CT125ハンターカブのシート 


話題のCT125ハンターカブは既にデリバリーが始まったようですが、私のはもう少し先になりそうだというバイク屋さんからの連絡がありました。
そうであれば、先にシートを購入して作っておこう。
パーツの購入ができるか確認したところ可能という事で早速注文。

シートのみ当社にやってきました。
ちなみに、ちょうど良いタイミングで元祖のハンターカブのシートの依頼があったので並べてみました。

左がCT125 右が鉄ベースの元祖ハンターカブです。
まぁこれを比較したからと言って、何がどうのと言うこともありません。
比べてみただけです。

ウレタンの厚みも測ってみました。

着座位置は50mmとしっかり厚みがあります。
先方が少し上げ底になっているので30mm程度です。この部分は乗るところではないので問題ないでしょう。
改造はどうするか思案中なのですが、基本的に形状は変えずに衝撃吸収材T-NETとオリジナルウレタンで整形します。
中身はダカールスペックということになります。
既にオプションのシートが何個か発表されていますが、それらとは違うものにしたいと思いますが、奇をてらったものでは飽きが来るのも早いので慎重に考えます。
生地の切替ラインを引いているのですが、最近重宝しているのが(と言うか、今ごろ?と言われそうですが)チョークペンと言うペンです。

沢山ラインを描き込むと訳が分からなくなってきます。
なので、そのラインを濡れたタオルで拭けば
消せます。
そしてまた描きます。
こうして切替ラインを決めていきます。

早く来ないかなCT125

 

 

 

ビニールレザーの新色追加 Seat cover materials

ビニールレザーの新色を追加したのでご紹介します。
なるべく早いサイクルで新色や新機能素材をご提案したいと思っているのですが、ビニールレザーをオリジナルで作る場合、1回の注文量が当社レベルだと使い切るのに10年以上かかる量を注文しなければなりません。
なので、なかなかオリジナルのカバー素材には手が出せません。
ただし、オリジナルウレタンは、シート改造(乗り心地)にとって一番重要な部分であるためロットの量に関係なくオリジナルを製作しております。
さて、そんなシートカバー生地ですが、バイク用に使えるものとなると国産では限られた種類しかないため、その多くは輸入やメーカー廃盤となったデッドストック品となります。*バイク用ビニールレザーに関しては以前のブログを参照ください。

メーカー廃盤品はなかなか手に入れることができないのですが、長年おつきあいしている業者様から、不定期ですが素材の提案をいただきます。
今回は良いものが多かったのでまとめて購入しました。

品番:B-41 カワサキグリーンのグリップレザーです。

品番:B-42 ヤマハに多いネイビーのグリップレザーです。

品番:B-43 黒のグリップレザー。 上のB-41 B-42は共に同じ模様です。

品番:B-44 カワサキのライムグリーン 表面模様はスエード調に近いです。

品番:B-45 ピンクレッド ホンダ純正のモトクロッサーなどに使用されてます。

品番:B-46 極粗いサンドペーパーのようなザラついたグリップレザーです。

品番:B-47 ネイビー ヤマハ純正のネイビーブルーです。表面はスエード調レザーより粗めの質感です。

どれも、在庫が無くなり次第終わりですが、しばらくは問題ない量を確保してあります。
WEBカタログにも載せてありますので、他と比較いただきながらお客様オリジナルのシートカバーをお考えください。
張り替えのご相談お待ちしております。

 

 

ウルトラスエード(アルカンターラ)の洗い方


 ウルトラスエード(アルカンターラ)で張替を希望されるお客様からよく質問される、ウルトラスエードの洗い方やお手入れについて動画で説明します。
動画編集が全くダメダメで、雑音もたくさん入っているので無音の地味な動画ですが、これを見れば当社で張替たウルトラスエードは、特に気を使うことなくお使いいただけるとご理解いただけると思います。

1. 先ずはウルトラスエードに水をかけてください。
当社で張替える場合、ウレタンに防水コートを施します。なのでこのように水をかけてもウレタンに水が浸み込んで、いつまで経っても水がしみ出してくることはありません。

2.洗剤をつける
グリスを落とすような強力な洗剤ではなく、少し弱めの洗剤がお勧めです。

3.擦って汚れを落としてください。
ブラシやスポンジなどでかまいません。汚れがひどい場合は繰り返してください。

注意:高圧洗浄機でウルトラスエードを洗うことは絶対にしないでください。

4.汚れが落ちたら水でしっかり流してください。

5.乾いたタオルで水分を取ってください。
ウルトラスエードの起毛の流れは、後ろから前に流れるように裁断してあります。なので、水分を取る時は後ろから前に毛並を整えるようにお願いします。

6.ある程度水分が取れたら終わりです。生乾きのままでかまいません。
これ以上することはありません。防水スプレーやオイルの塗布なども必要ありません。

このように、ビニールレザーと同じとまではいきませんが、それに近いレベルで洗うことができ、本革のようなお手入れも必要ありません。

ウルトラスエードはシートの温度が上がらず、お尻が蒸れにくく、そして適度なすべり止め効果もあります。水を含むデメリットもありますが、それ以上にこの素材のメリットは大きいです。一度お試しいただければこの素材の良さが分かります。以上、宜しくお願い申し上げます。

