドリベットの頭をドリルでもんで、反対側の膨らんだ足を残さず取り除かないといけません。
思った通りウレタンにめり込んだリベットの足がポロポロと出てきました。

ノグチシートの問い合わせフォームには他社で加工済みかどうかという質問がございます。加工内容によってはここで書いたことよりももっとすごいことになってる場合があり、再加工ができないものもあるためにそういった質問をさせていただいております。

見えないところの仕事というものがいかに大事かという事を再度考える良い機会になりました。

さて、このシートがどう生まれ変わるか、また報告します。

ちなみにインスタでは日々作られているオーダーシートが掲載されています。
一度ご覧ください。