BMW R100GS

BMW R100GSのリフォームの紹介です。

持ち込まれたシートはカバーは経年劣化で硬化しており、表面のウレタンも劣化が進んでいました。
劣化部分を取り、オリジナルウレタンでアンコ盛りして青の部分はウルトラスエードで張り込みました。

1

無題

 

サイドの白部分の切替は、右の手掛け部を基準にしました。

青と白のバランスはこれが良い感じかなと思います。

R100GSの場合、タンクの上に乗っている部分と座面との間に1か所切替を入れさせていただいております。ノーマルのこの部分は1枚で張られていますが、皺の発生があるためそのような方法をとっています。

お客様からは、硬さグリップ共に満足ですという評価をいただきました。

だいたいのバイクは黒のシートが一番似合うといつも言ってるんですが、こうして見るとR100GSの青/白は黒より良いと思います。

皆様の参考になれば幸いです。

 

 

BMW R1200GS Adventure  シート改造

fyxplnslBMW R1200GS-Adventure

お客様の要望は
* 形状変更は無し
* 前後とも 衝撃吸収材T-NETを挿入
* 前後とも 張替 (ウルトラスエード)
と言った内容でした。

生地サンプルのやり取りを経て、カバーはウルトラスエードの青、側面はB-33に決定。
ウルトラスエードとB-33の切替は、ノーマルから少しずらしてデザインし直して、後部座席両側にウエルダータグを溶着。

IMG_1108 (1024x746)IMG_1112 (1024x710)お客様から写真と共に評価もいただきましたの紹介いたします。
・・・・ 連続走行はまだ450キロ程度ですが、非常に気に入りました。純正より少し沈み込みがあり、足つきは約2センチほど改善されています。また、お尻へのあたりもソフトなため、1,000キロ/Day走行もかなり疲労軽減に繋がるのではと思います。路面からのインフォメーションもより多くを受け取れていると思います。適度な滑り止め効果も◎です。配色もチタンエキパイの焼け具合とのバランスもよく、正解でした。 ・・・・

IMG_1110 (1024x700)気に入っていただけたようで安心しました。

 

 

 

BMW R100GS ザウアータンク仕様

1

見た目に相当なインパクトですねタンク容量は50リットルと言ったところでしょうか。このタンクはザウアータンクというそうです。
オールドダカールの雰囲気が伝わってくる写真です。
今回はこのザウアータンクを取り付けるにあたり、シートの製作を依頼していただきました。
66以前にもこのシートを製作させていただいたお客様です。

ザウアータンクタンクを単体で見ると、これがバイクのタンクと思えない風体です。
87タンクによってノーマルシートが装着できないため、シートベースから改造です。
この辺りの改造は、このタンクの装着を請け負われたショップ様に加工いただいております。
554さてここからノグチシートの出番です。
細かな形状などを打ち合わせて張り込みをして完成です。
ウレタンの足りない部分などは当社のオリジナルウレタンで再成形しますので、腰のある乗り心地となります。
1 23
44タンクのカラーはこんな感じになるのかな。

今回も白いレザーにスエード調生地がいい感じでマッチしていると思います。
ご依頼ありがとうございました。

 

 

シートの断熱 Thermal insulation

オフロードバイクだとシートから伝わるエンジンの熱というものを感じることがないのですが、ロードバイクや一部のオフロードバイクでは「低温やけど」しそうなくらい熱いという話は昔から聞いていました。
特に夏場そんな相談を受け、苦肉の策で断熱マットをシートベースに貼り付けたりもしました。
最近では市販車でもその対策がされているものが見られます。
簡単ですがその紹介です。

ktm-duke-390KTM DUKE390 この排気量になってシートの形状はそのままに、熱対策がシートベースに施されています。
IMG_8042左がDUKE125  右がDUKE390 裏から見ると390のほうにブラインドリベットで何かが留めてあります。
IMG_8045重さも違います。こちらはDUKE125です。715gです。

一方 DUKE390というと・・
IMG_8046約300g重い 1056g。 リベットで止めてあるのは3mm程度の鉄板です。これによって熱が内股やお尻へ伝わりにくくしてあります。

次はBMW F800
01赤いラインがシートベースのボトムです。矢印で示す断熱材がシート上面より約20mmほど下に挿入されています。
IMG_8047裏側から見ると指で触ることもできます。こちらはKTMのように鉄板ではなく、分厚い硬質の発泡ポリエチレンが入っています。
ポリエチレンといえばキャンプマットなどにも使われていますね。断熱効果も高く軽い素材です。が、いかんせんクッション性はまったくなし。
そしてF800に入っている断熱材は分厚く、普通にアンコ抜きをすると硬くて座ってられません。
なので、当社ではT-NET挿入などでクッション性を残しつつ、断熱性能も維持するレベルでポリエチレンも同時に削り込みます。

これらのように熱対策がされたシートの加工は余計に手間がかかります。
見えない部分なので、こうして簡単な写真ではありますが皆様にお知らせできたらと思っています。

自分のシートが、希望の加工が可能かどうか知りたいというお客様も遠慮なくご相談ください。

シートの中を知っている当社がお答えいたします。

BMW K1200R SPORTS 張替

BMW R1200Rスポーツの張替です。
お客様からの要望は添付の写真にていただきました。
仕様このシートはカバーとウレタンが一体成型されているものなので、Aで示す部分と④のコブは再現できません。K1300なども同じです。
さて、お客様の要望は白いラインで生地を切替て、白のダブルステッチ。アクセントで④にカーボンレザーを使用しロゴを刺繍。
K1200Rスポーツ041K1200Rスポーツ088