シートの防水 Waterproofing of seat

「社外品の既製品シートを購入したけど、縫い目から水が入り、晴れたにバイクに乗るとウレタンにしみ込んだ水が縫い目から出てきて不快」
と言うご相談を受けることがあります。

当社のシート加工には全て防水加工が含まれております。
(一部ビックスクーターや特殊形状、シートヒーター設置のシートには防水加工が出来ない場合があります)

防水の方法は縫い目に防水加工を施したり、シートカバーを張る前にウレタンにビニールを被せる方法などがありますが、当社ではどれも試しましたが、耐久性や座り心地などに難があり、また防水性も完全ではないためEVAのシートをウレタンに全面接着しています。
ノーマルシートからアンコ抜き、アンコ盛り全てのウレタンに、このように1枚で全体を包みます。
断面図だとこのようになります。
完全にウレタンを包んでしまうので、空気抜きがないシートベースの場合、何カ所かに空気穴を開けさせてもらっています。空気穴が無いと座った時に圧縮された空気の逃げ場が無くなり風船が破裂するようにパンクしてしまいます。また、空気穴が無いと、座った時に抜けた空気が体重移動時に瞬時に戻ってこないので十分なクッション性能が発揮できません。

このように全体をコーティングすることでウレタンの寿命もアップします。

DIY用に防水用のEVAの販売しています。

接着剤やノグチオリジナルウレタンも販売しているのでDIYしたい人はぜひご注文下さい。

ウレタンに水が浸み込むとカバーに包まれたウレタンはなかなか乾きません。
乾かないどころか、水を含むことで劣化が進みクッション性能が落ちます。
当社では防水の加工のみも承っております。

今年も皆様からのご注文をお待ちしております。

宜しくお願いいたします。

 

 

 

新色追加です。 New cover materials.

バイク用ビニールレザーに新色追加です。

今までB-40として当社ビニールレザーカタログに載せていた物が廃盤となりましたが、新たに同じようなスエード調ビニールレザーでブラックとネイビーが加わりました。
適度なすべり止め効果があり、座り心地もスエードのような起毛感があります。ビニールレザーなので当然水の浸み込みはありません。

オン/オフ問わず、このマットな感じを生かしたカバーデザインが出来たらいいなと思います。

さて、世の中にはビニールレザーは様々なところで使用されています。
しかし、全てのビニールレザーがバイクシートに適しているとは言えません。
当社が使用するバイク用ビニールレザーは非発泡レザーと呼ばれるものが殆どです(例外もあります)
非発泡があれば発泡レザーがあるわけで、その違いが以下の図です。
一般的に家具用レザーはトップ層(厚み数十ミクロン)の下に発泡層と呼ばれるスポンジ状の層があります。これがあることで年中、温度に関係なく柔らかな風合いを保つことができます。
家具用ビニールレザーは色も豊富で、表面の柄も様々です。
ちょっとわかりづらいですが、黒いトップ層と白い基布に挟まれて厚みの大部分を占めるグレー部分が発泡層です。

一方、バイク用レザーは家具用ビニールレザーと同じ厚みだった場合、トップから底に貼り付けてある補強用の基布までが全てPVC(塩ビ)です。なので、家具用に比べたら柔らかさは劣りますが、厚み全てが塩ビなので、家具用と違いひっかきによって表層が直ぐに破れてしまうことがありません。
色のバリエーションはそれほど多くありません。
底の白い基布から上がソリッドなPVC(塩ビ)です。

家具用ビニールレザーを爪でひっかいてみると割と簡単に削れてしまいます。
もちろん椅子などに使用する場合、通常の仕様であればそう簡単に破れる物ではありません。実験なので必要以上に力を込めてやってます。
このように表面の皮が破れれると、中間の発泡層には強度が殆どないので直ぐに底の基布まで穴が到達してしまいます。

一方バイク用シートだと
ペーパーナイフの先で強く擦っても、塩ビが削れますがなかなか底の基布までは辿り着きません。もちろん、突き刺せば簡単に破れてしまいます。

バイクシートは家具に比べて摩擦が大きく、特にオフロードの場合、泥などがついたままライディングを続けるとヤスリでカバーを削る行為と同じになります。
なので、当社では非発泡レザーを基本にラインナップしています。
ビニールレザー全体の厚みではなく、表面層の厚みが重要なのです。
また、基布については今回触れませんでしたが、この基布も様々な種類があり基布によって仕上がりや強度が変わってきます。
なので、当社では発泡レザーでもバイクに適したものは使用しています。あくまでも適材適所という考えです。

ショーモデルであれば耐久性より色や模様が重要なので、材料を選ぶ場合は目的に合ったものを選びたいと思います。

その為にも、お客様にご提案できる知識をより多く持って、臨機応変に材料提案が出来たらいいなと思います。