450ラリーレプリカ?? CRF450RALLY Replica

イタリアのミラノで始まったEICMA2018
ホンダブースに展示されている1台のマシン
CRF450Lをベースに製作されたプロトタイプCRF450RALLY レプリカ。

このシートをノグチシートが製作しました。
シートは製作しましたが、このシートを製作する段階でもこんなマシンとは知らず・・
シートの図面に基づいて製作したのみなので、このマシンの詳細は何も分かりません。
どんな架装がされていて、発売するのかどうかなど分かりません。
先日写真をFBやインスタに上げたら、思った以上に海外から問い合わせが来て、いつ発売なんだ? 誰が作ったんだ? などなど。
ありがたいことにCRF450Lのシートの依頼もちらほらあって嬉しいです。
それとシートにノグチロゴを添付させてくれたHONDAの懐の深さにも感謝します。



一緒に展示されている本物のCRF450RALLYと並べてみました。


こうした写真が直ぐにイタリアから届くというのも時代だなぁと思うし、「野口のシートが付いてるの?じゃぁ写真撮ってくるよとイタリア在住の友人が撮って送ってくれるっていうのもありがたいです。

気になる人もいると思うので書いておくと、と言うか自分が一番気になって仕方がないんですが、シート先端右側に皺が出ているんです。
椅子の張り屋において皺というものは恥でしかありません。
わざわざ皺を作って出荷するなんてことはなく、何らかの要因で発生したんだろうと思うのですが、こういった皺が出ないためにもあらゆることを想定してシートを作らなければといつも思っています。いつも思っていても、こうした問題は出てしまうものです。毎回反省しながら前進するしかないですね。

実際に発売された嬉しいなぁ。ノグチシート付きで!

 

 

ダカール用シートの製作 HRC with Noguchi seat to DAKAR Rally 2019

わたしのFacebookのタイムラインでは世界各地のラリーの話題でにぎわっています。
先ほど行われたアタカマラリー、RUTA40では共にHRCライダー(ケヴィンとパウロ)が優勝し、ここから調整をさらに重ねて2019DAKARに挑みます。

2013から数えて7回目の契約をHRCと交わしました。

今回もテクニカルサプライヤーとして、シートなどの協力をしていきます。

現在、各ライダーから出た詳細なオーダーを、過去のデータと見比べながら製作を進めています。


各ライダーの好みは毎年変わり、今年もシートカバーの素材から、フォームの硬さまで色々と細かな指示をいただきました。

シートに対してこうした要望を出してもらえるという事は、それだけの機能があり、期待もあるという事で理解しています。いつまで期待されるシート屋でいたいと常々思っています。

小物類も出来上がっています。

小物ではないけれど、ラリーの現場では定番?となってきた工具巻きもHRCのロゴを入れて完成。



まだスタートまで4カ月近くありますが、シートも含め出来る限りの協力をしながら、夢ではない優勝を見たいと思っています。

 

 

 

For the 2019Dakar. HRC with King of seat.

2018ダカールが終了すれば、直ぐに2019ダカールに向けたテストが始まります。

そして、優勝に向かってHRCも進んでいます。

ありがたいことに2019ダカールも、HRCはノグチシートを選んでくれました。

これからダカールに向けてテストや世界各地のラリーに参戦など、スケジュールは過密に進んでいきます。
毎年作っていると、依頼内容も安定してくるのですが、そこに胡坐をかいて開発が滞ることがないように気を引き締めなければと社員一同頑張っていきます。

様々なシチュエーションで、ライダーが最高のパフォーマンスを発揮できるシートを目指して、当社も頑張って知恵を振り絞って作っていきたいと思います。

 

 

