ダカール優勝者のシート DAKAR Winner’s seats.

ここに2つのシートがあります。
このシートは2020ダカールで優勝したリッキーブラベックのシート

これは今年2021ダカールで優勝したケヴィン・ベナビデスのシート。
2018のダカール後にいただいたものです。形状は今回もほぼ同じです。

もう一度シートを並べた写真を貼ってみます。
この2つのシート、ベースとなるシートは同じものです。
衝撃吸収材T-NETの挿入は同じですが、ウレタンの形状は大きく異なります。
見ての通りリッキーのシートは羽が生えたように左右に大きく張り出しています。
ケヴィンのシートはリッキーのシートに比べると、ノーマルのままのようにも見えますが、高さ、角度等変更が加えられています。
その他、バレダやコルネホも同じくシートの形状については細かなオーダーが出ています。
こうして並んでいるシート全ての形状が違うわけです。
トップライダーは数ミリの変化にも違和感を覚えるので、希望する形状の再現は重要なことになります。
毎回微妙に違う形になっていたらセッティングも出ません。
ライダーから「ここをあと10mm出してくれ」とか「ここの角度を5mmほど変えて」とか言われると、なかなかに大変なのですが、変更後に結果が伴ってくると、その甲斐があったと思います。
昔何かの雑誌の特集で「たかがシート・されどシート」という題名の特集があって読んだ記憶があります。
たかがシートでしょ?付いてればいいじゃない?という考えから、シートによってこれだけ変わるというような内容でした。まだシートがそれほどバイクの性能に重要な位置にいなかった時代の特集でした。それから積み重ねてきた技術がこうして世界の頂点にいるライダーに使われている現実を見ると、シートの可能性はまだまだたくさんあるのかなと思います。
優勝するマシンには、シートだけでも相当なデータとノウハウが詰まっています。
それを考えると2連覇したHRCのCRF450RALLYには気が遠くなるデータの蓄積があるでしょうし、なによりそれを操るライダーも勝つためのノウハウが積み重なってきた結果だと思います。
この結果と共に、これらの技術を皆様から依頼されるオーダーメードのシートに生かしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

ダカールラリー ホンダが1-2フィニッシュで連覇!

ダカールラリー2021
HRCは1-2フィニッシュで、昨年に続き連覇しました。

優勝はケヴィン・ベナバイズ

2位は昨年の覇者 リッキー・ブラベック

レースは序盤から目が離せない展開で、HRCやKTMのトップライダーがクラッシュなどでリタイヤするなど、ゴールするまで優勝は誰になるのかわかりませんでした。
そこで、1-2フィニッシュをしたホンダのチーム力とライダーのレベルの高さが余計に評価されるものとなるでしょう。

そしてこの写真
私としてはこうしてライダーがシートに座ってる写真が好きなんです。
レース中にライダーを支えた重要なパーツの一つとしてノグチシートがそこにある。
ましてや、世界一過酷なレース、ダカールラリーで1位と2位のバイクにノグチシートがついている。

去年も同じようなことを言ったかもしれませんが、今年は2年連続ラリーシートの世界チャンピオンです。と、大声で叫びたいです。
今回はリタイヤしてしまったけど、途中総合トップに立ったコルネホや、ステージ優勝記録を歴代3位までにしたバレダも、次のレースでは十分に優勝できる実力を見せたと思います。
ホンダの今後の活躍に期待しつつ、ノグチシートも進化するライダーにしっかりとついていく技術と知恵を出していこうと思います。


ワークスライダーのように華麗には走れないけどまた砂漠に行きたくなってきたなぁ。ラリーの魅力は尽きないです。
早くマスクのない自由な世界に戻ってほしいです。

 

 

Preparations for Dakar2021 CRF450RALLYシート

ホンダがダカールに戻って8年目の今年2020に優勝した。

その勢いで、シリーズ戦など各地のラリーでHRCの活躍に期待をしていたが、COVID-19のせいでほとんどのラリーは中止。いつもなら前哨戦のモロッコラリーが行われているはずが、モロッコは入国すらできない状況。
ヨーロッパでは草レース的なラリーが徐々に開催されてきているけれど、まだまだ本格的なレースができない状況。
そんな中、実質モロッコラリーの代替ラリーとして、スペインでアンダルシアラリーが開催されました、各メーカーから精鋭が出場し、見事HRCのケビンが優勝。
おめでとうございます。KTMとハスクが表彰台に居ないのは珍しいですね。

さて、この状況で2021ダカールラリーがサウジアラビアで開催されるのかどうか心配ではあるけれど、主催者が開催すると言い、エントリーが始まっている以上準備は必要。
2021ダカール用シートもノグチシートが担当させていただけることになりました。
ディフェンディングチャンピオンのリッキー・ブラベックのシートをはじめ、ケビン バレダ コルネホ4名のライダーのシートを製作。

ライダーそれぞれのオーダーに従って、全て形状が違うシートを作ります。

来年はHRCのダカール連覇優勝を皮切りに、世界中が盛り上がる年になったらいいなと思います。

 

Vegas to Reno Race 優勝!

アメリカで行われたベガスtoリノでHRCのリッキーブラベックが優勝。

今年はコロナで各地のレースは殆どが中止で、ラリーも同じように開催されていません。ダカール前哨戦のモロッコラリーも無くなってしまいました。

そんな中で開催されたベガスToリノでダカールの覇者リッキーブラベックが優勝したのは嬉しいです。
開催のギリギリで製作したリッキー専用のシートも活躍してくれたようです。
サポートピットでは当社の製品も多く使われていて嬉しい限り。
スペアのタイヤを運ぶバッグ。ディスクを痛めたり、スプロケで何かを傷つけたりしないように補強が入っています。
工具巻きもしっかりセットされています。

こういう挑発と言うかジョークは好きです。
速くないとできませんけどね。

リッキーブラベックの周りには、今年のダカールのチーフメカニックやバハのレジェンドのジョニーキャンベル、更にはケンドルノーマン ジミールイスとそうそうたるメンバーが裏方で支えています。とても素晴らしいチームだと思います。

ダカールが開催されるのか、まだ不透明ではありますが2連覇に向けて弾みが付けばいいなと思います。

 

 

中日新聞にて当社を取り上げていただきました。

取材を受けたのはホンダがダカールで優勝してわりと早い時期だったのですが、コロナだのいろいろありまして、少し遅れて先日掲載していただきました。

世界一

当社が世界一になったわけではありませんが、世界一になったマシンに当社のシートが付いていたことは事実です。
8年間サポートを続けた甲斐がりました。
地元の新聞に掲載されると、バイクに興味のない人も読むことになり、同時に当社の知名度や信用度も上がります。
上がっただけの仕事を続けなければ意味がありませんが、認知してもらえることはありがたいです。

拙い説明を分かりやすい文にしてまとめてくれた記者の鈴木さんありがとうございました。

6/20にも鈴木さんのコラムに書いていただきました。