冷え冷えマフラータオル

昨年九州に行った時。あまりの暑さに頭がくらくらしてきたのでコンビニで凍ったジュースを買って、それを首に巻いて炎天下の中700km一気に走りました。

それまでも、夏の暑い日に走る時は小さな保冷剤をタオルに巻いて走っていました。
先日現場のパートさんがマフラータオルに刺繍を入れて遊んでいるのを見て、マフラータオルで保冷剤を固定出来たらいい感じになるのではと、早速作ってみました。
市販のマフラータオルに保冷剤のポケット付けただけです。
なるべく冷え冷え時間が長持ちするようにポケットはネオプレンです。
首に当たる部分はタオル地なので肌触りは良いです。ポケットをネオプレンにすることで外気で保冷剤が早く暖かくなるのを抑えます。
赤いテープはネクタイ通しのようなもので、ここに反対側のタオルを刺すことで首に巻けます。
こんな感じですね。
なんかね、首にタオルを結ぶとあまりかっこいいものではないし、何とかスマートにしてみたいんです。
後ろから見るとコルセットつけてるみたいだな・・。
でも2部屋に分けて保冷剤を入れているので、首にフィットしていい感じで冷やしてくれます。冷え過ぎの場合は首と保冷材の間に何か1枚入れれば温度調整も可能です。
自分で欲しかった物なので結構気に入っています。
これもまた売るかどうか決めていませんが、タオルのロゴ入れて売るよりは良いかなと思うので、少し考えてみようかな。

 

 

梅雨入り前に

20代のように、雨の日だろうがお構いなしに乗ることは無くなりました。
なので、梅雨入り前の、そして灼熱になる前の今の一番良い時にバイクに乗らずにはいられません。
バイクに乗り始めて40年近く経つけど、飽きるどころかブームは過熱するばかりです。

とりあえず晴れれば乗ってます。
一人で行くことが多いけど、友人に誘われたり、誘ったり、山で朝ごはんしたり。

4年前に思いついて始めた朝ごはんツーリング。
ラーメン作ったり、ご飯炊いたり。
失敗もあるけど、それも含めて楽しい。
友人たちと山奥まで探検に行く。
走る時間より喋ってる時間が長くなることもあるけど、それも楽しいんです。


シート屋だから乗らなきゃと思うことも最近はなくなりました。
義務感に苛まれて乗っていたこともあったけど(というかシート屋なら乗りまくって研究しなきゃダメという考えで生きてきました)自分が作るシートは乗ってて気分が良いので、余計に乗りたくなるんです。
たくさん乗ると気づくことも多くなるので、気になれば直ぐに対策するし、それが今のノグチシートを作っていると思っています。
ハードな道からロードツーリング、さわやかなオフロードツーリングと、いろんなところを走っていると自ずとシートのアイデアも浮かんできます。
数台バイクを所有するというのは贅沢な話ですが、僕の場合はそのおかげで余計にバイクが好きになってきた感じです。
そう、不具合が出ても、それはそれで楽しいものなんです。

 

 

 

ハイグリップシートカバーでヘラスラリー優勝!!!

少し前にノグチシートに遊びに来てくれたToni Mulecがギリシャで行われたヘラスラリーで優勝しました。
トニーとトニーを紹介してくれた友人の池町(2000のダカール2輪総合10位で今年のダカールでも完走)そして僕。

会社に来てくれた時に、手ぶらで帰ってもらうのもなんだなと思って、テスト中のグリップシートカバーを渡して「ハードエンデューとかモトクロスで試してみてよ」と伝えたんだけど・・
ハスクのラリーマシンに張り込んで「これからギリシャのラリーだ」ってインスタに上げていた。
グリップ強すぎて7日間のラリーで色々問題でないかなと思ったんだけど、

「大丈夫!このグリップすごく良いぞ」ってコメントが返ってきた。
だって、プロローグランでこのタイヤ・・・・
砂漠のラリーと違って、ギリシャの山岳地帯の高速林道を「ぶっ飛ばす」ラリーなので、ハイスピードに耐えうるグリップが必要なんだという。


そして気になるのがグリップシートの耐久性。
トップライダーの激しい走りを7日間支えたシートはどうなっているのか。
帰り支度で忙しいトニーに無理を言って写真を撮って欲しいとメッセージを送ったら。
「今フェリー待ちなんだ。バンに積んでしまったのでこんな写真だけど大丈夫?」
「僕が見たところ、シートカバーに破れやグリップ素材の欠損もないし、何よりまだまだ使えるよ」

