フェラーリF40LMシートのレストア Ferrari F40LM Seat repair 

1989_Ferrari_F40LM11

説明が要らないスーパーカーF40LM(LMはLe Mans耐久レースバージョン)
最近では車というより、美術品としての扱いの方に世間の目がいっている気がします。

そんな車のシートが入ってきました。
キャプチャウレタンはキルティング部分以外はそれほど傷んでいるわけでは無かったので、ウレタンは補修などでいかがですかという提案をしましたが、全張替でという要望でシェル以外新品にすることになりました。
サイド削る前シェルのサイドがコンソールに当たっているという事だったので、シェルを削ります。
サイド削り後

25594076_882362491939962_3253850524006108975_n
次にシェルのウレタンを貼り付けていきます。
新品ウレタン貼り付け新品ウレタン貼り付け2薄いウレタンでも快適なドライブが出来るように衝撃吸収材T-NETも挿入してウレタンを貼り付けていきます。

完成シート

張替後 (1)

張替後 (2)

張替後 (3)

 

image1image2

お客様からは装着写真も送っていただき、仕上がりには大変満足しましたとご連絡を頂きました。

喜んでいただけて良かったです。ありがとうございました。

 

 

 

ONE PIECE 連載20周年企画「ワンピいす」の製作

ちょっと変わった椅子を作ってほしいんですが、と相談がありました。

ワンピースが連載20周年という事で「ワンピいす」という椅子を作るので協力をしてほしいということでした。

1そしてこれを読者プレゼントしてしまうというなかなかすごい企画。

昔のマッサージチェアーのような感じで・・から始まり、あーしてこーしてと椅子に求められるスペックを考えると、一般的な家具のフレームでは壊れる可能性があるので通常の1.5から2倍の強度を持たせたフレーム作りから入りました。

IMG_4688信頼のおける木工屋さんにて、完成案からフレームの分割を考え、CGに近い形になるよう何度も打ち合わせをします。

IMG_4757

枠が出来たらウレタンを張り込んで、ボリュームを出して、張り地の型を取ります。

いきなり本番ではなく、試し張りをして確かめます。

 

その合間にこんなゆるキャラの修理も舞い込んできたりします。
IMG_4753ちなみに、この子は頭部を骨折して当社に入院してきました。

話がそれました。

ワンピいすに戻します。
IMG_4844この椅子には電動で動く様々な機械が付くため、それを制御するコンピューターがここに収まります。うちの仕事は椅子本体と本棚の製作、銅鑼の枠まででした。
3椅子本体の納品前に昨日部品の取り付け確認をしました。
ここからは別のところで最終仕上げをします。

そして先日、12/16-17に幕張メッセで行われた行われたジャンプフェスタでお披露目されました。
DRH_CuFV4AAHxHr

ツイッターの公式サイトでも紹介されていました。
5動画はここから。
25394067_2016376728372554_838057437_n25434024_1784424524965578_131093303_oなかなかな大舞台でのお披露目でした。
onep_isu1onep_isu7http://kaibutsu.jp/?p=2828

果たしてだれが当選して、この椅子を自分の部屋で楽しむことが出来るのか。
自分の部屋に来た時の衝撃はかなりなものになるだろうと思う。

楽しいお仕事でした。
野口装美はこうした特注の椅子も承っております。

 

 

HOREX644 OSCA RS のシート

HOREX 644 OSCA RSというバイクのシート依頼がありました。
私の勉強不足で初めて聞く名前のバイクだったので、ネットで調べてみると、大まかにHONDAエンジンを載せたドイツ製のカスタムマシンという事が分かりました。
5aff5272a82b5857ab2643a3fab9a9aad1e0c942_l baioku_customer-img600x450-1499425731vn7cu332423 (1)依頼されたお客様のマシンは下の写真で、希望は上の写真のようにシートの厚みを取り、シートストッパーもあわせて形状を変えたいという内容でした。

horex644

お客様にはこのように、現状のシートを取り付けたままタンクとの当たり面の型紙製作をお願いしました。

お客様からは「職業柄、造形の為の粘土が扱えるのでそれで希望の形を作ってみますとのことでした」
しばらく経ってお客様から届いた写真です。
4.P_20171118_152638_vHDR_On 5.P_20171118_152736_vHDR_On 6.P_20171118_152753_vHDR_On 7.P_20171118_152818_vHDR_On 8.P_20171118_152913_vHDR_On完璧ですね。これを基に改造をします。粘土では可能でウレタンでは不可能な部分は、修正して作ります。
一般の方はここまでの事をすることは無理です。
なので、大きく形状を変えたい場合は、イメージする絵や希望を当社に伝えていただければ、それに合ったご提案をさせていただき、イメージ通りのシートに仕上げていきます。

防水加工をする前のシートを送り、実車に乗せてもらいました。
ちなみに、先日のフリーライド350のシート改造で説明したように、これだけ持ったシートですが外から接着面は確認できません。
単純にウレタンの板を重ねて持っているのではないことが見て分かると思います。

171202_132217

171202_132547

どうやらシートの前面のタンクに当たる部分が少し干渉し、前部が浮いている状況でした。
この時点で、もう一度修正し確認をしましょうとお客様と話していましたが、バイクを持ってお越しいただけることになり、実車に合わせながらシートの最終の詰めから、張り地のウルトラスエードのインディゴカラーやステッチの糸の色なども打ち合わせができました。やはり実物に合わせるのが早くて確実です。

