また延期??中止??

On FASC officail website, they issued out that Takalimakan rally will
be delayed and be held next year. but the confirm date of this rally
didn’t be told.
I heard from Mr. zhu and Takalimakan company, they both said this
rally will be held between April and May 2010.
the following is the website news of delay news.
http://www.fasc.org.cn/bulletin/2009-09-16/266494.html
まぁこの内容ではある意味中止ですね。
2009は中止で2010に仕切り直して開催すると言う考えの方がいいです。
先のダカールのように現場で中止を告げられるよりはいいのかもしれない。
慌てて準備をして、慌ててバイクを作り、多くの人に協力をしてもらって、いよいよ神戸に荷物を運び出港と言う時点で延期の発表。
時間が延びたおかげで練習時間が増えて少なからず勘も少し戻ってきた、ような気がしていた。
毎週末の山トレーニングも楽しくできたし、何より久しぶりに会う友人から「体つき変わったね」と言われるのが嬉しかった。
そんな感じでレースモードはいい感じで高まってきていたのに、とりあえずスイッチオフです。
タクラマカンに関してはですね。
そうです。
代替案を急いで調べているところです。
中国の事をとやかく言ったり、ウルムチが・・誰が・・何が・・・とか言って怒りを何かにぶつけることで自分を落ち着かせることはくだらないからやめておこう。
面白くないことは確かだし怒りたくもなるけど、エントリーすると決めたその時点でリスクも理解したのは自分だから怒っても仕方がない。
それよりも、こうしてラリーに出ると決めて用意してきた道具や体や気持ちがいまここにあるんだからどこかで使わなきゃもったいない!
極端な前向き思考はまわりを疲れさせるのであまり好きではないけど、気持ちの切り替えは必要なのでひとまずタクラマカンは置いといて、ちょっと深呼吸でもしていろんなことを考えてみよう。
とにかくちゃんと準備だけはしてあるんだから焦ることはないな。
行くと言ったら行く。ここを走るんですよ。ここ!

豪華なピットクルーつきレース

ウルムチ・・・
注射針の通り魔・・・デモ行進・・いったいこの国はどうなって行くんだろう。
また、この地域のニュースが世界を賑わせています。
ラリーとかの問題じゃないよな。
まぁ様子をうかがうこととして僕は最終目的に向かって練習に励むわです。
と言うより、なんだかバイクブームがやってきた感じで、毎日乗るのが楽しいし妄想することも(もちろん砂漠走っているイメージですよ)楽しくていろんな思いが膨らむばかりの40歳を送っています。
さて、2週間前のレースは数年ぶりに出場したレースと言うことで気持ちも体もバラバラで、リアブレーキもまともに使えず練習走行の数周で壊して、本番はリアブレーキなしという罰ゲームのようなレースになっちゃった。
今回は信州マウンテンパークでのレース。
そして、今回は強力な助っ人がわざわざ駆けつけてくれた。


三橋淳。 【 HP  Blog 】
今回は友人が応援に来たと言うより先生だな。
練習走行が始まり3周くらい走ったかな。
ひとまず車まで戻り「先生」のお話を聞く。
詳しく書くとどんどん長くなっちゃうので要点をいくつかまとめると・・
腕が上がりにくくするためには、今走ってきたように肩や肘は張らずに、グリップは手首に近い所の手のひらでハンドルを前に押すように握り・・・アクセルをいつ閉じているかを認識して・・・・コーナーを速く走ろうと思うんじゃなくて、しっかり減速してコーナー途中で速度が足りないならアクセルは開けて行く・・・
まだあったな、飛んだことのないジャンプなんか飛ばなくていい。
周回を重ねるうちに飛べるイメージが沸いてくるからジャンプはそれから。
腹筋で走ると言うこと・・・・・・・
着座位置の関係・・・
何故それをするのかを、具体例を挙げて説明してくれるからすごく分かりやすいし直ぐにできることを教えてくれるから実践したくなる。
まだ残っていた練習時間を使って言われたことの復習をして、本番レースでできるように頭の中で整理しながら走った。
もちろんこうして出場するレースは勝ちたいと思うけど、気持ちばかりじゃ怪我もするしバイクも壊しちゃう。
勢いだけで走ってきた昔のようにはいかない面もある。
目標はラリーでの完走。
このブログも一応ラリー参戦ブログなのでエンデューロ必勝ブログじゃない。
ラリーの毎日をいかに楽しく走ることができるか。
もちろん毎日楽しいのはわかっているんだけれど、手に豆ができたり、お尻が痛くなったり、おなか壊したり・・・いくらでも楽しさを半減させる問題は起こりうる。
それらの問題をどうやって対処対応していくか、気持ちの問題が大きいけれどそれだけではない面もある。
うちが作っているカスタムシートもその一つだな。
疲れないシートも大事だけど、疲れない走り方や転ばない走り方も大事に決まっている。
今回はいい勉強になった。
それに、上手くなった気がするからまた乗るのが楽しくなってきた。


