小物入れとか色々

ミシンと材料とちょっとした技術があれば、こういう小物入れなどの創作意欲が湧いてきます。
最近は忙しい現場の邪魔をしない程度に、工場の隅っこでチマチマとアイデア出したりしながら、自分の欲しいものを作っています。

こんなものや
商品化を狙ったこんなバッグなどやってました。
たまにミシンを踏まないと感覚が鈍るというのもあります。
さて、次の製作はCT125 ハンターカブのセンターキャリアに乗っける小物入れ。
なんとなく買って付けたまではいいけど、機能と言えば乗車するときにこの部分に足が当たって塗装を傷つけることが無くなった程度。
なので、ここに小物入れを付けて、今まで後ろの箱の中に入っていたサングラスや・・? まぁ小物入れを付けたからと言って入れるものは少ないんですが、とりあえず作ってみたいので開始。
先ずは画用紙などの少し腰のある紙で横から見た大きさを決める。
キャリアの幅があるので、横からの形が決まれば後は自動的に寸法が決まる。
形を決めた画用紙を清書して、これを生地の型紙にする。
1回作るだけなので、全ての型紙は作らずに基準となるものだけ製作して、あとは進めながら寸法を拾って生地を切る。
ファスナーはロールで買ってあるので、必要な長さに切ってスライダーを装着して作ります。
これで袋になりました。
ぐるっと裏返すと出来上がり。
早速取り付けます。
ここに
こんな感じに取り付きました。
ファスナーが2本の理由は
こういうことです。
片手で開けられて、片手で閉めることができる。
それと開口部が広く取れるので出し入れがしやすいんです。
この大きさなら乗車時にぎりぎり邪魔にならないかなと思うし、まぁまぁ合格な収まり方となりました。

ちなみに何個か作った自分用のシートですが、この色のウルトラスエードが気に入ってずっとこれです。既にこのシートで3,000km走ったかな。
高さを+15mm、衝撃吸収材T-NETの挿入とのんびり走っても、林道攻めても楽しいシートです。

 

 

 

VEGAS to RENO 2021 JCR/HONDA

ベガスtoリノが開催されました。
HRC CRF450RALLYでダカールの覇者、昨年の本レースの優勝者リッキー・ブラベックが参戦。
先月作ったリッキー専用のウイングシートが装着されています。
右のシートは今年新たなチーム員となったキンタニラ選手のシートです。

ピットではノグチシートの工具巻きやスペアタイヤカバーが活躍してます。


そして、リッキーのピットはジョニーキャンベルレーシングのスタッフ。
バハ1000で何度も優勝を経験した熟練のスタッフたちが、それぞれの役割をテキパキとこなしていきます。

ここにもテーブルの上にノグチシートの工具巻きです。




連覇はなりませんでしたが、2022ダカールに向けてこれからの調整が勝負かと思います。

 

 

 

ツーリング

一昨年くらいから週末の休みや大型連休は必ずバイクで出かけています。
20代の頃のように乗りたくて仕方がないレベルで乗ってます。自分としては「シートが良いから乗りたくなる」って勝手に思ってますけど、とにかくバイクで出かけるのが楽しくて仕方がないですね。

わりと休みが多い会社なので、すべての休みをバイクにというわけではないのですが、30代-40代の頃に比べると乗る頻度が比べ物にならないくらい多いです。
もともと落ち着きない性格ではあるのですが、休みに家でゴロゴロしてたことはほとんどなく、今のように頻繁に乗らなかったときは、休みでも会社に行ってこそこそ何かをやったりしてずっと仕事漬けな感じでした。
贅沢なことに現在の所有バイクは CT125 CRF450L R100RSとそれぞれ遊び方の違うバイクを所有しているので、その日の気分で遠くへ行ったり、山に行ったり、のんびりとことこ走ったりと楽しんでます。山で朝ごはんを作るというのを始めたのも多く乗るきっかけになったかもしれません。

思い付きで出かけるのでソロツーリングが多いです。

少し話はそれますが、ちなみにすべてのシートは「ダカールスペック」で、衝撃吸収材T-NETを入れて私のポジションに合うように形状変更して、カバーはすべてウルトラスエード(アルカンターラ)を使用しています。
特にこの季節、5-6時間乗りっぱなしだったり、炎天下にバイクを駐車しなければならないときなど、シートの温度は上昇するばかりです。
ウルトラスエードのカバーだと、ビニールレザーに比べて圧倒的に温度が低く、通気性があるためお尻が蒸れません。ビニールレザーに比べて高価なカバー素材ではありますが、一度使うとビニールレザーには戻れなくなります。

数年前までは、シートのテストということで半ば強制的に2日で1500キロ走ったり、衝撃吸収材T-NETを使って極端に薄いシートで走ったり、様々な悪い条件のシートから快適なシートのヒントを得ていました。
シート屋がバイクに乗ってなくて良いシートができるわけがないというのもあたのも確かですが、乗りたくてしかたがないという気持ちの変化が自分でも面白いのです。

以前にも書きましたが、自分のシートはどうすれば快適かという答えが見つかってからは、おそるおそるテストをしていた状態に比べて、変に構えずバイクに乗れるようになりました。
例えばR100RSを購入したのが今年の2月なのですが、既に5000kmを超える距離を走りました。先日のツーリングも12時間で530kmと距離も時間も長いのですが、全く苦痛を感じないのであちこち寄り道していると自然と時間も距離も伸びてしまいます。


