アルカンターラやエクセーヌがぬれたり汚れたりした時

良く受ける質問がアルカンターラやエクセーヌについての防水性です。
この素材に防水性はありません。防水スプレーをかけても、乗車していない時に降る雨には撥水効果を期待できますが、お尻で素材の表面を揉む状態では染み込んでしまいます。一般的に防水処理がしてある物は、水をその表面に垂らして指で水を押さえるように揉みこむと、だいたいが素材に染み込んでしまいます。なので、完全な物を目指すのであれば「止水」処理を施した物でないと無理ですね。

なので当社の場合、アルカンターラやエクセーヌに染み込む範囲は仕方がないとして、中身のウレタンに水が染み込まないように止水処理を施しております。(勿論、クッション材の空気の出入りは必要なので、パンクしないように裏面に穴をあけたりします)なので、雨が降ったり汚れがついて水で洗ったりした時でも、ぬれるということに関しては乗車することを除いて心配はありません。

当社のデモシートです。アルカンターラとエクセーヌ、ビニールレザー各種、パイピングやステッチなど一つのシートにまとめてあります。乾いた状態です。

じょぼじょぼじょぼ・・・・・・・・
汚れた場合は、このように水をかけて洗ってもらって構いません。 ただし、かたいブラシなどでゴシゴシとはやらないでください。

アルカンターラとエクセーヌはたっぷり水を含んだ状態なのは写真を見てもわかりますね。これでは直ぐには乗って走ることは出来ません。後部のビニールレザーは当たり前ですが水を通しません。

ウレタンに防水(止水)処理が施してあるので、含んだ水は生地の厚み分となります。これらの厚みは約1mm強です。なので、乾いたタオルなどで水分を拭き取ると、それだけでもかなり乾いた状態に近くなります。この時気をつけたいのが、アルカンターラやエクセーヌには毛の流れる目です。当社ではこの毛の流れを後ろから前に流していますので、この目に沿って水分を拭き取ってください。汚れを取る場合でも、水をかけて洗剤で洗った後に洗剤を流しきってから、同じように水分を取り除いてください。

天気がよければ30分ほどで乗車可能です。こうして見てもらえれば、それほど気を使わなくていい素材ということがお分かりだろうと思います。

当社の防水(止水)処理は、ウレタン全体に1mm程度の特殊な独立発泡体を糊付けしております。ビニールなどの処理は使っているうちに中でそれが寄ってしまったり、表皮がビニールのせいでよじれ、グニャグニャした感じになってしまいます。当社の貼り付けるものは摩擦係数も高いので表皮のよじれも出にくいです。(タックロールやボタン、引張りがあるシートなどはこの糊付け加工が出来ない場合があります)

 

 

 

メモリーフォーム

低反発ウレタンの元祖(じゃないかもしれません)であり、現在もさまざまな分野で使われているメモリーフォームの紹介です。始めてこのメモリーフォームを触ったのは15-6年前でした。アポロ計画と共に開発され、宇宙飛行士の座席に使用されたことで有名です。ちなみに製造国のアメリカではconforと呼ばれています。低反発ウレタンは数年前に国内でも流行して、椅子や座布団、マットレスなど現在でもそれらが使われた商品をよく目にします。当社も数年前まではタキテックフォームというハード系の低反発ウレタンでシート改造をしていました。感触もよく当時は皆様に喜んでいただきました。しかし、低反発ウレタンの難点である「温度依存性」がネックで、夏場は極端に柔らかく、冬場は極端に固くなるため、今ではタキテックフォームより性能の高いT-NETを使用しています。

T-NETを使っているのに何故いまさら低反発の紹介をするんだ?という方もおられると思います。

私も知らなかったのですが自動車レースのレギュレーションにおいて、このメモリーフォームCF-45ブルーじゃないとだめです。と、必要部品に記載されているのです。

お客様から「スーパーFJの車輌を購入したが、現在付いているヘッドレストが見た目に悪い。新品を作りたいが、レギュレーション上メモリーフォームのCF-45ブルーで無ければならないと書いてあるから、それで作って欲しい」と相談を受けました。