・・・・・・・・・・・・・・
結果ですか?
はいはい、また最下位です。
今回も言い訳させてください。
1時間2ヒートのレースで、1ヒート目はそうは言っても真ん中あたりより下くらいかな。
自分としては悪くないと思っていた。
2ヒート目で少し頑張ろうと思ってスタートした瞬間!
ボボボッ・・・
あーーーーーっ 
プラグ終了。
パーンパーンってレーシングさせていたし、カブル要素なんてないはず・・・が、カブリました。
そんなもんなんですか?
そんなもんなんですよね。
歩いてプラグを取りにいき、付け替えて走ることができた時にはトップは3週目。
でもいいんです。
せっかくここまで来ていろいろ教えてもらったんだからゴールまでは走らないとね。
集中し続けるってのもラリーでは必要な要素ですしね。
そして、表彰式。
家族も同伴だったので子供が周回チェックの所で「おとーさんがんばれー」って声を上げていたので、家族の応援が素敵でしたと「アットホーム賞」なんて貰っちゃいました。
ちっちゃなレースクイーンがとても可愛かったです。
山の中の小さなコースでしたが、レース全体もアットホームな感じで素敵でした。
まだまだラリーまで練習は続く・・・・

無題

ブログの更新もすっかり滞ってまして、更新を楽しみにしている方には申し訳なく思ってます。
が、ラリーネタが毎日のように続くこともないので、いっそこのブログを雑記帳的な感じにしてはどうかな、とも考えています。
さて、今週末はまたまた懲りずにレース!
今度は2時間のレースです。
壊したバイクは現在トライで超修理中。
言い訳無用の修理にレース結果がどうなるのか楽しみです。
もう一つの楽しみは、ピットサービスをしてくれる友人。
ライダーとピットクルーが逆じゃないの?と、知っている人ならそう思うかもしれない人物が冷やかしに来てくれます。
とにかく勢いで出場を決めたタクラマカンラリーだったけど、延期のおかげ?で練習時間はたくさんとれるし、気持ちの変化も生まれていい感じになってきました。
写真は今回一緒にタクラマカンラリーに出場する池町さんが主宰した、クロスオーバーライドに出場した時の写真。
今じゃ考えられないけど、XR650なんて乗ってたんだなぁ。

久しぶりのレース参加

さて、行ってきました久しぶりのレース。
結果は・・・・・・ほぼ最下位・・・・・
まぁこんなもんでしょう。
課題以前の問題で、基礎から出直しです。
バイクのメンテもしっかりしましょう。
コースはミニモトクロスコース+山の中の道
(と言っても林道って感じではないね)
ジャンプなんて飛んだことがないので、不安でいっぱい。
先ずは練習走行。
スタートしてリアブレーキに違和感を感じて、振り返ると煙モウモウ・・。
急な下りでは、アクセル戻すとロック。
とにかくサイドブレーキを目一杯引いた感じ。
ハンクラでなんとか車まで戻るが、直す工具すら持ってきていない。
とりえず、熱くなったキャリパーに水をかける。
ジュゥゥゥゥーーーーー
冷えたキャリパーを手で触ると「カタカタ・・」アレッ?今度はガタガタになってます。
タイヤは回るようになったけど、ブレーキペダルを踏んでも・・カチンと踏み切るだけ。
利くはずもありません。
となりの人に工具を借りてエア抜きを試みるけど、エア抜きする前からすでにどこからかブレーキフルードが漏れてます。
さぁ困った。
リアブレーキなしでレースをするのは、自分以上に他の人に迷惑をかけることになる。
でも走りたい。
と、しばらくどっちにしようか考えてやっぱ走ることに。
走りだしては見たもののジャンプの後の(なめるだけのジャンプ台です)タイトターンや下り坂・・
当たり前だけど、リアブレーキなしは相当厳しい。
利かないリアブレーキを踏みっぱなし・・・・
じゃぁフロントブレーキが壊れてリアだけならどうなんだろうと考えていたら、1時間弱のレース終了・・・・
たいして思いっきりな力を出してないから体力は余るほど残ってる。
まぁこれは普段の基礎トレーニングの成果かな。
レースの結果はそんな感じで終わっちゃったけど、そんなことより別のクラスでやっていたミニモトってすごいね。
参加台数も多いし、バイクもかっこいい。
おまけに速いのなんのって。観ててすごく面白かった。
やっぱ現場でいろいろ見るのっていいね。
さぁ次のレースをどうするかだな。

調整

http://www.atr123.com/now/huanta/200908/2425.html
一応ここには「この日に変更ね!」って書いてあるし、寒いだろうけど開催される道は、まだ閉ざされてはいない。
モロッコのラリーや、その他心動かされるお誘いもあったけど、やっぱまだこっちに魅力を感じてるんだ。
「何に?」
と言われても「なんとなく」です。
さて、調整時間が増えたと前向きに考えて、今週末はレースに出て見ようかと思っている。
1時間のエンデューロ。
何年振りだろう、この手のグルグルエンデューロなんて。
数年前にチャレンジライドと言うレースを開催したけど、その時も自分は走ってない。
とりあえず、1時間コースで練習するより、半ば強制的に走らなければならない状況に自分を置いた方が、練習になるだろうね。
たぶん。
バイクも借り物だし、とりあえずは体ならしで1時間止まらずに走ってみよう。
しかも、バイク乗せるトレーラーは神戸にあるから、10数年ぶりに軽トラにバイク積んで、しかもたった一人で会場へ・・・さみしーー。
で、どこのどんなレースにでるんだ?
とりあえず内緒で・・
来週また報告します。