JCR/HONDA CRF450X Test ride Baja500

6/2にスタートするバハ500 ゼッケン1xを付けるJCR/HONDAのマシンCRF450Xのテストが行われました。サスペンションや細かな部分、そしてなんと言っても気になるのがシート。そのテストの報告をJCR/HONDAの花輪さんからいただいた。

今回はシートウレタン2種類とカバー6種類を送りました。前回サンフェリペ250用に送ったアルカンターラ仕様のシートは「滑る」と言う理由で本番仕様にはなりませんでした。(もちろんアルカンターラが滑る素材ではなく、バハ250で使用するにはというお話)しかし、そのシートはお蔵入りではなくジョニーキャンベルが気に入ってくれてバハで2日間乗ったときは抜群に調子よかったと評価を貰い、プリラン(バハというレースは事前に試走が可能で、それをプリランといいます)では他のみんなも使いたいと言う事でした。

今回は滑り止めに重点を置き、形状にも気を使いました。

そして、テストの結果座面サイド共に滑り止め効果の高いものが評価されて、なんとバハ500の本番で使われるそうです!!!

やったーーーーーーーーーー!ばんざーーーい!って、大きくガッツポーズしちゃいました。

とにかくこれはビッグニュースです。自分でビッグニュースだって言わないほうが言いかと思いつつ、でもこれはビッグニュースなんだから言おう。ゼッケン1x(チャンピオンゼッケンね)がノグチシートを装着して走るんですよ。飛び上がるくらい喜ぶでしょう。だって、マシンの性能を上げるマフラーやサスペンションなどは一般的な改造パーツとして認知されていますが、シートと言うと極端なことを言えば「付いてればいい」程度の認識が、わりと最近まであったと思っています。こうしてJCRのマシンに装着されるということで機能部品としてさらに広くシートの重要性を広めて生きたいと思います。
まだスタートまで時間があるし、ノグチシートが付いたJCR/CRF450Xがトップでゴールするのを願うばかりです。

テントの下に作られたピットには野口製の工具巻き、そしてテストを待つノグチシート。信じられない光景が現実になっている。夢は叶うとよく言うが、夢にも思わなかったことが現実になるとそれまで頭に描かけなかった夢が浮かんできますね。決して欲をかくわけではなくて、ワクワクしたりするけれど緊張でドキドキしたるする夢。益々楽しくなりそうです。

画像クリックでyoutubeへ

 

 

 

 

 

画像クリックでyoutubeへ

続・工具巻き  Tool Roll

先週、ユタ州のナショナルHare&HoundでJCRのメカニックとして行かれた花輪さんから、実践で使用した工具巻きの感想を貰いました。

自分が想像していた内容と一致することや、良くないかなと思ったことがそれほど問題なかったりと、やはり実践で使用しての感想は一番説得力があります。

何よりこうして送られてきた写真がかっこいいじゃないか!

写っているライダーはデヴィッド・カモ選手。今回の結果は6位。カワサキが速かったそうです。KTMのカセリ選手はクラッシュとのこと。

もう直ぐBAJA500!  シートも順調に仕上がっています。今度こそ!

 

 

JCR/CRF450R Test results from JCR

テストは続くよどこまでも・・いや、どこまでもテストが続いていてはいけないんだ。

しかし、ライダーが納得しなければ勝つためのアイテムとして認めるには、まだ足りないものがある。今回のテストはティミーが行った。
結論から言うと以下のとおり。

・シートが凄く固く感じる
・シートの形状はOK、もう少し低くても良いかも
・シートカバーはもっとグリップする素材の方が良い(サイドも上部も)
・もしかしたらシートカバーの折り返しでシートが固く感じるのかもしれない