左が既存のヘッドレスト、右が当社で制作した、難燃性のビニールレザーでカバーリングしたヘッドレスト。

中はメモリーフォーム CF-45です。このヘッドレストだけではなく、他にもフォーミュラニッポンのコクピット内の一部などにもレギュレーション上これを使用しなければならない事になっているそうです。

どんな材料でもそうなんですが、難点があるから使えないということではなく、他の材料とあわせることでそれをを解消したり、さらには思いもよらない性能を発揮したりします。私も国内主要メーカーの低反発ウレタンを数多く触ってきましたが、メモリーフォームは国内の低反発ウレタンと比べて低反発ながら最後の粘りが強く、温度依存性はあるもののまだまだ用途はあると思います。当社で唯一低反発を使った商品であるオリジナル座布団の性能アップに、これを使用してみようと思います。

メモリーフォームの板材料から、それを芯材にしたカバーリング、造形まで当社では対応できますので興味がある方は是非お問い合わせください。

 

 

 

 

車の天井用生地

ウレタン付き天井材のご紹介です。

車の天井の布が剥がれたり、色褪せたりしていませんか?車の天井材として断熱効果の高いウレタンをラミネートした専用天井材です。


1-25番までが¥6,500(税別)/mウレタンの厚みは約5mm幅はどれも1500mm程度。

A-1-5番までが¥7,000(税別)/mウレタンの厚みは約3mm(サンルーフ用)幅はどれも1500mm程度。

また、古い車などによく使われているビニールレザーのパンチングなど各種取り揃えております。
販売は1m単位となります。
お取引は代引きのみとなります。一回の送料は、代引き手数料含めて¥1,500(税別)となります。

*記載の価格は、すべて税込価格。2011/5/22現在の価格です。諸事情により価格の変更、廃盤商品など予告無く改定いたしますので先ずはお問い合わせください。

 

 

 

ノンスリップレザー

ノンスリップレザーはオフロードバイクだけではなく、オンロードでもよく使用します。
シートの上でお尻が滑るとポジションが安定せず、乗車に余分な力が必要になり、疲労の原因にもなります。
また、コーナリング時や加減速時に体が動いてしまうのも嫌ですね。
だからと言ってまったく滑らない物にしてしまうと、滑らせたいときに滑らず、足を付くにも問題が出る場合もあります。
滑り止め効果の高い座面にすると、パンツと座面は滑らないせいで、パンツが座面に固定されたままお尻が動くので、パンツが股間に食い込んだりして不快になることもあります。
なので、走るシチュエーションや求める性能で滑り止めの強さを選ぶ必要があります。
当社が使用するビニールレザーレザーは、バイク用に開発された物、もしくはバイクのシートとして使用に耐える物のみを使用しております。
滑り止めレザーはカラーサンプル帳にも掲載しておりますが、新しい素材も入ってくるので滑り止めレザーを使いたい方はお問い合わせください。
紹介する上から滑り止め効果の高い順となっています。
B-13

表面が起毛したような風合いです。柔らかな毛のようなビニールがしっかりとパンツに食いつきます。マディや雨でも滑りません。あまりにもグリップ力が強いので一般的な使用には向いておりません。ジムカーナなどをやられている方もよく使われます。フルバケットシートの座面に細く縫い付けて滑り止めに使ったりもします。
B-30

起毛はしていないが、さわり心地がラバーライクで滑り止め効果が高いです。B-13は汚れが落ちにくい面もありますがこちらは汚れが落としやすいです。
B-33

B-30と同じような粘りのある滑り止め効果を持っています。表面は細かいダイヤ柄です。
B-12

サンドレザーと命名した当社オリジナルのレザーです。荒いサンドペーパーのような表面なのでパンツによく食いつきます。しかし、ゴム系の材料を混ぜ込んでいないので、粘りのある滑り止め効果はありません。
滑らせたいときに滑る。止まりたいときに止まるビニールレザーです。オンロード、オフロード問わず、一番使用されている滑り止めレザーです。
B-31