24852581_1741694629214072_8371578779971624737_n

そして完成です。

171216_150044

171216_150102

171216_150254

ポジションも大きく変更でき、ご希望のカラーでまとまったシートが無事貴重なマシンに収まり良かったです。
お客様にも満足いただき、製作側としても安心しました。

このような大幅な改造も承ります。
写真などを添えてご相談いただけるとありがたいです。

 

 

 

KTM FreeRide comfort seat フリーライド350のシート

最近KTMフリーライド350に乗り換えました。
ツーリングには少しタンクが小さいかなと思いつつ、1Lのボトルを持って走れば以前乗っていた250EXC-Rとさほど航続距離も変わらないこともわかり、そうなると山の中でちまちま遊ぶばかりではなくて、いつもの林道も走りたくなります。

と、問題なのはそのトライアルチックな細すぎるシート。
IMG_5221山遊びでは苦にならないけれど、軽く林道を流すにはちょっときつい巾です。

高さも私の身長では少し低いかなという事で、30mmアンコ盛りをしつつ、山でトライアル遊びをする際の足つきを確保するため、前部は思い切ってノーマルよりも細くするシートを作ることにしました。

何事も実験です。

着座位置を広げるにあたって、普段は殆どやらないのですが、シートベースより広くしてみました。
なぜ殆どやらないかというと、シートベースからウレタンがはみ出すことにより、はみ出した部分がコーナー時の荷重などで崩れる恐れがあるためです。直ぐにそうなるわけではありませんが、乗り方によっては早くその症状が出てしまいます。

しかし、それでも長持ちさせることが出来ないかと思い、今回も自分のシートで実験です。

1通常、ウレタンは2のように貼り付けます。1のように貼り付けると上からの力で割れたり、オレンジ色で示した糊の部分が硬く違和感になることもあります。
乱暴な絵ですが以下にあんこ盛りや幅広加工の簡単な説明をいたします。

高さはそのままに巾だけ広げたい場合。
1左がノーマルシートします。右が高さはそのままに幅広をした場合の断面図です。オレンジの部分は1枚です。単純に、高さはそのままに幅広であれば両サイドにウレタンを貼り付ければ形は作れます。最初の接着方法で説明したように、それでは乗り心地耐久性共に良い効果は出ません。

次にアンコ盛りをして、シートの幅はノーマルを維持、もしくはアンコを盛って高くなった分幅を狭くして足つき性を確保する場合。
2幅広加工だけをする場合と断面構成は変わりません。これもオレンジ部分は1枚で包まれ接着されています。例外もありますが、基本的にはこのような作りです。
ここに、衝撃吸収材T-NETなどが追加されたりして、最後に全体を防水コートしたものがノグチシートです。

IMG_5227

というわけで完成です。自分の着座位置のみを広げ、高さも30mm上がりました。

760925C9-

高さの比較です。ノーマルは湾曲していますが、改造したものはシートトップとエンドがほぼ直線です。

B5F599BB-

上から見ると幅の違いが大きく変わってることが分かります。
しかし、広げた部分よりも前はノーマルより断面をかまぼこ状にしているため、足つき性はそれほど損なわれていません。
ライダーの中には、この広がった部分が腰を引く際に引っかかるという方もいるかと思いますが、それは個人の好みかと思います。
私の場合は、ほとんど気になりません。それよりも着座した時の安定感のほうが大きいです。

IMG_5228

 

当分これで遊んでみます。

 

 

 

 

アフリカツイン CRF1000L

昨年、バハラリーにアフリカツインで出場するというカナダのモータージャーナリストのローレンスさんにシートを作って渡しました。
今でも使ってくれていてうれしい限りです。
23795911_1615957298460946_9092847304796271184_nタンデム部の段差をなくした前後移動しやすいフラットなシートは、ローレンスさんのシートを作る少し前にベガスtoリノに出場したジョニーキャンベル+RIDER誌の三上さん、このバイクの開発員の今井さんが使用したアフリカツインのシートを作る時に、メカニックと話をしてこのような形になりました。
フロントを25mm程度上げて、タンデムはフロントシートの後端の高さに合わせ、更にシート幅を詰めています。

13988120_1274965299234162_7085159254899376320_o

 

カバーはウルトラスエードを使用し、衝撃吸収材T-NETはもちろんはいっています。
シート幅があるので、積層するウレタンはノグチオリジナルのミディアムを使用しています。

IMG_4232

おかげさまで、このタイプのシートは国内外からオーダーを受けて結構な数を作らせていただいております、もちろん現在も受け付けております。
IMG_4234フロントシートを盛るために足つきの心配はありますが、シート前部をシェイプすることで思ったほど足つきが悪くなった感じはしないと思います。

そういえばミラノショーで新型が発表されていましたね。
アフリカツイン アドベンチャースポーツ
33172fc3 23519391_1682785565130049_9121719270158108273_nなんかうれしくなってしまいました。いや、このシートの形を先に作っていたことなんですけどね。やっぱり、こうした形が欲しい人がいるってことだったんだなぁと。
タンク容量が増えているのでこのまま現行車にポン付けできるか分かりませんが、出来るならこれを改造したほうがコストメリットもあるし良いかと思います。