DAKAR2018 Finish! ダカールラリー HRCは2位

今年のダカールラリーが終わりました。
結果は1歩及ばずアルゼンチンのケビンが2位という結果。
今年は久しぶりに復活したペルーのステージから始まり、序盤に昨年の覇者サムがリタイヤ、終盤までヤマハがトップを走り、結果はKTMの連勝という結果に終わった。
YouTube Preview Image
今年は例年になく毎日ワクワクしながら観戦できた。
それだけレース展開もコースの映像も見ごたえがあったレースでした。
ライダーを始め現場のスタッフやそれを支える現地にはいないスタッフの皆様お疲れ様でした。

26231521_10214887724007918_6105813663695538886_nダカールマシンのシートをお手伝いして6年。
やはり優勝は欲しい。それは関わる人、応援するファン全てがそうだと思う。
3今ここで来年の話は私がすることではないけれど、次のシートも依頼があれば喜んで作らせていただこうと思います。そして、優勝を味わいたい。
26229888_1643272409069139_5344771664111382381_n毎日のレポートで流れてくる写真を見て、当社のロゴがちらほら現場から届くのは嬉しいです。
シートに限らず、工具入れや小物類もいろいろお手伝いしてるんです。
26756932_1841171149280238_3149697493044412942_oHRCのチームだけではなく、今までレースの現場で当社の製品を見た人から依頼が来て作った物もダカールの映像に映ってたりすると嬉しいですね。
26240355_2015717425112867_2557577855228028926_oこうして世界中に当社の製品がじわじわ広がっていくのも楽しみの一つです。

We go to the DAKAR2019!

今年もノグチシートはお客様の期待の応えるべく頑張りますので、宜しくお願い申し上げます。

CRF450RALLY ホイールキャリーバッグ  Wheel Bags for DAKAR

長期間に及ぶラリーと言う競技では、スペアパーツなどをトラックに満載して運びます。

それらのパーツたちはきちんと整理され、移動中の振動などで傷がつかないようにされています。
tuaregrallye2012 (312) tuaregrallye2012 (525)
タイヤをホイルに組付けた物を運ぶ場合もあるため、その際にブレーキディスクを保護する必要があります。
今回はHRCから依頼を受けて、ダカール用のキャリーバッグの製作をしました。

IMG_4676

送られてきたCRF450RALLYの前後タイヤセット。レースで使用した後なので、リアタイヤは減り、フロントはリムが凹んだりしています。赤いハブの一品物感が素敵です。

素早く取り出せて、素早く仕舞えるもの。そして丈夫であること。そしてディスクを確実に保護しなければなりません。
IMG_4717開閉はファスナーで行います。ここは私が世界最強だと思っているYKKファスナーの10cを使用。これだと多少の砂噛みを起こしてもファスナーのトラブルは起きにくい。中身が重量物なのでその重さに負けない強度のファスナーという事もあり、これを採用しました。

IMG_4702

バッグの素材は0.5mmの厚みのターポリン。縫製は全て二重の縫製。取っ手も補強付きで破れないようにしました。肝心のディスクが当たる部分は内側にボードを挿入しました。
IMG_4715

IMG_4718

バッグの厚みを見れば、どちらがリアでフロントか分かるのですが、やはりパッと見て分かったほうが良いので、リアはR フロントはFとしました。もちろん両面にプリント。リアのカバーにフロントを入れてしまうことは可能なので、その間違いをしないためにもという理由もあります。こうしたデザインって難しく、いつも自分のセンスを呪うのですが、無難にFとRだけにしてみました。メカニックさんたちはどう思うだろう。

IMG_4722

ファスナーのスライダーに追加のハンドルを考えたんですが、今回はシンプルにコブを付けただけのロープにしました。見た目、安っぽい気もするのですが使いやすさはあるのではと。ファスナーの強度があるので、閉める時にコブを握って引っ張るだけですから。そうは言ってもプラスチック部品なので、変な角度で強引に引っ張れば壊れてしまいます。
メカニックさんたちがストレスなく使用できることを祈るばかりです。

という事で、ノグチシートではこんな物も作れます。特注のカバーなどもいろいろ作っています。

IMG_4716