ツヤのあるファブリック柄のビニールレザーです。この柄の凸凹が適度な滑り止め効果を生みます。
アルカンターラ‐–エクセーヌ

アルカンターラも滑り止め効果があります。強くグリップすると言うわけではありませんが、適度な安定感があります。何より蒸れないと言う点で、夏場のビニールレザーに比べたら快適度は数倍上です。
こう書くと、これ以外のビニールレザーは滑って良くないように思われる方もいるかと思いますが、そうではありません。一般的な革の模様が付いたビニールレザーでも問題なく使用できます。
ノーマルや更にシートの性能を上げたい場合の参考になればと思います。
ちなみに、よく受ける質問にディンプルレザーはどのくらい滑り止め効果がありますか?が、あります。
当社品番で言うD-01から始まるディンプルレザーですが、これにすべり止め効果はありません。一般的なレザーと大差ありません。もしくは少し滑るくらいですね。(もちろんシートとして使用できる範囲での話です)

面ファスナー

材料のお話
面ファスナーと言ってもピンと来ない人もいるかと思いますが、マジックテープなら聞いたことがあると思います。
マジックテープはクラレの登録商標です。
ベルクロってのも聞いたことがあると思いますが、これはベルクロ社の登録商標。(だったと思う)
YKKならクイックロンだし、マジクロスと言うのもあったりします。
当社の仕事では様々な場所でこの面ファスナーを使用します。
袋の閉じはもちろんですが、カバーの固定や、椅子の固定など用途は無限にあります。
また、無限ではありませんが、用途によって様々な種類の面ファスナーがあるので、用途に応じた面ファスナーの選定も大事なことです。
基本的に面ファスナーはA面(フック)とB面(パイル)の2種類からなっています。

上から柔らかいタイプ(服などに使う)から、下に行くにつれて硬く接合強度も上がっていきます。
柔らかいだけではなく、制音タイプと言う物もあり、あのバリバリーという音を小さくしたものもあります。
接合強度の高い物はマッシュルームタイプとか、モールドタイプと呼ばれます。
写真にあるノーマルタイプと言う物が広く一般的に使用されているものです。
手芸屋さんで手にはいる物はこれが多いですね。

マッシュルームは横から見るとA面となるほうがマッシュルームの形をしていて、B面のループ上になった生地に引っかかります。B面の選定を誤ると剥がれなくなる恐れがあるほど強力です。
取り付け方法が見つからない店舗の壁に、背もたれを取り付けるときなどに使用したりします。

これはモールド品。なんとなく強そうなフックが見えませんか?

これは伸縮する面ファスナー。テンションをかけたい場所にゴムバンドを使用することがありますが、これを使えばゴムバンドの面ファスナーを縫製しなくても、これ一つで事足ります。

これはデイバッグやウエストバッグなどによく使われているPPテープに面ファスナーが一体となったもの。

これはA面とB面が裏表にある物です。結束バンドなどで見た人もいるのではないでしょうか。
1本で事足りるので、カバーの固定などによく使用します。

これは面ファスナーと呼んでいいのか分かりませんが、マッシュルーム面同士を合わせることで金属リベットのような強度を生む物です。ボードの裏に貼り付けて、プラハンマーで叩きながら付けます。一旦付いたら二度とはがれないですね。こういった接合強度の高い面ファスナーを使用する場合は、それの固定方法に気を使わなければなりません。強度にあわせた縫製や固定方法ですね。

少し分かりづらい写真ですが、これはセラミック繊維でできたカバーです。宇宙に飛んでいく際のロケットエンジンの高温から部品を守るためのカバーです。使用しているのは、セラミックの繊維と同程度の耐熱面ファスナーです。何でできているのかわかりませんでしたが、全て金属だったことと、ものすごく高額だった事は覚えています。
色も白と黒だけではなく様々なカラーがありますし、幅も16-20-25-38-50-100・・・とあります。
まだまだ、面ファスナーについてはこれでもごく一部しか紹介できてません。
いろんな材料を沢山知っていると作る幅も広がりますね。料理人と一緒で、後はその素材を生かすことができるかどうかです。
「これしか方法がない」と言う先入観や固定観念をなるべく持たずに「これしか方法がないの?」と決める前に一回でも考えて、新しい技術や発想で皆さんに喜ばれる会社になればと思っています。