景色の良い場所や神社仏閣、美味しい食べ物、今まで見たことがないものに興味は尽きないので、それらの興味を削がれるような苦痛を伴った旅はしたくないというのがノグチシートの基本コンセプトなのです。
ダカールラリーのシートも同じです。こっちは観光ではないのですが、勝つための集中力を保つための部品としてシートがあると私は考えています。
不快な居住空間から研ぎ澄まされた集中力は生まれないと思うので、限られたスペースの中で先進の素材と技術を使用してライダーが常に集中していられるクッション性を考えてシートを作っています。
ダカールラリーで優勝したシートにも一般のお客様にも同じ素材を使用しており、それが現在ダカールスペックシートとして、広くお客様に喜んでいただけています。

世界一過酷なダカールラリーでシートを試し、自分自身でも試して納得したシートが現在のノグチシートです。
これが完成形ではなく、加工技術や素材は常に新しいものを試して、少しずつですが進化しています。
先日ツーリング途中のパーキングで、ノグチシート装着のバイクを発見しました。ライダーのお話を聞くことはなかったのですが、たくさん荷物を積んで旅にでるバイクのシートにノグチシートが使われているのはとてもうれしいです。
もっとこうした光景が見られるように頑張っていきたいと思います。

 

 

 

CRF250Lのシートについて

新型CRF250L、最近よく見かけるようになりました。
新型CRF250Lのシートは、すべて共通だった旧型と違って、250L<S> Rallyと全て違います。

CRF250LとCRF250L<S>は車体写真でその違いを見てもらいましょう。
シートの高さは50mmの違いがあります。

そして
写真をずらしてシートのボトムを合わせてウレタンの厚みの比較写真です。
注文部品番号が違うのでウレタンの厚みは変わっているだろうと言う予測です。写真で見ても明らかに薄いので、こうして写真をもとにシート本体で比較すると約20mmほどウレタンが薄いです。正確な数値はわかりません。
Sを買ったけど若干足つきに不安がある場合は、スタンダードのシートを付ければSの足はそのままに少し足つきが良くなります。
逆にスタンダードを買ったけど、少し足が窮屈であれば<S>のシートを付ければハイシートとなります。

次はCRF250RALLYです。
こちらはスタンダードと<S>では55mmの高さの違いがあります。

こちらも部品番号が違うのでウレタンの厚み変更が加えられていると思うのですが、250Lほど写真で見て厚みの違いがわかりません。10mmかなと思いますが、これはわかった時点で修正して数値を記載します。

LとRALLYではシートベースから違っています。
2つ並べて見て見ましょう。
左が250L<S>      右が250RALLY(Sではないスタンダード)
ウレタンが厚い250L<S>のシートよりも250RALLYのスタンダードのほうが厚いです。250RALLY<S>のシートがまだ手元に無いので何とも言えないのですがSになっても20mm厚くなると言ったことはなさそうな感じです。

座面の幅は同じように見えますがRALLYのほうが若干広めです。
広めだけどシート高による足つきの悪さを解消するために、全部がLより細めにシェイプされています。
タンクに面する部分は、ビッグタンクのRALLYのほうはタンク幅に合わせた幅広になっています。

前から見るとその違いは明らかです。

シートベース(底板)は似てはいますが違います。
手前がRALLYなのですが、ラバーマウントとなっています。
ウレタンの厚み、シートの座面幅、ラバーマウントと、250Lに比べ250RALLYはより長距離走行を意識したシートになっていると思います。
と見たまま色々書きましたが、いやいやそこは違うよ!と言う中の人がいましたら、こっそり教えてください。自分で見たことのように訂正します。

部品の共通化によるコストダウンは当たり前の世の中ですが、こうしてそれぞれのモデルの専用シートがついていると言うのはすごいなと思います。
また、先に書いたように厚みの違うシートが存在するので、ポジションのセッティングの幅が広がるのも良いと思います。
もちろん、当社でシートの高さや幅、衝撃吸収材T-NETの有無、カバー地をビニールレザーかウルトラスエード(アルカンターラ)するかなどの、細かなオーダーをしていただくことで、お客様に合わせたシート作りが可能です。
新型のシートはすでに多くの注文が来ております。

製作例です。
CRF250RALLYのダカールスペックシートです。
カバーはウルトラスエード。

既存のシートでは満足できない方の相談にいつでもお応えいたします。

皆様からの問い合わせお待ちしております。

 

 

 

 

モトグッチV7の張替え MOTO GUZZI V7Ⅲ

モトグッチV7の張替えです。
元はこの車両ですが、タンクの塗装をすると言うことで、それに合わせたシートカラーに変更したいと言うご依頼でした。


ウルトラスエードのインディゴとネイビーを組み合わせて、ステッチはタンクに合わせたオレンジ、座面のタックロールは2本ステッチを入れることで凹凸をより強調させています。

MOTO GUZZIのロゴは刺しゅうで入れました。


ウルトラスエードは起毛によって、見る角度で明るく見えたり暗く見えたりします。

ご依頼いただきありがとうございました。