と嬉しい返事が来た。


見る限り全く問題はないですね。
いよいよこのシートカバーは、もう少し広げて行っても良いかなと思えてきた。
ダカールラリーで15位に入り、ルーマニアクスでは2位、今回のヘラスラリーでは優勝と、いわゆる世界で活躍するトップライダーがモニターとなってテストしてくれる機会に恵まれたことに感謝しかないです。
たとえ悪い結果が出ても先に進めるし、良い結果が出た場合はさらに良い方向に行ける。
カバーの開発という今まであまりやってこなかった分野なので楽しいです。
ちなみに自分でも試しているのでその感想を少し。
グリップさせるためのパッチは薄い基盤の上に細かいヒダが108個並んでいて、そのヒダが前後左右の動きに追従しパンツにしっかりと刺さるので高いグリップ力を発揮しています。薄さとヒダの細かさのおかげで着座時にお尻にそれがあることを感じることがありません。普通に座るだけだとグリップ素材がそこにあることが分からないレベルです。
体重移動時にはひっかる感じは無いのですが、不意に振られたときや、急坂で体が遅れそうになる時も、お尻がずれないので足の踏ん張りがいつもより効きます。言葉で旨く伝えられないですが、自分でも気に入ってます。という事です。
トニー 優勝おめでとうございます。

 

 

ハイグリップシートカバーの開発

ふとした思い付きで製作に取り掛かったハイグリップシートカバー

このヒダヒダが付いたパッチを高周波ウエルダーでシートカバーに溶着して、超グリップいいシートカバーでハードエンデューロの、しかもマディーでツルンツルンするシートをこれでカバーするというもの。
当然自分のシートでもテストはしているけど、CGCのような国内ハードエンデューロには出ていない。
なので、それに出ている友人に人柱になってもらって耐久性やグリップ性を確認してもらっています。
ちなみに練習走行では上々な感触でした。

ドロドロになろうが高圧洗車しようが、まだグリップ部は壊れていない。
なので、そのまま5/25の大町でのCGCに参戦してもらいました。





——————————-
今回はシートのテストをかねてたから体力温存作戦でシッティングで走ってたけどダウンヒルもヒルクライムもグリッパーにケツ置いて全く滑らんから腰が安定してステップに常に入力されて安定して走れた。
ケツがずれないと腰でバイク扱いやすいから腕に余計な力が入らないし腕上がりもいつもよりないね。
長丁場のハードエンデューロにはベストシートです。
ひとつ難点というか。 グリップ良すぎてモトパンがグリッパーに食ってズリ下がってくる。ストレートで何回もモトパン上げた。🤣🤣
100分でグリッパーの欠けもなく耐久性も問題ないでした。

—————————————-

少し前まで魂の1周が目標だったのに、今回は一桁に入るんじゃないかというところまで善戦しました。もちろん本人の練習の成果ではあるけれど、それの補助としてシートカバーも貢献できたと思っています。
特に腰が安定することで、常にステップに入力できることはとても良いと思います。
ちなみに、練習に使い、レースも終えたシートを確認。

汚れは別にして(たいして汚れも付いていませんが)グリップパッチの剥がれや欠損、摩耗等まだ新品に近い状況なのでどこまで使用できるか引き続きテストです。次回は夏のレースだそうです。
すべり止めとは関係ないのですが、両サイドの大きめのノグチロゴも溶着でついているのですが、これも問題は全くないとのことでした。

さらに、このグリップシートをインスタで見たという韓国のリュウさん
彼はダカールの完走もしており、韓国ではハードエンデュ―ロとそのインストラクターまでやっているとの事。
カバーを売って欲しいと言われたけど、一度試してよと送らせていただいた。
早速、綺麗に張りこんで使ってもらっています。

さらに
今年のダカールで15位という成績を残し、ルーマニアクスでは2位などとハードエンデューロでもトップライダーのトニーさん。
先日、これも今年のダカールを完走した旧友の池町に連れられて当社を訪問してくれました。
ハードエンデューロで使ってみてよ。インプレとか要らないから、遊びで使って。と言ったのに・・

いきなりギリシャのヘラスラリーで使ってる!
長丁場のラリーではこのグリップが仇となるかもしれないのにと思いつつ、こんなトップライダーがこうした場所で使ってくれることはめったにないので、ノグチシートとしてはありがたいです。
だってね、見てこのタイヤ。
プロローグランだってのに、センターのブロックが全部ぶっ飛ぶほどの走り。

いずれにしても、まだ販売とか全然考えていないけど、こうしたテストの結果が積み重なっていくのは楽しいです。
いずれは何らかの方法で売りたいな。

 

 

 

 

レッドブルフライトデイ神戸に参加してきました。

レッドブルフライトに参加してきました。

いやー何から何まで楽しかったです。


このチームに誘ってくれた「お米食べて―TEAM」の服部さん。
そして、チーム員の皆さんありがとうございました。
期待の問題を指摘されて、あわやDNSという事態でしたが、開始5分前までに仕上げる機動力とか、飛ぶだけではなくてパフォーマンスの調整とか、衣装合わせとか、もうね全部楽しいの。

詳細は以下のリンクを是非ご覧ください。

「お米食べて―!」TEAM

ヤフーニュース