ウルトラスエード(アルカンターラ)の耐久性

それにしても、よく乗っていると自分でも思います。
BMW R100RS
乗っても見ても楽しい。
購入して約10か月で6,000km走りました。
その間にCT125やCRF450Lで走ってますので、この期間バイクでの走行はトータルで10,000kmは走ってますね。
総走行距離は70,000kmになりました。
気になるところと言えば、カンカンという打突音が出たり出なかったりという症状。タペットなどの基本的なところは完ぺき(だと思ってる)なのでネットでくまなく調べては見たけど、素人の質問に素人が答えてそれを素人が閲覧してという地獄なので、6,000kmそのままで特に問題出てないからまぁいいやと楽観することにしてます。

さて、これだけの距離を走ったシートがどんな状況かをお知らせします。
ちなみに雨の走行は1回のみです。
ここまでのシートのメンテナンスは、水を多く含ませたタオルで表面を前後に拭く程度です。前後に拭く理由は、ウルトラスエード(アルカンターラ)の毛並みが後ろから前へと揃えてあるので、前後に拭くことで毛が立ったり寝たりして整うからです。
先ずは作ったばかりのシートの写真です。
撮影の条件が違うので比較にはならないかと思いますが、参考までに見ていただければと思います。
これが作りたての状態です。

そしてこれが6,000km走行したシート

作りたてのシートと比較しても大きな違いは見られないです。
毛玉とか傷は見られません。
色褪せも問題ありません。
当然のことながら、感触の変化もありません。
6,000km程度では表面の変化は当然ながら起きません。
使い方や保管方法でウルトラスエードの寿命は変わってきますが、それほど神経質にならなくてもビニールレザーと同じ扱いで良いのではないかと私は思っています。
引き続きこのシートで走り回ろうと思ってます。

洗い方も以前紹介したように、こんな感じでよいです。

ビニールレザーよりも高価な素材ではありますが、その質感は体感すれば間違いなく満足いただけると思っております。

 

 

 

タンデムソムリエ

野菜ソムリエ 温泉ソムリエ 豆腐ソムリエ・・・
なにか評価する人のことをいつからか xxソムリエ と呼ぶようになったようです。
良し悪しは別として、日本語として定着はしたように思います。

なので、バイクシートのタンデム部分を評価する人をタンデムソムリエと呼ばせていただこうと思う。

相変わらず休日のバイク遊びは、天気が良いのも手伝ってあちこち走り回っています。
海を見に行ったり

ご当地名物を買ったり
友人と朝ラーメンツーリングも定期的にやっています。
どれも相変わらずです。

しかし、毎回バイクは一人。
二人乗りで出かけることは稀なのですが、先日当社に在籍するタンデムソムリエが「久しぶりに、タンデムシートの性能チェックをしてみようかな」というので、私が作ったR100RSのシートのタンデム部分の座り心地を、美味しいものでも食べながら出かけましょうとなりました。

このタンデムソムリエですが、それはもう本当に厳しい。バイクの免許は持っていないのでタンデムシートの乗り心地しか知りません。
ずいぶん昔に作ったシートで出かけた時、1時間くらい経過したころに、刑事がドアを乱暴に叩くあれと同じように僕の背中がどんどんと叩かれました。
どうかしましたか?
「ちょっとバイクを止めろ!」
「信じられんくらいお尻が痛い!」
「ここからバスで帰る!」
「キングオブシートが聞いてあきれる」
と、それはもう厳しい言葉をいただき、なだめて帰宅したことがあります。
もちろん普段は優しい言葉使いです。それほど耐えられないシートだったんだと口調からわかります。
それから何度かの試乗と試作を経て
「これなら一日乗ってられる」
「あの時の痛みがうそのよう」
とまで言われるようになれたので、免許は無いけれど後ろに乗るかもしれない人たちの気持ちも少しわかるようになりました。
頻繁に休憩を入れなくても大人しく乗っていてくれるし、あちこち寄り道も苦にならないし、なにより険悪な空気にならないのがいい。
美味しいごはんでシートの評価を忖度してもらうつもりでもないのですが、車でドライブするのと変わらないくらい気分良くツーリングできればそれに越したことはありません。
この日の走行は250km。
「お尻ことは気にせず乗ってられる」
という評価だったので100点としておこう。良かったです。

タンデムシートに衝撃吸収材T-NETを挿入してアレコレすると、かなり大掛かりな作業となりますが、それに見合った効果はあると思っています。

タンデムシートのご相談も遠慮なく質問お問い合わせください。

 

 

 

フローティングターンがしたい!シートのアンコ抜き。

少し前のことですが「フローティングターンをマスターしたいけれど、そもそも軸足が地面に届かないからお話にならない」という相談を受けました。
ちなみにフローティングターンは下のyoutubeで観るようなやつで、オフロードバイクで山の中で遊んでいるときにこれが使えるとかっこよく見えるし、実際かっこよく上手い人の称号が貰えます。


マシンはKTM150XC-W 2017
依頼人の身長は 157cm
シートのみでどこまで足つき性を向上させることができるかなので、車体の写真を眺めるけど絶望的に厚みがない。どうしたものかと悩む。