という事でした。形は良いが、シートが固く感じるのが一番のネガだそうです。カ
バーはもっとグリップする素材があれば良さそうです。

うーーーん・・・今回はシートが1つしかなかったので、思いついたパターンのシートカバーを何種類か同封した。

張替えて試すという面倒をかけてしまうが今回は仕方がない。
先ずは一番グリップ力が高いと自負していたものを張って送った結果が上記の内容だった。ノーマルと比べたらどうなの?と言うくだらない質問をするつもりはない。
ダメならイイ!と言われるまでやるだけである。彼らもプロだし時間も限られている。いつまでも付き合ってられないだろう。しかし、焦って迷った製品を作るわけにも行かない。

連休中に自分でも試してみよう。

Dakar machine 2012  Quinn cody JCR/HONDA

JCR/HONDAの花輪さんから、今年JCRからダカールに出場したクイン・コーディのマシンがJCRに戻ってきたということで、写真を貰いました。
 結果は先のブログでも紹介しましたが転倒によりリタイヤでした。

JCRに戻ってきた当初のマシンは、マフラーがもぎ取れ、メーター周りはぐちゃぐちゃだったようです。これは修復して走れる状態にした写真です。

 


シートの破れは座面の白い部分。転倒時に引っかかったようです。アルカンターラ素材は引き裂き強度がビニールレザーに比べて数倍強いので、引っ掛けても大きく裂けることはありません。

このチェックカードホルダーはJCRで取り付けたもの。蓋がボタン止めになってますね。ボタンだと閉めるときに面倒に思いますが、ダカールラリーの場合いちいちカードを出すことはしません(と聞きました)ではチェックはどうするのかというと、カードホルダー中央にスタンプが押せる穴を開けて 、カードは入れたままでスタンプしてもらいます。

ちなみにこれは数年前にダカールで使用したKTM660RALLYにつけた当社のカードホルダー

これはライダーが現地で加工して、上蓋を上げると窓からスタンプが押せる仕様に改造してあります。

これが今回私がトゥワレグラリーで使用したカードホルダー。スタンプするチェックではないので穴はあけていません。CPでは毎回取り出して時間を書き込んでもらいます。ダカール用であれば、クリア部分に穴を開けて蓋をボタン式にすれば問題なさそうです。

ちなみにこんなのもありました。

カードホルダー単体で売っている物でしょうね。ガソリン給油口にキャップで共締めです。最近のバイクはシート先端がタンクキャップに近いのでこうした方法もありかなと思います。これをアレンジして一度試作してみようと思います。

クインのマシンの話が、カードホルダーの話になってしまいました・・・・・

 

 

 

 

工具巻きの続き

まだまだラリーねたというか、遊びに行ったネタは引っ張るつもりなんですが、これも忘れてません。工具巻きです。

ラリーに行く前に試作した工具巻き。JCR/HONDAのメカニック、エリックが要望した物をアレンジして試作。
試作の模様はここから
 ラリー中、ツイッター見たらJCRのライダー/デヴィッドカモ選手のこんなつぶやきが!!!テストしてるじゃん。うれしいね。

JCRの花輪さんに送った分もテストしていただいています。自分で言うのもなんですが、いい感じやないの?(^^)

ちなみに今回のラリーで工具巻きがどれだけ使われているかについて調べてみた。
しかし、サポートチームがそれを広げているのは一度も見なかったな。

ライダーがこの程度のもを広げているのは何度か見たんですけどね。
これは車に積んであったものを見せてもらった。ハンマーや大きな工具だけまとまって入れてあった。
自分たちのチームも含めて大体こんな感じ。工具箱を置いて、ガチャガチャと工具を探しながらメンテを進める感じ。それを見ていると、やはり工具巻きの使い勝手は良いかもと思うところでした。
サポートトラックも様々でした。
天井にタイヤがいっぱい。下の四角い仕切りは、個人の持ち物を入れた箱を収納する場所です。
彼女が見てるから作業もはかどるんだって!

さぁ、工具巻きもいいけど次はシートだな。もっともっと詰めなきゃいけない。