単純な考えで「じゃぁシートのウレタンを取っ払うレベルまで下げたら良いのでは?」と思われがちですが、それをやるとどうなるか。
これはノーマルの状態で跨ったもの。
ギリギリ片方のつま先は地面に着くが、腰の位置は中心からずれてしまっている。
ウレタンをシートベース付近まで削ってしまうと、目線は低くなるけれどシートの幅がノーマルよりも広くなってしまい、股間が開いてしまいます。
左の図はシートベースまであんこ抜きをした図と想像してください。
右の図の赤いラインがウレタンを残したままサイドをシェイプした図となります。見てわかる通り、低くなったにもかかわらず強制的に足が外に出されて、足つき性というか足の出しやすさが阻害されています。
なので、単純に削るだけでは低くなっても足つきが良くならないことになってしまいます。

今回のテーマはフローティングターンをするための「踏ん張れる足」を作るためなので、それに特化したシートにしてみました。
シートの前部のアップです。
左がノグチシート  右がノーマル。
ノーマルがかまぼこ形状に対し、ノグチシートは高さは同じながら上面を絞った台形の形状となっています。
座面幅の違いはこの写真でわかるかと思います。
シートのセンターの高さはノーマルと同じままです。
着座部分の座面の幅も同じです。なので、コーナー立ち上がりなどの着座姿勢でのトラクションをかけやすい幅となっており、前部はエッジを立てたシェイプによってコーナーでのホールド感の向上にも役立ってます。
高さを変えないこのシェイプの結果はというと
まぁ撮り方によっては「やらせじゃないの?」と言われそうですが、左のノーマルに比べて右のノグチシートは腰が中心にいて、腰が入ったまま足が着くようになったと言うことになります。
これだと、腰を入れた力強いフローティングターンができる!かも!!!
と喜びの感想をいただきました。
平地では、まだ不安なので段差を利用して練習中の図。
そして、結局これが平地でマスターできたかどうかは謎のまま・・その後聞いていません。
先ずは挑戦するという、やる気になるシートができたことは確かです。

今回は薄いシートのオフロード車の話でしたが、これはどのバイクにも応用が利く足つき性向上の技法です。
ただ削って低くするだけではなく、乗り心地も残しながら安心できる足つきが得られるご提案をさせていただきます。

 

 

会社の食堂テーブルを新しくしました。

 

じゃーん

ノグチシートの社員大食堂のテーブル600x3000の1枚板です。
取引先のTOKOTOWAさんに「良い板が見つかったら教えてください」とお願いをしていました。しばらくして、TOKOTOWAさんからご希望に合いそうな板がありました。と連絡がありそれで進めてもらうことに。
板の表面の仕上げについて「削ってツルツルもいいけど、鋸で挽いた後がかっこいいのでこのまま残してはどうでしょう」という提案を受けて確認をしてきました。

軽く表面をならして鋸刃の跡がついたままのところにオイルを塗ってみます。
なかなかいい表情なのでこちらを使うことに決定。

無垢板というと厚みがあって重厚な和食料理屋さんのイメージになってしまうので、今回の板は35㎜程度の厚さで表面仕上げも通常とは違うので、当社の食堂には、少し変わった見た目の軽さが良いと思った次第です。

今までは量販店のテーブルを並べていて、機能的には問題ないけどかっこが悪い。そう思っているのは僕だけなんだろうけど、せっかくご飯を食べるなら気分がいい空間にして食べたい。

椅子は高価ではないけれど、よく見る50’s 60’sに発表され今でも売れ続けている椅子を置いています。
椅子屋なので椅子はちゃんとしたものを置いて座ったほうがいいに決まっています。広く長く売れ続ける椅子には意味があります。それを毎日見ていて悪いことはないと勝手に思ってます。まぁこれも私の自己満足です。
ちなみに置いてある椅子は、イームズのサイドシェルチェア、ヤコブセンのセブンチェアとアントチェア、ネイビーチェア、トーアの3号椅子、そして当社製の桑沢デザインの生徒用椅子、統一感がないけれどいろんな種類の椅子があると楽しいので良いのです。

テーブルの脚はどこに誰が座っても足がテーブル脚に触れないように、飲食店でよく使われるテーブル脚にしました。4本脚だとテーブルの端っこが使えなくなるんです。

まぁまぁいい眺めです。

これでまた気分良く仕事ができます。

 

HONDA 400X のシート改造

HONDA 400Xのシート改造依頼
> お問い合わせ内容
>タンデム時にフロントブレーキをかけた際に、後ろに乗ってる人が前にずれ落ちてきて非常に運転に気を使います。

> ズレ落ちを低減出来る加工が有れば、加工をお願いしたいです。
> あとは当方は問題ないのですが、奥さんが運転する際に足つきに不安があるみたいで、乗り心地が悪化しない程度に足付きが良くなる加工が有れば、加工をお願いしたいです。
> あとは長距離を乗っていると、尻が痛くなってしまうので、乗り心地の改善をお願いしたいです。
> シート表皮は、タンデム側が前にズレ落ちてこない様な表皮が有れば、その様な表皮でお願いします。
> おすすめの加工プランをご提案よろしくお願いします。

数回のメールのやり取りと、サンプル生地を郵送して決定した内容が
ライダー部に衝撃吸収材T-NETの挿入。
ライダー部の前部をシェイプして足を出しやすくする。
タンデム部は前部を盛り、前へのずれを低減する。
生地は座面にB-33 その他をB-56とする
ロゴはウエルダータグ

完成写真です。
ノーマルの写真と並べてみます。
タンデムシートの形状の違いがわかるかと思います。

お客様より
到着したシートを装着し、日帰りで約550キロのツーリングに行ってまいりました。シートの乗り心地、タンデムシートの形状共に満足しております。
施工ありがとうございました。

ご満足いただけたようで安心いたしました。
ありがとうございました。